さよなら渓谷

さよなら渓谷  (2013  日本)

監督
大森立嗣
製作:
細野義朗
重村博文
小西啓介
プロデューサー:
高橋樹里
森重晃
ラインプロデュー
サー
岡伸一郎
原作:
吉田修一
『さよなら渓谷』(新潮社刊)
脚本:
大森立嗣
高田亮
撮影:
大塚亮
美術:
黒川通利
編集:
早野亮
音響効果:
佐藤祥子
音楽:
平本正宏
エンディングテー

真木よう子
『幸先坂』
装飾:
湊博之
録音:
吉田憲義
助監督:
佐和田惠
出演:
真木よう子
(かなこ)
大西信満
(尾崎俊介)
鈴木杏
井浦新
新井浩文
木下ほうか
三浦誠己
薬袋いづみ
池内万作
木野花
鶴田真由
大森南朋
(週間誌記者・渡辺)




吉田修一の同名小説の映画化。
ひっそりと暮らす尾崎俊介と妻のかなこ。
ある日、隣に住む女が幼い娘を殺害した実行犯として逮捕される。
容疑者である母親と俊介が不倫関係にあったという情報も流れる。
事件の取材を続けていた週刊誌記者・渡辺は、
この夫婦を調べ始めるが・・・。
やがて奥さん、かなこからも、夫が隣の女と不倫していたという証言がでる。

 

感想


原作は未読。
この夫婦の関係は、知っていました。
映画の予告でもでていたみたいで、
大抵の人が関係性を知った上での鑑賞だったのかな。
でも原作だと、当然、最初のうちはわからないんでしょ?
これって、
過去の2人の関係を知っていて観るのと
途中で知るのとは、感想も大きく変わってくるんじゃあないのかな・・・・って思うわ。

ちょっと感想としては難しいよね。
楽しい映画じゃないし
問題提起含んだ映画だからね。
さらに、
過去の出来事が
レイプという行為でしょ。
これって
女性側からすると、
観たくない一番の場面だと思うし。
その後どういう関係になっていても引きずる事柄ではあるのよね。



映画は淡々として
2人が
お互いをどう思っているのかは
行動や、会話など
ささいな日常から推測していくっていう感じ。


まず、この集団のレイプをした
尾崎俊介がね、どういう心境でこの、かなこにつきまとうのかというのは
贖罪かな・・・って思うよね。
被害者のかなこが
その後不幸だと知って、どうしようもなく、心が痛んだろうな・・・って思うよね。
同罪の
新井浩文がけろりとして、その後の人生おくっているのをみると
尾崎は、根は真面目なんだろうなと思うけど
でもね、やったのは自分だろ・・・って、言いたくもなるのよ。

そんなに後悔するんだったら
最初からそんなこと、すべきではないんだよ。
それって、若さゆえとか、酒が入っていたとか、
そういういい訳など、一切関係ないことがらじゃない?
もう腹立たしいとしかいえないよ。



一方
かなこの方は
わかりにくいよね。
被害者の彼女がなぜ、一緒に暮らすのかって。
正直、
わからないですよ。そういう状況に自分が陥った経験もないし。
ただ、憎しみと愛って、一瞬で入れ替わるからね、
そういうこともあるのかな・・・って思うしかないのかな。
憎いけど、愛してもいて
でも憎いけど・・・って
まあ、単純に白か黒かでわりきれない、そういうものって
世の中には存在すると考えるしかないのかあ。
吉田さんの
「悪人」も
白か黒か、はっきりできないような世界観だった気がするしね。
ただ
被害者と加害者の恋愛っていう図式でも
そこにレイプっていう行為が挟まれると
やっぱり、う~~んて思っちゃのよね。
女性側からすると
そういう過去をもっていて
果たして、その事件の張本人と関係を結べるものなのかなって。
拒絶反応とかでないのかな


とっても重い
課題を背負ってしまうような作品で
どうしても観終わったあとに
すっきり感は覚えないですよね


真木さんの
体当たりの演技は
やっぱり魅了されるわ。
正直、こういう役、演じるのは大変だったんじゃあないのかな。
濡れ場が多いっていうよりも
心情を表現するのが大変でしょう・・・。
複雑だものね。


大森さん夫婦が
対照的に
映し出されていたけど
この大森さんと鶴田さんの会話の方は
こういう夫婦げんかありそう・・・・・笑
大森さんの冒頭でみせた
お腹がリアルな現実を伺わせて
妙に印象深かったです…笑


余談ですけど
鈴木杏と大森南朋のコンビって
『ヘルタースケルター』でも同様だったよね。
ちょと同じパターンはどうかな・・・って思っちゃった。


sayonarakeikokudayo.png
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「さよなら渓谷」感想

真木さんの痩せっぷりに驚きました・・・3つ★半

落ちる ~『さよなら渓谷』

 静かな渓谷の町で暮らす尾崎(大西信満)とかなこ(真木よう子)の夫婦。一見、 仲睦まじいふたりにはしかし、昏い秘密があった。  吉田修一の同名小説(未読)の映画化。モスクワ映画祭審査員特別賞受賞で 話題の作品。  絶賛されているだけに、原作者と監督の 「美意識」 が反映された佳作である とは思う。しかし、残念ながら私の心にはさほど響かなかった。多分、本作は男性 に支持...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みみこさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございました。
この映画ね、、、そうね~感想が難しいよね。
普通、人間って幸せになりたい、良い方へ向かって生きていきたいと思うものだけど、
この映画の二人はそうじゃない感じだったよね。
一緒にいることで、罪を再生しながら罰しているというか・・・。
こういう風に生きてる人もいるんだろうけど、しんどい生き方だなーと正直思う。
もっと気楽に楽しみたいよね(笑)。
『世之介』もいつか観てね♪

No title

真紅さんへ


こんにちは♪
重くって
ちょっと疲れちゃった・・・


<一緒にいることで、罪を再生しながら罰しているというか・・・。
こういう風に生きてる人もいるんだろうけど、しんどい生き方だなーと正直思う。>

そうよね・・・

<もっと気楽に楽しみたいよね(笑)。 >

そうそう・・・
重い過去だけど
それをふっ切ることができるような
新しい出会いの話とか・・・
希望が持てるストーリーの方が
観ていて気持ちいいんだけどね。

<『世之介』もいつか観てね♪


は~~い。
今回、4本まとめレンタルだったので
世のすけ外しちゃった・・・
長いからね
時間あるときに
挑戦するわ

ドラマ

みみこさーん、ちょっとお久しぶりな感じ^^
ドラマ、昼顔も聖女も見てなかったのよ。
だから、世間の話題についていけない私・・・残念。

その間、テレビ東京の夜11時台にやってた「アオイホノオ」を毎週すっごく楽しみに見ていました。
あの柳楽君が主役で、すごく面白い、ドタバタノンフィクション?ドラマだったんだよ。みみこさん、見てなかったかな・・・・
最近になく、我が家ではヒットのドラマだったよ。

で、これ。
そうそう、同じ事思ったよ!!
大森さんのおなかにびっくり。杏ちゃんとのコンビ、あれー?また?って思った。杏ちゃん、なんだか最近役に恵まれない感じ・・。

元気です

latifaさ~~ん、
元気?
私は元気。ブログはいつもみているよ
かぶる作品がなくってコメントできなかったよ。

ドラマはいろいろあるから
重なるの難しいよね。
今期はお気に入りのがあるかな。

<その間、テレビ東京の夜11時台にやってた「アオイホノオ」を毎週すっごく楽しみに見ていました。
あの柳楽君が主役で、すごく面白い、ドタバタノンフィクション?ドラマだったんだよ。みみこさん、見てなかったかな・・・・>

あ~~~これは観ていなかったわ
残念。
柳楽君が主役なのね。良かったわ。活躍場があって・・・


で・・・この映画。
女性にはわからない心境だったよね。
加害者と被害者なんて。
それもああいう過去だしさ。


大森さん・・・
うんうん
お腹が・・・・・笑

でもそれも含めて
好きだよ、相変わらず良いよ


杏ちゃんは
そうよね・・・
これだ・・・っていうもの
最近ないような
私が観ていないのか

青い鳥が懐かしい・・・

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク