白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件(2014)


監督:
中村義洋
企画:
田村健一
製作総指揮:
大角正
プロデューサー:
三好英明
アソシエイトプロ
デューサー:
住田節子
原作:
湊かなえ
『白ゆき姫殺人事件』(集英社刊)
脚本:
林民夫
撮影:
小林元
美術:
西村貴志
衣装:
丸山佳奈
編集:
川瀬功
音楽:
安川午朗
音楽プロデューサ
高石真美
VFXスーパーバ
イザー:
村上優悦
スクリプター:
小林加苗
ヘアメイク:
酒井夢月
照明:
堀直之
装飾:
湯澤幸夫
録音:
松本昇和
助監督:
佐和田惠
劇中曲:
芹沢ブラザーズ


出演:
井上真央
(城野美姫)
綾野剛
(赤星雄治)
菜々緒
(三木典子)
金子ノブアキ
(篠山聡史)
小野恵令奈
(満島栄美)
谷村美月
(前谷みのり)
染谷将太
(長谷川)
秋野暢子
(城野皐月)
ダンカン
(城野光三郎)
山下容莉枝
(八塚絹子)
TSUKEMEN
(芹沢ブラザーズ)
宮地真緒
(間山)
朝倉あき
(平塚)
大東駿介
(江藤慎吾)
草野イニ
(小沢文晃)
野村佑香
(島田彩)
川面千晶
(尾崎真知子)
蓮佛美沙子
(狩野里沙子)
貫地谷しほり
(谷村夕子)
生瀬勝久
(水谷)


しぐれ谷で女性の惨殺死体が発見された
被害者は“日の出化粧品”の社員、三木典子。
美人で有名な女性だ。
犯人として
同僚女性、城野美姫があがる。
一方、
TVに勤める赤星雄治は、
昔の恋人、狩野里沙子から城野美姫にまつわる
情報を聞き出す。
彼女は被害者と同じ化粧品会社につとめていたのだ。
姫野の過去をあらうため
周辺取材を開始する赤星。
彼は情報があがるたびに、ツイッターでつぶやく・・・





感想


原作は読みました。
当然犯人も最初から○○・・・ってインプットされていたんですけど、
観に行っちゃいました。

やっぱり、俳優陣をチェックしたかったから~~

赤星は綾野剛。
チャラかったです・・・・笑
硬派なキャラから
チャラ男まで
相変わらず、幅広いわ~~

お髭がお似合いで、良かったです♪


地味なOLは井上真央。
確かに菜々緒と比べると
そういう位置づけかもしれないけれど
やっぱり元がいいので
可愛いわ☆
もはや容姿は好みだと思うけど。
しかし
美人=性格が悪いって
いうイメージになりやすいね~~


原作では
確か週刊誌にいろいろ書かれちゃうっていう設定だけど
映画は
ワイドーショーで騒がれるという設定。


このワイドーショーの作りが
よくできていたわね~~
事件となると
映画の様な報道、往々にしてあるものね。
でも
映画はちょっと、やり過ぎ感があったけど。
モザイクだって見え見えだったし、
いくらなんでも
あんなに、事件関係者が大々的にTV
出演はないでしょ~~って、ツッコミもしたくなります。


原作は
前半がストーリーで
後半がツイッター記事や、週刊誌記事になっている構成で
ちょっと読みにくかったんだけど
映画では、物語とツイッターが同時進行で観ることが出来て
わかりやすかったです。
ただ、ツイッターの文字が
画面いっぱいに出てくるわけだから
年配の人には
何これ?っていう印象にはなるかな。


そもそも
ツイッターを経験している人なら馴染があるから
入りやすいけど
そうでない人には
とっては、ふ~~んって感じでもあると思うよ。


という私は
ツイッターしていないけど、
一応、子供のを観たりしているから
多少ついていけるよ・・・・笑
でも自分じゃあ、つかれてやらないけど。



こういう映画をみると
ネットの恐ろしさをつくづく感じるわ。

人のうわさの怖さもね。

自分のことは自分が一番分かっていると思っても
ああいうふうに
人から見た自分って
どういうものかっていうことを
いっぺんに知ってしまうと
結構、凹んでしまうよね
自分って一体、なんなんだって思うよ。


親友も
同僚も
なんだか、みんな信じられなくなるよね~~

結局、真実って
捻じ曲げられることが
多々あるから
信じられるのって
自分で見聞きしたりすることだけだと思うよ。

それにしても
湊さんの作品
映像化が多いよね。
人の悪意を感じような内容って
好みの人が多いって
証拠なんだろうね~~~

しらゆきひめさつじん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

みみこさん、こんにちは。
4月もだいぶ過ぎて、少しは落ち着いてきましたか?
これ、私も観ましたよ。原作は読んでなかったので、派手などんでん返しがあるかとも思ってたけど・・想定の範囲内だったかな。
まあ面白かったけど、「告白」ほどのインパクトはなかったですね。
井上真央ちゃんは、そうそう、元が可愛いので、最初はさほど変な人って感じでもなかったんだけど、
色んなシーンが映し出されるに従って、イケてなかったり変人ちっくな所も見えて、丁度いいキャスティングだった様に思えました。
蓮沸さん、髪型が・・片桐はいりに見えたわ・・(^^;
原作は週刊誌だったんですね。週刊誌もワイドショーも、イイカゲンだもんね。
実際、ワイドショーの情報操作等にはうんざりな日々なので、最近あんまりTV見ないんですよ。

みみこさん、ツイッターやってないんですね。
私はツイもFBもやってるけど、つぶやくよりも、他の面白いつぶやきをリツイートしたり、FBでは好きな画像をシェアしてもらったりが多いです。
つぶやかなくても、誰か好きな作家さんとかフォローしてると、身近な情報は得られて楽しいかもしれないですよ?
ただ、つぶやきの多い人をフォローすると、ちょっとせからしいけどね。
ちなみに、ラインはやってません~。キャラがやっつけシゴトみたいで可愛くないんだもん~って、それが理由でもないけど。(笑)

ここでなんですが、最近「ザ・レッジ」も見ました。
思ってた内容と違ってた~(^^ゞでも結構楽しめました。みみこさんの感想も拝見しましたよ!
まだ書きたいけど、夕食の支度です;;一日がはやすぎてたまりません~。ではでは!

女は怖いわ

つるばらさんへ


遅くなりすみません。

あっという間に4月も終わりですよ。
もう早くって・・・・・。

とりあえず、子どもは新しい生活に
ルンルンで行っています。
私も、子離れして、なにか見つけなくては。
といっても学生はまだ一人いますが。

↑御覧になったのですね。
つるばらさんが、劇場で邦画って、珍しいのかな。
今回、湊かなえだものね、ちょっと期待しちゃいますよね。

<派手などんでん返しがあるかとも思ってたけど・・想定の範囲内だったかな。
まあ面白かったけど、「告白」ほどのインパクトはなかったですね。>


そうですよね、
告白は映像としても面白かったですよね。

<井上真央ちゃんは、そうそう、元が可愛いので、最初はさほど変な人って感じでもなかったんだけど、>

うん。
真央ちゃん、可愛いですよね。

<色んなシーンが映し出されるに従って、イケてなかったり変人ちっくな所も見えて、丁度いいキャスティングだった様に思えました。>

そうですね。
そうそう、階段をかけあがって行くシーン。
お気に入りのコンサートに行く場面で電車に間に合わせようと頑張るシーンね。
あのときの、走り方が
すご~~く、どんくさい感じがして・・・・笑
あのときは、可愛いけど、やっぱり、イケていない人なんだな・・・って
しみじみ感じました。
あと、大学生になって
寮でお友達と雑談している時。
あれって何よ~~って、皆に聞いて、
一人だけ、わからない状態だったシーン。
あんな…・天然記念物みたいな子、今時いないよ・・・
と、その姿が妙に似合っている感じがして
やっぱり、ここでも、イケテない感、しみじみ感じましたよ。


<蓮沸さん、髪型が・・片桐はいりに見えたわ・・(^^;>

あれって、蓮沸さんなのよね。
私彼女好きなのにあの髪、すっごく変・・・・笑
長い髪が素敵なのに・・・・。


<みみこさん、ツイッターやってないんですね。
私はツイもFBもやってるけど、つぶやくよりも、他の面白いつぶやきをリツイートしたり、FBでは好きな画像をシェアしてもらったりが多いです。 >

そうなのね。
私もやりたいな・・
古い人間で、スマホじゃないし・・・
早く変わりたい。



<つぶやかなくても、誰か好きな作家さんとかフォローしてると、身近な情報は得られて楽しいかもしれないですよ? >

そうよね・・
やりたい・・・
気軽にできていいよね

<ただ、つぶやきの多い人をフォローすると、ちょっとせからしいけどね。
ちなみに、ラインはやってません~。キャラがやっつけシゴトみたいで可愛くないんだもん~って、それが理由でもないけど。(笑)>


そうなのね。
ラインも盛んだよね。
今や
大学生ってラインないと
やっていけないみたいよ。
今は
いろんな人と簡単に繋がれるよね。


<ここでなんですが、最近「ザ・レッジ」も見ました。
思ってた内容と違ってた~(^^ゞでも結構楽しめました。みみこさんの感想も拝見しましたよ!
まだ書きたいけど、夕食の支度です;;一日がはやすぎてたまりません~。ではでは!>

続きは
次のレスでね。
夕食時間にありがとうございます☆
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク