ピッチ・パーフェクト

ピッチ・パーフェクト(2012  アメリカ)
PITCH PERFECT

監督 ジェイソン・ムーア
製作: ポール・ブルックス
マックス・ハンデルマン
エリザベス・バンクス
製作総指揮: スコット・ニーマイヤー
原作: ミッキー・ラプキン
脚本: ケイ・キャノン
撮影: ジュリオ・マカット
プロダクションデ
ザイン: バリー・ロビンソン
衣装デザイン: サルヴァドール・ペレス
編集: リサ・ゼノ・チャージン
音楽: クリストフ・ベック
マーク・キリアン
エグゼクティブ音
楽プロデューサー: ジュリアンヌ・ジョーダン
ジュリア・ミシェルズ

出演: アナ・ケンドリック ベッカ
スカイラー・アスティン ジェシー
レベル・ウィルソン ファット・エイミー
アダム・ディヴァイン バンパー
アンナ・キャンプ オーブリー
ブリタニー・スノウ クロエ
アレクシス・ナップ ステイシー
エスター・ディーン シンシア
ハナ・メイ・リー リリー
ジョン・マイケル・ヒギンズ ジョン・スミス
エリザベス・バンクス ゲイル


ベッカは、バーデン大教授の父親に説得され、同大学に入学。
サークルの勧誘で、ひょんなことから
アカペラ部“ベラーズ”に入部することに。
全国大会出場を目指して練習に励むベッカたちだったが…。


感想  

2012年に全米でスマッシュヒットになった作品みたいだけど
なぜか日本では、今頃、公開。

内容は、どこかで見たことのあるようなもので新鮮さはないかな。
展開も想像できる・・・。
主人公の葛藤も深みはないので、そういう人間ドラマは薄いけど、それはしょうがないと思うしかないよね。
音楽メインで娯楽映画とわりきって
楽しめばそれでよい映画。

私も、まずは、アカペラを聴いてみたい・・・・という思いが強かったから
観賞したわけだからね。これはこれで、ストレス解消で良いわよ。


とくに
ラストのアカペラ部“ベラーズ”の歌・・・。
今までが今までで、パッとしなかったから
そのギャップとあわせてみると
目を見張るものがあり、満足。
そう、・・ラストはよかったわ♪ウキウキになるよ。


「ブレックファーストクラブ」という
80年代の映画が
キーポイントになっているので、その映画をちょっとチェックしておくと良いかもしれませんね。
私は80年代、全盛期だったので
つかみはOK。


ちょっとマイナス感想として。
エロ、下ネタは、この手の学園ものには大なり小なりあるのでOKとして
ゲロ描写・・・つまり気持ち悪いのは、勘弁して欲しかったわ。
噴水のように出ていたけど、あれって笑える場面?
笑えないよね・・むしろ、おえ~~~となるし。

冒頭で、ベラーズが大失敗する要因として部長オーブリーの、ゲロがあるけど
ここは突然だったとして、まあ、しょうがないなと・・・判断⇒歌っている最中、気持ち悪くなるの?ストレス?理解不能・
でも中盤、いや・・後半にさしかかるあたりか、
ベラーズが再結集するけど、ベッカだけはいなくて、ぎくしゃくする中、
オーブリ-
が、言うでしょ?私も我慢しないわ・・・かなんだか、言いながら
もにょもにょ・・・・したかと思うと、
強力なゲロ。
あれは、勘弁⇒文字に書くなって感じだけどね・・・・笑
挙句に、
東洋人のメンバー、あの液体の中で、倒れ、ばたばたしちゃって、見ていてさらに不快。


そういえば、あの東洋人のメンバーの子、えらが生えているとか
双子の妹をくったとか、声がやたらに小さくって
この辺りも、どういう笑いを求めているのか意味不明。

前半の、歌合戦?あの、ゲームも意味がようわからん。

と、
コメディの部分で
だいぶついていけない感じではあったけど、
アナ・ケンドリックの歌声の素晴らしさは堪能できたし、
アカペラの歌はやっぱり素敵。
細かいことはいいや・・・と思っちゃう。

相手チームの後半、リーダーになる男の子
が、これまた、歌は上手いけど、イケメンではない所も、ポイント・・・・笑
主人公と、仲良くなる男の子ね。
惹かれはしなかった・・・・笑


続編も公開決まったみたいだよね。
次観るかは不明かな。

ちなみは
私は: アナ・ケンドリック で
音楽系だったら、「ラスト5イヤーズ」の方が観たかったのだけれど
もう公開は終わっていたのよね、残念。

pitch_main_l.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク