アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013   イギリス)

ABOUT TIME



監督:
リチャード・カーティス
製作:
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ
製作総指揮:
リチャード・カーティス
ライザ・チェイシン
アメリア・グレインジャー
脚本:
リチャード・カーティス
撮影:
ジョン・ガレセリアン
プロダクションデ
ザイン:
ジョン・ポール・ケリー
衣装デザイン:
ヴェリティ・ホークス
編集:
マーク・デイ
音楽:
ニック・レアード=クロウズ
出演:
ドーナル・グリーソン
(ティム)
レイチェル・マクアダムス
(メアリー)
ビル・ナイ
(ティムの父親)
トム・ホランダー
(ハリー)
マーゴット・ロビー
(シャーロット)
リンゼイ・ダンカン
(ティムの母親)
リディア・ウィルソン
リチャード・コーデリー
ジョシュア・マクガイア
ウィル・メリック
ヴァネッサ・カービー
トム・ヒューズ



 代々、タイムトラベルの能力を持つ家系であることを知らされた青年ティム。
やがて好きな女性ができるのだが。



感想

監督業はこれで引退と言っているのが残念。

タイムトラベルもののラブコメという要素で観ていたけど
それだけでは終わらない映画でした。
むしろ、
今日一日を大切に生きよう…という普遍的なテーマの方がメイン。
後半、泣かされました。
最近涙腺弱くて・・・・。


映画自体は120分ちょいの標準的な長さだったけど
結構、中身はぎっしり。
主人公をみてみると
彼が21歳のころに始まり、家を出て・・仕事につき・・・・・恋に落ちて・・・
さらに、結婚。子ども誕生・・・(・最終的に3人)と
人生の大事な出来事が次から次へと描かれているわけですよね。
当然、彼に関わる周りの人々も変化していくわけだけど、
いくつかのエピソードをポイント抑えて
ピックアップされていて、それが決してメイン話に邪魔になるわけではなく
良い感じでちりばめられていたのが、心地よかったです。
脚本上手。
個人的には後半の家族のからみが中心になっていくあたりが好きでした。
父親と主人公の関係には自分の場合も考えたりして
思うこと多々あり。

好きな女性の為にタイムトラベルを使うというあたりは
「バタフライ・エフェクト」を連想させちゃうんだけど
決して、タイムトラベルによって、悲惨な運命になるという展開にはならないので
安心して観ることができるかな。
まあ・・主人公の都合の良い感じに、恋愛が運ぶように企てる・・という
何とも、反則技といえば、反則技だと思うけど・・・・笑
レイチェル・マクアダムスと彼氏になる男性もポ~~イと運命変えさせられちゃったりして
逆にお気の毒・・・・笑

もともと、こういう能力がある家系(それも男子のみ・・・・)というのだから
自分に都合のよい風につかっても、なんら文句を言われる筋合いはないったらないだろうね~~笑
これ、男性陣にしてみれば、なんともラッキーな能力じゃないかな。
好きな女性への対応のやり直しが何度でもできるんだよ?
一度失敗したらそれ教訓として再びトライ。
ローション塗りだって、焦らずOK
パーティーで声かけするのも一度情報得た彼女との会話知識ネタで、バッチリ・・・
初エッチだってもたもたせず・・・・笑
挙句に、何度もトライできちゃう・・いや・・・しちゃう主人公が
なんだか、願望丸出しで可愛かったです・・・。

意外と
下ネタも多くて、思わずクスリとしちゃうところも前半は多かったかな。
さりげなくだけど、結構、セリフとしてはバッチリ・・・・。
さえない主人公が、真顔で言っちゃうから
笑いを誘うんだよね。


でもその主人公・・・。レイチェル・マクアダムス
扮する、メアリーと結婚したあたりから、どんどん雰囲気変わってきたね。
なんだか、しっかりしてきたというか・・・・
当然父親になっていくわけだからそうなんだけど。
一方のレイチェル・マクアダムス。
これはどこの感想でもあげられると思うけど
どんどんチャーミングになっていって、誰もが良い子だね・・・と思わせてしまうオーラがバッチリ。
こんな子彼女だったらいいな~~~って男性陣は思うんじゃあないかな。
意外と大胆なところもあったりしてね~~~~(笑)
初登場の前髪パッツンの、控えめな感じから始まって
メガネ姿もあったり、ラブリーなワンピース姿もあったり。
通勤風景でいろんなお洋服姿が観れたんだけど、それもかなり素敵よ。
着ぐるみなんかもなかったっけ?
結婚式の姿も良かったよね。赤いの。
結婚してママになってからも可愛いいのって奇跡的。
子どもが生まれてからきていた白いワンピとアクセサリーが良かったね~~~。
どんなときにも、女性は手を抜きたくないよね。


で・・・やはり注目は後半
ビル・ナイとのやり取りよ。
タイムトラベルの法則とか、できないこととか・・・
突っ込むところはあったとおもうけれど、
3番目の子どもの誕生に際して、父親に会えなくなるというあたりが私にはツボでね。
主人公の親離れだと感じて、感情移入しまくり・・・。


どんなに便利な能力があっても
やっぱり死というものは変えられないわけだし
別れというのは意識せざるえないんだろうな・・・・って。
でも、それだからこそ、
一日一日を大切にということが、胸にしみてくるの。
出会えたことが奇跡だと思えるし。
嫌なことでも、それでも、乗り越えるっていうのもまた
人生における日々には必要なんだろうね。
考え方一つで受け止めかたも違ってくるだろうし。
だから結婚式が雨でもいいのよ・・。


最終的にそういう温かい思いを感じて
劇場を後にできたことが幸せでした。

音楽も良いね・・相変わらず。


アバウトタイムmovie_image1

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アバウト・タイム」感想

面白かったけど、やっぱり私は、「バタフライエフェクト」の方が好きです。

愛おしい映画について~『アバウト・タイム~愛おしい時間について』

 ABOUT TIME  英国南西部、コーンウォール。海岸沿いの家に家族と暮らす冴えない青年ティ ム(ドーナル・グリーソン)は、21歳を迎えた時、父(ビル・ナイ)からある事実を知 らされる。それは、彼の家系の男子に代々伝わる特殊能力、タイムトラベルにつ いて・・・。  ティムは弁護士として働くために単身ロンドンに越し、そこで運命の女性・メアリ ー(...

コメントの投稿

非公開コメント

ツボ!

みみこさん、こんばんは。コメント&TBありがとうございました。
この映画ね、、、よかったよね~。もう、超・超ツボ。
リチャード・カーティスの映画って結構下ネタ多くない?
ラブ・アクチュアリーも大好きなんだけど子どもには見せられないシーンもあり、コソコソ観てたわー。
レイチェルもよかったけど、、ビル・ナイが。。。ビル・ナイがよかったよね!!!
私、ビル・ナイ大好きなのよ。。
てか、こんなお父さんだったらそりゃあ息子も大好きだよね。。
あと、キットカットの気持ちも私はなんとなく共感できたな。。
「家族の中で私は負け犬」みたいな。
で、彼がまた妹思いなんだよね~、くー。
ホント、いい映画だったな~。ねー。

ほっこり

真紅さんへ


こんばんは
遅くなってごめんなさい・・
もうすぐ修学旅行で買いだしとか・・いろいろしていました。


で・・・この映画
気持ちが温かくなる作品だよね
音楽も良いし・・

超ツボっていうのもわかるわ~~

<リチャード・カーティスの映画って結構下ネタ多くない?
ラブ・アクチュアリーも大好きなんだけど子どもには見せられないシーンもあり、コソコソ観てたわー。>

ラブアクチュアリーも好き。
下ネタの部分は上手に忘れているような気がする・・・笑
感動シーンばかりが印象的でね、

<レイチェルもよかったけど、、ビル・ナイが。。。ビル・ナイがよかったよね!!!>

ビル・ナイね・・
いい味出していたよね。
過去に戻って、何回も読書なんて
素敵な楽しみ方するじゃん・・・

<てか、こんなお父さんだったらそりゃあ息子も大好きだよね。。>

うんうん・・・
温かく包み込んでくれるって感じ。

<あと、キットカットの気持ちも私はなんとなく共感できたな。。
「家族の中で私は負け犬」みたいな。>

そうね~~
末っ子でいろいろ感じる所多かったんだろうね。
なんとなく、付き合ってずるずると関係結んでいたっていうのも
わかる気がしたわ。

<で、彼がまた妹思いなんだよね~、>

そうだよね・・・
私は長女だったから
お兄ちゃんっていう存在憧れていたわ。
欲しかったな。

ちなみにうちの子らも
お兄ちゃんって欲しいって・・・。

こちらにも^^

そうっかー、涙腺崩壊しちゃったか^^
面白かったし、テーマも良かったよね。
ただなあ・・・
私は悲しい映画の方が好きなのかな・・・
バタフライ~の方が上回ってしまったわ・・。
でも、こちらも面白かったよ!

タイムトラベラー好き

latifaさんへ


こちらにもありがとう。
バタフライは…切ないよね。
私もバタフライ好きだよ。
ちょっと暴力多くて
ぐわ~~んとした部分はあったけど
次はどんな展開か
ドキドキもあったものね。

こちらは
あまりドキドキはないかな。
人の死はあるけど
全体的に幸せな気分になれる感じかな。
万人うけする映画って感じだよね。

最近
なんでも泣いちゃうんだよね
年だよ・・・笑
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク