fc2ブログ

サーティーン  あの頃欲しかった愛のこと

サーティーン  あの頃欲しかった愛のこと

(2003  アメリカ・イギリス)

監督  キャサリン・ハードウィック 
脚本: キャサリン・ハードウィック 
    ニッキー・リード 
 
出  ホリー・ハンター(メラニー・フリーランド)
    エヴァン・レイチェル・ウッド(トレイシー・フリーランド )
ニッキー・リード ( イーヴィ )
   ジェレミー・シスト(ブレイディ)
   ブラディ・コーベット(メイソン・フリーランド)
   デボラ・カーラ・アンガー ( ブルック)
   キップ・パルデュー( ルーク)
    サラ・クラーク ( バーディー)

13歳のトレイシーは、シングルマザーの母メラニー、兄メイソンとの三人暮らしをしていた。
学校で一番ホットな少女イーヴィに憧れ、彼女のようになりたいと
願いはじめたことから、次第に様子が変わってきた。
イーヴィのファッションを真似、盗んだ大金で彼女と一緒に
ショッピングをしたことから、急接近。行動を常にするようになる。


感想  13歳で脚本、14歳で主演、15歳で新人賞受賞という、ニッキー・リード。中学生が脚本ね・・・ということでチェックしてみた
作品です。ちなみにサンダンス映画祭では監督賞に輝いたそうです。

大人の階段を登っていく過程では親への反発は当然
あるわけ。従順でい続ける子どもってかえって怖いものだと
思います。
でも、極端に生活パターンが変わっていくのにはなんらかの
原因があると思うのです。アメリカ版積み木崩し・・・みたいな
展開でしたが、親には暴力をふるってはいなかったかな。

家庭環境が複雑というのは大きな要因になると思うけれど、
そういう状況だからこそ、親は子どもの心をしっかり捕らえていかないといけないと思います。やっぱり最終的には親の責任でしょう。・・
偉そうなこというけれど・・・うちはこれからですからね。
こういう映画を肝に銘じて、子育てしていかなくては
いけないかな・・・って思いました。

トレイシーは、学校で一番イケテイル女の子、イーヴィに
憧れを感じます。家庭では、ママと仲良しの普通の子っていう印象だったんですけれど、彼女と付き合うことで生活態度が一変してくるのです。素敵なファッションや行動に憧れを持つっていうのは
思春期の子にはよくあることかな。
特に女の子って、友達と同じようなものを持ちたいとか、
目立った格好をしたいっていう意識が強いような気もしますし。
仲間はずれを極端に嫌うって言うのも女の子独特ですよね。
群れたがる・・・というのもよく聞きますよね。
あと、特定の友達にべったり・・というのも
まさに、女だからこそ・・・・・って感じ。

こうやって見ていくと、友達選びって、重要な気がしますね。
近くにいる人の影響力は大きいということですよね。
どんな状況でも私は染まらないわ・・・っていう意志の強い子なら
平気だろうけれど、流されやすい子ってダメなのかな。

それにしても、アメリカの女の子・・道それてしまった女の子達の
ファッションって過激ですよね。舌ピアスとかおへそピアスとか・・。
13歳でもうやってしまうんですからね。
それから、ドラック、飲酒、セックス・・と
定番になっていくんですね。
日本人も気をつけなくては・・・。

ホリー・ハンター、綺麗なママさんでしたよ。若いな・・・って
思いました。
娘と姉妹みたいでした。後半の演技は熱演でしたよ。
自分なりに一生懸命やっていたみたいだけれど、肝心なところで
娘の心・・考えてやれなかったんだな・・。
でも最後には、娘を守ってあげられるのは自分だけしかいないという
ことに気づいたみたいで、とても後味のよい終り方だったと
思います。
でも親同士の責任のなすりあいは見ていて気持のいいものでは
なかったし、女友達との別れもちょっとむなしさを感じたかな。
一体・・・なんだったんだろうね・・2人の関係って。
友情はなかったの・・・ってね。

あ・・この映画24のニーナが出てきました。
ビックリ~~~~

d9401b0f9bb9b74fb5b9a73b53f1104e.png

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク