ピエロがお前を嘲笑う

ピエロがお前を嘲笑う(2014)
WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER
WHO AM I
上映時間 106分
製作国 ドイツ

監督: バラン・ボー・オダー
製作: クイリン・ベルク
マックス・ヴィーデマン
脚本: バラン・ボー・オダー
ヤンチェ・フリーセ
撮影: ニコラウス・スメラー
音楽: ミヒャエル・カム

出演: トム・シリング ベンヤミン
エリアス・ムバレク マックス
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング シュテファン
アントニオ・モノー・Jr ポール
ハンナー・ヘルツシュプルンク マリ
トリーヌ・ディルホム
シュテファン・カンプヴィルト


 突然警察に出頭した天才ハッカー青年を主人公に、彼の語る事件の顛末と、その自白に翻弄される捜査の行方を、予測不能のストーリー展開で描き出すドイツ製クライム・サスペンス。主演は「コーヒーをめぐる冒険」のトム・シリング。監督は、これが長編2作目となる注目の新鋭バラン・ボー・オダー。
 ある日、殺人事件への関与を疑われ国際指名手配されていた天才ハッカー、ベンヤミンが自ら警察に出頭してきた。その自白によれば、きっかけは、想いを寄せる女性マリのために試験問題を入手しようとしたことだった。その後、野心家のマックスと出会い、2人を中心にハッカー集団“CLAY(クレイ)”が結成される。遊び半分に手当たり次第にハッキングを繰り返し、世間の注目が高まっていくことでいつしか有頂天に。やがて不用意なハッキングがもとで殺人事件が起こってしまったというものだったが…。


<allcinema>より引用


感想


これ宣伝のコピーが印象的だったでしょ?
<106分間、あなたが目にしたものは、果たして真実か?>
最初から
騙しにきますよ~~
わかりますか~~~
と観客を挑発するタイプの映画でしたものね。


そういういい方されると
どうしてもハードルあがってしまいますよね。
また
騙される・・・っていわれると
心理的に
なにくそ・・・見破ってやる・・っていう気持ちにもなるので
いろんなシーンを疑ってみてしまうところがありますよね~~
私は最初から主人公の話に
絶対裏があるって、思っていましたもん。
だからいろんな意味で
ちょっと疲れる感じの作品ではありました(笑)
音楽も今風でかっこいいことはかっこいいけれど
逆にイライラするときもありましたね(笑)

結論から言って、私は騙されたと言われれば
そうだった・・わけですが
この最終オチって
なかなか気づけないんじゃあないのかな。
どんでん返しのどんでん返しでしょ?
少なくとも
いい線まではいくだろうけれど、最後の最後までは答えに
行きつかない作り方ですね。

矛盾点など
いろいろ感じることはありましたけれど
もう一度見ようとは思えなかったかな。
なんだろう・・・。
再確認しても
いまさら・・・って思っちゃったからかな。
どこかで見たような作品がいくつか頭をよぎったし、
そもそも
騙すっていうことをかなり意識した作りが
嫌だったのかもしれないですね。


この手の映画(どんでん返しがあると言われる映画ね)って
結構出尽くした感あるんじゃないのかな・・・って
思っているんですよね。
その手の作品はもう
いっぱい見ているから
逆に、あれもこれもそれも思い出すよ~~~ってなってしまうんですよね。

確かに
違った方向から攻めてきたって感じで
今までにはないパターンではありましたけど
なぜか爽快さは感じませんでしたね。
あ~~騙された、そうだったか・・・という
降参したような気持にはならないの。

語り口
ユージュアル・サスペクツに似ていました。
ブラビの某作品の雰囲気もありました。


しかし上記2作品は
何回か見てみたいって思うんですよね。
ユージョアル~~~はビデオ保管しているくらい好きな作品だもの。
主人公
ノートン君の雰囲気もあったかな。あの気弱そうな感じ。
もう一本ノートン君のの○○の行方もオチとしては、似ているじゃあないですか。
ほら~~~やっぱりどこかで見た感がありありです。


ネット世界を表現するときの
映像などは、
斬新で面白いな~~~と思ったりもしましたが
なんだろう。
雰囲気重視で
肝心の中身に多少、魅力少なかったのかもしれません。
いずれにしろ
宣伝が逆にハードルあげすぎちゃったかなという印象の作品ではありました。
ただ公開時は
劇場行こうと思ったんですよね。
だから、宣伝効果はあったかもしれません。
本編より
予告編のほうが
面白かったし。
想像力が広がってしまうからね♪

主人公は「コーヒーをめぐる冒険」のトム・シリングということで。(この段階で未見)



トムシリングは気になったので
前から地味映画でお勧めされていた
この作品を近々みます★

apierogamaedesuzawarau_large.jpg



リメイクは一応楽しみだけどね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク