手紙は憶えている

手紙は憶えている(2015)
REMEMBER
製作国 カナダ/ドイツ

監督: アトム・エゴヤン
製作: ロバート・ラントス
アリ・ラントス
製作総指揮: マーク・マセルマン
アナント・シン
モイセス・コジオ
マイケル・ポーター
ジェフ・サガンスキー
D・マット・ゲラー
ローレンス・ガターマン
脚本: ベンジャミン・オーガスト
撮影: ポール・サロッシー
プロダクションデ
ザイン: マシュー・デイヴィス
衣装デザイン: デブラ・ハンソン
編集: クリストファー・ドナルドソン
音楽: マイケル・ダナ

出演: クリストファー・プラマー ゼヴ・グットマン
ブルーノ・ガンツ ルディ・コランダー
ユルゲン・プロフノウ ルディ・コランダー
ハインツ・リーフェン ルディ・コランダー
ヘンリー・ツェーニー チャールズ・グットマン
ディーン・ノリス ジョン・コランダー
マーティン・ランドー マックス・ザッカー
ピーター・ダクーニャ
ジェームズ・ケイド
ソフィア・ウェルズ
キム・ロバーツ
アマンダ・スミス
ショーン・フランシス
ハワード・ジェローム
ダニエル・カッシュ
デュアン・マレー

 最愛の妻に先立たれ、認知症も日々悪化していく90歳の老人ゼヴ。ある日、友人のマックスから1通の手紙を託される。そこには、目覚めるたびに記憶を失ってしまうゼヴのために、彼が果たそうとしていたある使命が詳細に綴られていた。2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、ともに家族を収容所の看守に殺されていた。しかも、その犯人は身分を偽り、今ものうのうと生き延びていたのだ。手がかりは“ルディ・コランダー”という名前で、容疑者は4人にまで絞り込まれている。そこで車椅子で体の自由が利かないマックスに代わり、手紙とかすかな記憶を頼りに、たった1人で復讐へと旅立つゼヴだったが…。

感想

エゴヤン久しぶりです。
ご無沙汰していて
最近の作品すでに2作ぐらい見ていないのよね。でも今回は惹かれるものあっての鑑賞

新聞批評で衝撃結末の文字をみてしまったから(笑)→こういう紹介文は良くないと思っているけどね。

で・・・物語のあらすじを知って、あ~~~って思うことありました。
人探し・・認知症・・
全然ジャンル違いますが似たような作品を思い出してしまったもので。

だから、最終的にたどり着く結末に
衝撃的ならばこれだろうという…予測がたてられてしまったわけですが(最終的に当たり)
それでも、この映画はひきつけるものが沢山あって
さすがの作品だな・・と感じました。

面白いと言ったら語弊がありますけれど
よくできているな・・・と感じているので、映画しては良かったです。
単なるオチありきの作品ではなくメッセージ性が重く、観終わった後の余韻が強烈でした。
けして長くない上映時間でしたけれど
最初から終わりまで終始ハラハラ。
それは
主人公が90歳の老人ということもあるのだろうと思います。
もう心配で心配で。
サスペンスの行方が気になるのは当然ですが、
ちゃんとたどり着けるのかな
体は大丈夫なのかな
助けてくれる人はいるのかな
病気なのに・・・と

主人公の行動すべてが気になってしまいました。


せつなくて
つらいストーリーです。
いろんな人の気持ちがよくわかります。
立場立場で
いろいろ苦しんできたのだろうな・・・・と思うと、いたたまれなくなります。

戦争が残した傷跡は
年月がたっても
そうそう簡単に消えることはないということを思い知らされます。

忘れたくても忘れられない事実。

復讐を果たせて
あとに何らかのもやもやが残らないのだろうか。
むなしさが襲ってこないのだろうか。
たとえ
本人がそれを望んでいたとしても。
いや、それほどまでに、深い悲しみ、憎しみだったに違いない。
そこまでの気持ちにさせる戦争って・・・。

とまあ、
悶々と自分も考えてしまいました。

クリストファー・プラマー が素晴らしい。
ブルーノ・ガンツも出演。
流石の存在感。

全体的に年配の出演者でかためているので
それだけでも重々しい雰囲気が漂います。


結末わかっていても
知ったうえでも観る価値ある作品だと思うし
それほど、凄い作品だったと思います。
ただ再見はつらいところもあるかな。

tegamihaoboeteirunoyoyoyof3900510-s.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「手紙は憶えている」感想

凄く面白かったのだけれど・・・

コメントの投稿

非公開コメント

これです

同じの観ました・・と言ってたのはこれです。
私も前にエゴヤン2~3本見逃してたので、これがエゴヤンって知って今回こそは・・と慌てて観に行きました。
それもみみこさんと同じ感じかな?(^^

ネタバレするので詳しくは書けないけど、一部ツッコミと言うか疑問に思う所があって、
でも色々考えてるうちに、そんなの気にならなくなったけれど・・ってくらい物語に重くて強いメッセージ性を感じました。
エゴヤンってこと以外は全然前情報入れてなかったので
正直、始まった時は、ああナチスの話かぁ・・;;って思ったんだけど;;
観終わった後には、色んな人に観てもらいたい物語だとすごく思いました。(ちゃっかり、つるツボ・・)
プラマー良かったですね。
お年なので私もハラハラしながら見守ってしまいました。
ガンツは出てるの知らなかったので、似てるなぁと思いつつも、
なんだか昔より軽めでワイルドな?雰囲気だったので似た別人かと思っていました・・。(笑)

嫌なことって覚えているのよね

こちらにもありがとうございます。


これでしたね。
やっぱり
エゴヤンって名前聞くと
ちょっと興味がでますよね。
今回はサスペンス系だときいていたので
期待していました。

<でも色々考えてるうちに、そんなの気にならなくなったけれど・・ってくらい物語に重くて強いメッセージ性を感じました。 >

そうですよね。
私も
認知症ということで、都合良い部分もあったように
感じましたけれど
やっぱり最後の展開が強烈でしたので
気にならなくなりましたよ。

<エゴヤンってこと以外は全然前情報入れてなかったので
正直、始まった時は、ああナチスの話かぁ・・;;って思ったんだけど;;
観終わった後には、色んな人に観てもらいたい物語だとすごく思いました。(ちゃっかり、つるツボ・・)>

そうなんですね。
これって、情報少ない方がより、入り込みやすいですよね。
私はちょっと
批評も(ネタバレはなかったけど)読んでしまったので
想像力働いてしまったところはあったんですけれど、
それでも
充分は楽しめましたから、まっさらなら、なおさら・・・・だと思います

<プラマー良かったですね。
お年なので私もハラハラしながら見守ってしまいました。 >

そうなんですよ。
年齢的な部分もあって(ご本人も高齢)
自分の親のような気分でみてしまいました。

<ガンツは出てるの知らなかったので、似てるなぁと思いつつも、
なんだか昔より軽めでワイルドな?雰囲気だったので似た別人かと思っていました・・。(笑)>


そうなんですね。
そういえばガンツは、
他のナチ映画もでていましたね。
そう考えると、配役も深い意味があるわ~~って
思いました。

感想楽しみにしていますね

見てたのねー!

みみこさん、こんにちは☆彡
インフルとかノロとか流行っているけれど、大丈夫かな?

これ、最近見たんだけど、さすが、みみこさんも、つるばらさんもすでにご覧になっていたのねー。

それと、似たような映画っていうのが、気になってるんだけど、よかったらタイトル知りたいな^^
最初の方で、おちが想像ついちゃうなんて、すごいわー。
私は全く想像つかなかったので、ええっつ!!って衝撃があって、すごくやられてしまったわー面白かった。

でもね・・・確かに再見は・・。
今年のベストも見たよ!!
1位のは、私も絶対好きだと思う。懐かしい曲が一杯聞けそうだしね。
レンタルになったら絶対見るね。

あとね、すんごく遅れてしまったんだけど、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」だっけ?タイトルあやふや・・・
を、全話2日間で見てしまったよ!
最初の方、6話くらいまで、すんごいハマちゃってー。
先が気になって、どうなるのー?って。
面白かったけど、でも、最後の方は、ちょっと納得がいかないところがあるよ。

音ちゃんがかっぱら事件に巻き込まれて怪我した後からの展開。
婚約者から解放されたのに、引っ越しやさんのところに行かずに、黙って仕事もやめて北海道に行っちゃうじゃない?
でも、面白かったー!!

みみこさんはリアルタイムに見て、音ちゃんのコートに似たのを持ってるーってお話していたよね。

相手は覚えているんだよね、いやなこと

latifaさんへ


こんにちは。

大丈夫です。
インフルも平気。
今週は胃がん、大腸健診だからめんどいです(笑)


DVDにもうなっているの?この作品
早いな
それとも劇場?
劇場は終わっているよね。


似たような作品
あ・・・教えちゃっていいかな。
みるまえからネタバレだけど。
似ているって言っても
設定はまるで違うけどね。
あとで書くね。

これ以上ない
衝撃って
新聞批評でみたのよ。
人探しの物語でしょ?
人探しで
衝撃となると
夢落ちか、これか・・・しかないかなって・
まあ、そういう見方すると
面白味はなくなっちゃうけれど
でもこういうお話って、わかっていても
惹かれてしまうという魅力はあるのよね。

再見は無理とか
言っていながらベストに入れて
もう一回観ても良い・・なんていっている自分だけど(笑)
観た瞬間はもういいいかな…と思ったのよね
でも時間がたって
冷静になってみると、客観的に見る余裕がでてきたっていうか。
お家でゆっくり観てみるのもいいかな…と思い始めたの。
伏線が
もっと入り込んでいるのかな・・・とチェックしてみたくなって。

音楽の映画は
是非♪
世代的にも
同じだと思うので楽しめるはず。
物語はとってもシンプルだけどね(笑)


<「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」だっけ?タイトルあやふや・・・
を、全話2日間で見てしまったよ! >

え・・・そうなの。
まとめてみてみたのね。
ちょっとくらい物語だけど
台詞の中によいものが沢山あったりするよね。

<音ちゃんがかっぱら事件に巻き込まれて怪我した後からの展開。
婚約者から解放されたのに、引っ越しやさんのところに行かずに、黙って仕事もやめて北海道に行っちゃうじゃない?
でも、面白かったー!!>

最後方ね。
私も
もっとわかりやすいハッピーエンドにしてほしかったけど。
なんだか、東京はひどい・・・みたいな雰囲気で。
現実が厳しいのが嫌というほどわかるからつらいよね。
この物語、出演者もみな魅力的で。
いま、一生さん、好きなのでカルテット見始めたんだけど
この↑のドラマでも、金髪姿で、いじわるな先輩役で出演していたよね。懐かしいな。
高良君が急に変貌しちゃって
おいおい・・・っていうことも感じたり。
なんだかんだいって、視聴率悪かったドラマだったけど
私は興味深く見ることができたよ。
歌がまた暗いんだよね(笑)

そうそう、黄色のジャケットの話したね(笑)
有村ちゃんみたいに可愛くないおばさんが着ているのよ(笑)
月9も頑張ってほしいよね


あ・・・
では最初に戻って
似たようなオチの作品ね。

80年代に公開した
「エンジェルハート」
ミッキーロークが光り輝いていたころの作品ね。
ジャンルとしては
オカルトホラーだけど(笑)
人探しの物語です。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク