タンゴ・リブレ 君を想う

タンゴ・リブレ 君を想う(2012)

TANGO LIBRE
ベルギー/フランス/ルクセンブルク
監督:
フレデリック・フォンテーヌ
製作:
パトリック・キネ
クロード・ワリンゴ
脚本:
アンヌ・パウリスヴィック
フィリップ・ブラスバン
撮影:
ヴィルジニー・サン=マルタン
出演:
フランソワ・ダミアン
(JC/看守)
セルジ・ロペス
(フェルナン/アリスの夫)
ジャン・アムネッケル
(ドミニク/アリスの愛人)
アンヌ・パウリスヴィック
(アリス)
ザカリー・シャセリオ
(アントニオ/アリスの息子)
チチョ・フルンボリ
(刑務所でタンゴを教えるアルゼンチン人)
パブロ・テグリ
(刑務所でアルゼンチン人とタンゴを踊る相手役)


刑務所の看守、JC。
あるタンゴ教室で15歳の息子を持つ女性アリスと踊り、心惹かれる。
しかし
彼女の夫フェルナンは刑務所にいる男。刑務所内で再び、面会にきた彼女と出会ったのだが・・。


感想


甘い恋愛映画じゃあなかったけれど
一風変わった人間模様で
面白かったです。
この映画で描かれる三角関係?息子も母親を心配しているから
四角かな・・・
は、理解できない感じ・・・笑

ラストも
ええ~~~~って感じの驚きあり。
痛快でもあるけど。


舞台は刑務所。
主人公は独身中年男性。真面目。誰もいない道路でもきちんと停止線守って運転しちゃうような律義さ。
家では金魚を飼っているの。長生きでね~~この金魚。
そんな彼は
タンゴ教室に通っているんだけど
そこでお気に入りの女性に出会うの。

この女性、決して美人って感じには思えなかったんだけど
モテるから、魅力的なんだろうね~~~笑
そもそも主人公が務めている監獄の、囚人の妻。
しかし・・・
この女性、その監獄に夫である男のほかに
愛人もいて、
面会時には2人に同時に会いに行くという、大胆さ。
そもそも夫と愛人は友達同士みたいで
この女性がそれぞれの相手に面会していても、お互い容認済み。
な~んか変な関係なのだよ。


そんな奔放な女性を
この真面目な主人公は好きになるの。
男がすでに2人いても、近づこうとする。
って、
もう職場でこの女性を見る目が
はっきりいって、❤なので、誰が観てもわかるよね。

主人公は
その後、想像もしない人生を送ることになるけど
平凡な生活から脱した彼に
幸せがあるのかな
そう願いたいよね。
この女もいろんな男に思われて幸せ~~



刑務所の中で
男同士のタンゴシーンがあるんだけど
目が釘付け。
男でもいいよ~~笑

彼らプロのタンゴダンサーみたいで
この激しさは忘れられないよ。


タンゴ映画は好き
だからセレクトしたんだけど
意外とこの映画のタンゴシーンは少なめ。
でも少ない中でも一つ一つは強烈。


お話も直接タンゴが絡むことはないの。
主要な人物の趣味がタンゴでタンゴが出会いのきっかけになったという程度。
あとは人間模様がメイン。


でも
タンゴの力だよね
この主人公に、エネルギーを与えたのは・・
やっぱり情熱の踊りだわ
たんごりぶれE1380002830123_1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク