fc2ブログ

親切なクムジャさん

親切なクムジャさん

(2005  韓国)
監督: パク・チャヌク
製作: イ・チュニョン
脚本: パク・チャヌク
撮影: チョン・ジョンフン
音楽: チョ・ヨンウク
 
出演: イ・ヨンエ (クムジャさん)
チェ・ミンシク (ペク先生)
クォン・イェヨン( ジェニー)
オ・ダルス (チャン)
キム・シフ (クンシク)
イ・スンシン (パク・イジョン)
キム・ブソン (ウ・ソヨン)
ラ・ミラン (オ・スヒ)
ソ・ヨンジュ (キム・ヤンヒ)
キム・ジング (コ・ソンスク)
コ・スヒ (魔女)
キム・ビョンオク( 伝道師 )
ナム・イル (チェ班長)
カン・ヘジョン
ユ・ジテ 
ソン・ガンホ
シン・ハギュン

13年の刑期を終えて出所したクムジャさん。
彼女は6歳の幼児の誘拐殺人犯人として服役していた。
しかし、真相は違う。ペク先生に
幼い娘を人質に取られ、彼が犯した殺人の身代わりとして
罪をかぶっていたのだ。
刑務所では優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と
慕われていた彼女。出所してからは人が変わったような素振りをみせる。あと1人殺すのよ・・。自分を陥れたペク先生に
復讐を果たすべく、準備を始める彼女だが・・。

感想  「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続く復讐劇。
これは“復讐三部作”の完結編にあたる作品でもあります。
前作2作に比べて異なる点は主人公が女性であること。
どこか優雅さと美しさが漂う復讐劇となっておりました。
主人公は「JSA」「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエ。
私は、JSAと、春の日は~~しか観ていないのですが、
清楚な感じが漂う女性ですよね。今回は、今までのイメージを
かなぐり捨てての悪女役。それも見所の一つとなっていたと
思います。
彼女は、・・・2面性をもつ女性です。服役中は、罪を深く反省し
あらゆる人々に親切を施し、天使とさえ思われるほどの慈悲深い
愛情を捧げます。光り輝いているシーンもありましたが
あれは誇張して描いているのですよね。妙でした・・・笑
囚人たちは皆彼女を崇めたたえ、
さらに彼女にかかわる刑務所外の人・・伝道師やケーキ職人さえも
彼女を慕い支援する人と化してしまうのです。
しかし・・彼女の親切はすべてある人物に復讐するための
まやかしのもの。つまり人の心を自分の目的にために
利用していただけ・・・。ですから出所後は、以前の自分を打ち消すかのように、性格もそうですが、身なり、容貌からして変えてしまいます。この変貌がなかなかの見せ所だったと思います
ギャップですよね。真っ赤なアイシャドーをつけ、ファッションも派手・・・・。
なにも・・赤いシャドウをぬらなくても・・・と思うのですが・・
(やや下品か・・・笑)気持ちを切り替えるためにも身だしなみからということでしょうか・・・・。

さて・・復讐3部作ということで当然、復讐がメインです。
ですから、刑務所内での親切は、回想として紹介される程度で
意外とあっさりと描かれるのに過ぎませんでした。13年も服役していたのに、場面としては少ないです。オールド・ボーイと同じく
本来のテーマが復讐であるから、余計な部分の描写はあっさりなんでしょうね。でも、ここ(親切を施す部分)・・結構
面白いんですよね。囚人達も個性的な人が多く見た目楽しませて
くれます。ユーモアもいくつか挿入されていますしね。
ただ・・この映画に限らず、韓国映画のユーモアって、独特な雰囲気があるので(妙な間を感じませんか・・・)、笑えるほどのものではないのですが・・・。どこか寒い~~~風が拭いてきませんか・・笑

観る前の新聞批評でこの映画、かなりの精神的な苦痛を伴うときいていました。
しかし、想像していたほどではなかったように思います。
精神的な苦痛という意味では、3部作のうちの「復讐者には憐れみを」
が一番だと考えているもので。アノ作品はまったくもって・・・私はダメでした。
確かに、嫌な気にさせる場面は多多ありますが、それは前作も
同様でしたので、耐えられる範囲内でした。
そうはいっても、後半における、非情さ、残酷さはかなりのものです。
ブラックーユーモア的なものをあわせての描き方だったにしろ、
人によっては受け付けないところだと思います。
映像的に耐えられたとしてもその問いかけは重いです。


「さあ・・これを納得できますか。あなた・・・いいですか」っということですからね。

そしてクムジャさんの親切は・・・・・この後半部分に大いに発揮されていたと思うのです。これもある意味・・親切という
ことですよね。
その真意は観た人が確認して欲しいと思います。


目には目を・・・の精神が復讐といいますが、それがまかり通っていく
世の中であったらそれはどうなのか。

復讐をしておしまいではなく、この作品はそれからあと・・
贖罪、魂の救済へと発展していきます。
いろんな意味で深い作品ではありますよね。


テーマ性ははっきりしていて、最終章にふさわしとは思いますが
物足りなさがいくつか残りました。

やっぱりオールドの出来には及ばないかと私は思います。
(私は3部作の中ではオールドをイチオシしているんですよ)

まず、このクムジャさんの復讐の動機面が弱いのではないかと感じ
感情移入できなかったところがあります。
考えられるのは3点。

自分を罪に陥れた点。
子どもと切り離されたという点。
もしくは幼い子を殺したという彼への人道的な意味での復讐。

そもそも人質にとられた挙句の無実の罪というのは、その13年の間で真相を話してしまえば簡単に片がつくのではないかという、疑問を生じます。子どもがいるという事実を警察が知らないというのも
無理がある話です。なんだか簡単にボロがでるものではないかと
思えるのですが。警察がしょぼかったといえばそれまでですが。
子どもと切り離されたことの憎しみ・・・。彼女が母性愛をもっていたという描写が少ないので、説得力がありません。どういう過程で
産んだのか、どれほど愛情を抱いていたのかの描写が少ない分、
子どもに執着する部分に共感をもてません。(常識範囲で考えるべきか・・・)またペク先生との関係も曖昧です。
なぜ・・彼だったのか。愛していたのか。どういう気持ちで接していたのか。子どもも含め過去の部分が曖昧なところに、モヤモヤ感が残ります。

では幼い子を殺したという人道的な意味での復讐・・
必殺仕事人みたいに、悪人をのさばらせておくのに耐え難いから
自分がという思いでしょうか。死んだ子どもへの贖罪のためだったのでしょうか。きっとそれが大きいと思うのですよね。
彼女は、この誘拐にどの程度までかかわっていたのか。
誘拐の過程もこれまた曖昧で、真相が不明。
誘拐犯の子どもを誘拐されたというセリフがあったような気が
したので、彼女も事件に関係があったと理解しているのですが。
悪い誘拐と良い誘拐があり・・・子を帰せばそれは良い誘拐である
という彼の主張を信じていたということでしょ。
それってどうよ・・・。
あなた=彼が一番悪いのよ・・という言い分はそのとおりだけど
彼女にそれだけの主張をいう権利があるの・・・かなと疑問も感じたのですよね。あなたがそこまで正義面して行うべきことなの・・・という思いが生じて。(ここらへんの解釈違っていたら教えてくださいな)

いや・・・親切なクムジャさんだからこそ、当然なのかしら。
でも親切ってやりすぎはおせっかいでもあるのですよね。
色んな思いが交差してやっぱり結論として感情移入できないでいたのですよね。

自分の娘には再会できたし、それも元気で、最終的には暮らすことも
できたクムジャさん。じゃあなぜ、いつまでも拘るんだろうと
単純に思ってしまいます。

13年ぶりに再会したジェニー。この娘の存在は、彼女を
救済するものとして必要不可欠でありました。
無垢な子どもの心に触れ、また親子愛の目覚めたからこそ、
(真っ白な心)の重要性を感じるようになったのでしょう。
復讐のあとに残ったむなしさ・・・彼女の空っぽであった心の中に
娘の純粋さは痛いほど染み入ったことでしょう。
復讐は意味がないことだときっと気づいたはず・・・

そういう意図に感じられたけれども、この娘の心の動きが
どうも納得できるものでなかったので、感動できるところまでは
行きつきませんでした。
だって、娘と母の再会部分がこれまたあっさりなのよね・・・。
娘は何故、私を捨てたの・・・と問いかけはするものの、葛藤もわだかまりもなく、すぐさま、クムジャさんを母として認めてしまうでしょ。
それはどうなのよ・・・思春期に差し掛かっている娘だもの
もっと複雑極まりないものでしょう。もっとクローズアップして
2人の関係を濃密なものとしていたら、同じ解釈のラストでも
感動の仕方が変わってきたと思うのですよね。


完璧な人間なんていないよ・・ミンシクさんは
いっておりました。あんたに・・言われたくないけど・・・。
でも、罪を犯したことのない人が人を裁きなさいと・・
そんな聖書の話もありますしね・・・。難しいことですよね。
今の世の中・・・・色んな考え方があると思いますが
やはり憎しみからは何も生まれないという結論になると思います。
ただ、理屈ではわかっていても感情がね・・・行き着かない人も
いるでしょうね。だから、映画と同じ痛みをもった人にとっては、
映画の遺族の感情はリアルに感じるかもしれませんね。
やはり難しいです。

色々なことを考えることはできる映画だとは思いますが
物足りない部分も感じえたので
私としては満足のゆく映画ではなかったです。


それと・・・・小難しいところは抜きにして
この作品・・・カメオ出演も含めて、見たことある方が
沢山でてきます。オールドボーイの面々はほとんど。
監督作品の常連さんばかりですよね。そういう意味では、あんなところにこんな人が・・・という人探し的要素がいっぱいあるので
ファンにはうれしいことだと思います。ユ・ジテなんて
かなり目立っていますものね。。

実はこの作品の最大の目的はミンシクさんでした。
ちょっと好き♪
今回も・・かなり痛い、痛い・・役でした。
で。。太っちゃったかな・・・笑
個人的にはオールドで*の真似をさせられた彼が今作品では
とうとう本物の*になってしまったのがビックリ。でも可愛い?
あと・・・食事中の***がひどくインパクトありました。
相変わらず、迫力あるかな・・・・・笑

10001735116_s.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親切なクムジャさん(2005年韓国)

「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続く復讐三部作の最終章だそうで。私は「オールド・ボーイ」のみ。無実の罪で13年間も服役したクムジャ(イ・ヨンエ)が、自分を陥れた男(チェ・ミンシク)に復讐する。服役中は、看守や牧師、仲間たちに天使のような顔を見せ(

【劇場鑑賞19】親切なクムジャさん

愛を奪われた哀しみの天使娘を奪われた美しい母の悲しく切ない復讐・・・涙あふれる愛と再生のドラマ最後の復讐が、一番哀しく、美しい。「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐3部作”完結編だそうで...

映画レビュー#19「親切なクムジャさん」

基本情報「親切なクムジャさん」(2005、韓国)監督:パク・チャヌク(オールド・ボーイ、JSA、復讐者に憐れみを)脚本:パク・チャヌク出演:イ・ヨンエ(JSA、宮廷女官チャングムの誓い)、チェ・ミンシク(オールド・ボーイ、酔画仙)、クォン・イェヨン ヴェネ...

親切なクムジャさん 世界のポスター色々と感想 +復讐者に憐れみを

親切なクムジャさんSYMPATHY FOR LADY VENGEANCEを見ました。一番上の写真は、フランス版のポスターです(こわい・・)他のポスター色々は文の最後にまとめて紹介するとして、まず内容から。1作目「復讐者に憐れみを SYMPATHY FOR MR. VENGEANCE 」2作目「オールドボーイ

『親切なクムジャさん』

『親切なクムジャさん』は東京国際映画祭のおりに見たかったのですが、イ・ヨンエの

映画「親切なクムジャさん」

大石 圭 親切なクムジャさん SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE  復讐劇は、やっぱり見た後にずどーんと来るものがあります。「JSA」「宮廷女官チャングムの誓い」のイ・ヨンエ主演の話題映画ですが、今日、映画館で見ました。 監督は「JSA」「オールド・ボーイ」のパ

親切なクムジャさん

“復讐3部作”の3作目。●台詞が笑える  『大きなお世話よ』『早く死んでね』『親切は、やめたの』●前2作から、多くの俳優が出演している。  この作品は、前2作を観ていると、キャスティングで一層面白い。  監督は、“関連性があまりない復讐シリーズに連続性を

「親切なクムジャさん」

公式サイトシネプレックス幕張、公開7日目初回です。ガラガラでしたが、何故かオバサマたちのグループが幾つか有り。無実の罪で刑務所に入れられたクムジャが13年の刑期を終えて出所するところから、物語は始まる。服役中、誰に対しても優しい微笑を...

親切なクムジャさん OST

親切なクムジャさん OSTCantate 'Cessate, omai cessate

親切なクムジャさん(評価:◎)

【監督】パク・チャヌク【出演】イ・ヨンエ/チェ・ミンシク/クォン・イェヨン/キム・シフ/ナム・イル/キム・ビョンオク/オ・ダルス【公開日】2005/11.12【製作】韓国

コメントの投稿

非公開コメント

微妙

こんばんはーん♪
いやー、微妙な映画でしたね。
ワタシもみみこさんと同じです。
復讐したい気持ちは分かるけれど、でも、自分もそれなりに誘拐に関わって居た訳で・・・
でも、全てを自分に押し付けられたらやっぱり怨んじゃうかな。
うーーん、意外と奥が深いかも。

この映画、シリアスなのだけれど、何だかマンガちっくだと思いませんでした?
刑務所でクムジャさんから後光が射すところとか
あの家族たちも凄いことをやろうとしているのに何処かコミカルだったよね。
あのお婆さんは一人冷静だったけれど、まさか○○○でグサリとは・・・!
「オールド・ボーイ」の方がインパクトあったし後に何時までも残ったね。
こちらも悪くはないけれれど、すーっと終わって行った感じがしましたv-254

PS:TBさせて頂きましたデス~♪

Puff さんへ

こんにちは。今・Puff さんの追記の部分も
拝見しましたよ。いや~奥が深い映画
だったのですね。私も監督の意図・・気づきませんでした。なんだか人物描写が薄い分、入りづらかったかな・・・。
そうそう・・・コミカルな部分沢山
ありましたね。あれがあったから、残酷さが気にならなかったのかな。あ・・でも充分やっていること残酷でしたけど。

私からもTBさせていただきました。
色んな解釈を皆さんされていて
面白い作品ではありましたよね。

わんこ・・・^^

みみこさん、コメントありがとう!朝あれアップして、夜、みみこさんところ、ゆっくり来ようと思っていたんだー。
復讐者に憐れみを見たら、なんだかクムジャさんが早く見たくなっちゃってね(^^;

>クムジャさんの復讐の動機面が弱いのではないかと感じ
 私も!!そしたらさ、もうご存じだと思うけれど・・・日本の公式サイトで監督さんの映画のコメント見たら、そこの部分は、わざとだったって読んで、へぇ~そうだったんだあ・・・って。でもやっぱり見てる側としては(世間の人は知らないけど私は)、復讐したくなるのは当然だよって感じさせれれる方が、もっと入りこめたかな~って思いました。

あの夢のシーンで、わんこミンシクさんは、ひょ~シュールだな!っておもしろかったです。
TBもしていかせて頂きますネ~

フフフ・・あのワンコね

こんにちは。こちらにもコメントありがとう。latifa(ポコアポコヤ)さんのところの映画記事は恒例のポスターめぐりがあるので
結構楽しみにしているんだ。
監督の考えでしょ・・あの弱い動機・・笑私パンフも買ったのでじっくり・・読んだわ。でも監督の意味することはよくわからなかったわよ・・笑。私も、はっきりした動機の方がいいな・・。入り込みたいし・・笑
ワンコね・・来年戌年だけどああいう感じの年賀は出したくないな。顔面犬・・笑
余談だけど・・・吉岡君(純君)別れちゃったね。私・・latifa(ポコアポコヤ)さんの記事とキネマ旬報の特集記事読んだばかりだったからビックリしちゃった。残念・・泣

そーなのよ!!

みみこさん~こんばんは^^
わー!パンフレットも買ったのね?みみこさんちには、一杯色々な映画のパンフが積もっていそう☆パンフレットも凝っていたんだろうな・・・と、推察。いいなぁ、私もパンフ欲しいな!

ところで、驚いたわ~。まさか別れちゃうとは・・・。それと、みみこさんも、例のキネマ旬報お読みになったのね!とっても褒められていたよね♪
それと、噂だからガセネタかもしれないけど、鈴木京香さんと、たそがれセイベイの人(ゴメン、名前ど忘れ)ホントだったら、驚きだねー!ごめんね、ミーハーな芸能ネタをダラダラ書いてしまったわ。明日から冬休みだね。お互い、がんばろう~!

遅くなったわ・・

遅レスごめんね・・。
パンフは予算があるときだけ・・笑
買っています。今年はあんまりない
けどね。記念ということで。
キネマ旬報は図書館で借りることができるんだ。あと、スクリーンも。安上がりだよね。純君の話ね・・本当残念。
色々あったんだろうね。
鈴木京香の件も聞いたよ。
どうなんだろうね・・。
私も完全にミーハーしてますよ。
来年もこんな私・・よろしくね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク