ここは私たちのいない場所   著  白石一文

ここは私たちのいない場所    著  白石一文



芹澤は大手食品メーカーの役員。順風満帆な会社員人生を送ってきたが、三歳で命を落とした妹を哀しみ、結婚もしていない。ある日、芹澤は鴫原珠美という元部下と再会し、関係を持つ。それは珠美の策略であったのだが、彼女と会う時間は、諦観していた芹澤の人生に色をもたらし始めた。

アマゾンよりあらすじ引用





感想


白石さんの
いつもの作風です。
哲学的な・・・いつもの感じ
初期に読んだような。

好きな人は好き。
ダメな人はダメでしょうね。

きっと。

死ぬ時って
やっぱり、
ココに書かれていたような感じで
そして
逝ってしまうんだろうな・・・
それを一番感じました。

この手の本を読むと
鬱になりそう・・
なんかね・・・運命とか死ぬこととか、生きることとか、まあ、いろいろ考えちゃうからね。
暗くなるんだよね。
でも読むかな・・・・今後も。

132456 kokoha
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク