Mommy/マミー ( 2014 カナダ)

Mommy/マミー ( 2014 カナダ)
MOMMY

上映時間 139分
監督: グザヴィエ・ドラン
製作: ナンシー・グラン
グザヴィエ・ドラン
脚本: グザヴィエ・ドラン
撮影: アンドレ・トュルパン
プロダクションデ
ザイン: コロンブ・ラビ
衣装デザイン: グザヴィエ・ドラン
フランソワ・バルボ
編集: グザヴィエ・ドラン
音楽: ノイア

出演: アンヌ・ドルヴァル ダイアン・デュプレ(ダイ)
スザンヌ・クレマン カイラ
アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン スティーヴ・デュプレ
パトリック・ユアール
アレクサンドル・ゴイエット
グザヴィエ・ドラン
(クレジットなし)



 とある架空の世界のカナダ。
そこで
新たな法案が可決された。
<発達障がいの子どもを持つ親が、法的手続きを経ることなく養育を放棄して、施設に入院させることができるという法律>
ダイアンと、(多動性障害)の息子スティーヴ。
矯正施設から退所したばかりのスティーヴと早速
暮らし始めるダイアンだが、いろいろな問題が生じ始める。
ある日、
隣に住む女性カイラと親しくなるのだが。



感想

139分。
カンヌ2014において審査員特別賞を受賞。ということで、絶対見たいと思っていた一本。

どんなにきつい状況でも
人は生きていけるんだな・・・ってちょっと思いました。いろいろ考えさせられたな。

<愛か希望かで希望をとった・>
そう、母親ダイアンは言っていたけど、
ああいう選択も考えなければいけない
状況下であったのだから
もうこれは、致し方なかったのかもしれない。
決めるのは、ほかでもない、親しかいないのだから。
そこまでに至る過程の心の葛藤は
親としては最高につらいことだったろう。
私もわかるよ、親として。

選択の仕方が個々の家庭それぞれあるように
生き方も
個々の人で違うわけ。
隣家のカイラの家族を捨てないで、一緒に歩むという選択は
当然ありえるけれど、
ただ、カイラについては
どういうストレスで吃音になったのか、
夫、娘との関係もちょっとわかりづらかったので、そこは悶々さは残るかな。
このあいまいな感じは前作でも感じたけどね。

母親と息子という設定は
「マイ・マザー」と同じだったけれど、
今回は、以前より、進化した形の映画になったのかなって思いました。

息子は
母親を愛するという姿勢だけは純粋で本物であるわけだから
そこはそこで
きちんと受け止めてあげなくてはいけないけれど、
一般社会生活に支障がでるほどの言動・行動をすべて
受け止め、対応していくのが母親だけっていうのはやはり
ハードルとしては高いな・・・。
鑑賞中、ず~~と
大変だね、大変だね・・・って感じていました。
だからカイラが加わったとき、正直ほっとした感もあったの。少しでも理解者が
いてくれれば、心の負担も楽になるかな・・・・って思って。
でも
長くは続きませんでしたね・・・・涙。
他人がどうこうかかわっても
結局のところ、親子の問題は親子にしか、かたはつけられなかったわけだしね。

親って、頑張るしかないんだよな・・・・、やっぱり。
そしてどういう状況でも受け止めるしかないんだよな・・・。

もちろん、息子もどうしたらいいのか、わからないでいたのかもしれないけど。

この映画のような問題をかかえているということではなくとも
一般的に
息子と母親の関係性というものは
女の子のそれとは、また違った難しさがあると思いますよね。
→男の子いないけど。

息子としては母親を守りたい、支えたいという、男としての
本能もあるだろうし、同時に愛されたいという思いもあるだろうし。
対して
母親は、子として愛しながら、子離れし、
一人前にさせたいという思いも感じているだろうし。



相変わらず、
音楽センスは抜群で
聞いたような曲もいくつかあり、
印象的なシーンも多かったです。

親子と、カイラと3人で、新しい車で
旅をする最中にダイアンが夢見る
息子スティーヴの未来。
ちょっとぼやけ気味な画面になるんだけれど
そこが母親の心情を思わせるようですごっく悲しくって。

泣きました。
これはもう・・
親ならだれでも泣きますよ。

今回話題なのが
1・1の画面。
聞いていたので劇場中央に座りましたよ…笑。

途中
通常の”アスペクト比に戻る場面があって
あれは心に開放感を覚えますね。周りは迷惑だろうが・・・。

<oasisのwonderwallが流れるスケボーの場面ね>


個人的には
↑で書いた、将来の姿が映し出される場面と
カラーブラインドの曲がが流れる場面と
3人で有名な曲を歌い・踊る場面が
好き★



ラストは
自由を求めるスティーヴでしたね。

彼の体も心も
いつも自由でいたいのね。
ありのままで・・・。
誰も束縛することはできないんだな・・・・。

自由に生きることができたらどんなにか楽だろうけど、
社会ってそういうものじゃあないからね。

未来はどうなるかわからないけど
この親子のお互いへの気持ちは永遠に変わらないんだろうね。
親ってそういうものだものね。
母親に感謝。


mami-eigae.jpg


HPより、

ほしい・・

曲名 - アーティスト名


1. CHILDHOOD - Craig Armstrong
2. BUILDING A MYSTERY - Sarah McLachlan
3. LES QUATRE SAISONS - Antonio Vivaldi
4. WHITE FLAG - Dido
5. PROVOCANTE - Marjo
6. COLORBLIND - Counting Crows
7. ON NE CHANGE PAS - Céline Dion
8. BLUE - Eiffel 65
9. WONDERWALL - Oasis
10. DON'T FALL - The Reel
11. WELCOME TO MY LIFE - Jeanne Gionnet-Lavigne et Jennifer Savard
12. VIVO PER LEI - Sabrina Bisson et Antoine-Olivier Pilon
13. PHASE - Beck
14. EXPERIENCE - Ludovico Enaudi
15. BORN TO DIE - Lana Del Rey
— 予告編 —
16. COUNTING STARS - One Republic
17. ANYTHING COULD HAPPEN - Ellie Goulding

6番のカウンティング・クロウズ(Counting Crows)の「カラーブラインド」(Colorblind)は
映画『クルーエル・インテンションズ』(英題:Cruel Intentions)のBGMとしても使用されて
最近聞いたばかりだから印象深い♪クルーエルではライアンのラブシーンで流れていたね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Mommy/マミー 」「エレファント・ソング」感想

ドラン作品2つ。同じ日にレンタル開始になったので、早速借りて来ました。両方面白かったです。4つ★

愛しかない~『Mommy/マミー』

 MOMMY  2015年、架空のカナダ。シングルマザーであるダイアン(アンヌ・ドルヴァル) の息子スティーヴ(アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン)は、ADHDのため矯正施 設に入所していた。しかし問題を起こした彼は施設から拒絶され、自宅へ戻 される。時として暴力衝動を起こすスティーヴと日々対峙し、疲弊していたダ イアンは、ある日隣人のカイラ(スザンヌ・ク...

コメントの投稿

非公開コメント

こちらにもお邪魔。

みみこさん、私もこれ観ました。まだ感想はアップできてないんだけども。。

みみこさんは『マイ・マザー』もご覧になっているんだね。
私は『胸騒ぎの恋人』は録画してるんだけどまだ観れてなくて、
『マイ・マザー』はWOWOW待ちなんだ。。

私も一人息子の母なもんだから、もうこれは涙、涙だったよ。。。
『マイ・マザー』も早く観たいな~。

あと、ドランが出てるの気づかなかった。
『ロランス』では気づいたんだけどね、残念。

彼、今朝閉幕したカンヌで審査員だったでしょう?
史上最年少審査員なんだって。凄いよねー。
『エレファント・ソング』も楽しみ♪^^

感想あげたらTBしますね!

安定のドラン

こちらにもありがとうございます。

真紅さんなら絶対観ているだろうな~~って
思っていました。
感想楽しみです。

マイ・マザーも
TVでやりそうですよね。
なかなか録画したのって観る機会がなかったりするけど、
お時間できたら是非~~。

そうそう・・・
この映画って
やっぱり、息子さんがいる方の方が
思うこと大のような気がするわ。

女の子も大変な部分あるんだけど
異性だとまた違う感じだよね。
やっぱり男の子の親にもなってみたかったわ・・・

<あと、ドランが出てるの気づかなかった。
『ロランス』では気づいたんだけどね、残念。>

私も~~
どこだったんだろう・・・
ロランスは私もわかったんだけど。
気になるな~~

カンヌ審査員だったのね。
凄いね~~
作品も次から次へと出しているから
それもすごいよね。

<『エレファント・ソング』も楽しみ♪^^>

私も~~
心理劇みたいで
面白そうだよね

よかった!

みみこさん、こんにちは~。
少し前だけど、観てきました^^
色々考えさせられましたね。
ダイアンの選択は責められないと思ったけど、
とても辛い光景でした(T_T)
やっぱりドラン監督の演出、色々見入ってしまうシーンが多かったですよね。
画面は気をつけてたのですが、油断してたらいつの間にか小さくなってたことありました(^_^;)
3人で踊るところ私も好きです^^
「マイ・マザー」と「~ロランス」の女優さん、すごい存在感でしたね@@
二人揃うと濃いし、圧倒されましたよ。
音楽も相変わらずセンスいいし、これからも監督の作品楽しみですね♪
「エレファント・ソング」私も楽しみです♪
ドラン監督、主演なんですよね~目の保養も兼ねる(笑)

遅くなりました

ポルカさんへ


こんにちは。
だいぶ遅くなってしまいごめんなさい。

ポルカさんもご覧になったのですね。
ちょっといろいろ考えさせられますよね。

どんな子どもでも
手放すっていう選択はつらいですよね。

<やっぱりドラン監督の演出、色々見入ってしまうシーンが多かったですよね。>

そうでしたよね。音楽もいろいろ使われていて
耳に残りました。

<画面は気をつけてたのですが、油断してたらいつの間にか小さくなってたことありました(^_^;) >

大きくなったのはわかりやすかったのですが
小さくなる時はあら~~って感じでしたよね、本当いつのまにか・・笑

<3人で踊るところ私も好きです^^>

和やかな雰囲気で良かったですよね。

<マイ・マザー」と「~ロランス」の女優さん、すごい存在感でしたね@@ >

いろんなタイプを演じていてすごいわ

<「エレファント・ソング」私も楽しみです♪
ドラン監督、主演なんですよね~目の保養も兼ねる(笑)>

私、これは逃してしまいました
もう夜の回になっちゃって。

そのかわり、マッドマックス行ってきましたので
もし鑑賞された折にはまたお話しましょう~~
あまり、詳しくないのに、勢いでいっちゃいました・・・・笑

今年も数日・・・

みみこさん、こんにちは!
もう数日で来年だねー。
今も絶対ご多忙だと思うので、かるーくご挨拶だけ^^

>旅をする最中にダイアンが夢見る
息子スティーヴの未来。
ちょっとぼやけ気味な画面になるんだけれど
そこが母親の心情を思わせるようですごっく悲しくって。

泣きました!ここのシーン、私も。
はぁーっつ・・・。
でも、ドラン君のリアルママは、こういう夢がかなえられたよね。
良かったね。親孝行できたね・・・。

ドラン君

latifaさんへ


こんにちは
気遣ってくれて本当にありがとう。
いまより
年明けがちょっと忙しい感じよ。
成人式とセンターダブルでどうしよう…笑

latifa さんも
いろいろ大変でしょうに・・・
いつも来てくれてコメント入れてくれてありがとう・・・ね。


で・・この映画
ドラン君作品2本まとめて鑑賞したのね。
私はもう一本の方は未見だからみたいな~~


泣きの場面は同じだったのね
そうよね~~
あれには泣けるよね。

<でも、ドラン君のリアルママは、こういう夢がかなえられたよね。
良かったね。親孝行できたね・・・。>

そうよね。
いろいろあっただろうけど
今はいい関係なんだろうね。

あとで拝見しにいくね
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク