サード・パーソン

サード・パーソン(2013)

THIRD PERSON

監督: ポール・ハギス
脚本: ポール・ハギス

出演: リーアム・ニーソン
ミラ・クニス
エイドリアン・ブロディ
オリヴィア・ワイルド
ジェームズ・フランコ
モラン・アティアス


パリ、ローマ、ニューヨークを舞台に、
3組の男女の別々のエピソードが交差する物語

 パリのホテル。ピュリッツァー賞作家のマイケルが執筆活動をしている。
そこに、作家志望の女性アンナが訪ねてくる。彼女とは不倫の関係だ。
ローマのバー。
アメリカ人のビジネスマンのスコットは、店で一人飲んでいた女性モニカに惹かれる。
彼女は誘拐された娘の身代金を紛失していた。金を工面しようとするスコット。
ニューヨーク。
元女優のジュリアは、息子の親権を巡って別れた夫リックと争っていた。

感想

ポールハギス脚本ということで
確かによく練られていて
観終わったあと、ほほほ~~~~~と、感心してしまいました。
ただ、3組の男女がすったもんだしているのを
延々観ているので多少疲れが生じます。
そして、こんなに頑張ってみたのに
結局主人公の虚構の世界でもあったという事実がわかるので
多少脱力感も感じます。
そうかい・・
そういうことかと。

この構成は
途中ではさすがにわからないんだけど
ほぼ最後の方で
いくつかの人物が画面上から消えてしまうので
これは…架空?、実存しないのね・・・と
想像はつきます
あくまでも最後の方だけど…笑

作家は
リーアム・ニーソン。
その妻はキム・ベイシンガー。
不倫相手は、オリヴィア・ワイルド。

リーアムとキムの間には
子供がいたのですが、プールでおぼて亡くなっている。
リーアムが電話をしているちょっとしたスキに・・ということである。

ホテルで働く
ミラ・クニス。
彼女はジェームズ・フランコとの間に
息子がいるのだけど
どうやら、息子に手をかけたという疑いで
子供とは切り離されている。
夫婦仲も壊れている様子。ジェームズには新しい女性もいる。
このミラの家庭事情はリーアムの身近な体験からの発想かな。
リーアムの愛人の過去か?


ローマのエイドリアン・ブロディ。
彼は8歳の娘を失っている。リーアムの過去と同じ。
つまり、エイドリアンの心境はリーアムの心境でもある。

とまあ、映画見ないとまったくわからないことを書いてみたけれど…笑
観たとしても
そもそも作家リーアムの思いが反映されている
エピソードが入っているので
正確なこと、真実はなにかは、当人じゃないのでよくわからなかったりもします…笑


もう一度みるのはちょっと…という感じだし
複雑な分
多少疲れる映画ではあると感じました。
ただ
この手の作品は嫌いではないのです
疲れるんだけど
そもそも、すったもんだには興味がわくので…笑

でも
この作品については
気になるところがあったので
あげます~~^

☆作家が不倫相手と電話で話している最中に子供がなくなっていること。
☆愛人とのべたべたがちょっと鼻について嫌だったということ
☆作家が愛人の過去を小説にしたこと
愛人は実の父親とただならぬ関係であった模様・・

ということです。



群像劇は好きだけど
結局は
作家の独りよがりの話だと知るとちょっとムムムという気持ちになります。
作家はそんなものかもしれないけど。
でも書いてはダメなものもあったんじゃあないのかな。

アクションでない
リーアムは好きなんだけど
女ったらたらしだったからな
・・・笑
saidopa-onn 6f53a12940_140040816310854200
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク