ルーム

ルーム(2015)
ROOM

製作国 アメリカ

監督: レニー・アブラハムソン
製作: エド・ギニー
デヴィッド・グロス
製作総指揮: アンドリュー・ロウ
エマ・ドナヒュー
ジェシー・シャピーラ
ジェフ・アークス
デヴィッド・グロス
ローズ・ガーネット
テッサ・ロス
原作: エマ・ドナヒュー
『部屋』(講談社刊)
脚本: エマ・ドナヒュー
撮影: ダニー・コーエン
プロダクションデ
ザイン: イーサン・トーマン
衣装デザイン: リア・カールソン
編集: ネイサン・ヌーゲント
音楽: スティーヴン・レニックス

出演: ブリー・ラーソン ママ/ジョイ
ジェイコブ・トレンブレイ ジャック
ジョーン・アレン ばあば/ナンシー
ショーン・ブリジャース オールド・ニック
ウィリアム・H・メイシー じいじ/ロバート
マット・ゴードン
アマンダ・ブルジェル
ジョー・ピングー
トム・マッカムス
ランダル・エドワーズ

 エマ・ドナヒューのベストセラー『部屋』を「ショート・ターム」のブリー・ラーソン主演で映画化
5歳の誕生日を迎えたジャックは、狭い部屋に母親と2人で暮らしていた。外の景色は天窓から見える空だけ。母親からは部屋の外には何もないと教えられ、部屋の中が世界の全てだと信じていた。2人はある男によってこの部屋に監禁されていたのだった。しかし母親は真実を明かす決断をし、部屋の外には本物の広い世界があるのだとジャックに教える。そしてここから脱出するために、ついに行動を開始するのだったが…。

(allcinemaより引用)

感想   

「ディーバン・・・」の映画鑑賞時に、「ルーム」の予告編を観ていたので
(予告編は結構ネタバレしている)、予備知識が多少あったものの、
思っていた以上に感動してしまいました。
アカデミー賞主演女優賞の彼女も良かったけれど
なにより子供の存在が抜群で、彼の一言一言に、涙こぼしてしまう感じでしたね。

前半は監禁生活の様子、そして脱出
後半は脱出後の社会生活を送る親子に焦点がおかれていました。

最初は、閉じ込められた生活というのはわかりません(だから予備知識ない方がその後の驚きが増すのでベター)
ちょっと狭苦しいお部屋に、親子で暮らしているんだな・・・・・程度にしか感じないのよね。
子供の髪が長いのも、そういう髪形かな・・とも思えるし、
質素な生活は、生活が苦しいのかな程度に理解できちゃうから。
一応テレビもあるし、普通食のお食事もしていますからね。
でもなんとなく違和感を感じてくるの。
5歳のお誕生日にケーキを作ったママに
子供が蝋燭をねだっても、それは彼に頼めないとママは拒否。

そう・・・必要な食料は、決まった日にしか届かない。
そして、それを持ってくる男がやってきたその日は、子どもは押し入れで寝なければいけない。

わ~~~。
多少はわかっていたけれど、ものすごい設定でした・・驚。
子供の素直な言葉、しぐさが可愛い分、
現実の深刻さが隠れちゃうところがありますけれど
このママ(ジョイ)と子供(ジャック )が置かれている状況は、悲惨でした。

そして
拉致され監禁されたジョイの身に何が起こったか、
このジャックが、誰の子かというのが、なんとなく観る者が理解できるようになると
観ていて苦しい部分がでてくるんですよ。(ジョイのパパ、ウィリアム・H・メイシー のあの態度もわからなくもない)
そんな悲惨なこととは関係ないところにいる
ジャックが純粋な分、
救われるところも充分あるんだけれど、同時に現実のリアルさが息苦しいというか・・・。


この私が感じる大人の感覚はつまりママ、ジョイの感覚と同じ。
だから
ジョイは監禁から脱出してからの社会生活に相当苦しむことになるの。
世間の目、親の目、失った過去の自分の時間について、自問自答すればするほど精神的に追い込まれていくの。
もう・・・それは十分すぎるほどわかるわ。
私なら、耐えられないもの。

逆に、ジャックにおいてのルームからの脱出はまた違った意味合いを示していると思うのよね。
世界が広くなるということ。
ルームの中が世界のすべてだと思っていた中で
もっともっと広い世界が存在するっていうことを脱出によって認識できたのだから。
ジャックが
はじめて外の世界に出たときの
彼の目に映る世界、空や人や、庭や、地面や草木がすべてにおいて彼の目線で描かれているところが
とっても魅力的でした。
はじめて
この世に生を受けた赤ちゃんもきっとこんな感じの感覚を味わっていたんだろうなって・・・。
赤ちゃんは言葉を発することができないけれど
ジャックすでに5歳で
それを言葉にも表現できるわけでしょ?
その言葉を聞くことが、やっぱり観る者にとっては感動的になるんですよね。

ものに一つ一つ
挨拶するジャックは愛おしかったな。
おはよう…洗面台って・・・。

子供はやっぱり
希望。
なぜ子供を手放さなかったか・・・と記者が質問していたけれど
その言葉は、酷だと思うな…。
ジャックの存在が彼女の生きる支えだったし。
現に
社会に出てからも
彼女を救ったのはやっぱりジャックだったからね。

ジャックの中では
ルームの生活はママとの愛に満ちた生活であったと信じたいし
それにさよなら・・・・を上手にできた
あの最後だから
彼女たち親子には今後希望に満ちた新しい生活が訪れるだろうと信じられる気がしました。


ジョーン・アレンの
ばあばも素敵でしたよね。
自分の娘と孫への接し方が。
綺麗だし。

ばあば大好き・・・
なんて
あんな可愛い男の子に言われたら
うるうるしちゃいますよ。
可愛いな。

設定がかなり特異で
よくこういう設定は復讐劇やホラーテイストでつかわれやすいんだけれど
今回は親子の絆に重点を置いた感じなので見やすいと思います。
設定が設定なので
どうしても大人の感覚でいろいろ想像してしまったり、いやな思いを感じたりするときも
あるけれど
それを恐れて鑑賞チャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。

映画は子供の視点で終始物事を見ているということを考えると
自分が得るものはたくさんあると思うから。
とくに
子育て経験のママはいろいろ思うはず。
子供を初めて違った世界に送り出すときの
あのドキドキ感を・・・

ru-mu gazou eiga
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハロー、世界。~『ルーム』

 ROOM  ボクは今日、5歳になった。天国から天窓を通って、この部屋で毎日毎日泣 いていたママのところにやってきた日から、5年が経ったんだ。もうボクは大き いから、何でも知っているし、何でもできるんだ・・・。  17歳で誘拐され、納屋に監禁されているジョイ(ブリー・ラーソン)は、一人 でジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)を産み、狭い 「部屋」 の中で...

コメントの投稿

非公開コメント

観ましたよ~

みみこさん、地震のお見舞いどうもありがとう~。
今日の深夜がひどくて跳び起きて以来、頻繁に揺れています。
今こうしてる時も微妙に・・。
でも熊本はまた相当ひどいみたいで・・心配しています。

ところで「ルーム」、私もレディスデーに観ましたよ。
母親がカルト宗教とかで子供を外に出さないのかと勝手に想像してたら、あんな理由だったとは・・
もうそれだけで重すぎて・・ねえ・・。
もし自分がこのママの立場だったら、もしばぁばの立場だったら、どうするだろうって考えがぐるぐるまわってしまいました。
TVでのママの受け答えは胸にぐっと来ました。
子供良かったですね~。彼にも何か賞あげたいくらいでしたね。

安心しました

つるばらさんへ


こんにちは
大変な時期にこちらにもありがとうございます。
連日地震のニュースで
落ち着かない毎日だと思います。
元気な声が聞けて一安心しましたが
どうぞ今後もお気をつけてくださいね。
大きな被害を受けた方々のことを考えると
本当に胸が痛みます。
早くおさまってほしいですよね。

映画・・・
これご覧になられたのですね。
確かに最初の雰囲気・・・・カルト系に感じますよね~~
外界から閉ざされるって、よくありますものね。

監禁ってたいてい犯人の身勝手な理由からだから
腹立たしく感じますよね

無謀な作戦だったけど
どにかく外に出たときはホットしました


ばあばも複雑ですよね
娘に対しても
孫に対しても。
どう接しよう・・・と思っちゃう。

あの子供
可愛かったですね
長い髪だと女の子みたいでした。

早く地震が
落ち着いてゆっくりお話したいです。

地味映画の

みみこさん、こんばんは。

「ルーム」これとっても気になっているんだけど、何故か香川はいまだ上映予定がありません~(涙)
なんで、なんでーーー(>_<)
原作も書店に並んでて、先に読もうかな・・なんて思ったりしています。
絶対観るつもりなので、感想さらり~と読ませていただきましたよ。
子どもの存在が大きいのね!!
これはやはり観なくては。

今日は地味映画のおすすめも持ってきました♪
シャーロットさまの「さざなみ」!アカデミー賞にノミネートされていたのでそれほど地味でもないかなあと思いましたが、
ある一通の手紙が届いた月曜日から、夫婦の45周年を祝う土曜日までの6日間を静かにじっくりと描いた、ある意味やっぱり地味な作品だと思います。
夫の亡くなった昔の恋人に対する思いに翻弄される妻の姿がなんともいえません~。
やはりシャーロット・ランプリングはただものじゃないな!(笑)
ラストシーンの彼女の表情!!これはもう絶対に見逃せません~。

良かったら見てみてくださいね。

私もおすすめします!

みみこさん、こんにちは。
連休いかがお過ごしですか?
しかしまだ九州の地震も収まってないし、ちょっと落ち着かないよね。

この映画、ほ~んと子役がかわいかった~。
彼、助演男優賞ノミネートされてもよかったくらいよね?
まぁ、受賞は難しいだろうけども。。「天才子役」って言葉がピッタリだったよね。

で、↑の瞳様がおすすめされてる『さざなみ』、私も超オススメ!
また感想アップするけど、私超ネタバレしてるから記事はご覧になってから読んで下さいね(笑)。

連休中ね

瞳さんへ


こんにちは。
ルームは原作もあるみたいですよね。
どんな感じか気になります。
映画見た折には是非感想教えてくださいね。
子供には弱いのですぐぐっときちゃいました。

そして
地味映画のお勧めありがとうございます。

ああ~~~そんなに良かったのですね。
私も見れば良かったです。
ちょっと遠くの映画館で上映していて
観に行けるチャンスはあったのですけど
その日は、えい~~~~という、気合が足りませんでした。
もう夜上映になっていましたよ・・・・(笑)

<やはりシャーロット・ランプリングはただものじゃないな!(笑)>

彼女の映画というと
雰囲気的に
まぼろし・・・を思い出しますけど
またちょっと違う感じなのかな。

夫婦の話みたいですが
こっそり一人で観に行きたいと思います(笑)。
どこかでまた
上映しているかもしれないので探します。

チャンスなく
ビデオになっても見ますのでお待ちください~~

素直な子が欲しい(笑)

真紅さんへ

こんにちは
連休はまったりしています。
明日から実家に帰ります。一泊ですが。

子役の子、可愛かったですよね
女の子みたいでした。最初の方。

<彼、助演男優賞ノミネートされてもよかったくらいよね?
まぁ、受賞は難しいだろうけども。。「天才子役」って言葉がピッタリだったよね。>

そうよね~~~上手でした。
子役さんって、上手な子いろいろいるんですけど
その後、活躍しなくなったり、風貌が変わったり・・・
結構、うまく成長しなくなっちゃう場合が多いので、頑張ってほしいです♪

で・・・
『さざなみ』、
真紅さんもおすすめなんですね~~
ああ~~~益々、見逃したのを後悔しました。
ミニシアター系の作品なので
劇場少ないんですよね。
もっと近くでバンバン上映してほしいです。
感想はネタバレ読まないでチェックしますね



連休は後半もまだまだあるので
楽しんでくださいね~

見ました~♪

みみこさん、こんにちは。
毎日お天気が不安定ですね。今日もまた雨が降り出しましたよ。

「ルーム」レンタルになったので観ました。
子役の少年、とっても可愛かったですねーー。
トラックで外に出た彼の目に映った空、風、初めて目にする「世界」、あの表情、なんともいえませんでしたね。
不審に思ってくれた男の人や、女性警察官!!よくやってくれましたよね。感動したわ。

でも良かった・・では終わらない、戻ってきた世界での二人の様子、とってもリアルでした。
幸せなはずなのに~って叫ぶママの気持ちもわかるし、
初めての世界に踏み出していくジャックの成長も嬉しいし。
子どもの純粋な愛情や思いがどれだけ親を支えてくれるのか・・・。
すごく感じました。

ばあば、素敵でしたよね。
子どもや孫がいるので、ばあば目線でも見てしまったわ。

子役可愛かったね

瞳さんへ

こんにちは。
本当天気不安定ですよね
明日から関東の方も雨が続くみたいで
なんだか嫌です。

ルーム・・鑑賞されたのですね。
いろいろ考えさせられるお話でしたよね

<トラックで外に出た彼の目に映った空、風、初めて目にする「世界」、あの表情、なんともいえませんでしたね。>

可愛かったですね。
あの純粋さ。
やっぱり子供は、素直で純粋だからこそ
可愛いんだなって思います。

<女性警察官!!よくやってくれましたよね。感動したわ。>

本当
機転が働きましたよね。
なかなか監禁されていた・・って事実
突き止められないじゃあないですか。
変なことをいう子供だな・・・ぐらいで
注意深く
子供の観察をしていたからこそ、気づけたのですよね。

<幸せなはずなのに~って叫ぶママの気持ちもわかるし。

これはね・・・
わかります。
大人としては
助かったあとの現実って
きついですよね。
そもそも前の生活っていうのがあったわけですからね。
比べちゃうし。
周りの反応にも敏感になるしね。

<子どもの純粋な愛情や思いがどれだけ親を支えてくれるのか・・・。 >

そうよね。
子供がいたから
乗り越えられた、乗り越えられると思いました。


<ばあば、素敵でしたよね。
子どもや孫がいるので、ばあば目線でも見てしまったわ。>

あ・・・そうですよね。
私もおばあちゃんの対応に感動してしまいました。
なかなか言うのは簡単だけど
難しいものね~~

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク