風立ちぬ

風立ちぬ ( 2013  日本)


監督: 宮崎駿
プロデューサー: 鈴木敏夫
原作: 宮崎駿
脚本: 宮崎駿
作画監督: 高坂希太郎
動画検査: 舘野仁美
美術監督: 武重洋二
色彩設計: 保田道世
撮影監督: 奥井敦
編集: 瀬山武司
音楽: 久石譲
音響演出: 笠松広司
主題歌: 荒井由実
『ひこうき雲』
アフレコ演出: 木村絵理子
制作: 星野康二
スタジオジブリ
整音: 笠松広司

声の出演: 庵野秀明 堀越二郎
瀧本美織 里見菜穂子
西島秀俊 本庄季郎
西村雅彦 黒川
スティーブン・アルパート カストルプ
風間杜夫 里見
竹下景子 二郎の母
志田未来 堀越加代
國村隼 服部
大竹しのぶ 黒川夫人
野村萬斎 カプローニ



零戦の設計者として知られる堀越二郎の半生と
堀辰雄の小説『風立ちぬ』のエピソードを盛り込みながら描いた作品。



感想


これも評判が良いので観に行きました。
素直に感動できました♪
いい作品でしたね。
最近はアニメってほとんど劇場では見なくなっていまして
これも、公開前は、全然予定には入れていなかったんですけど
TVの宣伝があまりにも多いので・・・・・笑、
流されるようにいきましたね。

それと、
実は初日にうちの子どもが行きまして、
ダメ・・・みたいだったんですよね。
子ども曰く、ファンタジー系のジブリの方が好きだそう・・・・で・・・笑。
でも、年配の人は結構泣いていたよ・・・というので
じゃあ、それに近い私が・・・・・笑、確認しに行きましょう~~~というわけでした。


うん、
これは、大人向けですよね。
堀越二郎の半生と、堀辰雄の小説『風立ちぬ』のエピソードを
ドッキングした内容ということからも
子どもにはちょっと入りにくい感じではありますよね。
まず、時代背景を理解するのが大変なんじゃあないのかな。
やはりこの時代を語る戦争というものを意識していないと
作品の深いところまで味わえないような気がするし・・・・。
そのわりには戦争の悲惨場面はなし。
戦争場面が少ないということは子どもには観やすいのかも
しれないけど、描写がない分、ピンとこないでしょう。
セリフの中で
たとえば
軽井沢場面で外人の泊り客が世界状況語ったり
軍の人たちが二郎の職場にやってきて
いろいろ注文したりと
ソフトな感じで戦争の背景は見え隠れしていたけど
その戦争が恐ろしい、悲惨だという感覚はあまり感じられないのよね
でも、ある程度の年齢なら
描かれなくともわかる部分がある・・・・悲惨な時代というのが想像できる・・・
そこの汲み取れる部分の大きさの違いが
この作品の感想にも
つながっているのかもしれないかな・・・って思います。


そういう意味では恋愛の部分でも同じ。
この慎ましやかな恋愛模様は
子どもには
難しいでしょう。
お互いがお互いを思いやる・・・
男は仕事をして愛する女性を守る・・
女は男のために尽くす・・・・・
ここには
この時代の男女の理想的な姿があったと思うし
多くの日本人がたぶんそうであった時代だろうと思うけど
今の子たちに、どれほど響いていたかな。
そういう時代の生き方もまた
美しいな・・・と私は感じたけれど。
今はそういう相手を思いやる心が少なくなっている気がしているから
余計心に響いてきたわ。
とくに
菜穂子が二郎の仕事の成功を聞くと
役目を終えたように
静かに彼の元を去っていくという流れや
引き止めなかった黒川夫人の凛とした姿に
私はぐ~~~ときたところではあるけれど
逆にピンとこない世代もあったんじゃないのかな。
美しく元気なときの自分を彼にみせてあげたいだなんて・・・・
そんな女性心はある程度の年齢にならないと
理解できないよね。

この映画を
子ども向けに宣伝するから
余計心配しちゃうんだよね。
なにせ
ジブリ映画の番宣で、
過去の名作が次々TVで放映されているけど
その傾向とは今回はまったく違ったものなんだよね~~。



アニメというより
実写で美しい一本の映画を見た感じでもあったかな。
幻想的な部分(いわゆる二郎の夢、カプローニの夢)の
盛り込みかただとか
ラストの締め方なんか
ものすごく好みでしたね。
ラスト
黄色のワンピース姿の
菜穂子が登場して
発した言葉に
涙腺全開だったもの。

そこには
映画の内容を超えたものを感じたわ。
観た人それぞれの状況に対して
の呼び掛けにも感じられて・・・
どんな状況下でも
生きなきゃ・・・
つらくても
どうしようもなくても
生きなきゃ・・・
そんな気にさせてくれる
素敵なラストだったと思うな・・・・


最後に声について。
私は主役2人以外には全然知らなかったんだけど
今調べてみると有名どころ使っていますね。
個人的には
声優さんは専門の方がいいと思っているけど
とりあえず
賛否両論の二郎の声については
私はOKでした。二郎らしいんじゃあないかな。
声の質は良いと思うし。
まあ、あれだけ、いろいろ言われているので
逆にそれほどでもないんじゃないのかな・・・・って思えちゃったのかもしれないけど。
上手くはないけど味があったと思います・・・・笑
もっとひどいの、洋画の吹き替えで聞いたことあるしね・・・・笑
菜穂子の声は
すっごく良かったと思うわ。
瀧本美織なんだけど、上手いな~~って思ったもの。
あと
同僚、本庄季郎の声、西島さんなんだよね。
上手なんだけど
西島さん、まんまの声だった・・・・笑
あは~~~当たり前の意見だけど、アニメの顔が西島さんにみえてしょうがなかったよ。
彼の声はわりと特徴あるからね。

家族で
ワイワイと言いながら見るというより
一人でこっそり
世界観を味わいたい・・というそんな感じの映画だったかな。


kazetachini 90975wm_img1
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天上大風~『風立ちぬ』

 1920年代の日本。少年・堀越二郎は空に憧れ、「美しい飛行機を造る」 こと を夢見る。帝大に進学した彼は大震災の日、美しく利発な少女・菜穂子と出逢う。  宮崎駿監督5年ぶり

コメントの投稿

非公開コメント

もう8月だね

みみこさ~ん、こんにちは!
早いもんで、明後日には8月だもんね?なんか夏って一年の半分が過ぎた感じがあるけど、よく考えてみると、12分の8だと、半分以上が過ぎちゃってるんだもんなー
夏が終わると、もうあっという間にクリスマス(爆)

今日から子供は夏休みに突入したよ。
9月後半まで長い休みがあるので、自動車学校に通うことになったよ。アルバイトも考えたみたいなんだけど、単発のってなかなか良いのがなくて(家は田舎だからさ、勤務先が大学の側とか都内だと交通費や往復の時間が凄いかかっちゃって・・・)、近場の仕事だと、連続勤務が普通で、自由が利かずに遊びに出かけ難いらしくてね。
まあ、去年までが勉強ばっかりで、ほとんど遊ばずに過ごして来たから、今年くらいは、サークルの旅行とか、友達とお出かけとか、思い切り羽をのばしてもいいか~と、ちょっと甘めにみてやっか~って思ってさ^^

>菜穂子が二郎の仕事の成功を聞くと役目を終えたように
静かに彼の元を去っていくという流れや
美しく元気なときの自分を彼にみせてあげたいだなんて・・・・

ううう・・・・(T_T) ここ、切なかったね・・・。
映画が終わった後も、そのあたりについては、一人で色々考えてしまったよ・・・・。

そのうち、娘も高校時代の女友達数人で見に行って来るらしいから、若い子達の感想を聞くのが楽しみー☆

みみこさん、こちらにも。
なんか、みみこさんの感想読んで、映画が蘇って涙ぐんでしまったわ・・・。
宮崎駿監督、もう世界が認める国民的作家ですから、どうしても注目が集まるよね。
二郎さんの声、、、そうそうそう。
ジブリっていつもそうなのに(プロの声優を使わない)、いまだにそのことを批判している人が多くて、逆にびっくりする。
監督がちゃんと声の演技も演出して、OKも出してるんだからあれが正解なんだよね。
その上で「よくなかった」と感じるのは自由だけども。
まぁ、私も二郎さんの第一声と、子どもに「シベリア」をあげようとする場面のあまりの棒読みぶりにズッコケそうになったけど(笑)。
きっと、それも意味があるんだろうね。。
今日、『キャプテンハーロック』の予告観たんだけど、小栗旬くんの吹替えでさえちょっと「わざとらしい」と感じてしまった。
アニメ、たまにはいいよね。今年は、ピクサーはパスするかも?しれない私です。

latifaさんへ


こんにちは
本当早いよね。
一年、一年あっという間って感じ。
先のこと考えると
余計、短く感じちゃうよ。

夏休み、お嬢さん、突入されたのね。
大学生って結構ギリギリまであるのね。
あ・・その分、9月まであるのかあ・・・・。

自動車学校
いいね・・・今のうちにとっておいた方が絶対いいものね。
うちにも自動車学校の宣伝ちらしが
この間も入っていたけど
今、いろんなキャンペーンやっているのね。
でもお金高いよね。
免許は持っていないと
やっぱりのちのち、不便になるから
時間のあいているときにとるのが
一番だよね。


それとバイト・・・
なかなか予定と合わないと
難しいよね。
今はゆっくり好きなことして過ごしたらいいと思うよ。
昨年の夏は忙しかっただろうし。旅行や
お出かけ・・いいよね・・
大学生ならいっぱい好きなことしないと。
青春だものね♪

で・・・うちは
どこにも行かない
辛い夏ですよ・・トホホ。


あ・・・映画の
恋愛部分は切なかったよね。
黙っていなくなるのも
つらかっただろうに・・・・。


<そのうち、娘も高校時代の女友達数人で見に行って来るらしいから、若い子達の感想を聞くのが楽しみー☆>

そうなのね・・・
同じ映画の話
親子でできるのはいいよね。
ちなみに
観に行ったうちの子は
受験生の上の子じゃあなく
下の子の方。
上も観たいっていっているけど、
そんな余裕はないんだよね・・
もうトホホだよ
早く終わって欲しいな

真紅さんへ

忙しいのに
こちらにもありがとう。

私は↑の映画、良かったと思っているけど
巷では賛否両論があるんだよね。
ジブリってこうだ・・・という
思いが私には全然なかったからか、
普通に楽しめた・・・って印象。

<ジブリっていつもそうなのに(プロの声優を使わない)、いまだにそのことを批判している人が多くて、逆にびっくりする。>

あ・・・そういえばそうよね。
しょうがないじゃん・・・本職の方ではないんだし
こんなものでしょう・・・って思っちゃうのか
今回も、すごい不満はなかったかな。

<まぁ、私も二郎さんの第一声と、子どもに「シベリア」をあげようとする場面のあまりの棒読みぶりにズッコケそうになったけど(笑)。
きっと、それも意味があるんだろうね。>

そうなんだろうね。
違和感もあったけど
次第に慣れてくるというか・・・
これもまた不思議。


<今日、『キャプテンハーロック』の予告観たんだけど、小栗旬くんの吹替えでさえちょっと「わざとらしい」と感じてしまった。>


え~~予告観たのね。
小栗君がやってるのね・・。
俳優さんでも
声優がいいかどうかはわからないからね。
昔タイタニックの吹き替えで
妻夫木君のバージョンみたけど
酷過ぎて、耐えられなかったよ。まだ若いころだったけどね


<アニメ、たまにはいいよね。今年は、ピクサーはパスするかも?しれない私です。>

そうね・・たまにはね。
うちの子は
銀魂にも行くって言っていたかな。
やっぱり大人向けのアニメならいいけど
あまりにも子供向けだと劇場はいかない年齢になったかな…笑

こんばんは~。

みみこさん、こんばんは。

わ~、みみこさんの感想、すっごく心に沁みるわ~。

子どもさん、見に行かれたのね。
うんうん、確かに分かりにくいかな、いろんな意味で。

>でも、ある程度の年齢なら
描かれなくともわかる部分がある・・・・悲惨な時代というのが想像できる・・・
そこの汲み取れる部分の大きさの違いが
この作品の感想にも
つながっているのかもしれないかな・・・

みみこさん~、ココ、すっごくよく分かる!!あぁ、そうなの、そういうことなんだよね!!って頷いちゃいました。

ほんと!慎ましい恋愛だったよね。
2人は、互いに1日1日を一生懸命生きていて・・・。

>個人的には
声優さんは専門の方がいいと思っているけど

ふふ、私と同じだ~(笑)
でも、宮崎アニメでは、また新鮮な声に出会えるのも楽しみのひとつではあるよね。

今年の夏は、ほかにどの映画に行かれるのかな♪
私は次は「ローン・レンジャー」、やっぱりジョニデは外せない~(笑)

瞳さんへ



こんにちは。
結構テレビで宣伝しているので
多くの人が観るよね。
子供も話題作だから早速行ったみたい。


全体的に地味だったよね
淡々としていたしね。

<ほんと!慎ましい恋愛だったよね。
2人は、互いに1日1日を一生懸命生きていて・・・。>

そうだよね・
ちょっとレトロっぽいけど。
なかなかあんな運命的な出会いもないと思うけど。
あの
「震災のときに助けていただいた
里見菜穂子と申します」だっけ?
礼儀正しい
挨拶が妙に耳についてきて、
まねしたくなっちゃうわ・・・


<でも、宮崎アニメでは、また新鮮な声に出会えるのも楽しみのひとつではあるよね。 >

そうよね
毎回
え~~~ていう人もいたりして
話題になるよね


<今年の夏は、ほかにどの映画に行かれるのかな♪
私は次は「ローン・レンジャー」、やっぱりジョニデは外せない~(笑) >

あ・・・
ローンレンジャーね
これも面白そうよね
いっぱい宣伝しているよね。
私はあと何にしようかな・・・・
今考え中・・・・

残暑、お見舞い申し上げます

「風立ちぬ」見てきました。

見て よかったです。
とにかく 自然、空、緑が 美しく それだけでも 満足でした。
あと 戦前の建物、時代の香り。
想像の世界が アニメーションで 美しく蘇り キラキラしました。

飛行機にかける情熱と、二郎さんと菜穂子さんの切ない切ない愛。
昭和生まれの私には 伝わりましたが
10代の子供たちには わかりづらいだろうなぁ~とも 思いました。

二郎さんの声 私も OKでしたv-411

むうさんへ


こんにちは。
連日暑いですよね・・
まだまだ夏休み中で
この作品混雑ですよね・・・


風景も音楽
心地よかったですね。
震災場面は迫力ありましたが・・・

<飛行機にかける情熱と、二郎さんと菜穂子さんの切ない切ない愛。
昭和生まれの私には 伝わりましたが
10代の子供たちには わかりづらいだろうなぁ~とも 思いました。>


そうですよね・・・
ユーミンの歌といい、
大人向けな感じがしましたね~~


<二郎さんの声 私も OKでした>

慣れれば全然平気ですよね☆

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク