一瞬の光   著者・・・・白石一文

一瞬の光    著   白石一文


三十八歳で一流企業の人事課長に抜擢された橋田浩介。
ある夜、同僚と飲みに行ったバーで、その日の昼に会社面接を受けていた女性と出会う。その店のバーテンダーだった彼女。
彼女が店の経営者に暴力をふるわれているところを助けたことから急速に親しくなる。彼女・・は短大生・中平香折。
橋田には会社がらみの関係で瑠衣という女性と
付き合っていた。2人の女性で揺れる橋田。
一方会社内では派閥抗争が起こりはじめ、橋田の立場も危うくなっていた・・。

感想   白石さんのデビュー作品です。
まさか・・・香折に隠されていた過去があんなに悲惨な
ものだなんて・・・驚きました。やるせませんね・・・。
主人公はエリートサラリーマン。
エリートが主人公というのは彼の作品本当に多いですね。
社会的に成功していた人は、今までの生き方に疑問を感じないで
生きてきた人が多いですからね。なにより、ゆるぎない自信を持って
仕事に人生にと励んでいるはずでしょう。そうでなければ
第一線で働けないはずですよね。
そんな彼が、飲みに入ったバーで1人の女性に出会います。
ただただ気になる・・・のですよね。

普通、気になる、興味があるというのは、
恋愛の始まりに近いものがあるような気がしますが。
でも、この橋田と香折の場合は、なかなか進展するような気配が感じられず、なんとも不思議な関係だわと思っておりました。
そこには異性と思える感情などないのではないのかとさえ・・
思われました。可哀想という感情や、正義感だけで、
見も知らず人にかかわることなんて、できやしないだろうと
思うところがあったのですよね。
結局、彼が・・・何か一番大切なことに気づいていない
だけだったのですよね。彼女によって、生き方を変えられ、
本当に大切なものを教えられたということ。
でもそれに至るまでには、切ない思いを感じた人もいたはずです。
瑠衣は、彼のこと真剣に思っていましたよね。
確かに瑠衣のほうが、橋田さんに与えてあげられるものが
目に見えてはっきいりしていたと思います。
でも、それだけで、傍にいて欲しい女性とはいえないのが、
また難しいことなんでしょうね。
瑠衣にとっては、他の誰かでもよいが、香折にとっては、自分でなけらばいけないということなんでしょうか。
それでも、瑠衣にしてみれば、納得できない理由でもあろうかと
思います。

主人公・・橋田氏はもてます。結婚願望があまりないだけで、
女性に不自由しているわけではありませんね。
確かに過去に女性には、振ってしまわれ、気持ちが落ち込んでいたかも
しれませんが、それで、新しい恋に出会うのが臆病になっていたわけではありませんよね。
仕事に夢中で恋・・・どころではないという状態みたい。
つまり・・本当に大事なものを見失っているような・・
それを教えてくれたのが・・・。・・・香折ということでしょう。
瑠衣については・・・
あまりにも完璧な女性だと思うばかり。
暗い過去もなく、裕福な家庭・・。
教養もそこそこあり、なにせ、料理がうまい・・・
いつもながら彼の作品には、料理の描写が細かく、さもおいしそうな
表現が沢山並びます。またセックス描写も、ストレートですね。

その人にとって、一番必要な人が傍にいるべきだと
思いますが、それに気づかないことは、
悲劇的なことなんですよね。


ラスト・・・は
悲しい結末でした。
もっとはやく・・・彼が事態に気づいていれば・・。
そもそも出会いのときから、自分に気持ちに気づいていれば
遠回りなどすることもなかったろうに・・。
一瞬でも別の女性に安らぎを感じた彼が・・・やはり罪深いのだと
思います。手を差し伸べた段階で
なんらかの感情が相手に湧き上がっていたのだと
思うのに・・・。


男性よりの物語なので、気持ちが理解できないところもありますが
なぜ、瑠衣をいつまでもひっぱっているのか・・・とかね。

やはり、文章に引かれて悲しい最後まで、見届けてしまいました。


200201000445.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「一瞬の光」白石一文

【壮絶な絶望と柔らかな光の調和】白石一文氏デビュー作およそ600ページもの分厚い文庫本は、読了するまでに予想外の多くの時間を費やした。 これまでも白石氏の著書は好んで触れてきたし、個人的には贔屓にしている貴重な作家だ。 それなのにどういうわけか本書...

コメントの投稿

非公開コメント

どもです!

トラバ&コメントありがとうございます!
なるほど!男性よりの作品かも?ですね。
中盤では、香折の言動があまりにも子供染みてる気がして、正直しんどくなりました(苦笑)過去を背負う彼女のその心の重さが弱みになりすぎ(甘え過ぎ)てるような・・・。
でも、最後まで読んでみれば、とても素敵なタイトルだとあらためて思いました。やっぱり泣きましたし・・(照&笑
白石さんの作品では登場する人物の好き嫌いが明確に分かれてしまうのに、また読みたくなる・・という不思議感があります(笑

ゆきちさんへ

コメントありがとうございます。
香折さん、かなり相手を引っ張り回して
いましたからね。彼女を支えていく
人って大変かもと思いましたわ。
タイトル素敵ですよね。
最後にその意味がわかるような・・。
泣けるっていうのもわかります。
彼の作品て、生きる意味を問いかけるような作品なので、いつも考えさせられますわ。新作読みたいですよね。
<人物の好き嫌いが明確に分かれてしまう>そうそう・・・「僕の中の~」の主人公はダメだったものね~~~。

みみこさん、こんにちは~今頃家族旅行?楽しんでいらっしゃるでしょうか?^^
と言うか、昨日の記事を昨晩読んで、さてさて、ちょっとコメントをしようかな・・・?と思ったのだけれど・・・ない!あれ?!消しちゃったのかな・・?
ちょっと人間味溢れる?記事だったので、
一言コメントさせていただこうと思ったのだけれど。。。そうこう思っていると、右に「白石一文」の文字!早速コメントしたくなって来ましたよ。


この作品、一ヶ月位前に読みました。
何が良かったのか?と聞かれると、具体的には答えられないのだけれど、とにかく、先が読みたくて、読みたくて、困るくらいでしたわ^^
この先どうなるのか???とドキドキしながら一気読みだったのです。


最後はやっぱり涙してしまいました・・・
ほんと、この人、エリートサラリーマンのお話が多いわね。^^東大とか慶応とか実名で出てくるところも、面白いわ^^
こんな主人公がいたら嬉しいけれど。。。と言うか、いて欲しいですよね・・?
しかし、あのるいさん、気の毒ですよね?(笑)あんな、少しの欠点も無い女性が出てくるところも、すばらしい!あんな人、この世の中にいるのでしょうか・・?
超聡明、超美人、超性格良しなんて・・・それを振るほうもすごいけれど・・・


とにかく面白い作品でしたが、あのH描写のすさまじさには、ちょっと付いて行けませんでしたわ^^;アソコマデハ、No thank you!って思いましたけれど。^^
あの作品を読んだ後、「不自由な心」と言う短編集も読みましたよ。
短編はあんまり好きじゃないのだけれど、まぁ結構良かったかな?


この本を皮切りに、この2ヶ月位は、これほど人生で本を読んだことは無かったわ?!と言う位でした。将来、図書館の本を、片っ端から読むのも悪くはないわね~?とか思ったりしていましたが、今ちょっと落ち着いて来ました。


昨日の記事の事だけれど、私はまだ(いつになるんだい?!^^;)自分のブログ持ってないけれど、やっぱりコメントをくれた人には、お返事する方です。なぜなら、私がやっぱりコメントの返事をちょっと期待するから^^やっぱり一方通行は長続きしないかな?と思ったり。


夏休み始まってちょうど一週間ね?!
いろいろと怒涛の様な日々ですわ。
暇なときは暇なくせに、(当たり前か?!)忙しいとなると、一気にと言う感じで。


でもでも・・・お楽しみは、これからよん?ウフっ!


長~~くなりました。またね。

ららさんへ

こんばんは。コメントありがとう。
まず削除した記事ね。
読んでくれたのね。それなのにゴメンね。
いや・・ちょっと思うところがあって
消しちゃいました。
わりと思いつきで書いちゃったりすることあるんだけど、意外と数時間たって
読み返してみると、気に入らない記事だったりするんですよ。
なんだか暗い記事だったでしょ・・笑
その中で書いていたコメントの返信の件。
ららさんも共感示してくれてうれしかったわ。そうだよね・・、一方通行は楽しくないよね。コメントってその人の性格とか人柄が出ると感じているので私はとっても大切にしているんだよね。顔を見せない相手でも性格ってこれまたわかるんだよね・・
これがまた面白いところ。
ネットはそれが楽しいところだと思っています。話がそれたね。

白石作品ね。
ららさんはいくつか読んでいるとか。
私・・この作者意外と好き。
エリート主人公が多くて、ちょっと嫌味なところもあるけれど、だけど、惹かれるものあるんだよね。生き方とか人生考えるような深い部分が魅力的。

このお話・・やっぱり最後は泣けるよね。<あのるいさん、気の毒ですよね?>
うんうん・・そう思うわ。
<あんな、少しの欠点も無い女性が出てくるところも、すばらしい!あんな人、この世の中にいるのでしょうか・・?>
いや・・いないよ・・・笑
ちょっと現実離れはしているよね。
まあ・・仮にいたとして、やっぱりあそこまで完璧だと面白みにかけるのが欠点でもあるのかも。だって、付き合っていて男がリードなかなか取れない感じだもの。
ちょっとハメはずす女性の方が
男性としてはほっとけない。。。って思うのだろうね。
エッチ・・場面は、作者の本ってどれも結構ハードだよね。別にそこまで書かなくてもっていう感じだけど・。
不自由な心・・これは未読なのよ。
結構良かったのね。今度チェックしてみますね。

読書は今、ちょっと落ち着いてきたのかしら。ららさんも早く読むタイプですよね。
私は遅くて・・。気分によって、変わってくるのよね。

さて・・夏休み・まだまだですよね。
これからは、楽しい旅行とか・・
色々あるのね・・。
いいな・・・。
うちは、もうあんまり・・・笑
近場ばかりです。

夏バテしないように過ごしてくださいね。

お帰り~

みみこさん、お天気の方はどうだった~?
家は、この夏は、夏の終わりの旅(南太平洋海)の他に、男性陣だけで、この週末、富士山に登る予定なのよ~何が嬉しいかって。。その間、娘と二人きりだから。。。いいでしょ?^^


あの記事ね、なんていうか、結構、みみこさんの本音が見えてて、私的には好きだったのね^^たまには暗い記事もいいわよ(笑)私がブログを作ったら、そういう記事が半分位になっちゃいそうだわ^^;
根が人に頼っちゃう方だからさ、「ね~聞いて~」って、あの例のやつね^^


私も、この白石一文結構好きよ。^^
だから、この人の本を見つけると、いつも本屋でチラッと見てる。結構沢山いろいろ出しているよね~そうだよね?女は、ちょっと頼りないほうが、。。可愛いよね?って言うか、私はちょっとではなく、めちゃ頼りないけど!!^^仕事場でも、家でも、テニスでも、いつも「きゃあ~きゃ~」言ってる^^そのおかげで??結構、どこへ行っても、男の人が助けてくれるわ^^みみこさんの言う、危なっかしくて、ほおって置けないタイプらしいわ?!


土曜日に、テニス仲間に誘われて、飲み会に行ったんだ~自分の息子とあんまり年が変わらない^^;イケメンコーチも参加で、楽しかったよ。仕事(金儲け)が命?みたいな仲間とは全く別で、ま、いろんな人たちと付き合ってみるのも悪くはないな。と思ったわ。


この休みに見るつもりの映画です~♪
「くじら島の少女」「クラッシュ」「博士の愛した数学」だっけ・・・?などなど。


またね!

ららさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます~
お天気・・・曇りがちなお天気で
小雨がぱらついたりした日もあったけれど大きく崩れなかったので予定通り
行動できました。
プール&温泉&博物館見学・・楽しんで
きました・・。
ららさんのところは富士山登山があるのね。あ・・男性陣だけね。
その間は留守中はお嬢さんとのんびり
できていいよね。学生生活とかいっぱい聞けそうね。

ブログ記事・・・暗くてもいいのね・・笑了解・・。でも誰もコメントくれないと
それ見てさらに気分が落ち込んだりして・・。人に頼る・・ってそんな風には
見えないけれど・・・(って会ってはいないけれど・・・)。逆にとっても自立しているように見えるわ。行動的に感じるから。
私の方こそ、ものすごい依存性が高いわ。
昔から年上・・好きだったしね。

白石作品・・結構多いよね。
頼りない女性は、やっぱり男性はほっとけないのかもね。ららさんはきっと可愛い方なんでしょうね・・いいな・・
私はきっと可愛い気ないかも・・。
頑固なとこるあるし・・笑

テニスの飲み会・・これもいいな~~。
私は家に入ってからめっきり・・というか
まったくなんだけれど、
飲み会なんていう言葉から程遠くなってしまったわ。でも、飲むの好きなんだ・・。
そういう雰囲気・・宴会のね・・
それも好き。若い頃が懐かしいわ。
そうそう・・・趣味の仲間とのお話って
楽しいと思いますよ。
日常から離れて別世界いける感じがするし。これからもそういう機会があれば
いいね。


映画は↑にあげた中では
クジラ~とクラッシュしか見ていないけれどどちらもいい映画。是非楽しんでみてね・

暑いね~

こんにちは。楽しい旅だったようね~


そうそう!ブログではどんどん落ち込んで(笑)
私は、絶対にコメントするから^^


私ね、メールとかでは、なんかすごく活発な風に見えるらしいのね。確かに、好奇心は多いと思うのだけれど・・ある人なんかは、スーツをパリッと着こなして、バリバリ働いている女性の様な感じだと言われたこともあって、笑っちゃったわよ(私は、つくづく怠け者タイプだな?と思うから^^)見た目は、結構おとなしめ?と言うか、人からよく言われるのは、見た目と中身がこれほど違った人も珍しいって。^^深く付き合うと、結構面白いタイプだすよ(笑)
職場の男性からは、とてもアバウトな人間だと言われているわ!ギャハハ~~


みみこさんも頼っちゃうタイプなのね?
その方が良いと思うわ!家の娘なんて、可愛ぶってる奴は大嫌い!とか何とか言ってて、結構たくましいと言うか、なんと言うか・・・何でこんな親からこんな子が?と思っちゃって^^;かわいぶる必要はないけどさ~あんまり強い女はどうかと思うわ・・・


みみこさんも、お子ちゃまがもう少し大きくなると、飲み会など、沢山機会が有ると思うわ!そういう私も、友達と飲み会なんて、すごく久しぶりだったのだけれど、みんな良く飲むのには、ビックリしたわ~
(私だって、決して飲めない方じゃないのにね^^;)


クラッシュ借りて来たから、また感想書くね♪

ららさんへ

おはようございます~
コメントありがとうね。
本当急に暑くなったよね。
もう朝からげんなり・・。
そっか・・どんどん暗くなって・・・笑。
いや・・コメントしてくれるってきいて
ちょっぴりうれしくなりましたよ。
でもまあ・・明るい記事の方がいいけどね。
見た目と中身が違うっていわれるのね。
そっか・・・。私もそんな感じだけれど。
でもやっぱり、ららさんは前向きで
元気一杯・・って感じに見えるな・・。
それとなんでも手際よく物事
こなせそう・・。
面白い・・タイプ・・っていわれるのは
わかるわ・・。だってお話していて
楽しいもの。
お近くだったら是非お話してみたいと思うもの・・。ユーモアーないと
人間つまらないよね

頼っちゃうタイプ・・っていうのは
良し悪しがあるよね。
女性でもあんまり依存性が強いのも
なんだと思うし・・。
私も頼りぐせは多いけれど、
やるときはやると・・・いう姿勢で
いくつもりよ。一応母だし・・笑
お嬢さんは・たくましいのね。
いや・・・そのくらいのほうが
生きやすいと思うよ。
しっかりしていていいと思うな。
うちは女ばかりだから、自立できる・・
(かといって女性らしさは忘れない・で
欲しい・・))人になってもらいたいですわ。
飲み会・・楽しかったみたいで良かったです。↑の言葉を励みに
私もいつか飲める日を待ちます・・笑
クラッシュ感想・・・お待ちしておりますね。
これから・・・子の旅行の送迎ですわ。
行ってきます・・。

はじめまして。白石氏の本はほとんど読みました。「一瞬の光」かなりインパクトがありました。もちろん私は橋田氏とは比べ物にならないけど、彼の持つ心の闇は少し理解できるような気がします。白石氏の作品は最近のものも含めて、悲しいラストがおおいですよね。唯一、「すぐそばの彼方」だけが、やさしいラストです。読みましたか?

Naoさんへ

はじめまして
コメントありがとうございます。
白石作品はほとんど読んでいらっしゃるのですね。私は、まだ読んでいないのが
沢山あるので(すぐそばの彼方も未読
なの)、色々読みたいですわ。
一瞬の光は
印象的でした。
とりあえず、新作の「もしも私があなただったら」予約しているのですが
当分先みたいです。色々教えてくださいね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク