ベルエポック

ベルエポック

(1992年 スペイン・フランス・ポルトガル映画)
監督:フェルナンド・トルエバ
脚本:ラファエル・アスコナ
音楽:アントワーヌ・デュアメル
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
製作総指揮:アンドレス・ビセンテ・ゴメス
出演:ホルヘ・サンス(フェルナンド)、ペネロペ・クルス(ルース:四女)、マリベル・ベルドゥ(ロシーオ:三女)、アリアドナ・ヒル(ビオレタ:次女)、ミリアム・ディアス=アロカ(クララ:長女)、フェルナンド・フェルナン・ゴメス(マノロ:父)、マリ・カルメン・ラミレス(アマリア:母)、アグスティン・ゴンザレス(ルイス:神父)、ガビーノ・ディエゴ(フアニート)、チュス・ランプレアベ(ドニャ・アスン)

1930年冬。ハカにおける王制への反乱に失敗
その直後の1931年2月、一人の若い兵隊フェルナンド(ホルヘ・サンス)が兵舎を抜け出し、スペインの田舎にやってきた。
たどり着いた売春宿でマノロ(フェルナンド・フェルナン・ゴメス)と知り合い世話になる。一夜だけのつもりだったが
旅立ちの朝、フェルナンドは駅でマノロの4人の娘たちをみて
マノロの家へ舞い戻ってしまう。美人ばかりの4人の娘に
惹かれたのだ。
そして、4人の娘たち次々と恋に落ちていく。


感想  ペネロペちゃんは四女役。可愛いですよ。若いです・・笑。
私はもっとしっとりした映画かと思っていたのですが・・・、
いや・・・冷静に考えると凄い内容の映画。
男にとっては、女に囲まれた生活ですし・・
楽しいに違いないですよね。女性の方がどっちらというと
積極的で、バンバンこの男に迫っていく過程が面白いです。
背景に政治的なものが絡んでいるので、ちょっと
理解しにくい部分もありました。
宗教的なことなんかがね・・・。

色っぽい娘たちと美しい田舎町。
目の保養になることは間違いなしです。
フェルナンドが、あっちに気を惹かれ、こっちに気を惹かれる
様がやっぱり見所かな・


個人的には、仮装パーティーのシーンが印象的でした。
4姉妹の中で男装する女性がいるのですが、彼女のフェルナンドへの
迫り方が妙にセクシーで、忘れられなかったです。

最後はハッピーエンド。
よ~~く考えると、姉妹全員となんらかの関係があるっていう
男なわけですから・・・いいのかしら・・本当にと私なら
思ってしまいますけど。でも本人がそれで納得しているのなら
周りがとやかくいくこともないですよね。

この家族・・・幸せな家族だな・・・って思いましたよ・・・・笑

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク