私のなかの彼女 著  角田光代

私のなかの彼女 著  角田光代



大学生の和歌は
恋人である仙太郎と付き合っている。
将来はとくに考えていなかったが
彼の、就職してみたら・・・の一言で
幼児教育の出版社に就職。


そんなとき和歌
は、実家の蔵で、自分の祖母が書いたらしい本を発見。
祖母は醜女といわれ、パッとした容姿ではなかったようだが
小説の才能があったようだ。
しかし、その小説はかなり独特。
和歌は祖母の過去を
調べながら
自分もまた
小説をかいてみようかと・・・思うようになる





感想



主人公の和歌が大学、就職・・そして
作家として悩んでいく姿が描かれるわけですが
背景にあるのは
祖母の姿。
祖母もまた作家だったわけです。

和歌が迷いながら作家の道に進んでいく過程は
興味深かったです。
尊敬していた
恋人仙太郎の姿が
年月と共に変わってくるのも
なるほどな・・・と思ったり。
仙太郎が変わったというよりも
和歌が変わってきたということなんでしょうね。

そもそも彼女は
就職なんて考えていなくて
このまま
なんとなく
仙太郎と結婚かな・・・という未来を
学生のときは考えていたわけですから。


でも
和歌が
小説を書くようになって
今まで、一緒にいることが当たり前だった
仙太郎との
関係が怪しくなってきます。



やはり、同じように、物をつくりだすという・・仕事を
選んでいるもの同士の暮らしは
難しいのかな・・・と思います。

生活というのは
ご飯食べたり
お掃除したり
そんな当たり前のことが、かかわってくるわけですからね。

掃除しないで部屋はそのまま。
仕事第一の和歌。
それを納得しているようで
どこか違和感を感じていた仙太郎。
そしてとどめは
子供だったのかな。


和歌が自分が妊娠したとわかったときの
対応は
私としては
う~~んと思う事多々でした。
入院していた
母親と
和歌が
後に口争いする原因も子供のことだったのも納得できます。
子供は和歌の
せいとは言わないまでも(後にダメになる)
やはりどこかで、妊娠を素直に喜べなかった和歌の
日常の過ごし方が
影響を及ぼしていたんじゃないのかと
思われるからです。


仙太郎がこのことをきかっけに
離れてしまうのも
致し方ないかな・・・・と思います


和歌にとっては
いろいろ辛い経験となりましたけれど
それも運命と受け取り
彼女は彼女なりに
正しいと思った道を
進んでいったら
いいのではないかな…と
読み終わったあと
思いました。

小説家という職業だけでなく
女性が
自分らしく生きるということをまず第一に考える場合
なにかを犠牲にしてしまうこともあるかもしれない・・・
でも
それはそれで
その人の人生なのだから
納得し、後悔しなければ
私はいいのではないのかな・・・と思いました。
ただ平凡を絵に描いたような
私の人生からすると
すっごく冒険的なことだと思うし
私はやはり
この和歌の母親と同じような
責め口調で
そういう人に向き合ってしまうかもしれないな・・・
とも思いました

akkutawatashinonaka434605.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みみこさん、こんばんは。
角田さんの小説、久々に読みました。なんだか主人公が島本理生ちゃんの小説の主人公みたい、と思ってしまった^^;
仙太郎(彼氏)とズルズル同棲して、彼氏の言葉に怯えるところとか。。
精神的なDVのようにも描かれているけど、仙太郎には全く自覚がないみたいだし・・・。
仙太郎のキャラが掴みどころがなくて、どうして主人公がそこまで(十何年も、一途に)思うかな?と疑問だったけど、一気に読んでしまったわ。
妊娠のくだりは、考えさせられたね。
角田さんも、こんな風に悩みながら書いているのかな、、とか感じましたね。

春ね~~

真紅さんへ


こんにちは♪

<なんだか主人公が島本理生ちゃんの小説の主人公みたい、と思ってしまった^^;>

そうですよね~~
角田さんてこういう小説だっけ?って思うときもあったり。

<仙太郎(彼氏)とズルズル同棲して、彼氏の言葉に怯えるところとか。。
精神的なDVのようにも描かれているけど、仙太郎には全く自覚がないみたいだし・・・。>

うんうん、
そんなに彼の言葉
気にすることもないのにな~~~って思うものの
彼女にとってはそのとき、彼がすべてだったのかな・・・
そうだったら
やっぱり、ずるずるいっちゃうのかな・・・って思いましたよ。



<仙太郎のキャラが掴みどころがなくて、どうして主人公がそこまで(十何年も、一途に)思うかな?と疑問だったけど・・・


ハハ~、そうですよね。
私最後の方で
仙太郎が、違う人生歩み始めて、引越しの荷物とか
どんどん持っていっちゃうところ・・・

ああいう場面読みながら
仙太郎って結構、さっぱりしているんだな・・・って感じました。
いろいろあったから
まあ、ふっきれているんだろうけど、
長い年月付き合っていても
結局さようなら・・・ってあっけないものなのね~~って
しみじみしちゃった・・・・わ。

<角田さんも、こんな風に悩みながら書いているのかな、、とか感じましたね。>


ね~~~
作家さんも大変よね。
作風に対しても
いろいろ挑戦していこうかな・・・って
常に思っているのかもね。

角田光代

角田光代は
作家の彼と別れて年下のロッカーと結婚したよね
これは自伝だろう

No title

そうなんですね

私は全然知らなくって。
いろいろ
あるんですね
作家さんも

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク