ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た(2012)

監督:
タナダユキ
製作:
福原英行
古玉國彦
エグゼクティブプ
ロデューサー:
加藤和夫
プロデューサー:
佐藤現
木村俊樹
ラインプロデュー
サー
坂井正徳
原作:
窪美澄
『ふがいない僕は空を見た』(新潮社刊)
脚本:
向井康介
撮影:
大塚亮
美術:
松塚隆史
編集:
宮島竜治
音楽:
かみむら周平
音楽プロデューサ
津島玄一
キャスティングデ
ィレクター:
杉野剛
制作担当:
鎌田賢一
録音:
土屋和之
助監督:
加藤文明
出演:
永山絢斗(斉藤卓巳)
田畑智子(岡本里美(あんず))
窪田正孝(福田良太)
小篠恵奈
あくつ純子
田中美晴
松永七菜
三浦貴大(田岡良文)
梶原阿貴
長田光代
吉田羊(妊婦 西村あや)
藤原よしこ(野村先生)
山中崇(岡本慶一郎)
山本浩司(有坂研二)
峯村リエ
安藤聖
池谷のぶえ
田村健太郎
上野綾子
伊藤直人
渋谷謙人
西田奈津美
松本光希
石橋義正
山本政志
銀粉蝶(岡本マチコ)
原田美枝子(斉藤寿美子)


高校生の卓巳は、アニメ同人誌販売会であんずと名乗るアニメ好きの主婦里美と出会う。
やがて2人きりで会うようになり、関係を結ぶ。
里美は、孫の顔が見たいと日々姑から責められていた。
やがて、卓巳は同級生の七菜に告白されたことで、あんずとの関係を断とうしていた。
一方、卓巳の友人福田。
コンビニでのバイト生活。団地に住み、認知症の祖母をかかえ、生活は苦しかった・・・
彼は、卓巳の秘密を知り・・・。


感想

前半は田畑智子と永山絢斗のパートが主。
時系列がずらしてあり、主婦側と高校生側からのそれぞれの視点で描かれています。
当然同じシーンあり。

後半は市営団地に住む貧困家庭の窪田正孝のパートが主。
性犯罪を犯してしまう三浦貴大もきちんと描かれます。

小説を読んでいたので
内容は事前に知っていた分、大きな驚きはなかったけれど
またあの小説のストーリーに、帰ってきたな・・と感じられ
観て良かったです。
映像なので身近にかんじやすかったし。

役者さんが皆頑張っていたと思います。
特にイメージ違うな・・・って思うこともなく。
永山君も窪田君も高校生役だったけど
そんなに不自然に感じなかったし・・・。


助産院で働くみっちゃん先生・・・原田さんの仕事仲間の存在が結構良かったね。
言葉一つ一つに、勢いがあって・・・。
まったくもって、そのとおり。
「馬鹿な恋愛をしたことないやつなんてこの世にいるんですかね」って納得。

田畑さんのパートはかなりしっかり濡れ場も描かれているので
よくやったね・・・と思わずにはいられないかな。
小説読んだときは、うわ~~~~って引いちゃった感じもあったけれど
映像で見る方がそれほどでもなく感じるのは(事前に知っているからだとは思うけど)
視覚的なものと、想像的なものとの違いかな。
やっぱり想像力の方がより自由に好きに頭の中で膨らむからね。


生き難くても
生まれてきた以上、なんとしても生きなくちゃ・・・・あ。
窪田君のパートをみると
恋愛で落ち込むのは、そんなに大したことではないと感じてしまうよね。
恋愛している当人にしては、最悪なんだろうけど。
しかし
子どもを産めという姑の存在って
今時・・・と思いながらも実際いそうだよね。
まだまだ、産むことを強いられている空気感って存在するんだよね・・。

あと学校の先生・・・いかにもバカそうで、
でもそれでも子どもは産むこと出来るんだよね・・・。
窪田君の親もそうだけど・・・。
親になれる準備なくても
子どもは生まれちゃう・・・。

どんな環境でも
子どもは生きなくちゃあいけないし・・。

やっかいなものを・・・って
永山君が最後に赤ちゃんの誕生に際して
つぶやくけど
男はいろいろ、面倒だったりする場合もあるのかな。
女の性とはまた違ったものあるからな~~

fugainaibokuha.jpg


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ふがいない僕は空を見た」感想

原作の良さを生かしたまま映像化に成功した映画。4つ★~4つ★半

コメントの投稿

非公開コメント

ロランスとまとめて^^

みみこさん、ロランスの方、なぜかTBダメだったんだよ。ごめんよー
まとめて、こちらで書かせておくれ。

ロランスのラストシーンだけど、みみこさんも書いていたけど、やっぱり、あれって出会いのシーンなのね。
明らかに彼女のチェックのミニスカートとか服装とかも若い頃だったと想像させられるんだけど、でも、もしかして、将来って事は無いのかな?って、ネットであちこち飛んでみたの。
そうしたら、わずかだけど、未来なんじゃないか?って書いている人がいて、(プポー君がお化粧してたそうで、カミングアウトする前はお化粧してなかったはずだから・・・とのこと)

ピンクのレンガが一つ・・のシーンとかも良かったよね。
率直に、また復縁して欲しいな、って私は思ったけど・・・
難しいよね・・・。


で、「ふがいない」ね、私も同じだったー。
小説版の方は、エロ描写が結構キツかったのに、映画で映像で見ると、あんまりそういう印象がなくて、マイルドだったよね。

それと、あの先生。あんな教師いるのかな?
小説での先生のところの内容をもう忘れかけていたので、びっくりだったわ。

女性の監督さんのせいか、きわどいシーンも、さらっと描いてくれて、見やすかったわ。

遅くなってしまった・・・

latifaさんへ


遅くなってごめんね・・
12月に入ってバタバタしていて・・・


ロランスのラストね。
そっか・・・
いろいろ見方があるのね

私もこれだ・・・っていう確証があるわけじゃないけど
なんとなくそう思っただけで。
でも考えてみれば
未来っていう見方もできるよね・・・
そう思いたいっていうのもあるしね。

いろいろ想像できるのは良いよね。

<ピンクのレンガが一つ・・のシーンとかも良かったよね。
率直に、また復縁して欲しいな、って私は思ったけど・・・
難しいよね・・・。 >


うんうん・・・
レンガシーンも印象的だよね。
この2人って離れていても
お互いを思っているのかな・・・・とは思うけど
結婚生活は難しいのかな


で・・・
ふがいないね・・・

<小説版の方は、エロ描写が結構キツかったのに、映画で映像で見ると、あんまりそういう印象がなくて、マイルドだったよね。>

そうそう・・・そうだよね
そんなにいやらしくなかったし。
2人とも一生懸命だな・・・って思っていたし・・・笑

<それと、あの先生。あんな教師いるのかな?
小説での先生のところの内容をもう忘れかけていたので、びっくりだったわ。>

私も小説は忘れていたりするんだけど
やっぱりああいう先生はちょっといないだろう・・・って思っちゃう。
職場でやっていけないでしょ・・・


<女性の監督さんのせいか、きわどいシーンも、さらっと描いてくれて、見やすかったわ。>


そうだよね・・・
メッセージ性もあったし
思ったよりみやすいのは良かったよね

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク