アジョシ

アジョシ   (2010  韓国)
THE MAN FROM NOWHERE


監督:
イ・ジョンボム
脚本:
イ・ジョンボム
撮影:
イ・テユン
音楽:
シム・ヒョンジョン
武術監督:
パク・ジョンリュル
出演:
ウォンビン(チャ・テシク)
キム・セロン(ソミ)
キム・ヒウォン(マンソク)(兄)
キム・ソンオ(ジョンソク)(弟)
キム・テフン
キム・チゴン
ソン・ヨンチャン
オ・ミョンギュ
タナヨン・ウォンタラクン
ラム・ロワン
ホン・ソヒ
キム・ヨンス
キム・ヒョソ
ヒョジョン(ソミの母)




 
質屋を営む孤独な男テシク。
唯一交流をもっているのが
隣の家の少女ソミだ。
ソミの母親はクラブダンサー。ソミもまた孤独な少女だった。
ある日、ソミの母親が犯罪組織から麻薬を盗み出し
その結果、母娘は組織に狙われる。
テシクもまた、その組織に
かかわることになるのだが
罠にはまり警察にとらわれる身に。

しかし、ソミを助けなくてはいけない。
警察を逃げ出したテシクは一人犯罪組織に立ち向かう・・






感想


わ~~残酷シーンいっぱい・・・苦笑。

「ドライヴ」に続いて
守りたいもののために
全力を尽くす男の話・・・。


これもまた男の生き方としてカッコイ・・・。
目的のために自己犠牲で頑張っているからね・・
無口で
実行力があって
これは魅力的でしょう。


恥ずかしながら
「ウォンビン」の出始めのころをあまり知らないの。
→(キムタクに似ているのは知っていたけどあまり作品は見ていない・・)
だから復帰作2作目のこの作品をみて、
成長したのね・・・感をもつことはできかかったけど(母なる証明も観ていないの)
それがなくても
素直に、イケメンの素敵な男が華やかなアクションを繰り広げている・・・というのは
みていて
目の保養になります。
ただし暴力場面も容赦なく付け加わり・・・・・苦笑



マンソク兄弟の
弟の方・・
この間観た韓国ドラマの「男が愛するとき」の
イ・チャンヒ役(役名)の方だったわ・・
また会いましたね、次長課長の井上聡さんみたいなお顔・・・笑
(キム・ソンオね。)


前半の子役の子との
心の触れ合いは良かったな。

おじさんだけは嫌いにならない・・・
なんて・・・
あんな純粋な子に訴えられたら
それだけでウルウル



後半は
臓器移植問題が絡んで
組織に乗り込むシーンが描かれるんだけど
あの
マンスク兄が
ウォンビンに
転がした目玉の入った容器・・・
その目玉そのもの・・・・が気持ち悪い~~~(って書くと余計リアル)


子供相手の臓器売買自体が
聞くだけで
気分悪くなる題材だものね・・・
どんよりしました。



ナイフを使って
バシバシアクションするのも見せ場だったと思うけど
あの切れるときの
グサグサ感の音や、血が滴れる感じが嫌だよね~~(だから表現するなって・・・・・笑)

ストーリーは
難しくなく
勧善懲悪になっているので
理不尽さはなくスッキリ。
ただ、カッコイイ俳優さんが主演だから気楽に・・・で
見ることが出来ないハードの暴力場面があるので
是非是非見てと…万人にお勧めはできないかも。



韓国映画って暴力場面もエロ場面も容赦なく
描くから
覚悟をもって
みれば、いいだけのことだろうけれど、
恋愛映画だけ見なれちゃう人にとっては
ハードルが高い映画になっちゃうよね。


髪を切る姿も
絵になるし
鍛えた体も
絵になりました。

特殊部隊出身なのね、彼。
どうりであの身のこなしや
道具の使い方、
めちゃ、強いのも納得です。
奥さんが過去に死んじゃっているんだな、それも仕事がらみだろうな・・・というのは
あそこまで丁寧に描かなくても
想像できるよね。
伏線いくつかあったしね。
実際、トラックに突っ込まれてガシャン・・・って映像で見ると
これもどんより・・・・。



題名は
おじさんだけど
おじさんにみえないよ・・・
充分素敵

最後は抱擁で終わり。
少女が大きく手を広げて
ガッシと2人抱き会う・・映像がラストカットだけど
スローモーション的演出もあって
きっとあれが最後の見せ場ってことだよね。
でも私は
あの少女が
「私を助けに来たんでしょ?」っていいながら
おじさんに駆け寄って行くシーンで十分感動したよ。
前にカバンを盗んだときに
少女が、あの人がパパだよ・・・ってウォンビンを指差したけど
彼、そ知らぬふりをしていたじゃない?
あの部分を思い出して
そうか・・・
いざというときには
彼は助けてくれるんだ・・・と
ひしひし感じて
一人感動に浸れたよ。
こうやって考えると
あの、子役の演技にグッときたところが大いにあるんだろうね、私は。


個人的に
私は
こういう設定だと
「青い鳥」を思い出すのよ
淡い恋心も感じたりしてね、少女からおじさんに。
まあ、そういう見方は
不純かもしれないけれど。
トヨエツも無口で素敵だったものね、あのドラマでは


ajoshidesu.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク