トム・アット・ザ・ファーム

トム・アット・ザ・ファーム(2013)

TOM A LA FERME
TOM AT THE FARM
(カナダ/フランス)

監督:グザヴィエ・ドラン
製作:ナタナエル・カルミッツ
シャルル・ジリベール
グザヴィエ・ドラン
製作総指揮:
ナンシー・グラン
原作戯曲:
ミシェル・マルク・ブシャール
脚本:
グザヴィエ・ドラン
ミシェル・マルク・ブシャール
撮影:
アンドレ・トュルパン
美術:
コロンブ・ラビ
編集:
グザヴィエ・ドラン
音楽:
ガブリエル・ヤレド
出演:
グザヴィエ・ドラン(トム)
ピエール=イヴ・カルディナル(フランシス)
エヴリーヌ・ブロシュ(サラ)
リズ・ロワ(アガット)
エマニュエル・タドロス(バーテンダー)
ジャック・ラヴァレ
アンヌ・カロン


劇作家ミシェル・マルク・ブシャールの戯曲を監督・主演で映画化したサスペンス・ドラマ。
モントリオールの広告代理店で働くトム。
交通事故で亡くなった恋人のギョームの葬儀に参列するため、田舎にある彼の実家の農場を訪れる。
ギョームの家族は、母アガットと兄のフランシス。
母親は息子、ギョームがゲイであることを知らない。
恋人はサラいう女性だと思っている。
兄のフランシスは、真実を知っていた。そのため、トムに、恋人ではなく単なる友人として振る舞うよう嘘を強要する・・


感想


劇場での、グザヴィエ・ドラン監督作品。
大画面で観るのを楽しみにしていました♪

今回は、今までの作品とは一風変わったテイストかな。
初監督作品から前作までは、賑やかな音楽、心情がポップな映像表現されていたり
スローモーション、バックからのショットなどがところどころに入り込んでいて
それが監督の特徴と思っていたけど
今回は意外や、色遣いは控えめ。サスペンスだから当たり前かな。
過度な映像はなかったけれど、追い詰められていく主人公の心理状態や
舞台となる農場に漂う不穏な空気感が見事に表現されているのは
さすが・・・だと思いました。
絶対何か起こるって・・・最初から惹きつけられちゃったし・・・
間口が広い監督さんなんだな・・・ってあらためて認識。
それから、冒頭なんだけれど、
「華麗なる賭け」の主題歌で有名な 「風のささやき」が流れるのよね~~~。
この映画でこの場所で・・・この歌。
また主人公にマッチしているんだな、これが。
やっぱり、どこかしら、オシャレ~~というのが
監督らしさなのね。

今まではオリジナル作品だったけれど、今回は戯曲なんだよね。
ほとんど舞台は、農場のみ。

トムは恋人ギョームを失い失意の底。
同性愛なんだけれど、ギョームは、そのことを母親には伝えていない・⇒閉鎖的な農場なので
それは秘密にしておきたいんだろうね。しかし兄フランシスは知っている。
過去の騒動から、ギョームがそういう傾向があるのは
一部の人は知っていた感じだよね。
居づらくなったからか、自由を求めてからか、ギョームはこの土地を出たが
逆に、フランシスは、母親に縛られ、自分の暴力性を隠しながら、モンモンと過ごしていた感じ。
母は・・・・弟ギョームの方を特に溺愛していた感じよね。
まあ・・・次男でどっかいっちゃった男の子は愛情深くなるでしょう・・・

ギョームはほとんど姿、出てこないんだけれど、この3人の中には
存在としては大きく残っているんだよね。いろんな気持ちが彼のために起こっているの。

途中でサラという架空の恋人も農場に訪れて、
ギョームのまわりの人間関係が少しだけ明らかになる・・・。
このギョームは、トムが恋人だけど、どの程度思っていたのか。
トムがギョームを思っているほど、ギョームはトムを愛していたのかどうか・・・
このサラという女性とも寝ていたし・・・・。
わからんが・・

そんなこんなで、いろいろ想像力が働くようなストーリー。背景が見えにくいからね。
で・・・トムはこの農場で、フランシスに取り込まれていくというのが
メイン話。

え~~~大の大人だよ、嫌だったら出ていけばいいじゃんと
簡単にいかないのが、難しい所なんだろうね。
フランシスは肉体フェロモンだしながら
唐突に暴力振るって、線の細いトムをねじ伏せちゃうじゃない?
トムは、フランシスを通して、ギョームを重ねて見ていくようになっているし、
農場生活でギョームの面影を探しているのかもしれないし・・・・。
暴力をふるうフランシスだけど、牛の出産では優しい所みせてくれたり・・・。
ず~~~と相手と一緒にいるとなんとなく
俺はこのままでいるのが、当然じゃあないのかな・・・って思ってくるのかな。
孤独さも同時に働いているしね。


そこら辺は、経験ないのでわかりにくいけど
そういう心境におちいってしまうのも、閉ざされた空間ゆえだとも感じるわね。

それにしても
母親がフランシスを突然殴るシーンは
迫力あったね。トムが怪我したって言ったら
テーブルに座っていて、突然フランシスをビンタだよ。
暴力性って、あの母親にも怖い要素あるような気もするな~~
みな怖いわ。


ということで、只ならぬ空気感を満喫しました
ラストはああいう歌なんだね。
サスペンスだけじゃあ、ないものも、感じさせるけど。
あのあとのトムどうなるんだろう・・・
日常戻れるかな。
町が見えてきたときは
こっちもホッとした部分があったんだけれど
どこかにまだいそうな気がして(いないんだろけれど)
突然現れそうな気もしたり。
なかなか晴れ晴れとした気分にはなれなかったね。
精神的な恐怖ってなかなか消えないよね、トラウマになって。

余談・・・トウモロコシ畑って言えば、「フィールド・オブ・ドリームス」だったけれど、
これからは、この作品思いだしそうよね。収穫機が終わっ たトウモロコシ畑って
怖いんだね。気をつけよう~~~・・
さらに、主人公、グザヴィエ・ドランの金髪の髪の毛、トウモロコシ状態。
しかし、美形だね~~それだけでも大画面で見て良かったと思うよ。
歯を出してにこっと笑う姿も、いかれているな・・・と思うものの
ジ~~と見ちゃうよ。


トムファーム140820171427
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「トム・アット・ザ・ファーム」感想

ドラン君の映画を見るのは2作目ですが、彼が役者をしているのは初めて見ました。

トム・アット・ザ・ファーム

グザビエ・ドラン監督 グザビエ・ドラン ピエール・イヴ・カルディナル リズ・ロワ エヴリーヌ・ブロシュ マニュエル・タドロス  モントリオールの広告代理店で働くトム(グザビエ・ドラン)は交通事故で死んだ恋人のギヨームの葬儀に出席するためにギヨームの実家である農場を訪れる。そこにはギヨームの母アガット(リズ・ロワ)、ギヨームの兄フランシス(ピエール・イヴ・カルディナ...

妖気~『トム・アット・ザ・ファーム』

 TOM A LA FERME  TOM AT THE FARM  恋人ギョームを事故で亡くしたトム(グザヴィエ・ドラン)は、葬儀のために 彼の故郷・ケベックへと車を走らせる。辿り着いたギョームの実家は閉鎖的 な田舎町に在り、母アガット(リズ・ロワ)と兄フランシス(ピエール=イヴ・カ ルディナル)が、二人きりで農園を営んでいた。  ツイッターのTLが ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みみこさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございました。
↑このポスターね、観たずっと後に気付いたんだけど、口角から傷があるんだよね。
なんか、、、そうなんだ、、、ゾゾーーーってしたよ^^;

ドランくんはナル入ってる、って意見も多いけど、これだけ才能あって美形だったら誰でもナルシストになってしまいそう、じゃない??
過去作も、新作も観たいな~。

この映画は、お母さんが一番怖かったわ。
あと、フランシスが最後の場面でアメリカ国旗のセーター着てたよね?
あれだけは興醒めだったよ(笑)。

フランシスとトムのベッドがだんだん近づいていくとか、タンゴのシーンとか、官能を感じさせる描写が巧いよね。
なんかそういうところにも、王家衛の影響を感じる。
とにかく楽しみな男の子だね!

後いくつ年内、観れるかな

真紅さんへ


遅くなってごめんね・・・

あ・・・傷ね。
そうだよね・・・
この写真見ていると
また映画のいろんなシーンを思い出しちゃうよ・・

息苦しかったな・・・


<ドランくんはナル入ってる、って意見も多いけど、これだけ才能あって美形だったら誰でもナルシストになってしまいそう、じゃない??
過去作も、新作も観たいな~。>


そっか・、ナルね。
でもいいや~~~、いい男だし・・笑。
そう思っているからこそ、バシバシ仕事出来ているんだろうしね。

<この映画は、お母さんが一番怖かったわ。
あと、フランシスが最後の場面でアメリカ国旗のセーター着てたよね?
あれだけは興醒めだったよ(笑)。>


そうだよね・・お母さん。
結構、家庭内での権力、ありそう・・・。
あの国旗はメッセージでもあるんだろうね
意外と突然でびっくりはしたけど・・。

<フランシスとトムのベッドがだんだん近づいていくとか、タンゴのシーンとか、官能を感じさせる描写が巧いよね。
なんかそういうところにも、王家衛の影響を感じる。
とにかく楽しみな男の子だね!>

あ・・・そうだよね。
画面からただよう
色気というか・・・。
とにかく、次はどんな作品だろうと、期待はしちゃうよね

また映画館で
見ること出来ればな~~~って思うわ

ドキドキ

みみこさん、こんにちは~。
だいぶ暖かくなってきましたね。
先日娘が帰ってきていました。
大学に進学して、もう一年たつんですね~早いですね。

この映画、何か起きる?いつ起きる?って常にドキドキして観てました。
ふつう農場ってのどかな雰囲気だけど、なんか冷たい空気が漂っている感じがしましたね。
あの母親、怖かったですね。
ビンタも迫力あったし、ダンスシーンでいきなり現れた時はどうなることかと思いましたよ(汗)
ホントだ!トムの髪の毛トウモロコシっぽい(笑)
サスペンスも独自のカラーを出していて素晴らしかった。
監督の今後の作品も楽しみですね♪
また映画館で観たいです。

「アメリカン・スナイパー」よさそうですね。
ジョニーの映画とどちらにしようか迷って、ジョニーの方に行ってしまいました(^_^;)
重たい映画が続いてたので、笑いの方へ。
ポール・ベタニー、グゥイネス、ユアンとか脇もけっこう豪華だったんですよ。ユアンはムダ使いって感じでしたが(^_^;)
イーストウッド監督、映画撮り続けてて、すごいよね@@
DVDが出たら是非観たいです^^

いっぱいみていますね

ポルカさんへ

こんばんは
暖かくなってきましたよね。

お嬢様、帰宅中ですね。
家族でいっぱい過ごしてくださいね。

今が一番ゆっくりできますものね

で・・この映画。
怖かったですよね。
こういう精神的にぐいぐいくるのって
本当いやだわ。
現実にもありそうで怖いし。

ダンスシーンでいきなり登場の母・・

うんうん
あれも怖いですよね。

黙ってみていたんかい・・・って感じ。
無言の圧力感じますわ。

トウモロコシっぽい髪型でも
イケメンでしたよね

私もまた彼の作品
劇場で見たいです。

ポルカさんは
ジョニーの映画ね。
彼来日していたものね。
私もユアンも出演なので
迷ったわ。

あ・・ユアンはちょびっとなのかな…笑

肩の凝らない映画のほうが本当は
よかったんだけどなかなか
上映時間とあわなくって。

もっと映画館近くにほしいです。

あづいーー

みみこさん、こんにちは。
毎日暑いね・・
車をちょっと出すだけでも、大汗だよ

これ、やっと見たわー。
他にもドラン作品を全部見たいんだけど、近所には置かれていないんだよ。
宅配ゲオでも、いつもレンタル中で、人気があるんだなあ・・・。

>トウモロコシ畑って言えば、「フィールド・オブ・ドリームス」
うん、うん。私もそれ思ったわ。
あの映画、良かったよねえ・・・。懐かしいな。

8月半ば、まだ暑い

latifa さんへ

こんにちは
本当暑いよね
クルマも中がエアコンいれるまでが暑いのよね。
送迎もぐったりだよ

人気の映画はやっぱり
みんなレンタルするよね。
宅配いいよね
私もしようかな・・・
でもな・・・
今年はまた受験生いてね・・・
なんかいろいろ面倒よ。。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク