クロニクル

クロニクル(2012   アメリカ)
CHRONICLE


監督:
ジョシュ・トランク
製作:
ジョン・デイヴィス
アダム・シュローダー
製作総指揮:
ジェームズ・ドッドソン
原案:
マックス・ランディス
ジョシュ・トランク
脚本:
マックス・ランディス
撮影:
マシュー・ジェンセン
プロダクションデ
サイン:
スティーヴン・アルトマン
編集:
エリオット・グリーンバーグ
音楽監修:
アンドレア・フォン・フォースター
出演:
デイン・デハーン
(アンドリュー)
アレックス・ラッセル
(マット)
マイケル・B・ジョーダン
(スティーブ)
マイケル・ケリー
(リチャード・デトマー)
アシュリー・ヒンショウ
(ケイシー)



高校生アンドリューはいとこの同級生のマットとその親友スティーブに
誘われ、近くの洞窟探検へ。
そこで不思議な物体に触れた3人は、
超能力を身につけられるようになる。
最初はいたずら半分にその能力をつかっていたのだが・・・。





感想


これはせつない・・・・泣く

お友達からいいよ~~とお勧めされていて
ず~~と観たかった一本。
ようやく鑑賞。


良かった・・・
噂には聞いていたけど
思った以上に良いね~~


まさか
こういう作品で泣くとは・・・


POV方式の作品って
どうもホラーのイメージがあって(パラノーマル・アクティビティとかね)
そんなに好んで観たいとは思わなかったんだけど
これは
青春物語&友情物語にもなっていて、
お話自体、興味深かったです。


主人公たちが
ある洞窟に入ってそこで不思議な物体にふれる➪3人に不思議な力が備わる。物を動かせたり、自分たちが
空飛んだりできちゃうの。


そもそも
この洞窟はなんだ~~~、物体ってなんだ~~~ってことになるんだけど
そこはちょっと置いといて・・・・笑
非凡な力を身につけてしまった3人のその後に
物語の中心がいくの。




ケビン・ベーコンのインビジブルを見た時(透明人間の映画ね)
特殊能力をもつと、
結局のところ、悪の道に走っちゃうんだよな~~~と妙にむなしい気分に陥ったりしたんだけど
そのときと同じ感覚をまたしてももったよ。

いや、ベーコンと同じ人間性を
この主人公、3人の中の一人、アンドリューに重ねちゃったら
アンドリューが怒っちゃうよね。


結局のところ、このアンドリューが
後半、特殊能力をつかって
大暴れしちゃうわけなんだけど、
これが
同情の余地ありのキャラだから
みていて非常に複雑な思いになるのよね。

ただ、力が備わった、自分が一番偉い、暴れちゃえ==-っていう
短絡的な理由じゃぁないのよね。


そもそも
アンドリューは、孤独で、友達と言えば、ビデオカメラだけで
家庭的には不幸な境遇なの。
父親は暴力振るうし、母親は病弱。
彼の味方はだれ一人いないの。
それでも、いとこと、少しは仲良くなって
それから、ある偶然で、特殊能力を得たという流れ。
そうなると
今まで注目されなかったアンドリューにとっては
どこか、道がぱ~~~と開けた感じになるじゃない?
でも順調には行かなくって。
人気者になるかな…と思いきや
あるパーティーのあとなんだけど。
女の子と、いい雰囲気になって、これからもしかしたら初●できるかも~~っていう
大事場面でゲロげろ。
つまり
大事な場面で
上手くいかなかったんだよね。
男の子にしてみれば、情けない限りっていう状況かもしれない。
それを学校の友達が皆知っていて、
それをからかわれるっていう、屈辱的な場面に遭遇するの。


そうなると
アンドリューにしてみれば
くそ~~くそ~~~、
俺は本当は誰よりも強いんだ~~~っていう見栄も生じてくるし
目立ちたいという思いも発生してくるし、
そして、家庭的な不幸を呪いたいっていう、そっち方面への恨みも生じてくるわけ。



つまり
思春期の男の子の気持がぎゅ~~とつまった形になっているのよ。

そうなると
感情移入しちゃうんだよね、この彼に。


彼が怒りを止まられなくなれば、なるほど
悲しくなるの。


そしてとどめは
友情の崩壊よ。


3人の関係が崩れていくのをみる、つらさ・・・・泣。



最後は
ものすごく悲しい結末。
3人のうち、1人残された男の子が
アンドリューの好きな場所で
ビデオカメラに向かって話す言葉が忘れられないわ。
友達だったんだよね、きっと。


あ~~~短い映画なのに結構語ってしまった・・・・笑


ポルカさん、紹介してくれて
ありがとう~~☆
映画館で観たかったです。
スパイダーマンも楽しみ。
kuronikuru desu
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロニクル

ジョシュ・トランク監督 デイン・デハーン アレックス・ラッセル マイケル・B・ジョーダン  高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)は大酒の飲みで暴力的な父親と病気で寝たきりの母親のもと、学校でも孤独に過ごしていた。アンドリューはとても大切にしている中古のビデオカメラで、そんな日常生活のすべてを記録していく。  ある日、同じ高校に通ういとこのマットがアンドリュー...

コメントの投稿

非公開コメント

せつない

みみこさん、こんにちは~。
娘の入学式からもう1カ月たちました。
GWに帰ってきたのですが、2キロ体重が増えて元気そうで安心しました^^

変化球の青春映画でしたね~せつなかった><
謎の洞窟のことは私も深く考えたりツッコんだりしないことにしました(笑)
インビシブル、わかるわかる!ハエ男の時もむなしい気持ちになりましたよ。
3人が超能力でいたずらしてるところは、アンドリューにもやっと友達ができてよかった~って思いました。
その後力のバランスと3人の友情が崩れていくところはせつなかったですね。
暴走シーンの迫力はすごくて見どころではあったけど、止めてあげたかった><

デイン・デハーン、今後注目ですねっ!
ラドクリフと共演した「キル・ユア・ダーリン」の彼が美しいって先日TVで紹介されてました。
ん~~、気になる♪

名前おぼえちゃうよ

ポルカさんへ

こんにちは
早いよね
もう1カ月。

<GWに帰ってきたのですが、2キロ体重が増えて元気そうで安心しました^^ >

わ~~良かったですね。
離れているとまずは
体調が一番心配ですものね。
元気が何より・・・。

<変化球の青春映画でしたね~せつなかった>

うんうん。
変化球でした。
こうくるとは思わなかったわ~~

<謎の洞窟のことは私も深く考えたりツッコんだりしないことにしました(笑) >

でも気になるよね~~笑

<インビシブル、わかるわかる!ハエ男の時もむなしい気持ちになりましたよ。 >

わ~~共感してもらってうれしい~~
そうそう
ハエ男もせつないんだよね。
あんな姿で・・・・泣
ハエだし・・・

<3人が超能力でいたずらしてるところは、アンドリューにもやっと友達ができてよかった~って思いました。>

うんうん、
気持が明るくなるよね。


<その後力のバランスと3人の友情が崩れていくところはせつなかったですね>

なのに
なぜ~~って感じだよ。

<暴走シーンの迫力はすごくて見どころではあったけど、止めてあげたかった>

あの勢いは凄かったものね。
若いから余計、勢いがある・・・

<デイン・デハーン、今後注目ですねっ!
ラドクリフと共演した「キル・ユア・ダーリン」の彼が美しいって先日TVで紹介されてました。>

え~~そんなのあるの?
いろんな作品でていて
本当きになるよね

あ・・・
ポルカさん
怖いの&グロイのいっぱいみていたね
あとでお邪魔するね~~

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク