鑑定士と顔のない依頼人

鑑定士と顔のない依頼人(2013)
LA MIGLIORE OFFERTA
THE BEST OFFER
製作国 イタリア
監督: ジュゼッペ・トルナトーレ
製作: イザベラ・コクッツァ
アルトゥーロ・パーリャ
脚本: ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影: ファビオ・ザマリオン
プロダクションデ
ザイン: マウリツィオ・サバティーニ
衣装デザイン: マウリツィオ・ミレノッティ
編集: マッシモ・クアッリア
音楽: エンニオ・モリコーネ

出演: ジェフリー・ラッシュ ヴァージル・オールドマン
シルヴィア・フークス クレア
ジム・スタージェス ロバート
ドナルド・サザーランド ビリー
フィリップ・ジャクソン
ダーモット・クロウリー


 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマン。極端に人間嫌いで独身を貫く彼が唯一愛情を注ぐのが、女性の肖像を描いた名画たち。これはと思う肖像画が出品されると、相棒のビリーを使い、不正な手段で自分のコレクションに加えてしまうのだった。そんなある日、彼のもとに、亡くなった両親が遺した家具や美術品の鑑定をしてほしいという若い女性からの依頼が舞い込む。ところが依頼人は、決してヴァージルの前に姿を見せようとはしなかった。憤慨するヴァージルだったが、依頼人の屋敷である歴史的名品の一部とおぼしき部品を発見してしまい、この依頼を引き受けずにはいられなくなる。そして屋敷に通ううち、姿の見えない依頼人に少しずつ興味を抱き始めるヴァージルだったが…。

<allcinemaより引用>


感想

今頃ですがレンタル鑑賞。

私でさえ薄々感じていましたが
主人公感じなかったのかな~~
本当に自分のことを好きだと思っていたのかな。
あの年になって・・・なんか可哀想。
素直で純粋な私は(笑)
単純にこの主人公がかわいそうって思っちゃいました。

恋愛の高揚感も知らずに生涯を閉じたほうが良かったのか
知れただけ、体験できただけ良かったのでは・・・という
ことも多少は考えましたけれど、
穏やかにあのままで暮らして欲しかったかな。
本人、満足していたみたいだったしね・・今までの生活。

とりあえず、
その年その年で経験できるものは
すべて経験しておかないとやっぱりだめですよね
女性に免疫がなかったのがあの年まで
堅物だったのが悲劇だったんですよね。
あそこまでやられるってことは
きっと
恨まれるってことが多々あったということだけど。

でもそんなに悪い人には思えなかったな。
関わっていないからそんなこと言えるんだろうけど
傍にいたらムッって思うのかな。


音楽といい
絵画やお屋敷の調度品といい
お相手の女性も含め
全てにおいて
高級感ただよう
雰囲気で見ごたえありました。
その空間を共有できて
楽しくもありました。
ご本人はかえすがえす
可哀想だとは思いますがね。
kannteishitokaononaibest_offer2.jpg

この絵がなくなっていたあの映像は
衝撃的でしたね
淋しい部屋になっていたな~~~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら
http://blju.net/
でオンラインゲームサイトをやっているkimikiといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

こんにちは

みみこさん、こんにちは。
最近めっきり寒くなってきましたね。
でもこれが普通で今までが暖かすぎたのかもしれないですね?
風邪などひきませんように・・。

ところで本作、私も主人公が気の毒過ぎて・・(;´Д`)
物語としては面白いのかもしれないけど、なんだか好きになれないお話でした。
でもラッシュは良かったですね。
良かったから余計にあの顛末にヒドい~~って思ったのかも;;
絵画部屋から時計部屋(カフェだけど)へ・・も相当ヒドい仕打ちに感じられて怒りすらわきましたよ。(落ち着け自分・・笑)
まあ色んな解釈があるとは思うけれど・・
もっといい風に(好意的に)解釈すればいいのかな?(^^;

No title

きみきさんへ

コメントありがとうございます。
リンクですが、うちは細々サイトなので
あまりメリットないと思います。
ごめんなさい。

数字に強いあの女の子も不思議な存在

つるばらさんへ

こんばんは
そちらにもカキカキしましたが
大丈夫でしょうか。
気になっています・・。

この映画
今頃ですが観ました。

気の毒ですよね
私も絵がなくなった瞬間
まるで自分のことのようにがっかり・・・。
ショックおぼえました。

主人公にとっては
一番の大切なものだったじゃないですか。
やっぱり可哀想でね・・・
生きがいでもあったわけだものね~~

<ラッシュは良かったですね。
良かったから余計にあの顛末にヒドい~~って思ったのかも;;>

そうですよね。
今年になってから
TVでシャインをみていたので(好き)
面影重なっていて。

<絵画部屋から時計部屋(カフェだけど)へ・・も相当ヒドい仕打ちに感じられて怒りすらわきましたよ。(落ち着け自分・・笑) >

あ・・あの時計カフェですね
わかります・・
イラっとしますよね。

<もっといい風に(好意的に)解釈すればいいのかな?(^^;>

そうですね。
やっぱり悪い方考えちゃって。
可哀想かな、最後の最後(お歳だし)だったし・・。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク