ジェーン・エア

ジェーン・エア (2011  イギリス・アメリカ)

JANE EYRE


監督: ケイリー・ジョージ・フクナガ
製作: アリソン・オーウェン
ポール・トライビッツ
製作総指揮: クリスティーン・ランガン
原作: シャーロット・ブロンテ
脚本: モイラ・バフィーニ
撮影: アドリアーノ・ゴールドマン
プロダクションデ
ザイン: ウィル・ヒューズ=ジョーンズ
衣装デザイン: マイケル・オコナー
編集: メラニー・アン・オリヴァー
音楽: ダリオ・マリアネッリ
出演: ミア・ワシコウスカ ジェーン・エア
マイケル・ファスベンダー エドワード・フェアファックス・ロチェスター
ジェイミー・ベル セント・ジョン・リバース
ジュディ・デンチ フェアファックス夫人
ホリデイ・グレインジャー ダイアナ・リバース
サリー・ホーキンス
タムジン・マーチャント
イモージェン・プーツ
アメリア・クラークソン
スー・エリオット
ジェイン・ワイズナー
フライア・ウィルソン
サイモン・マクバーニー
サンディ・マクデイド
ロージー・カヴァリエロ
ソフィー・ウォード
ハリー・ロイド
ネッド・デネヒー


 シャーロット・ブロンテの古典的名作の映画化。
幼い頃に両親を亡くし、いじわるな伯母のもとで生活してきたジェーン・エア。
また寄宿学校でもいじめをうける。
やがて卒業した彼女は
ロチェスター家で家庭教師の職を得る。
気難しい屋敷の主人ロチェスターだが、しだいにジェーンの魅力に惹かれていく・・



感想


有名な文芸作品。
私は小説は未読だけど、以前TVの方で見たことがあるので
内容は知っています♪

マイケル・ファスベンダーいいね~~
今回
立て続けに彼の出演作を続けて見ているので余計
そう感じるのかも。(このあとに「シェイム」を観たから順番的には良かったかな…笑


ミア・ワシコウスカも良いね~
このジェーンという女性にピッタシ。
意志の強さを感じるわ。
けっして、美人って感じじゃあないけど
どんな困難をも乗り越えられる、強さを感じさせるよ。
みるからに苦労人って感じも・・・。
自分で自分の人生を決める強さ・・・
こうありたいよね。


音楽も映像も
文芸作品らしく雰囲気良かったです。



ジェイミー・ベル君もすっかり大人。
もはや君ではないよね。
ただ、神父さんか~~~~・・・・っていう思いもあるよ。
イメージ的に全然考えたことなかったから。
ジュディ・デンチも存在抜群
もう!!余計なことをジェーンに言って
心乱すんだから・・・って
ぷりぷりしちゃった。
ロチェスターは、○○と結婚するかも~~なんて
無責任は噂を彼女に伝えるなって!!
そのたびに
みているこちらは、ジェーンと同様、キュンとなっちゃったよ。
もちろん、ロチェスターだって、はっきり自分の気持を言えないんだから
心はいつでも悶々としていただろうに。
お互い思いあっているのに
なかなか踏み出せない2人が、歯がゆくて。
だから、うまく行った時は結構うれしかったのに
思わぬ不幸が彼らを襲ったじゃない?
そう、彼に精神を病んでしまった妻がいたってこと。
人生ってなかなかうまくいかないものなんだね・・・。


マイケル・ファスベンダーが叫ぶ
ジェーン~~~~という声。

この声は印象深いわ。
最終的に
彼のもとに戻る!!と決めたのも
この声が彼女の心に届いたから・・・。


愛はどんな困難をも乗り越える
パワーがあるんだよね。
ジェーンだから、できるのかもしれないけど。


人気作品なので
映像で見ても
やっぱり面白いですね。
この手の話を女性としては憧れます

じぇーんえあ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~♪

みみこさん、こんばんは。

余裕が戻ってきた~♪とのご報告、嬉しいわ。
映画もいろいろ観られてて、またみみこさんとたくさんお話できるって思うと、わくわく~~。

「嵐が丘」といい、「ジェーン・エア」といい、ブロンテ姉妹の作品(原作)って時代を越えて何度も映画化される魅力を感じますよね。
今回、マイケルもミアも素敵でしたね。
ミアの強さ、私も感じましたよ。ベル君、そうそう、大人でしたよね。


ジュディ・デンチもね、やっぱり存在感あるんですよね。
そうそう、心乱すようなこと言いますもんね、だめよん~(苦笑)

お屋敷や調度品、衣装もしっかりと楽しめました、目の保養ですね~。

瞳さんへ


こんにちは。
色々ご心配おかけしてすみませんでした。
身内が○○かも・・・と言われていたので
ちょっと凹んでいたんですけど、大丈夫でしたので
生活も変わらず・・。
でも最近つくづく思いますが
先のことはわからないな・・・って・・・。
元気なうちに好きなことやりたいです。

で・・この映画。
コスチュームもの好きなので
大満足でした。


主人公2人イメージ的に合っていましたね。
ベル君
うんうん、すっかりおとなですよね。


ジュディ・デンチは存在感ありますよね
ぴし~~と作品自体が
引き締まりますね。

目の保養・・・なりますね。
現実逃避もできすので
こういう時代ものは
やっぱり好きだわ~~
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク