イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密  (2014   イギリス・カナダ)
THE IMITATION GAME


監督: モルテン・ティルドゥム
製作: ノラ・グロスマン
イドー・オストロウスキー
テディ・シュウォーツマン
製作総指揮: グレアム・ムーア
原作: アンドリュー・ホッジェズ
脚本: グレアム・ムーア
撮影: オスカル・ファウラ
プロダクションデ
ザイン: マリア・ジャーコヴィク
衣装デザイン: サミー・シェルドン・ディファー
編集: ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽: アレクサンドル・デスプラ

出演: ベネディクト・カンバーバッチ アラン・チューリング
キーラ・ナイトレイ ジョーン・クラーク
マシュー・グード ヒュー・アレグザンダー
ロリー・キニア ロバート・ノック刑事
アレン・リーチ ジョン・ケアンクロス
マシュー・ビアード ピーター・ヒルトン
チャールズ・ダンス デニストン中佐
マーク・ストロング スチュアート・ミンギス
ジェームズ・ノースコート
トム・グッドマン=ヒル
スティーヴン・ウォディントン
アレックス・ロウザー
ジャック・バノン
タペンス・ミドルトン



天才数学者アラン・チューリングの人生を映画化。
敵の暗号機“エニグマ”の解読のために
解読チームが組織される。
その中の一人、天才数学者アラン・チューリング。
彼はひとり
奇妙なマシンを作り始め、協調性はない。
次第に孤立を深めていくチューリング。
やがてジョーン・クラーク が加わり
周囲との溝を埋めていく役目となる。
エニグマ解読はできるのか。


感想

いまさらですが、近場に流れてきたので観賞。
キラーとの共演て「つぐない」以来かな。
シャーロックとは違ったカンバーバッチを見ることができました⇒天才には違いないが。

伝記ドラマなんですよね。そう考えると、あらためて観終わった後、凄いな~~と思ってしまいます。
時代に翻弄された人生で、物悲しい部分もたくさんあったけど、
誰にもできないことを成し遂げ、信頼できる人物にでも出会えているのだから
数学者としては充実していたのでは⇒そう思わないとやっていられません。
あのラストはやはりせつなさを感じるので。
願っても叶えられない夢っていっぱいありますものね。
でも、長らく伏せられていたんでしょ?この事実。
それって醜いな。死後評価っていうのは、ちょっと可哀想な気もしますね。

数学者ときいて
「ビューティフルマインド」を真っ先に思い出してしまいました。
あちらも、謎めいた部分がありましたけれど
こちらも、やはり、ミステリー部分が大いにあり。
副題に秘密とあるように
彼はいっぱい秘密をかかえてしました。

彼個人の秘密もあり
エニグマを解読したということの秘密
さらには
スパイが誰かわかっていたという・・・

なにやら、いろいろかかえていて、
苦しい部分も多かったでしょうね。
そういう
秘密が明らかになる過程が
面白く、
最後まで、興味深く惹きつけられました。


彼の青春時代の恋。
思いを伝えることさえできなかったからこそ、
後悔もあり、いつまでも引きづる要因になってしまったのかな。
人生をかえた出会いでもあるものね。
彼が数学者として歩み出すのも、この青年との出会いがあったからじゃあないのかな。

コンピューターにクリストファーとつけるところが
なんとも涙誘います。
でも彼には、理解を示す、異性の友人がいて。
婚約までするけど、結局、別れてしまうキーラ・ナイトレイ扮する ジョーン・クラーク。
彼女との別れは、
彼女の人生を思っての、彼の優しさだな・・・・・と感じていたので
あの、2人の会話にはやはり涙。巻き込みたくなかったんだよね、きっと。
同性愛って告白したときも
それを承知で、それでも寄り添うと、誓う彼女の言葉も
素敵だったな。
愛情っていろんな形があるから
こういう2人の関係って存在してもいいっておもっていたけど、
叶わなくって残念でした。
救いとしては、ラスト、
ホルモン治療をうけている、アラン・チューリング のもとに
彼女が駆けつけるシーンを見ることができたこと。
あ・・・あれっきりじゃあ、なかったのね・・・・涙。

キラーは、キリットしていて女性から見ても憧れちゃう。
チューリングと仲間との関係をよりよくしたのも
彼女のおかげじゃない?
気が利くよね。
りんご配ったチューリングはかわいかったよね…笑

あの時代、彼女のような才能を持った女性は
生きづらい世の中だったと思うけれど
それを、乗り越えてやっていこうとする精神力の強さに
同じ女性として、尊敬の念を覚えてしまったわ。

暗号解読グループの面々も
皆個性的で、魅力的でしたね。
マシュー・グード も、よいよい・・・笑
イケメンパートをしっかり守って、目の保養。

<誰にも思いつかない人物が、誰にも思いつかないことをやってのけたりするんだよ>

前向きになるような言葉ですよね。
どんな人にも可能性はあるのだから、
沈んでいたらダメだと思うな・・・。



いみてーしょんげーむ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「イミテーション・ゲーム」感想

面白かったです。4つ★半~5つ★!

暗号解読/不遇の偉人~『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

 THE IMITATION GAME  1939年、第二次大戦中の英国。ナチスドイツの暗号機 「エニグマ」 を解読 すべく、MI6は国中から精鋭を集める。そこには天才数学者にして、後のコンピ ュータの原型を創ったアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)もいた。 彼はガリレオやニュートンにも引けを取らない頭脳を持っていたが、ある秘密を 抱えて...

コメントの投稿

非公開コメント

ビューティフル・マインド

みみこさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございました。
二番館?みたいなところでご覧になったのね^^
近場にそういうところあるといいね~。

↑に『ビューティフルマインド』の事書かれているけども・・・。
今朝、モデルになった教授ご夫妻がタクシー乗車中に事故で無くなったと聞いたばかり。
驚きました、、、ご冥福をお祈りします。
ホント、あの映画も天才の抱える困難を描いた映画だったよね。
ジェニファー・コネリー、アカデミー賞受賞しましたね^^
キーラもジェニファーに負けない、素晴らしい演技だったと思うな~。

人生、いろいろあるけども。。
頑張ろうね^^

そうなんだよね・・・

みみこさん、こんにちは!
真紅さんが既に書いているけど、そうなんだよー、同じく天才数学者の方、ご夫婦で事故死されたってニュースを聞いて、びっくりしたところ。
でも、結構なお年だったし・・・詳しくは解らないから、こんなこと言うのは、凄い不謹慎ではあるけど、ご夫婦で、突然あっ!という感じで、長く苦しんだり痛むことなく、召されたなら、悪くはなかったのかな・・・なんて思ったりして。

で、これ。
良い映画だったよねー。
この春見た映画の中では、これと、おみおくりの作法の2つが特に好きだな。
つづく

流れてきてよかった

真紅さんへ


こんにちは。
お忙しいにこちらにもすぐ来てくれて
ありがとう・・・
いつもお仕事速いわ~~

みんないろいろありますけど
頑張りましょうね~~。自分にも言い聞かせています・

この映画
ちょうど流れてきたので
拾いました・・・笑
見ることで来てよかったわ。
よくできた作品でしたね。
バランスが良いわ。

<↑に『ビューティフルマインド』の事書かれているけども・・・。
今朝、モデルになった教授ご夫妻がタクシー乗車中に事故で無くなったと聞いたばかり。
驚きました、、、ご冥福をお祈りします。>

え~~そうなの・・驚。
コメント読んですぐ確認しました。
そうなのね・・・。
痛ましい事故で、可哀想。
ご冥福お祈りしたいです。

<キーラもジェニファーに負けない、素晴らしい演技だったと思うな~。>

キーラ、今回よかったよね。
実は
はじまりのうた
も見たいの
でももうどこもやっていないよ~~泣

知らなかった

latifaさんへ

こんにちは。
latifaさんも
ニュース早々知っていたのね。
真紅さんのコメントみて
私は知ったけど
驚いたわ。
話題にしたばかりだったからね。

<でも、結構なお年だったし・・・詳しくは解らないから、こんなこと言うのは、凄い不謹慎ではあるけど、ご夫婦で、突然あっ!という感じで、長く苦しんだり痛むことなく、召されたなら、悪くはなかったのかな・・・なんて思ったりして。>

うん・・・。
私は高齢でまだいらっしゃったことがちょっとビックリしたわ。
無知で恥かしいけど、
てっきり、もう…と思っていたので。
天才的な人って、
やっぱり人と違った最期を迎えるのかなと思ったりしたよ。
ご冥福お祈りしたいわ。

おみおくりも評判良かったよね。
私も行きたいな~~と
思っていたけど
題材が題材で
自分の状況が状況なもんで
流しました。
なかなか、
良い体調じゃあないと見ることできない作品って
あるよね。

それと、
つづきの
コメント
ありがとう。

かえって気を遣わせてしまいごめんなさい。
頑張りますよ。
強い精神力をもつように
パワー
送ってもらったので、マイペースだけど頑張るよ。
みんなそれぞれ大変だものね。
とにかく、
前向きに
やっていくわ。
いつも優しいコメント
本当にありがとう~~泣

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク