シークレット・オブ・モンスター

シークレット・オブ・モンスター(2015)
THE CHILDHOOD OF A LEADER
上映時間 116分
製作国 イギリス/ハンガリー/フランス

監督: ブラディ・コーベット
製作: クリス・コーエン
ロン・カーティス
アントワーヌ・ドゥ・クレルモン=トネ
ール
製作総指揮: マシュー・パーニシアロウ
マイケル・シャーマン
アーロン・L・ギルバート
クレイトン・スミス
パット・マーリー
リー・ストーン
ブライアン・ヤング
メーガン・ウィン
モナ・ファストヴォールド
脚本: ブラディ・コーベット
モナ・ファストヴォールド
撮影: ロル・クロウリー
プロダクションデ
ザイン: ジャン=ヴァンサン・ピュゾ
衣装デザイン: アンドレア・フレッシュ
編集: ダーヴィド・ヤンチョ
音楽: スコット・ウォーカー

出演: トム・スウィート
ベレニス・ベジョ
リーアム・カニンガム
ヨランド・モロー
ステイシー・マーティン
ジャック・ブーデ
ロバート・パティンソン

 後にヒトラーを彷彿とさせる独裁者へと成長していく男の少年時代に焦点を当て、癇癪持ちの少年と周囲の大人たちが織りなす狂気を孕んだ不条理な日常を描いたドラマ。少年役は本作が映画デビューとなるトム・スウィート。共演にベレニス・ベジョ、リーアム・カニンガム。監督は「ファニーゲーム U.S.A.」や「メランコリア」など俳優として活躍するブラディ・コーベット。これが記念すべき長編監督デビューとなる。
 第一次世界大戦末期の1918年。ヴェルサイユ条約締結を目的にフランスに送り込まれたアメリカ政府高官。同伴の家族は、信仰篤いドイツ人の妻と少女と見まがうほど美しい息子。父親は仕事に追われ、少年は母親と多くの時間を過ごしていた。しかし、少年はしばしば癇癪を起こして大人たちを当惑させる。やがてその無分別な行動は際限なくエスカレートしていくのだったが…。

<allcinemaより引用>


感想

予告編をみて非常に惹かれました。

が・・・期待したほどではなかったのがちょっと残念でした。

もっと独裁者になるべき要因のわかりやすさがあっても良かったと思いました。
淡々としている分、物足りなさが残ったのですよね。
後に独裁者・・・というからにはもっと
ガツンと言うエピソードが欲しかったのかも。
実際、
のちに独裁者になるからといって、そんなに強烈なエピソードなんて
持っていない人のほうが多いかもしれないけれど、
映画としてはこれ実話ではないみたいだし、
イメージしている人はいるけれど、ある意味完全に架空な人物ならば
もっと面白いエピソードを入れ込むことだって、全然OKだと思いましたね。

あと、↑のように期待してしまうのは
映画の雰囲気のせいでもあるのよね。
もうオーメンぽいんだもの・・・笑
人が歩いていたりする
何気ないシーンでも
もう神経ゆさぶるような不愉快な音楽が流れてくるんですよね。
胸騒ぎ感じるようなメロディー。
これはオーメンの時も感じた感覚だから
ちょっとそういうものを、意識してしまうのは無理ないと思います。

聞いてみてくださいな。
音楽と映像はとっても良いのです。
だからこそ
もったいない・・・

普通のご家庭でもこの程度の子供はいるんじゃないのという
感じ
そりゃあ・・反抗するわがまま息子はいっぱいいるでしょう・・

最後に実はこうなりました・・・・的な映像は
出てくるので、
そうか・・・・独裁者になったかということはわかります。
まあ、それは最初からわかっていたから
その部分での驚きはないけれど
強いて言えば、

あ・・・この子
私生児だったんだ(この映画、チャプターつきで、その都度、小見出しがついているのだけど
最終章に、私生児ブレスコット・・・ってあったものね~~)

という部分が驚きですかね。

ちなみに
冒頭で出てきた
おひげのおじさんと成長した時の顔が同じ
だったので
不倫相手はこのおじさんで決定ですね
でもブレスコット、幼少期はあんなに可愛かったのに
大人になったら髪もなくなって・・・
なんだか、悲しいです。

幼少期から
女の子に間違われることが多くて
そのたびにむっとしていて
かなりのナルシストだな・・・とは思っていたけれど
それがあんなに変わってしまうとは
それこそ
何があったか映画で描かれない
その後が知りたかったな~~


shi-kuretomonnsuta-0353ab0f16c24764.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シークレット・オブ・・

みみこさん、おはようございます。
これ映画館で観る時、間違えて「シークレット・オブ・チャイルド」って言ってしまって恥ずかしかった記憶が;;
それはともかく(^^; 感想、みみこさんに同感~。

>普通のご家庭でもこの程度の子供はいるんじゃないのという

・・・・・そうそう、そうなんですよね~;;
やっぱり政治家の子供だったのが問題だったんですかね?
子供時代のマイナスの感情を大人になってどこで爆発させるか?みたいな;;

>幼少期はあんなに可愛かったのに大人になったら髪もなくなって・・・

・・・・・ほんと。もはや別人;;
これも子供時代の反動なのか、それともいわゆるロシアンタイマー(ロシアっこは大人になると激太る)に似た様なモノの発令なのか?(笑)

映像とか登場人物とかは独特のいい雰囲気がありましたよね。
でも一番は音楽(音響)かな。
やたらグイグイと攻撃的で物語よりも強烈でしたね;;

オーメンまたみたいな

つるばらさんへ


こんにちは。

シークレット・オブ・チャイルド・・・
あ・・・間違いやすい感じですものね~~
私もオブ?が入るのか入らないのか
たまに間違えます。不確かで覚えていることあります。


つるばらさんの感想拝見しました。

<たまたま見かけたポスターがいい雰囲気だったので急きょ鑑賞>

確かにポスターも良い雰囲気ですよね
ゴシックホラーみたいな

<のっけから爆音とも言える音楽の強引さであっと言う間に歴史の中に放り込まれる。>

そうそう・・音楽の迫力はすごかったですよね。

<それにあんな両親の接し方じゃあ、そらどんな子でも少なからず荒れるわな、とは思った。>

あ~~そうですよね。
夫婦ピリピリした雰囲気だったし
心豊かにはならないでしょうね。

< 特に結婚~出産に後悔する母親にはこちらも嫌悪感。結婚はどうであれ子供産んだのはお前だろ!>

家庭教師に言ってましたものね。
バリバリ活躍していた感じだったし、結婚は嫌だったのかな。

< 少年は正統派美少年でとても印象的。彼の風貌だけで時代が過去に遡る説得力。>

うんうん
少年美形でしたね。
それだけでも観たい気になりますもの。

<素敵なのが一瞬「オーメン」をも連想させるホラー感溢れるその雰囲気。(思わず666を探しそうに・・笑)>

オーメン思い出しますよね。
似ているんですよね。音楽の感じも。

つるばらさんは
監督さんに驚きだったのですね。
私は、全然知らなくって。

<その昔、ピット君と一緒にタマゴ借りに来たあのコーベット君!ええ~っ?ヾ( ̄∇ ̄;
これが長編デビュー作で、尊敬するのがハネケ師匠やラースちゃま♪って・・>

そうなんですね
私はそっちの卵は…笑
みていなくて、コーベット君のお顔もわからないのですが
こういう作品作るってことは
やっぱり今後どうなっていくか
興味わきますよね。

あと・・

ラスト
<実は、最初に彼らが出て来た時、自分は友人の方を彼女の夫だと勘違いしててさ、
まあほんの数分の勘違いだったけど、このラストの読みはビンゴ?(爆)>

すごい・・・
最初からそんな予感がしていたんですね
私は全然わからなくて・・
でもラストのお顔が冒頭と同じ人だったから(ですよね)
ああ・・・親なのかな・・・・と。
彼がトワイライトの人かと思うと
それもまたショックでしたが…笑

<それともいわゆるロシアンタイマー(ロシアっこは大人になると激太る)に似た様なモノの発令なのか?(笑)>

面白い~~そうかも・・・(笑)

攻撃的な音楽

うん
確かに

音楽がモンスター的でしたね

あとで別作品で伺います

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク