シンデレラマン

シンデレラマン  (2005  アメリカ)

監督 ロン・ハワード
出演 ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー
   ポール・ジアマッティ 

ボクサーとして将来を期待されていたジム(ラッセル・クロウ)。
しかし故障続きで、未来は閉ざされる。
時代は不況。生活するのはギリギリの毎日だった。
妻メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供たちを養うためには
どうしてもお金が欲しい。
そんなある日、元マネージャーのジョー(ポール・ジアマッティ)が復帰試合の話を持ち込んでくる。相手は、新進ボクサー。家族のため
再起をかけてリングにあがるジム・・・。

感想  シンデレラマン・・・この題名から、あまり観る気を誘っていなかったのですが、予告編のラッセル・クロウの闘う姿にみせられて、
劇場に行ってしまいました。
まず・・・このシンデレラマンという題名ですが原題そのもの。
一度は落ち目になったボクサーの主人公が再びのし上がってきたことを称して、新聞がこう呼び名をつけたようです。
なるほど・・・・。
彼は、人生のなかでガラスの靴を手に入れたのですよね・・・。

映画は予告編で流れていた内容、そのとおりで、
奇をてらったストーリー展開はありませんでした。
ラストも含めて、だいたい想像できる範囲です。
ですから、ものすごく感動したという感想はもちませんでしたが、
実話という部分での重みと、こういった信頼関係を保てるこの夫婦
に少し憧れを感じてしまいました。
いいお話ですよ。手堅い一本という感じです。

しかしこの話・・私1人での鑑賞はもったいないです。
パパさんに見せるべきでは・・・笑。いやいや、他の方も夫婦鑑賞が
一番のお薦めであろうかと思いますよ。

アメリカ大恐慌時代の希望の星となりえた・・・ブラドック。
不況にあえぐ市民達に生きる喜びを与えてくれるボクサーだったんですね。不屈の精神、家族を思いやる心・・すべてが観客の心を
ひきつけて離さなかったのですね。

このボクサー演じるラッセル・クロウ。グラディエーターを思い起こさせるような肉体酷使の役なのですが、今回、貧困下での生活ということでお顔もほっそり・・・。しばらくみないうちにずいぶんとイメージが
変わりましたね。
闘うときは激しい闘争心で、男臭いのですが、家庭にいるときは
ものすごくやさしい眼差しを家族に向けるんですよね。
そのギャップに、ちょっと惚れます・・・笑
子どもが貧しさ上に盗みを働いても・・怒らず、黙ってその行為を
戒めるなんて、なかなかできません・・。電気代が払えなくなったり、
ミルク代が払えなくても・・自暴自棄にならず、俺さえ頑張れば・・・と自分の責務を果たそうとする姿は、男の中の男ですね。
ここには、古きよき父親・・男は家族を養うべき、守るべき、
そして、強く、勇ましく
ありたい・・・という姿であろうかと思います。
現代では稀有になりつつありますよね・・。
子どもはどんなに苦しくても手放さない、俺が守るんだという
彼の信念には、頭の下がる思いもします。
だからこそ・・・プライドをかなぐり捨てて、お金を恵んでもらえるよう人に頼み込む姿には、心を打たれましたね。

お金がない・・、食べる物がない・・・といったら、ともすれば、
夫婦喧嘩になるところでもあろうに・・・この2人は、頑張りましょうよ~~~~と手に手を取り合って、日々過ごしていこうとするんですよ。まさに、苦労もいとわないう夫婦の理想です。
見習いたいですわ。

子どもがね・・また愛らしいのですよ。
お父さんの試合が気になって、聞いてはいけないといわれているラジオをこっそり聴く場面なんか・・・・たまらなかったですね。

レネーは、クロウを支える妻。危険な場所に出向く夫を心配する
姿には、共感ひとしきり。私だったら・・・行かないでって泣いてすがっちゃうわね。最後の試合なんて、危険な賭けでもあるわけでしょ・・。
それでも男なら一か八かで・・勝負する・・・みたいな
強い精神をもっているところは、すごいところ。
もちろん、結局のところ、その決心を受け入れてしまう彼女もまたそれ以上に
強い精神の持つ主だとは思いますけれどね。

クロウを支えるセコンド役はジアマッティー。
サイドウェイの彼ですよ。まさか、今年2本も彼の映画を観るとは
思わなかったな・・・笑。今回はとってもいい人、いい役。
彼が意外と存在感あって見せ場をつくっていましたよ。
ボクサーはいいセコンドによって、勝敗が左右されるんだな・・って
あらためて実感。ボクサーをその気にさせる言葉の数々は
聞き所です。もともと大きな目をより大きくして
唾も飛ばし散らして・・(たぶん・)エネルギッシュにサポートしておりました。観ているこちらも、セコンド気分でした。
挙句の果てにはリングにもあがっていたしね・・。
また、時々、面白いセリフも発していてね・・・
クスリとできる部分もあるのですよ。で・・彼ね。
苦労していないように見えていましたけれど、本当は影で色々あるんですよ。単なる金儲けのためにクロウをサポートしていたわけではないのですよね。
そういう部分が発見できた時・・・目からうろこだったですね。
あ・・・いい人だってね。

この映画・・・ボクシングシーンの迫力は特筆ものです。
臨場感溢れていますよ。とくにラストの試合・・。
ボカ、ボカ、ガバ・ガバ・・・血が飛び散り・・、頭ふらふら・・・
いつの間にか自分も殴られている気分になってきます。
存分に、ボクシング映画の醍醐味を味わえます。

上記に書いてきたように、所々いい話が散らばっているのですが
最後が非常に盛り上がるぶん、今までの出来事がふっとんでしまったような印象があります。まあ・・最後がよければ全てよし・・という
感じでしょうかね。

対戦相手は典型的な嫌味なヤツでね。
確か・・なんとかベアってい名前だったかな。
クロウの役名がブラドックといっていたので、え・・なになに・・
ブルドック(犬)とベアー(熊)なの・・と可笑しなことが頭によぎってしまいましたよ・・馬鹿ですね・・笑。

クロウの肉体を見るも良し、夫婦愛に酔いしれるのもよし、
はたまた・・ダンディーなジアマッティーを見るのも良し・・・
色んな味方を探して楽しんでみてくださいね。

それにしてもこの夫婦・・・抱き合ってキスするシーンが
多かったです。お互い~~信頼しきっているのね・・・
いいですね・・・・。

main2.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シンデレラマン

シンデレラマン http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ ★★★☆☆ 映画 感動ストーリー ボクシング ラッセルクロウ主演。どん底の生活から一夜にして栄光をつかった伝説のボクサーの話。 ...

シンデレラマン-映画を見たで(今年120本目)-

監督:ロン・ハワード出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ評価:87点(100点満点)テレビで井筒監督が「ひさびさにいい」なんて宣伝してたもんだから期待して見たが、これならパッチギのほう...

シンデラマン

6月3日アメリカ公開9月日本公開 「Mr.&Mrs.スミス」と「バットマン ビギンズ」をハシゴしようと思って、「ミスター・アンド」を見た後、別な劇場へと急ぐ。「バットマン・ビギニング」の15分後の回は、売り切れになっていた。凄い人気だ。その次となると、45分後に...

シンデレラマン -CINDERELLA MAN-

変なタイトル。 と思いつつも、本年度アカデミー賞最有力というふれ込みとセピア色のイメージ画像にそそられて試写会に行って来ました。実在のヘビー級ボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生。かつて将来を嘱望されたジムも、不運続きの中ライセンスを剥奪され引退。夫の

シンデレラマン

ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。

【DIARY】---「シンデレラマン」

仕事帰りに、ラッセル・クロウ主演の『シンデレラマン』を見てきました!公開間近だからなのかレイトショーだというのに、結構な混み具合。ストーリー的には、予測できる内容ですが大好きなラッセル・クロウが出演しているので思わず見入ってしまいました。...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~♪ちょっとのお久しぶりでした~『シンデレラマン』見てみる価値がありそうですね?この映画、旦那が、何やらちょっと前にパンフを貰ってきて、『この映画中々良さそうだぞ~』とか言っていました。ちょっと前に見た、『ミリオンダラーベイビー』で感動したからでしょうか???(ちなみに私はまだどちらも見てませんが・・・)ラッセルクローと言えば、映画館で見た『ビューティフルマインド」だっけ?で感動したのを覚えています。(実生活では、中々喧嘩早いなどと言われていますが・・・^^)


さてさて、最近みみ子さんのリンクから勝手にお邪魔して^^:latifa さんのブログへも良く行っています。latifa さんとは、海外の話で結構盛り上がっていますよ。映画の事はもちろんですが・・・それにしても、みみ子さんにしても、latifa さんにしても、その映画通にはビックリしています。今まで私も結構映画通?などと思っていたけれど、まだまだ、修行が足りない?って感じですね。^^昨日唯川恵と言う人の新刊本を買いました。今まで何冊か読んでいるのだけれど、かなりのスピードで読める面白さで。何故に、ここまで女心が読めるの~?ウン、わかる、わかる!って感じで読んでいます。

ブログって、同じ趣味の人とお話出来るから、楽しいですね!話すことと言ったら、だんなのことや子供のことだけ?って友達も結構多いですから^^;又来ますね!


PS:あ、そうそう『シンデレラマン』見ようかな?と思って、映画館の時間を見てみると、最初が12時過ぎからでした・・・う~~ん、コレじゃ子供が帰って来るまでに見られないや・・・(私の映画鑑賞は、安い水曜日に限るので^^)

ららさんへ

おはようございます。
今日はこちらは雨です・・。
嫌ですわ・・。
ららさんはビューティフルマインドは
ご覧になっているのですね。こちらで感動
されたのならシンデレラマンはお薦めかも・・。同じ監督、脚本みたいだし、
テーマも夫婦愛だからね。後味もいいし。
でもボクシングシーンも描かれるから、
かなり痛いのよ。血がドバ~~ッて出る
所もあるしね。そういうハード面もクリアーできれば、観にいっても損はしないと
思いますよ。これは夫婦鑑賞に相応しい作品かも。。。ご主人様も色々ご覧になっているのですね。うらやましいわ。

うちのリンクからお友達を広げて
くださって、うれしいですわ。
皆さん、いい方なんですよ。
latifa さんは話題が豊富ですからね。
居心地もいいし、長居しちゃいますよね。
 
いえいえ。。。ららさんも映画のこと
よくご存知じゃあないですか。
映画以外にも趣味も多そうで、うらやましいです。私は平凡なんですよ。
唯川恵の新作・・・どんな本でしょう。
女性作家は言葉が優しくて、女性心理も
共感できるものが多いからいいですよね。
また感想おしえてくださいね。
私はこの方の本はどれも
未読だと思うので。
あ・・・シンデレラマン・・・は
午後上映だったのね。
残念。
やっぱり、午前一番じゃあないと
主婦にはつらいですよね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク