韓国ホラー・・箪笥と4人の食卓

韓国ホラー映画ということで次の2本を紹介しましょう。
すでにレビューUPされているものをMY HP(おしどりの小部屋)から引っ張ってきました。
皆さんのご意見お聞きしたいですね~~~

 箪笥・・(2003  韓国) 

感想  韓国の古典怪談「薔花紅蓮伝」をモチーフにした映画です。
この怪談とは、継母のいじめによって、不幸な生涯を送ることになった姉妹の話だとか・・。(池に飛び込んで自殺しちゃうみたい・・・)。
言われてみれば、かなりその話を生かした作りになっていますが、映画はそれだけでは終らなくて、ひとひねり付け加えた
ものになっています。      
 冒頭から、笑顔で出てくるママ母のウンジュですが、どうみても意地悪そう・・・笑。姉妹も妙にくっついてばかりで、
オドオドしていましたからね。  これは相当やられているな・・・・て(いじめている)思いましたよ。
ただ、いじめ場面よりは、この家には誰かいる?っていう不穏な空気の方が主流なの。
え~、これったアザーズみたいなのかしらって・・・・・でも違ったけれど・・笑・
幽霊は出てきます。でも大して恐くないですね。
ですから、恐さを望んでいる人にとっては肩透かしかもしれません。
でも出方がね・・・・突然なんですよ。「わ~~~~」って脅かされた感覚に似ているかな。
私はビデオ鑑賞でしたので、そんなに驚きもしませんでしたが、劇場だと音の大きさや画面の大きさなどで迫力が出てきますよね。ビク・・・とする方も多かったのかもしれませんね。
この家に隠された秘密・・・・・・なんでしょうね~~~笑<
途中から、真相を匂わすような言葉を、父親が発するので、もしかして・・・・・こうなのかという推測ができると思いますが、最後まで観ないと明確にはわかりません。   ラストで、大まかな説明をしてくれるので、流れとしてはこういうことだったのね・と理解でき、冒頭のシーンの意味も納得できるわけですが、それでも細かい部分は一度見ただけでは、わかりずらいと思います。
伏線がですね・・・説明がない分、謎に包まれたものが多いのですよ。  一度見た限りでは全部のシーンに意味を求めるのは 無理だと思うし、見直したとしても、本当のところはわからないですね。
過去に起こった事件はわかるものの、そこに至る過程においては不明。
継母・姉妹の関係は、別として、母親の過去・継母・父親の関係、母親と父親の関係についても
はっきりしたことは表していませんね。想像しましょう・・・もしくは細かいところは不透明で結構、この哀しみだけを味わってくださいということかもしれませんね。

この映画で興味深かったのはビジュアル面かな。姉妹2人のお洋服も、それぞれ違った雰囲気で可愛いらしいですよね。
各お部屋も、花模様の壁紙から始まって、ベットカバーや、脇の小物類など、お洒落な感じが漂っていました。
そしてメインの箪笥ですね。日本でよく見られる箪笥のイメージとはまた違った、観音開きの洋風箪笥でした。インテリアとしても素敵ですね。
箪笥にまつわる哀しい姉妹のお話。それにしても、非情な継母以上に、腹立たしいのが、父親ですよね。
なにもせず、黙って見ることしかできない男。
のんきにひげそっている場合じゃあないよ・・・て、映画を観ながら、声出しそうでしたよ。これって・・・嫁姑で何もいえない息子の図式と同じですよね。  
 あ~~~無力な男って情けないわよね。
ホラー苦手な人にも楽しめる映画だと思いますよ。あ・・この映画のポスターみましたか。このポスターいいですよね。<
特に姉妹の微妙な座り方の違い・・・。妹はダラリン~~~としているでしょ。映画のストーリーを表しているように感じましたよ

  20050205191330.jpg



さて・・・・もう一本”4人の食卓”という映画。

4人の食卓 (2003 韓国)

感想  心理ホラーですね。 表面だって恐いと思う場面は少なく、じわじわと恐さが広がってくる感じです。
ただ、巷でよく言われているように、謎が謎のままでちょっと消化不良起こしそうです。笑
結婚を控えたジョンウォンのマンションに置かれた食卓。
恋人が気にいったといって、運んできた家具なんだけれど、照明が変わっているんですよ。
4人それぞれが座る席に、スポットライトが当たるようになっているの。 そのテーブルの照明だけをつけると、それぞれの席の人がスターになったような気分になるんですよ。
そこにね・・・・・あんなダラリとした感じで子どもが座り込んでいるのがちらちら見えるのが・・・・気持ち悪いですよ。
だいたいあんなテーブル用意するなよ・・・って言いたいわ。この設定は結構面白いと思ったんですよね。
なんだか、再現フィルムでこんな霊体験ドラマ観たことありますわ。地下鉄で遭遇した事件は、いつ自分の身に降りかかるかわからないことでしょ。起きても不思議のない事件だから
ゾクゾクしましたね。 そういえば、この映画に出てくるエピソードって、いつおきてもおかしくないものばかり。
育児ノイローゼ、幼児虐待など、子どもをもつ親の立場からしてみると、気分が沈むような出来事ばかりでね、
あんまり観たくないものでしたね。
前半は、霊が見えてしまうジョンウォンのおびえ具合が、まったり、ゆっくり展開されているので、イライラしました。
だからなんなのよ・・・・って、先が見えない展開に耐えること・・・時間。
そのうち、血色の悪い・笑、チョン・ジヒョンが、ふらふらと現れ、もうひとつの話が展開されるのです。
それが、自分の子どもを殺されてしまったというつらい過去なんですが、このジョンウォンが観た幽霊とどう関わっていくのか
と思いきや、あんまり関係がないの。 じゃあ・・・霊が見えるもの同士の悩みかと思いきや、話はそれだけには留まらず、
この彼には実は忌まわしい過去があるという事実が判明してくるの。 え~~~、この過去が霊が見えることに繋がるの・・
と思ってみたものの明確な答えは出ず。さらに、彼女の身に降りかかった出来事や、彼の7歳以前の過去に起こった出来事が
実に思わせぶりで、曖昧な映像として出てくるので、本当の事実がみえてこないの。事実を見せないように
つくってあるとしか思えないわ。
だから、映画の内容的には、私もはっきりとしたことが言えないのよ。
ただ、受け入れられない事実は事実ではなく、耐え切れない真実は真実ではないっていうことばは、
ひきつけられるものがあるわ。
自分の知らない何かがどこかにあるのかと思うと、ちょっと恐いよな気がするものね。
記憶ほど曖昧なものってないよね。夢と現実が時々クロスする瞬間ってあるような気がするし、都合よく捻じ曲げたいって気持ちは誰にでもあるしね。
もっと、わかりやすく、短めに作ってくれたらもう少し面白く観れたような気がします。
チョン・ジヒョンは、めちゃめちゃ…暗いですね。 明るい表情が彼女の魅力にもなっていたと思うのですが、
今回は一切なし。イメチェンを図っていますね。
しかし、あのバタンと突然倒れる睡眠障害(嗜眠症)。前にリバー・フェニックスの映画で観ましたが、よくあるんですかね。
現代は心の病って沢山あるので、その方が、お化けみるより、恐く感じますね。
そうそう、この映画、面白く感じてきたのは、ジョンウォンの過去の記憶が蘇ってくる当たりから。少年時代のある暑い夏の
日の出来事は・・・・・・・恐かった。さりげなく・・・子どもが**されちゃうんだよね。おばあちゃんの顔まで恐く見えたよ。気持ち持ち悪かったよ。

 どちらが好みですか~~。
どちらもホラーというより、悩ませる映画ですよね。
巷では4人~の評価は悪いのですが、題材的には私は面白いと
思いましたよ。こういった・・・心理ホラーは大好きなので
これからも韓国・・・頑張って欲しいです・。・・ふふ・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

箪笥(たんす)

 見終わって、何だか不思議でした。ニコール・キッドマンが出ていた「アザーズ」のような感覚を少し持ちました。舞台となる屋敷も、ここが韓国なのか、日本なのか錯覚するくらいです。二人の美しい姉妹が登場します。 ホラー映画(お化け系)と思って見たのですが、サイコ、

4人の食卓

「キャスト」チャン・ジヒョン/パク・シニャン/ユソン/チョン・ウク「監督」イ・スヨン「ストーリー」結婚が近いのに、なぜか不安な気持ちを抱えていたジョンウォンは、地下鉄で目撃した少女ふたりが、その後、母親に毒殺されたことを知る。そのとき、その少女が部

箪笥

原題『薔花、紅蓮』主演イム・スジョン、ムン・グニョン監督・脚本キム・ジウン製作2003年スヨンの棲む館『クワイエット・ファミリー』『反則王』というコメディ映画の佳作を撮っているキム・ジウン監督作品。薔花と紅蓮という姉妹の怪談『薔花紅蓮伝』を現代風

4人の食卓

公式HP4人の食卓あらすじインテリアコーディネーターのチョンウォン(パク・シニャン)は恋人ヒウンと結婚を控えている。ある日、終電の車内で眠りこむ幼い姉妹の姿を見る。翌日ラジオで、姉妹は眠っていたのではなく、母親に毒殺せれていたことを知る。その日か...

4人の食卓“けっこうネタばれありかも”

・・・・・・・わからなかった・・・・・もう1回観直して理解してから感想を書けばいいんですが たぶんしばらく観ることないと思うので書いてみますまずわからなかったことは、初めにジョンウォン(パク・シニャン)が地下鉄の中で見た 毒殺された2人の子供の霊 一体なん

箪笥

「キャスト」イム・スジョン/ムン・グニョン/ヨム・ジョンア/キム・ガプス「監督」キム・ジウン「ストーリー」ソウル郊外の一軒家に、スミとスヨンという美しい姉妹が長期入院を終えて帰宅。しかし、継母は笑顔で迎えるが、姉スミは彼女を毛嫌いし、スヨンは怯えて

コメントの投稿

非公開コメント

ポスター!さすがみみこさん^^

こんばんは★
TB有難うございました!
そうですね、このポスターは本当に表してますね!
みみこさんはいつも細かい所に気付かれるから素晴らしいです~!(^^)!
この作品、劇場で見てたらもっと怖かったかもしれないですね。
でも私、この作品の裏を想像した時は本当に背筋がぞぉーっとしました。。
変なホラー作品よりずっと怖いです。。
映像もとても綺麗でしたし、私の中ではかなり秀作だと思ってます^^
お勧め、有難うございました!
韓国のホラーやサスペンスは結構好きです。
一度見ただけでは判らないもの多いですけどね^^;
そこが又いいんですよねー。

「4人の食卓」はまだ未見なのでみみこさんの記事もそこは飛ばしましたのでm(__)m
早速見てみます!
又TBしに参りまするー(〃^∇^)o_彡☆

コメントありがとう・・ね

どうも~。
てるみさんの感想もちゃんと、観るところ
おさえていてするどいな~って思いましたよ。父親との関係なんて気づきにくいものね。本当のところどうかよくわからないけれどね。劇場だと迫力があるからまた違った
味わい方が出来たでしょうね。
でもビデオは巻き戻しができるから
便利よね。。納得いくまで見れるものね笑
4人の食卓も観た折には感想
教えてくださいね。
こちらは・・私達みたいな・・子持ちの親にとってはキツイ映画ですけどね。

コメントありがとうございました★

なんだか ホラーと言われて観てみて怖くないのってすごく悔しいですね・・・・・・ やはりもう一度みるべきなのか・・・・・

こちらこそ

コメント入れてくださってうれしいです。
悔しい気持ちって・・わかりますわ。
また遊びにきてくださいね。

はじめまして!tbさせて頂きました☆上記2作品私も見ました!両方難しい作品ですよね。これからも遊びに来ます^^

ありがとうございます

おはようございます。
TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきますね。
ブログ拝見させていただきます・・・。

韓国ホラー

『箪笥』と『4人の食卓』のみみこさんの感想は深みがあって、的確にポイントを押さえておられて、映画の印象が伝わってきます。
『箪笥』はヴィジュアル的な映画で、あの素晴らしいポスターですべて表現してしまっていますよね。
『4人の食卓』は、霊を降ろす媒体ともいえますが、むしろ心理的に他人や自分自身の真実に向き合うように命じている媒体なのだと思います。

コメントありがとうございます

こんばんは。
いえいえ・・。Rayさんの感想は
するどい見方で、とても勉強になります。
とくに「4人の食卓」は洞察力にたけていて
なるほど~と頷いてしまいました。
今後の更新も楽しみにしています。

お久しぶりです^^

みみこさん、こんばんは~★
お休み中にコメント頂けてすっごい嬉しかったです!
有難うございましたm(__)m
家族一周のインフルエンザ騒動も治まり(笑)やっと普通の生活に戻れそうです^^
又、これからもどうぞ、宜しくお願いしますm(__)m

さてさて、「4人の食卓」見ましたー!
私的には「箪笥」の方が好きです!(^^)!
この「4人の食卓」は深くえぐろうとすればするほど味の出てくる作品だと思いました。
その位ぱっと見ただけではなかなか分かりづらかったですよね?
あは・・私の思考回路がパンクしそうになったので、そう思ってるだけかもしれないですが(笑)
みみこさんの仰るとおり、もうちょっとパーツの繋げ方がスムーズだと良かった気もします。
でも、相変わらず・・ぞぞぉー!っとする瞬間の撮り方は上手ですよね^^
トラックの子供のシーンはちょっと・・思わず目を逸らしたくなっちゃいましたよー。
そこにいくまでの時間が長いんですもの・・心臓に悪かったですよね。。

こちらの作品もTBさせて頂きました!

4人の食卓・・・

てるみさ~~~ん。
復活おめでとう。寂しかったのよ・・。
体調もととのったようで、これからボチボチ
とHPに顔を出してくださいね。家族の
皆さまも元気になられて何よりです。

4人の食卓・・・う~~~ん、まさに心理ミステリーでしたよね。箪笥より、現実的なことは現実的ですが、なかなか内容を理解するのが困難でしたよね。
たしかにもうちょっとわかりやすくしてくれたほうが、観客の受けもいいかと思いますが
かなり不親切でしたものね。
トラックシーン・・・ああいうのイヤだわ。
子どもは大切に育てたいですよね。
私からもTBさせてくださいね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク