イノセント・ガーデン

イノセント・ガーデン(2013)
STOKER

製作国
アメリカ
監督:
パク・チャヌク
製作:
リドリー・スコット
トニー・スコット
マイケル・コスティガン
製作総指揮:
スティーヴン・レイルズ
マーク・ロイバル
脚本:
ウェントワース・ミラー
撮影:
チョン・ジョンフン
プロダクションデ
ザイン:
テレーズ・デプレス
衣装デザイン:
カート・スワンソン
バート・ミューラー
編集:
ニコラス・デ・トス
音楽:
クリント・マンセル
出演:
ミア・ワシコウスカ
インディア・ストーカー
ニコール・キッドマン
イヴリン・ストーカー(エヴィ)
マシュー・グード
チャールズ・ストーカー(チャーリー)
ダーモット・マローニー
リチャード・ストーカー
ジャッキー・ウィーヴァー
ジン・ストーカー
フィリス・サマーヴィル
マクガーリック夫人
オールデン・エアエンライク
ホイップ
ルーカス・ティル
ピッツ
ラルフ・ブラウン
保安官


 「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」などで世界的に評価の高い韓国を代表する映画監督パク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作。
少女インディア・ストーカー。
誕生日には毎年、広大な庭のどこかに父からの靴のプレゼントが隠されていた。
18歳を迎えたある日
最愛の父が、不審な事故で突然の死を迎えた。
母エヴィと2人きりになってしまったインディア。
ところが
葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わした。
なぜか、気になるチャーリーの存在。





感想

 パク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作ということで
期待感高まりますよね。
感想としては、韓国映画にあったグロさは控えめで
とっても上品に仕上げてあり、
好感もてる作品でした。目を覆うような場面はまったくありませんし、
逆にもっとみたい、先を知りたいという
欲求がわいてきて、興味深い鑑賞となりました。
といっても、内容的には、結構ダークな話ではありますけど・・・笑
絵になるような映像が多くて
切り取って飾ってみたい感じ。
主人公がベットに横になって
その周りを靴がグル~~と並ぶあの印象的なシーンも構図的に
美しいという表現がピッタリで・・・。
叔父様と主人公の
ピアノ連弾シーンも
こっちまでドキドキ感が漂ってきそうな強烈な設定ですよね
後ろから
マシュー・グードがこうやって~~~~って…笑
考えただけでゾクゾクしちゃいますものね・・・


18歳の少女の
自我の目覚め、確立がテーマですけど
この目覚めの部分が、通常では考えられないものへの
目覚め・・・とうことで
テーマとしては興味つきませんでした。
本当の自分はいったいどういうものか・・・
思春期の子供なら一度は考えますが
それがね・・・・・泣

こういう話かと・・・・☆知ったあとの
衝撃は大きかったです。


お父さんは
(ダーモット・マローニーがパパでしたね、すっかり年とっちゃって・・・)
娘、インディアがどういう資質をもった子か
うすうす感じとっていたのですよね。
だから
弟、チャーリーのようにならないために
幼いころから、狩りに連れていき
その衝動や欲望を、動物の方に向けさせ
なんとか封じ込めようとしていたのかと思われます。
ですよね・・・?

でも逆に
スペシャリストな犯罪者、スキもなくスマートにこなせる・・・
に、成長していったようにも感じますが。


チャーリー(こちらも、素敵なマシュー・グードが魅力的に演じます)は
彼女が自分と同類だって
見抜いていたんでしょうね、早くから。
これも、仲間意識からかしらね。

しかし、
母親(ニコール・キッドマン・・・相変わらずお綺麗、囁くような声が色っぽいね)と、娘
両方を惑わせるという
おじさまは、罪な存在ですよね。

インディアの
シャワーション。
大胆でしたね~~ミア・ワシコウスカが頑張りました☆
殺人を見て
興奮していた彼女。
この映画を語る時
かかせない場面となっていくのかな・・・・きっと。


ラストですが
おじさまでしたね・・・
母親でなく
おじさまを仕留めた・・・
ここの理解もなかなか興味深いですよね。
おじさまと一緒に旅立つという選択でなく
そのおじさまを、始末するというのは
彼とは違う自分だと自覚したってことでしょうかね。
おじさまのような殺人者でなく
もっとスマートで完璧な生き方(でも殺人者)をしたかったのか・・・
そもそも、今後このおじさまと一緒にいても
自分は束縛されるだけの存在。
そんなの嫌だ
いろんな意味で
自由になりたいわ・・・・と感じたのかどうか。
一人残される
母親も
ショックでしょうね。


ラストが
冒頭に繋がっています。

「花が色を選べないように人は自分を選べない」
「大人になると、ときはなたれる」


冒頭のインディアの言葉は
物語の全てでした。
観終わって
もう一度見直してみたくなる一本です。


音楽は私の好きな、クリント・マンセル。

これは
劇場で堪能したかったです。

inosenntoga-denndesu.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「イノセント・ガーデン」感想

パク・チャヌクのハリウッドデビュー作。

コメントの投稿

非公開コメント

見たのねー!

みみこさん、こんにちは^^
てっきり、みみこさんは劇場鑑賞したのかなーって思っていたよ。

そうそう、ストーリー展開が、意外なところをついていたよね。
あらゆる意味で(^^ゞ
私なんかは、見ながらどういう事なの?って、よく把握できず、見終わってから、ゆっくり考えて、それでも???ってところがあって。
みみこさんや、他の方々の感想を読んで、なるほどー、そうなのかーとか、解って来た気がする次第。

でも、この映画面白かったわー。やっぱりパク・チャヌク監督は好きだなー。

こちらにも、お邪魔いたします。

同じ時期に見ることができて、嬉しいです♪
ほんと、私も映画館で観たかったです~。

このキャスティングはベストでしたよね。
そうそう、あの連弾シーン、良かったですわ~。
おじさんが謎めいた美男じゃなかったら、ああはならないですよね。

監督、いろいろと楽しんで作ってるなあと思いました。
きれいな画ばかりでしたね。そのぶんひんやりとしたグロテスクさもあって、
さらにマシューくんの目がこわいし…

怖いわりに、あのおじさん、中身が子供のままだったので、
大人へと成長しつつある姪っ子に、一緒に家族ごっこしてる場合じゃない、
わたしは外の世界を知りたいの、と撃ち殺されちゃったのかしら?と思いましたわ。
パパっこだからその復讐もあるのか、それともママへの復讐も兼ねてるのか・・・
(同じように子供っぽいママも独りにされちゃうって、すごい復讐ですよね)

いろいろな見かたがあれこれ浮かぶ面白い作品でした~。

latifa さんへ

おはようございます♪

これ劇場ではみていないのよ
残念

面白かったですよね、これ
意外性もあり
なにより映像が綺麗

伏線もいろいろあってもう一度みたい感じ・・

でも
あの母と娘
なんだか
変わっていますよね
父親と
毎回狩りに出ていたら
奥さんも
嫉妬しちゃうけどね

<この映画面白かったわー。やっぱりパク・チャヌク監督は好きだなー。>

うんうん
私も
新作楽しみにしているわ


小池真理子の「恋」のドラマみているの
面白そうよ
みたかな
あと
この間
「オリンピックの身代金」ドラマでみて
latifaさんの本の感想も拝見したよ
コメントはなかなかできなかったけど。
マツケンでイメージどおりだった?

年末はドラマも面白そうなの
いろいろあるけど
やっぱりいそがしいよね~~
ではではまたね

こちらにも
ありがとうございます。

同じ時期だと
うれしいです。

連弾
印象的なシーンでしたね
やっぱり
男もピアノが弾けないと・・・

ピアノが弾ける男子好きなのよね

<おじさんが謎めいた美男じゃなかったら、ああはならないですよね。>
ここがポイントですよね
変な人なら
気持ち悪いし・・・・笑

<監督、いろいろと楽しんで作ってるなあと思いました。
きれいな画ばかりでしたね。そのぶんひんやりとしたグロテスクさもあって、
さらにマシューくんの目がこわいし… >

そうそう
目が・・・
怖い・・・・笑

<大人へと成長しつつある姪っ子に、一緒に家族ごっこしてる場合じゃない、
わたしは外の世界を知りたいの、と撃ち殺されちゃったのかしら?と思いましたわ。
パパっこだからその復讐もあるのか、それともママへの復讐も兼ねてるのか・・・>

そうよね
復讐もありますよね
いろんな思いが詰まった
シーンで
いろいろ考えるのは楽しいですよね

またおしゃべりしましょうね

ありがとうございました^^

みみこさん、こんばんは~。
けがの具合はいかがですか?
今年もあと少しですね~今日とりあえず大掃除やりました。
この映画のこと忘れてました~観なきゃ!
公開当時、とっても観たかったんです。
感想ちょっとだけ拝見したら、絵になるような映像とかすごく気になりました。
パク・チャヌク監督のハリウッド仕様、楽しみです♪

今年も楽しいお話させていただき、ありがとうございました。
娘が受験で、新年は実家に帰らないので中野ブロードウェイ、今回はおあずけ(笑)
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください^^

ポルカさんへ


こんにちは。
お気づかいありがとうございます。
良くなってきています♪
日常生活も大丈夫なので
年越し準備しています・・

私は
今日もお買いもの・・・
お正月は何かと物入りですよね
野菜も高いわ~~
大掃除は昨日やりましたけど
まだまだ片付かない感じ。

↑の映画は面白かったですよ。
いろいろ興味深い映画があっても
チェックできないですよね。
私も観ていない録画もいっぱいで・・・

来年時間があったときに
是非チェックしてみてくださいね。
<パク・チャヌク監督のハリウッド仕様、楽しみです♪>

期待しても大丈夫だと思います


こちらこそ
今年も楽しくお付き合いして下さり
感謝しています。

お嬢様受験生ですね。
今年は寒い冬ですので体調崩さないように
してくださいね。
応援しています。
準備等大変だとは思いますが
ポルカさんも体調お気をつけてね。

来年もよろしくお願いします。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク