空より高く   著  重松 清

空より高く   著  重松 清


廃校になる高校の最後の生徒たちが
一人の教師の存在に刺激され
前向きに生きはじめる。
レッツビギン!~~~~だ。



感想

新聞連載の作品なんですね。


本の表紙が青い空。清々しいです。
そして、ページの見えている部分がね、青く塗られています。
実際みてみると言いたいことがわかるんだけど、
なにもここまでしなくても…笑
多少手が汗ばんでいると手が青くなります。

この本は
子供には読ませたいな。
爽やかだし
後味も良い。
暴力もエッチ場面もないので安心して勧められます。

登場人物にはそれぞれあだ名がついています。
廃校を迎える学校は通称トンタマ。
主人公はネタロー。
友達にはヒコザ、ドカ。
熱血教師はジン先生。
ネタロー好きなムクちゃん。

それぞれのキャラが抱えている悩みも描かれ、
いわゆる青春学園物で
とても読みやすいです。

私は
ラーメン店のおばちゃんが好き。


今回重松作品を読むのは久々。
ここのところ、湊さんの作品ばかり読んでいたからかな。
この学校ものの作品が、
どこか、身近に感じられない部分もあったりしたかな。
登場人物、皆、純朴でいい子ばっかりなんだもの。
恋愛的な部分も描かれていたけど、
なんだか、素朴すぎて・・・・。
熱い話だし
こんな気持のよい流れが起こればいいな・・・とは思うけど
どこかそんなうまくいかないよね・・と思う気もするのよね。


廃校の高校を巡るお話では、
朝井さんの
「少女は卒業しない」っていう本があるのよね。
これとはまた違った雰囲気。
作者の年代が違うと
見えてくる、世界観がまた違うっていうことがよくわかるような気がしたわ。
あとは好みと
その時々の読む側の心理状況によっても
感想は変わってくるよね。


sorayoritakaku.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク