美女と野獣(2017)

美女と野獣(2017)
BEAUTY AND THE BEAST
上映時間 130分
製作国 アメリカ
監督: ビル・コンドン
製作: デヴィッド・ホバーマン
トッド・リーバーマン
製作総指揮: ジェフリー・シルヴァー
トーマス・シューマカー
ドン・ハーン
脚本: スティーヴン・チョボスキー
エヴァン・スピリオトポウロス
撮影: トビアス・シュリッスラー
プロダクションデ
ザイン: サラ・グリーンウッド
衣装デザイン: ジャクリーン・デュラン
編集: ヴァージニア・カッツ
作詞: ハワード・アシュマン
ティム・ライス
作曲: アラン・メンケン
音楽: アラン・メンケン
音楽プロデューサ
ー: マット・サリヴァン

出演: エマ・ワトソン ベル
ダン・スティーヴンス 野獣
ルーク・エヴァンス ガストン
ケヴィン・クライン モーリス
ジョシュ・ギャッド ル・フウ
ユアン・マクレガー ルミエール
スタンリー・トゥッチ カデンツァ
ネイサン・マック チップ
ググ・ンバータ=ロー プリュメット
オードラ・マクドナルド マダム・ド・ガルドローブ
イアン・マッケラン コグスワース
エマ・トンプソン ポット夫人

 ディズニー・アニメ不朽の名作「美女と野獣」を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化したファンタジー・ラブ・ロマンス。魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子と、聡明で心優しきヒロインの真実の愛を、アニメ版の名曲の数々に加え、新たに書き下ろされた新曲とともに絢爛豪華なヴィジュアルで描き出す。共演はダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン。監督は「ドリームガールズ」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」のビル・コンドン。
 美しいが傲慢だった王子が魔女の呪いによって醜い野獣に変えられてしまう。呪いを解くためには、魔女が残したバラの花びらがすべて散る前に、誰かと心から愛し合わなければならなかった。以来、王子は城に籠り、絶望の中で心を閉ざして時を過ごしていた。一方、田舎の小さな村で父モーリスと暮らす美しい女性ベル。読書家で進歩的な考えを持ち、広い世界を見たいと願う彼女は、周囲から変わり者と見られてしまう。そんなある日、モーリスが森で遭難し、迷い込んだ城で野獣に捕らえられてしまう。モーリスを探して城までやってきたベルは、野獣の姿におののきながらも、父の身代わりとなり城に留まることを決意する。そんなベルを、呪いで家財道具に変えられてしまった城の住人たちが優しくもてなすのだったが…。

<allcinema   引用>

感想

アニメ版未見、
実写フランス映画も未見での鑑賞。

なんとなく~~のあらずじは知っていたけど細かい部分は知らなかったので
物語、初体験として楽しく鑑賞できました。

この映画の最大鑑賞理由は、エマ・ワトソン
主演だから・・・ではなくって(笑)
ユアン・マクレガーが歌っているということがわかったからなんですけどね…笑

<美しいが傲慢だった王子が魔女の呪いによって醜い野獣に変えられてしまう>

これ・・。・
冒頭で描かれていました。すぐ魔法かけられましたが。
ああ~~~、これは嫌な奴だな…王子と思っちゃいました(笑)
ガストンも魔法かけてもらって、悔い改めてほしかったわ・・・。

エマ・ワトソンは
やっぱりエマ・ワトソンで、
この映画では、ハリーポッターの彼女のイメージとどこかしら
似ていたこともあったからか(読書家、聡明、勇敢・・などなど・・)
意外性はなかったです。
え・・これがあのハーマイオニー?と
いうような雰囲気ではなかったということ。
シンプルに綺麗な大人の女性になったね(^^♪・・・・という印象でした。
歌声も普通に素敵でした。

野獣はこの間テレビの宣伝でお顔を拝見したこともあって
ラストの正体がわかるシーンでの驚きがあまり感じられなかったのが残念。
できればTVみたくなかったわ・・・

この映画
<呪いで家財道具に変えられてしまった城の住人たち>

↑こちらがとても楽しかったです。
歌って踊ったりするところや、お主人にいろいろアドバイスするところ・・・ね。
家族皆で鑑賞できる作品でした♪

ポットや時計がお話するのって
夢あって良いですよね。
まあ、呪いをかけられているのですから住人たちは大変ではありますが。
王子が傲慢なだけで
使えている人は罪がないのに・・・と思っていたので
最初から不憫で不憫で。

だからか
ラスト近く、野獣が死んで花びらが落ちて
城の住人達も、本来の(訂正ね)⇒動かないただの家財道具になってしまうという様子には
もうウルウルきちゃいましたよ・・・。
ポット夫人にには子供もいるしね~~~
子供探すんだもの、つらいわ~~

時計も口が回らなくなるしね~~
なんだか、野獣の死んだ時よりショックでしたわ・


と悲しみのどん底に落ちながらのどんでん返し(ここら辺は知っての通り)
ラストはお約束のハッピーエンドで
やっぱり気分良かったです。


エンドロールには
人物紹介。
かなり画面大きく紹介されていて
こちらは見ごたえありました。
思わず拍手したくなりますね

ユアン白かったけど…笑
ユアンの歌、楽しかったな~~
ベルを晩餐に招待するところ(^^♪
ポット夫人のエマ・トンプソンもさすがの存在感
そのまんま
紅茶が似合う感じの人だものね。


ああ~~~野獣は素敵な王子様になりましたね~~
世間には
野獣のまんま・・・・っていう
かたもいるけど・・・(笑)

ここ最近
自分
音楽系映画が多いな~~
BehindtheScenesofMakingLivenijotoyajuu.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

堪能しました♪

みみこさん、こんばんは。

上映、吹き替えが多くってなかなか予定が合わなかったけど、やっと見てきましたよ。

アニメ版、娘たちと何度も観てて大好きだったので、同じ曲が(アニメ版の曲全部使ってましたね!)流れるともう、テンション上がって(笑)

ハッピーエンドだとわかっていてもうるうるしちゃったな~。

そうそう、召使たち、良かったよね。
(みみこさん、お目当ての)ユアンの歌、楽しかった~♪
だんだんと体が硬くなってきたって言ってて・・・最後には動かなくなるシーン、アニメ版では無かった・・・と思うので、
私もとっても辛かったわ。

エマちゃんは、素のままのキャラっていう感じでしたよね。彼女にぴったり。
ルーク・エバンスが意外にも筋肉バカキャラがはまってて・・・でも、やっぱりイケメンで(笑)
ちょっとよろよろとしちゃったけど、最後はしっかり悪っぷり発揮でしたね。

>世間には
野獣のまんま・・・・っていう
かたもいるけど・・・(笑)

あはははは~(笑)
うんうん、確かに!!

エンドロールもとっても楽しかったわ。

歌がもう回りっぱなしです~♪

子供ともみたいですよね

瞳さんへ

わ~~瞳さんもご覧になったのね。
話題作だったもの、気になりますよね。
吹き替えも豪華ということでそちらも捨てがたいけど
やっぱり、演技者の生歌は、こだわりたいですよね。

<アニメ版、娘たちと何度も観てて大好きだったので、同じ曲が(アニメ版の曲全部使ってましたね!)流れるともう、テンション上がって(笑)>

アニメ・・・しっかりご覧になっているんですね。
同じなのね。
それはテンションあがりますよね。
アニメと同じキャラが実写っていうだけでなんだかわくわくしますし。
思い入れのある作品だとより一層盛り上がりますよね。


<ハッピーエンドだとわかっていてもうるうるしちゃったな~。>

そうですよね~~
やっぱり乙女としては、こういう王道展開は
大歓迎ですよね

<そうそう、召使たち、良かったよね。
(みみこさん、お目当ての)ユアンの歌、楽しかった~♪
だんだんと体が硬くなってきたって言ってて・・・最後には動かなくなるシーン、アニメ版では無かった・・・と思うので、
私もとっても辛かったわ。>

うんうん
ユアン・・・良いキャラでしたよね
そして体が固くなっていうところ~~
これ、本当に泣きました
ポット夫人が子供探すところでは
だだっだ~~~~と

<エマちゃんは、素のままのキャラっていう感じでしたよね。彼女にぴったり。>

そうですよね~
シンプルで好感もてますよね
子供の頃からみているので
親近感わきます

<ルーク・エバンスが意外にも筋肉バカキャラがはまってて・・・でも、やっぱりイケメンで(笑)
ちょっとよろよろとしちゃったけど、最後はしっかり悪っぷり発揮でしたね。>

(笑)・・・・そうそう
ちょっとよろめいちゃいますよね~~(笑)
意外にいいのでは・・・と。
まずいな~~(笑)

野獣のまんまよりは
やっぱり変身してもらいたいです(笑)


<エンドロールもとっても楽しかったわ。
歌がもう回りっぱなしです~♪ >

一人一人の
紹介のところも
良かったですよね


馴染みある曲なので
鼻歌でついつい歌ってしまいますね
(英語はできない・・・・(笑))

見たくなりました♪

みみこさん、こんにちは~。
5月も終わりですね、連休は楽しく過ごされましたか。
うちも子供たちが帰ってきてくれて、
数日ですが家族がそろいました^^

「美女と野獣」とても評判がいいですよね。
私もなんとなく知ってる程度で、アニメ版なども未見です。
みみこさんの感想が楽しくて、とても見たくなりました♪
ユアン目当てって気持ちわかります。
私もゲリオ目当てってけっこうあるので(笑)
ベルとハーマイオニーのイメージが似てるところがあるようで、
エマ・ワトソンはぴったりだったんですね。
私も予告とか見てイケメンの野獣って思いましたよ。
すぐ検索したら素顔もかなりイケメンで(笑)声も素敵だと思いました。
ルーク・エヴァンス、ハマりそう~(笑)
家財道具さんたちって、元人間だと思ってました(汗)
家財道具がしゃべれるようにされてたってことですか?
(トンチンカンな質問ですいません)
DVD観賞になると思いますが、
ユアンの歌声、是非チェックしたいです♪

ユアン~~

ポルカさんへ

こんにちは
あっという間に6月ですね。
連休中は成人式前撮り(下の子)をしました。
またか~~って感じ・・・笑
ポルカさんはご家族そろっての連休だったのですね
いろいろ出かけたりしたのかしら。
お話きくのも楽しいですよね

美女と野獣は
TVでもかなり宣伝していますし
家族で楽しむことができますからヒットしますよね。
なによりハッピーエンドですし

ユアン目当ての
鑑賞理由、共感もってくれてありがとうございます。
ゲリオさんも
いろんな役柄やられていましたものね。
追いかけたくなりますよね

野獣の俳優さん
なかなかイケメンでしたよね
なにせ王子様ですものね

<家財道具さんたちって、元人間だと思ってました(汗)
家財道具がしゃべれるようにされてたってことですか?
(トンチンカンな質問ですいません)>

あ・・ごめんなさい
私の↑の感想がおかしかったのですよね
本来の家財道具にもどるなんて書いてありますものね。

王子が野獣にされたのと同時に
屋敷の家来たちも
魔女に魔法で家財道具にされたんです。
でもまだ人間の言葉を話すことができるので
完全な家財道具(つまり動かない物、としての家財道具ね)
ではない状態なんですね
野獣もそう。
まだ半分は人間でもあるの。

この魔法をかけられた王子様こと野獣が
本当の愛を知ることができないと(バラの花びらが落ちるまでという
期限付き)
家来や王子はともに完全な家財道具や野獣になってしまい
二度と人間には戻れないってことなんですよね。

それでまあラスト近く
ベルも去って、
これでもはや人間への道が閉ざされる・・・となり
今までおしゃべりしていた家財道具たちが
完全に動かない家財道具そのものの姿になってしまった
という意味で本来って書いちゃいました。
これじゃあ、もともと家財道具だったみたいなので書き直ししています

DVDになったら是非
そこもみておおお~~~とおもってくださいね

すいません(>_<)

みみこさん、こんにちは。
なんか、変な質問したばかりに、
お手数かけることになって、すいません。
観賞された方ならわかるのに、
「さっさと見ろ!」ですよね(>_<)
丁寧に説明もしていただいて、ありがとうございます。
まずはアニメから見てみようかなって思います。

下のお嬢さん、成人式準備なのですね。
なんか懐かしいです。
大変だけど、楽しみもありますね^^
だんだん子供の行事がなくなっていって、寂しい気持ちもします。
「マンチェスター~」見れるといいですね。
こちらではまだまだ上映先だけど、私も注目しています♪

いえいえ

ポルカさんへ

こんにちは
そんなことないですよ。
私が説明不足というか
言語不足で。

アニメは
私観たことないのですよ。
TVでやってくれれば・・・
わざわざレンタルも・・・と思ってしまうので。


成人式
そうなんです。
前撮り無事終了で良かったです。

<だんだん子供の行事がなくなっていって、寂しい気持ちもします。>

そうですよね。
これから上が就活・・・・で
ポルカさんもそうですよね。
なかなか大変。
楽しいことは少なく大変なことが多くなってきています。

マンチャスターは
微妙に。
また映画館は遠くなってしまいました

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク