グランド・イリュージョン 見破られたトリック

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

NOW YOU SEE ME 2
上映時間 129分
製作国 アメリカ
監督: ジョン・M・チュウ
製作: アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
ボビー・コーエン
製作総指揮: ケヴィン・デラノイ
ルイ・ルテリエ
エド・ソロモン
キャラクター創造: ボアズ・イェーキン
エドワード・リコート
原案: エド・ソロモン
ピーター・チアレッリ
脚本: エド・ソロモン
視覚効果監修: マット・ジョンソン
プロダクションデ
ザイン: シャロン・シーモア
衣装デザイン: アンナ・B・シェパード
編集: スタン・サルファス
音楽: ブライアン・タイラー
音楽監修: ランドール・ポスター

出演: ジェシー・アイゼンバーグ J・ダニエル・アトラス
マーク・ラファロ ディラン・ローズ
ウディ・ハレルソン メリット・マッキニー
デイヴ・フランコ ジャック・ワイルダー
ダニエル・ラドクリフ ウォルター・メイブリー
リジー・キャプラン ルーラ
ジェイ・チョウ リー
サナ・レイサン ナタリー・オースティン
マイケル・ケイン アーサー・トレスラー
モーガン・フリーマン サディアス・ブラッドリー
デヴィッド・ウォーショフスキー
ツァイ・チン
ヘンリー・ロイド=ヒューズ

スーパー・イリュージョニスト・チーム“フォー・ホースメン”が巨大な悪に立ち向かう大ヒット・クライム・サスペンスの続編。新たなミッションに挑むフォー・ホースメンの前に、恐るべき野望を抱く天才エンジニアが立ちはだかる。出演はジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソンら続投組のほか、敵役としてダニエル・ラドクリフが新参加。監督は「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ。
 前回のミッションから1年後。それぞれに姿をくらましていた“フォー・ホースメン”のメンバーたちが再集結した。目的は巨大IT企業オクタ社のプレゼンを乗っ取り、個人情報を巡る同社の不正を暴露すること。ところが、成功目前に天才エンジニアのウォルターによって阻止されてしまい、ホースメンは逃亡を余儀なくされる。しかもウォルターの罠にはまり、身柄まで拘束されてしまう。そして、世界のあらゆるシステムにアクセスが可能になるというチップをオクタ社から盗み出すよう脅迫されるホースメンだったが…。
<allcinema>より


感想

1は先日、TV放送で鑑賞。

2ということで、やっぱりこれは、1をみていないと、面白さも半減しちゃうかな。
だって、あ、・・・そういうことだったのね、という思いが出てくるのは、1の内容を知っている人だけだもん。

あのマジックの華やかさも
大画面の方が、見応えもあります。

マジックの映画ゆえか
ずるいところがいろいろあって、
不自然な部分も、マジックだもの・・・で何でも簡単に片づけられてしまうところはあるんですよね。
催眠術なんて
ずるさの極致だと思うけれど。
でも、まあ、
これは
エンターテイメント作品だと思えば、細かい部分は気にしないで楽しめてしまうはず。

私も単純だから
ほほ~~~と思いながら素早い身のこなしのみんなに
感激しておりました。
ウキウキしちゃうよね。


大がかり過ぎて
絶対無理だろう・・・って思うけど、思わないようにしたし(笑)

チップを盗む場面
楽しかったな~~、

あと予告でよく使われる
これ
now-you-see-me2.jpg


↑も、
みているだけで
なんだか、昂揚感おぼえます。


子どもと同様の単純思考。
きっと催眠術すぐかかりそうなタイプ。
悩むタイプの重い映画も好きだけれど
たまには、この手の肩の力を抜いた作品も良いな


今回はマークさんの
過去に迫るという形で、内容的にも私は1より面白く感じました。
ちょっと中だるみのところもあったけれど、
スカッとする映画です。

ジェシー君は
「告発」のケビンベーコンみたいな短髪でした。~~痩せた?
ダニエル・ラドクリフは今回悪役
すっかり、子役のイメージなくなった感じよね。
とっても怪しかったです(笑)
紅一点の彼女は前作と変わったのね。
血なまぐさいあのマジックは観ていてゾワゾワしてしまうわ。
マイケル・ケインや モーガン・フリーマン も出演で
作品をしめた感じ。

楽しかったです




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

みみこさん、これ一応楽しめたみたいで良かったです。
単独の話かと思ったら、しっかり1のつづきだったので、1もちゃんと見ておいて正解でしたね(^O^)v

ただ、自分は1のが楽しめたかな~今回の感想かなり辛口です(^^;
でもジェシー良かったし(髪形が!?笑)
それ以上にラファロ素敵だったし、
ラドクリフはキモかった・・もとい、怪しかったし(笑)
と言うか、ハリポタは前世だったのか?ってくらい雰囲気違ってて
俳優魂は感じたけれど(^^;
ラファロの子供時代の子がラファロに似てたので、
ラファロの本当の子供時代もこんなんだったかも?って想像したらニヤニヤがとまりませんでした。(笑)

催眠術はずるさの極致、っての同感です。
他の色んなトリックも、「映画」だと何でも出来てしまうよね。
そう言う意味では、逆にイリュージョン物映画って作るのが難しいかもしれないですね。

スケートが始まって

つるばらさんへ


こんにちは。

まずは、羽生君・・・
凄かったですね。
成功したのにうかれない
コメントにも、さすがだな・・て思いました。
これからまた楽しみですね。

で・・・映画。

1観ておいて良かったです。
カットしまくりのTVだったけど(笑)
2は、
1が無ければ、わからないですよね・・・・

<ただ、自分は1のが楽しめたかな~今回の感想かなり辛口です(^^;でもジェシー良かったし(髪形が!?笑)>

あ・・・そうなんですね。
私は、カットしまくりだったか、TVだったか
2のほうが劇場だったので楽しめたけれど、
そもそも1なければ、2は成り立たない物語だからね~~~え
それはどうよ…って感じでもあります。


<、それ以上にラファロ素敵だったし、
ラドクリフはキモかった・・もとい、怪しかったし(笑)
と言うか、ハリポタは前世だったのか?ってくらい雰囲気違ってて
俳優魂は感じたけれど(^^;>

今回は、ラファロさんの見せ場多かったですよね。
メインぽかったし。
ハリーはかわいくて好きだったけど。
確かにあのラドクリフは、イメージが違うだろうと思いました
でもきっとあの路線?(笑)で
今後生き延びていけるのかな・・・・って思うと
安心ではありますね。


<ラファロの子供時代の子がラファロに似てたので、
ラファロの本当の子供時代もこんなんだったかも?って想像したらニヤニヤがとまりませんでした。(笑)>

あは~~
可愛かったですよね。

<催眠術はずるさの極致、っての同感です。
他の色んなトリックも、「映画」だと何でも出来てしまうよね。>

そうなんです。
これは1でも使われていたから感じていましたけど。
するいですよね。
都合いい時に
都合良く操れるのだからね。


<そう言う意味では、逆にイリュージョン物映画って作るのが難しいかもしれないですね。>

なるほど。
でもマジック映画ってなんだか
みてしまいますね。
過去にもマジック題材の映画って
いくつかあったじゃなあないですか。
結局、チェックしているし・・・。

惹かれるものがあるんですよね~~
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク