あやしい彼女

あやしい彼女(2016)

監督: 水田伸生
製作: 中山良夫
チョン・テソン
由里敬三
薮下維也
沢桂一
久保雅一
村松俊亮
エグゼクティブプ
ロデューサー: 門屋大輔
プロデューサー: 畠山直人
八尾香澄
ゼネラルプロデュ
ーサー: 奥田誠治
ラインプロデュー
サー: 毛利達也
共同プロデューサ
ー: 伊藤卓哉
里吉優也
脚本: 吉澤智子
撮影: 中山光一
美術: 磯見俊裕
衣裳: 篠塚奈美
編集: 平澤政吾
キャスティング: 杉野剛
音響効果: 松浦大樹
音楽: 三宅一徳
主題歌: anderlust
『帰り道』
VFXスーパーバ
イザー: オダイッセイ
スクリプター: 阿保知香子
ヘアメイク: 酒井夢月
照明: 松本憲人
装飾: 佐原敦史
大庭信正
録音: 鶴巻仁
助監督: 蔵方政俊
監督補: 相沢淳
劇中歌プロデュー
ス: 小林武史

出演: 多部未華子 大鳥節子
倍賞美津子 瀬山カツ
要潤 小林拓人
北村匠海 瀬山翼
金井克子 相原みどり
志賀廣太郎 中田次郎
三鴨絵里子 中田麻衣子
越野アンナ アンナ
久保佑太
Kilt
田村健太郎
温水洋一 オオトリ写真館の店主
小林聡美 瀬山幸恵

73歳の瀬山カツはワガママで無神経な毒舌おばあちゃん。地元商店街ではいつもトラブルの元凶となる鼻つまみ者。女手一つで育て上げた娘の幸恵とバンド活動をしている孫・翼の自慢話に周囲は辟易。そんなカツの唯一の理解者が、昔なじみの中田次郎。彼女を一途に慕い、どんな時でも味方になってくれていた。ある日、幸恵と喧嘩して家を飛び出したカツは、見知らぬ写真館にふらりと足を踏み入れる。やがてふと気づくと、いつの間にか20歳の時の自分に若返っていたのだった。そしてひょんな成り行きから、次郎の家に居候することに。やがて、のど自慢大会がきっかけで翼のバンドにスカウトされたカツ。かわいい孫のためと
ひと肌脱ぐことに。一方、音楽プロデューサーの小林拓人も同じようにカツの歌声に魅了され、その行方を捜していたのだが…。


allcinemaより引用


感想


オリジナルの韓国版は未見。

若返りもの・・・の映画ですね。

入れ替わりものをはじめ、この手のシチュエーションは小説や映画で何度もみているので
目新しさはなかったけれど。
ついつい見てしまう素材ですよね~~

ファンタジーなので、余計なツッコミはなし・・・ですよね(笑)
といいながら
おいおい…と思うことはいろいろありました。

でも~~~
多部ちゃん可愛かったから良し(笑)

コメディータッチだったので
本当楽しかったです。
個人的には
最初に現れた毒舌のおばあちゃん…倍賞さんでしたが
ああいうタイプは苦手かな。
もし、姑だったら強烈な感じ。
いや…逆に根はいい人だから暮らしやすいのか・・・(笑)

多部ちゃんになってからは
見た目とのギャップがあるのか、あまり、強烈さが気にならなくって
単に、ストレートにものをいう、女の子っていう感じで好感もてました。
歌声がさわやかだったから、見とれちゃったのかな。

映画の中では
母娘関係がツボにはまってしまったので、
笑い以上に、ボロボロしちゃったけど。

弱いです・・ああいう母子の関係。


生きてきた人生に悔いなしという流れで
後味もすっきり。
一時のロマンスはロマンスとして心に秘めて
またおばあちゃん前を向いて人生歩んでいくのね~~

後悔しても過ぎた日々は戻らないしね。

年とるのも悪くないな・・・・って思える一本でした。

ローマの休日をモチーフにした演出や
レトロな音楽も、心地よかったです。
年配の方がご覧になっても楽しいし、むしろあの世代の方が見たらまた違った感想になるような
気がします。苦労した時代って、みなさんあっただろうからね。
今は皆物にもあふれ、裕福なところが多いから、我慢して生きてきたってあまりないような気がするわ


ラスト
次郎が野村君に若返っていて
笑っちゃったけど・・・。
さわやかすぎない?


小林聡美、娘の存在も良かったけれど
個人的に
幼馴染次郎ちゃんの存在が素敵でした。
懐大きい人だよね。
婿養子とか言われていたけど
いや~~~包容力あってよいよ。
若返った彼女を応援してくれてねえ・・・

金井克子は本当に本人?って思ったけれど
本人でしたね。歌も歌って、懐かしいな~~
途中退場で・・ああいう最後でちょっぴりせつなかったです。

多部ちゃんは童顔よね・・・
彼女の魅力がいっぱいの映画だったように思います。
息子ちゃんの翼君も
今どきの若者っぽくて良かったです。

yashiikanojodada.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人生が二度あれば~『あやしい彼女』

 東京の下町に住む73歳のカツ(倍賞美津子)は、身勝手で毒舌な、商店街の 鼻つまみ者。女手ひとつで育てた娘の幸恵(小林聡美)が、有名女性ファッショ ン誌の編集長であることが自慢の種だ。しかも幸恵は離婚しており、その息子、 孫の翼(北村匠海)はカツが育てたようなもの。ある日幸恵と口論になったカツ は家を飛び出し、街の小さな写真館の前で足を止める。  大ヒットし、中国でもリメイ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

お久しぶりです
この 映画 良さそうですね。

気になってたんですが
韓国版を 見ているので パスしちゃいました。

DVD化されたら 見ます!!

翼くん

みみこさん、こちらにもお邪魔します。
私もオリジナルは観てないんだけど、これ楽しかったね。
多部ちゃんかわいかったし、翼役の北村匠海くんがいいなと思った。
で、彼クドカン脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』の3回目から出てるんだ~。
私、このドラマ珍しく観てるんだけど、ますます楽しみだわ!
結構面白いよ。。主役三人がすごく魅力的だし。

同じ感じ

むうさんへ

こんにちは
韓国版ご覧になっているんですね。
ほぼ同じみたいですよ。
チラシも同じ雰囲気ですよね。

邦画の方は母娘になっていますが。

でもやっぱり笑えて泣けて楽しかったです。

私は
韓国版は逆に未見ですが
歌がかなり良いときいているので機会があったら
みてみたいです。(知っている歌はないかもしれませんが・・笑)

北村君ね  覚えておくわ

真紅さんへ


こちらにもありがとうございます。

楽しい映画でしたよね。
これ観るつもりはあまりなかったのですが(笑)
時間的に予定とあったので行きました
でも意外とツボにはまって楽しく鑑賞できてよかったわ。
出演者も多部ちゃんしかしらなくって・・・
実は
北村匠海くん・・・初めて見たの。
でもしっかり覚えたから大丈夫です☆
歌も良かったし。

ゆとりは・・・
みています・・♪
面白いよね~~安藤さん太賀君など個性的な配役が楽しい~~

北村君ってドラマで
あの最後に出てきた眼鏡の子ですよね?
また感じが違って(覚えていないのか・・自分)わからなかったです。
次回楽しみですね
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク