ヒドゥン・フェイス

ヒドゥン・フェイス (2011  コロンビア・スペイン)
LA CARA OCULTA
THE HIDDEN FACE


監督:
アンドレス・バイス
脚本:
アンドレス・バイス
撮影:
ジョゼップ・M・シヴィット
音楽:
フェデリコ・フシド
出演:
マルティナ・ガルシア(ファビアナ)
キム・グティエレス(アドリアン)
クララ・ラゴ(ベレン)
アレクサンドラ・スチュワルト(エマ)



スペイン出身の指揮者アドリアンは、仕事のため
恋人のベレンと一緒にコロンビアを訪れる。
しかし、新しい土地で、アドリアンの浮気を疑ったベレンは、ビデオメッセージを残して突然いなくなってしまう・・
探し回るアドリアンだが、
たまたま、バーで出会った美しい店員ファビアナと親密になる
やがて、ファビアナが2人が住んでいた別荘に、
移り住むことになるが、その別荘で様々な現象が現れ始める…。


感想

お友達のサイトで気になって
早速鑑賞しました
瞳さん、みぬぅさん、ありがとう・・
すっごく面白かったよ♪


まず、
この映画知らない・・・
っていう人・・・
何にも知らない状態で是非是非挑戦してみてくださいな。
これは予備知識ない方が、観終わった
あとに、
いや~~面白かったよ♪っとテンションあがりますから。


で・・・すでに観ている人
是非是非
ネタバレして話しましょう…笑
だってこれ
核心に満ちた話をした方が断然盛り上がるような気がするし。


以下ネタバレ。



気付きました?
私は全然。
いろんな驚きの映画あるけれど
あのネタは新鮮だったわ。
マジックミラーのお部屋を使った映画って
実は数本は観ているのよね。
ソフィーの「恋人たちのアパルトマン」もそうだったし
韓国映画の「悪い男」もマジックミラー越しに好きな女を観ているよね


この映画のマッジックミラーの使い方も
愛ゆえの結果なんだけれど
それがはっきりわかるまでは
なにやら、ホラーチックな雰囲気なの。
それが突然
愛ゆえか・・・ってわかるもんだから
おお~~~って思ってしまう。
この映画、ホラーでもありミステリーでもあり
恋愛劇でもあるんですよ。
盛りだくさん。



好きな男が
私がいなくなったら
どういう行動をとるか・・確かめたかったってことでしょ?
なんだか、彼氏、
楽団員と怪しい関係ぽかったから
彼女、ベレンも、心配だったんだよね。

だからって
あんな危なそうな
場所・・<戸棚の中に隠し扉があって
その奥に隠れ部屋が用意されている・・・
さらに、その部屋の中からは、各部屋が丸見えになっている=
つまりマジックミラーの裏側の部屋なの>

一人で入り込むなんて、いい度胸。
鍵忘れるなよ・・・・っていいたい・・・。


それにしても
彼氏のアドリアン、
私、浮気しているのは嘘かと思ったら
本当だった・・・・怒
私は彼を信じていたところがあったので
まだまだ見る目が甘いな・・・って思った・・・・笑
よくよく考えると
元カノ、ベレンがいなくなってから
意外と早くに
ファビアナに、乗り換えたものね・・・
根は浮気男だったのかもね。



信じていた男が
新しい彼女を部屋に連れこんで
その情事を一部始終見聞きしちゃうっていう
心境は、耐えがたいよね。



ファビアナは、
早くから
この部屋の雰囲気に違和感を感じていたじゃない?
シャワーとか
水道の蛇口の件で。
まさか、
音や声が
水の振動を伝わってきて・・・というのが
こんな真相(隠し部屋からのSOS)だなんて
誰も想像できないよ。
てっきり
ホラーテイストのお話展開だと
思っちゃうじゃない?
そうじゃなく
意外と現実的な真相だったっていうのが
面白かったわ。


で・・・ラストだけど。
私は
現在の彼女が
元カノの失踪の真実を知っても(実は隠し部屋に閉じ込められていただけ)
その、真実を、誰にもしらせないで
そのままにするんだろうな・・・・っていうのは
想像できたんだけど、そのあとがああいう展開になるとは
ビックリだった・・・よ。


でもあのラスト良いよね。
良いっていういい方は変だけど
元カノの執念を感じさせて
サスペンスとしては
なかなかのひねりを感じさせるわ。
あの感じだと
彼氏に、フェノビアの失踪疑いがかけられるかもしれないしね。
ただ
ファビアナには恐ろしい現実だけど。
彼氏は、鈍そうだったから
隠し部屋には気付かないんだろうな・・
ちょっと可哀そうな結末でもあるかな、
hodonnfeisu.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヒドゥン・フェイス」感想

面白かったー^^ 4つ★半~5つ★

「ヒドゥン・フェイス」

コロンビアの交響楽団に招かれ、恋人のベレン(クララ・ラゴ)とともにやって来たスペイン人指揮者のアドリアン(キム・グティエレス)。 2人は、郊外に立つナチスの残党だったという人物が所有していた別荘を借りて住むことになったのだが、 アドリアンの浮気を疑ったベレンは、別れを告げるメッセージを残し、姿を消してしまう・・・。 アドリアンは、彼女を失った悲しみを癒そうと出掛けた...

コメントの投稿

非公開コメント

面白いよね

みみこさん、こんにちは。

これは絶対何も知らずに観た方が面白いよね。

前半見ていたあのシーン、あんな会話が・・・実はああいうことだったなんて・・と、後半唖然としましたよ。
面白かったわ~。
でも、本人さん(?)たちにしたら、大変な事態だよね。
鍵を忘れるなんて・・・アキマセンーーーー!!

そうそう、あの水道管の音や、水の揺れ、ホラーかと思いきや・・・現実的なものでしたもんね。

ラストもいろいろ想像しちゃったわ。
元カノの子もずっとあのままにはしないのかなあ・・・と思いつつも、ヒントは置いてきたからあとは自分たちで・・っていうことなのかなとも思ったり。

ファビアナは自分から別れを告げてはないわけだから、今度は彼も探すかな・・とも思ったりするけれど。
確かに彼は鈍そうだよねぇ(苦笑)

観たら、絶対話したくなる映画でしたね。

No title

瞳さんへ


こんにちは
マイペースで観ていますが
その中で、こういった掘り出し物を
チェックできて良かったわ
紹介してもらって、ありがとう・・・。
たぶん瞳さんの記事読まなかったら
絶対見ていなかった

<前半見ていたあのシーン、あんな会話が・・・実はああいうことだったなんて・・と、後半唖然としましたよ。 >

上手くできていましたよね
ああ・・・ああいう意味だったんだ
ってわかたっときの、衝撃は半端なかったわ

<鍵を忘れるなんて・・・アキマセンーーーー!! >

自分ならこわくって
絶対鍵は手放さないけど・・

落とすものかって必死になる…笑

<そうそう、あの水道管の音や、水の揺れ、ホラーかと思いきや・・・現実的なものでしたもんね。>

ああやって
叩いていたんですね。
いらいらしただろうね・・・


<ラストもいろいろ想像しちゃったわ。
元カノの子もずっとあのままにはしないのかなあ・・・と思いつつも、ヒントは置いてきたからあとは自分たちで・・っていうことなのかなとも思ったり。>

早く気付いてあげないと
元カノ可哀そう・・・

<ファビアナは自分から別れを告げてはないわけだから、今度は彼も探すかな・・とも思ったりするけれど。
確かに彼は鈍そうだよねぇ(苦笑)>

そうよね~~
とにかく
はやく見つけてあげてと言いたいわ

<観たら、絶対話したくなる映画でしたね。>

自分で黙っているのが
苦しくなるもの。
話したくなりますよね~~


あ・・・
驚くシーン全然違っていましたね。
私ったら見当違い
でも考えてみたら
この映画って
どの場面でもハッとするところがあったような・・
だから人によって違ってくるのかも
そう考えると
また別の人の感想も知りたいわ・・・って
気になってきますよね

こちらにも^^

みみこさん、再度登場^^
これ、面白かったー!
普段映画を見るとき、知ってる役者さんか、はたまた、興味のある監督さんか、スタッフさん、のどれかから手に取る事がほとんどなんだけど、これは、まるでそういうのが無い映画だったから、本当に、まっさらな状態での鑑賞でした。

いやぁー、ハラハラドキドキ、最後まで飽きなかったわ。
女性2人も綺麗だったし。

みみこさんは、開けないんだろうな・・っていうのは、想像がついていたんだね?
私は、てっきり2人が通じて、水面下で協力して、あの男を、ちょっと困らせてやろう・・とか、そういう風になるんじゃないか?って、全然違う想像をしちゃったわ。

わ==これ観たのね

こちらにもありがとう

いや~~
これチェックされたのね。
結構マイナーだよね
私も友達から面白いって聞いてね、観たよ
こういうときって
クチコミ?大切だよね


まっさらな状態って
いいよね
余計な知識ない方が純粋に楽しめるし
とくにこの作品はね


え~~~~こんなオチかい・・・って
すっごくビックリしたよ


<いやぁー、ハラハラドキドキ、最後まで飽きなかったわ。
女性2人も綺麗だったし。 >

そうそう
女性陣きれいどころだったよね
男は浮気症だね~~笑


ああいう結末は
うん、
私はいじわるく考えたよ。


<てっきり2人が通じて、水面下で協力して、あの男を、ちょっと困らせてやろう・・とか、そういう風になるんじゃないか?って、全然違う想像をしちゃったわ。>


なるほど
そういう見方もできるよね
いろいろ考えられて
面白いよね

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク