ウィンブルドン

ウィンブルドン  (2004)

(イギリス/フランス)
監督: リチャード・ロンクレイン
 
出演: キルステン・ダンスト (リジー・ブラッドベリー )
ポール・ベタニー ( ピーター・コルト)
ニコライ・コスター=ワルドウ 
ジョン・ファヴロー 
サム・ニール 
オースティン・ニコルズ 
バーナード・ヒル 
エレノア・ブロン 

テニス界最高峰のステージ、ウィンブルドン選手権。
イギリス人テニス選手ピーターは、昔は英雄だったが
今では落ち目。ランキング119位・・。
この大会を最後に引退すると決意している。
そんな彼が、優勝候補の一人として注目を集める新人のアメリカ人女子テニス選手リジー・ブラッドベリーと出会い、恋に落ちる。
その恋のためか、ピーターはここ最近にない活躍を見せ、
順調に勝ちすすむのだが。

感想  気軽に観るのにはいいかも・・・という一言で
すみそうな一本・・・笑。
テニス映画って珍しいですよね。私今回初めてですよ。
ゴルフ、サッカー、野球、ボクシング、色々観たな・・・。
スポーツ映画は、わりとドラマチック&感動的な展開になりやすい
気がしていたんだけど、これは軽い風のような映画・・笑。
よく言えば爽やか、いい方かえれば、数時間で忘れそう・・・な・・作品だったかな・・・・。
ラブコメであるから、軽い・・軽いノリであってもそれはしょうがないと思いますよ。でもできれば・・・もうひとひねり欲しかったような
気がします。主人公にしろ、彼女にしろ。。ありがちなキャラ設定。
あ・・という間に恋に落ちて(この軽さもね・・どうよ・・・)
そのあと主人公が順調に勝ち進んでいくという展開に、面白みが無さ過ぎるかな・・っていう気がしますね。
勝負の世界に恋愛は禁物・・という頑なな精神を貫いてよ・・・とは
思わないけれど、やっぱり世界レベルで闘う人にしては
試合を軽く見ているような気がするな。
・・エースをねらえの岡君だって、恋愛は試合に禁物だっていって
我慢してコツコツ練習をしていたんですよ・・。
でも主人公のポールって、落ち目の割には、練習しなくても
どんどん勝っていくんだもの。なんかな・・・・。
単なるやる気がなかっただけじゃあないのって思ってしまいますよ。


最後、気持ち・・・盛り上がりはあるものの・・・やっぱり
物足りないかなって気がします。

イギリス映画ということで、舞台になる街の風景・・特にポールが
クルマ飛ばして(このクルマがカッコイイ)、自宅に向かう道すがら・・・は目の保養になったし、行き着いた先の自宅も・・これまた緑多い敷地内にある大邸宅で
憧れを感じたし・・・と、いい意味での感想はいくつかありますよ。
そうそう、2人のデート場面もお洒落でしたね。

でもどちらかというと恋愛より、ポールの家族のキャラ設定の方が面白く感じられたかな。最後の場面でも、しっかり家族の団結力を
強調して印象的だったものね。

キルステン・ダンスト・・・怖いな・・笑。やっぱり目が。
試合している時、闘争心むき出しの場面がいくつかあるのだけど、
そういうときの顔はピッタシなのよね。
ポールの試合を見つめている姿も・・やっぱり怖いし・・・笑。
威圧感あり。負けたら怒られそうという怖さあり・・。

もちろん、彼女なりに可愛いと思える場面も少しはあるの。
怖さと可愛さの、そのギャップが面白いところかもしれませんね。

内容はまあまあなんですけど、カメラワークは
よく出来ていたかな。引いたりUPしたりと、変化があるので
あきずにみることはできますね。
オープニングの観客の顔とテニスの音の組合せなどは、
とってもお洒落に出来ていたと思いますよ。
試合場面は・・・・これは・・特典映像でみたのですが、苦労して
撮影されたみたいですね。経験のない2人を、プロに見せる工夫
は、感心することひとしきり。
その分、話がありきたりになってしまったのは残念だったかなと
思います。でも、ポールファンには素敵な作品になっているんじゃあないかな。
だって、肉体美を拝めるんですからね・・・。
wimbledon.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク