ぼくらの家路

ぼくらの家路(2013 ドイツ )
JACK

監督: エドワード・ベルガー
製作: ヤン・クルーガー
レネ・ルーメルト
脚本: エドワード・ベルガー
ネレ・ミュラー=シュテーフェン
撮影: イェンス・ハラント
編集: ヤニナ・ヘアホーファー
音楽: クリストフ・M・カイザー
ユリアン・マース

出演: イヴォ・ピッツカー ジャック
ゲオルク・アルムス マヌエル
ルイーゼ・ハイヤー ザナ
ネレ・ミュラー=シュテーフェン ベッキ
オーディン・ヨーネ
ヴィンツェント・レデツキ
ヤコブ・マッチェンツ
アシーア・アデル

 シングルマザーで自堕落な母親に半ば育児放棄された10歳と6歳の兄弟が、所在の分からない母親を捜してベルリンの街で繰り広げる過酷なサバイバルの行方を描いた感動ドラマ。主演は新人、イヴォ・ピッツカー。監督はドイツのTVを中心に活躍するエドワード・ベルガー。ベルリンに暮らす10歳のジャックと6歳の弟マヌエル。若いシングルマザーの母は、まだまだ遊びたい盛り。子どもの面倒は二の次になってしまう。代わりにジャックが健気にマヌエルの世話をしていたが、ある時誤って弟に火傷を負わせてしまう。それが原因でジャックは施設に預けられることに。上級生のいじめに耐え、ようやく待ちに待った夏休み。ところが母からは迎えが3日後になるとの電話が。たまらず施設を飛び出し自宅を目指すジャックだったが…。


allcinema より引用

感想

そしてまた児童虐待の映画。
こちらは育児放棄ですね。

邦画の
「誰も知らない」と同じ感じ。

全く子供を育てる気がない親。
まだまだ遊んでいたい親なんだよ。
幼いというか、なんというか。
それでも
子を産めば親だからね。
それなりの責任を果たさないとね。
付き合っている男がいるのはいいにしても
すっぽんぽんで、歩き回る母親ってどうよ。
男も連れ込んで。

あ~~~、子供たちが可哀想でしかたがなかったよ。
そのくせ、
都合のよい時は、妙に可愛がったりする親だからさ。
まるでペットよね、子供を。


映画は
原題、ジャック・・という言葉どおり
主人公ジャックの目線で終始描かれる作品

ジャックが観たものきいたもの・・
ただそれだけを
淡々と描いているの。

ジャックは、ちょっとした出来事から
施設にあずけられるんだけど、母親恋しくて脱走。
親元に戻るものの
鍵が閉まっていて、家には入れない。
なんと…親、
下の弟もどこかに預けて外泊なのよ~~
ジャックは懸命に親を探し始めるの。
どこよ~~~といって。

まったく、
ジャックが親を求めれば求めるほど
親に対してイライラがつのるわ。

この映画は
ラストがね・・・・
おお~~~そうきたかってなるので
そこが見どころ。

親は
いつまでも
子供が黙って自分を慕ってくるなんて思いこんでいたらダメよ。
子供だって
親を選ぶこともあるんだから。
でも
心の奥底はどうだったんだろう。
ものすごい葛藤があったに違いないよね。
だからあのラストはつらかったな。
ジャックは親を愛しているものの
このままじゃあダメだと決心したんだよね。
親元にいたら弟も僕もダメになると。
ジャックが一歩大人になった
早く大人にならなくてはいけない環境だったんだよね。
もっと甘えたかったろうに。

いろいろ
複雑なラストだったけれど
この選択が、よい未来へと繋がるのなら、と思うしかないよね。

bokuranoiejimain_large.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バランスが難しいっ!

48歳にもなって子供にベタベタなワタシが偉そうには語れないけど,虐待関連のニュースを知る度,我が子らは幸福な方かなとも感じてしまうこの頃。

「親になる」ってのは努力が必要で,ワタシの中では仕事なんかより着かれるものです。

スピルバーグやヒンギスの母親とかの話を聞いたりして,(父親だけどw)真似してみようとか思うけど,ついついお小言が多くなっちゃって,中々ポジティブなアプローチってできないし(汗

昨日は駄洒落ばかり口にしてるお笑い好きの長男が,あまりにも適当なコト言ってたので「お笑いを冒涜すんなっ」って叱責してしまって可哀そうになっちゃって夜寝床までくすぐりに行くし,今朝は「雨や風だって,いちいち送迎なんかせんからな」と言って送り出すも,心配でそ~っと様子見に行ったり…。 女房からは「多干渉」と言われます…。

欧米だと,子育てでも“個人主義”の方が重要視されて,親子共にプライベートを大切にすると言われてるので,日本以上に育児のバランスがネグレクトの方に傾くのかな…。 日本も大分「欧米化」が進んでる様子があって,それで事件も多くなってる気もします。

日本式の育児と欧米式の育児の,丁度バランスのいいトコで勝負したいんですけどね~・・・。

放任しすぎてもね

メタボリッカ@ホームさんへ


こんにちは。
なかなか子育てって難しいですよね。
幼年期は、
教えるのも大変だし。
世間で騒がれるようにしつけって、いろいろあるから
本当難しいです
とりあえずうちは
ある程度大きくなっているので、ピークは過ぎたかと思いますが
年齢上がったら上がったで
また違う問題もでていいますからね。

父と息子の関係は
母親と娘の関係と
また違ったものがありますが、
いろいろかまっても大丈夫だと思いますよ
心配は心配だし。
親がいるうちにしか
子どもにはかまってあげられないと思うので

男の子は
大きくなったら一緒になにかしたい・・・と
父親としては
夢もあろうかと思うので
やっぱり楽しみですよね

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク