レスリー映画

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


さて・・・今日は映画の話。
レスリーの映画が深夜の放映されていましたね。
作品は、ダブルタップとカルマです。
以下HPにUPしたものを載せてみます。

 ダブルタップ (2000年  香港)
         主演 レスリー・チャン

香港一の射撃の名手と言われたリックは、射撃大会で
ミウ刑事と争う。その競技中、ミウの同僚刑事が、突然銃を
乱射。リックは頭を撃って彼を射殺する。
それ以来、人を撃つ事に快感を覚えてしまうリック。

感想・・・”ダブルタップ"とは、連射した2発の銃弾を同じ位置に命中させる高度な射撃テクニックのこと。
この映画は、射撃のシーンが見所でもあります。凄いんですよ。迫力があるんですよ。銃撃戦の映画というのは、いくつか
観たことがありますが、これは射撃のプロが主人公ですからね、
銃さばきは、美しさえ感じます。
映画は、その銃に魅せられて、異常な行動に走る男が主人公。
彼が経験するひとつの事件がきっかけになって、彼の人生は
大きく変わっていくのです。それだけで異常行動に走るっていう
訳ではないでしょう。普通はしないよね。
きっと、彼の中には、もともと、そういう異常な世界への(人を撃ちたいという願望)があったはず。そこらへんを突っ込んで
描いてくれたらもっと面白くなったかもしれないなと
思いました。また、彼は、そういう殺人鬼でありながら、
後半、愛する人を刑務所から出してやりたいという
理由で過激な行動に走っていくのですよ。そんな純粋な心を持っていたというのが、意外でした。彼女を愛しているんだという
気持ちがこちらには伝わってこなかったので、何故、あんなに
一生懸命になっていたのか不思議でした。
 最後は、リックとミウの一騎打ち。マンガチックな場面が
あったのが、残念。話は非常に単純でわかりやすいので、
・・・殺人鬼を警察官が追いつめて退治する・・・頭を
悩ますことはないと思えます。
 今までにないタイプを演じているレスリーの演技が
良かった映画でした。う~~ん、これからの活躍が楽しみだったのにね、レスリー。

ちなみにこの映画を観た後に「エレファント」を観ましたので、
色々考えてしまいましたよ。



カルマ  (2002  香港)主演  レスリー・チャン

ヤンは幽霊が見えるという。情緒不安定になったヤンは、
姉夫婦の紹介する精神科医ジムに診断を受ける。
ジムはそれらはすべてヤンの幻覚と考える。

感想 レスリーの遺作です。
カルマ・・・人間の行為が招く、逃れられない運命。
レスリーは精神科医です。
そもそも、幽霊なんて存在しない。自分の心が生み出す
幻覚にすぎないということを、主張した映画だったように
思います。
映画は前半と後半で大きく流れが変わります。前半はヤンの診断について。後半は、ヤンに影響されて自分(ジム)もおかしくなっていく様子が描かれます。
要は、彼ら2人が抱えている、過去の問題に原因があったということです。トラウマですよね・・・これ。
しかし、ヤンが幽霊を見てしまうという原因が、
両親の離婚に深く傷ついた、大家が、死んだ妻子の話を
ヤンに聞かせたこと・・・というだけでは、どうも納得いきません。精神的に不安定だからで、片付けてしまっていいものかな。
そもそも、私は幽霊って、見える人には見えるんじゃあないかという考えなので、それが、精神的におかしいからだといわれて
しまうと納得いかないな。かなり科学的に証明はしていると
思うけど。
で・・後半のジムについてはね。彼も暗い過去があったから
異常なものが見えてしまうみたいなんですよ。
こちらの過去の方が深刻。あれじゃあ~、心休まらないのも
わからなくないかなと思わせます。幽霊の出方ですが、前半の部分はそれなりに、ハッとさせられるところがあったのですが、
後半は、どうしてこんなになちゃうのよ~~というような
登場のしかたでしたね。増殖していました・・・笑
あの顔も最初こそ、ビックリしますが、見慣れると平気。
ラストはもの悲しい展開になります。
それにしてもすべてが終った後の2人の姿がなんだか痛々しく
感じたのは、私だけではなかったはず。
 この映画が、レスリー最後の作品となってしまっているのは、
皮肉でもありますよね。ちょっと現実とダブル部分があるのよね。

カルマのほうは、遺作ですね。恐いものに見慣れている人に
とっては意外性はないと思います。
幽霊話というだけでなく、せつない恋のお話とも
いえます。ちょっと日本的なホラーともいえますね。

レスリー作品では、「君さえいれば」が好きですが、
実は「花の影」という作品も好きだったりします。
見応えのある一本でしたよ。見た方いるかしらね~

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レスリー 春の映画上映情報だ!

この春もレスリー・チャンのメモリアル上映が東京・名古屋・大阪・京都・滋賀で行われます。香港映画が全盛だった頃の作品もいよいよ”10年”の節目を迎えるものが多く次々と版権切れとなっています。今回何がショックって、『覇王別姫』(中国映画ですが)までも国内最終

レスリーチャン

先日夜中に放映されていた「カルマ 異度空間」をビデオに撮って見ました。これは一昨年亡くなってしまったレスリーチャンの遺作と聞いていました・・・久しぶりにレスリーチャンの映画を見たのですが、相変わらず自己管理を徹底されているのは解ったのですが、やっぱり年月

コメントの投稿

非公開コメント

見ましたよ~

みみこさん、今年もよろしくお願いいたします。
『花の影』映画館で見ましたよ。
もちろん“レスリー目当て”(笑)
ラストが切ないですよね~。でも、あの退廃的な雰囲気がなんとなく良かったです。
私はやっぱり『覇王別姫』が好きかな~。

覇王別姫

わ~ずずさん、こちらにコメント入れてくださってありがとうございます。
ここは地味に活動している場所なのに・笑
ずずさんレスリーお好きだったのですね。
覇王別姫は未見なの。長いからビデオにも
手が出せなくて。今度みて観ますね。
花の影は・・・内容はわかりずらかったんだけど映像が好きでしたわ。

私も見ました♪

みみこさん、私もそれ!テレビ東京のやつですよね?
録画して見ました(途中まで。なんと途中でテープが終わって切れちゃった(>_<))
プログでこの映画とレスリーチャンについての文を、
途中まで書いて下書きに入ってる所です。

こんにちは、すずさん^^
私もすずさんと同じに『覇王別姫』が一番好きです。
レスリーチャンは、男達の挽歌や、チャイニーズゴーストストーリーを
昔、映画館で見て良いな~!って思いましたが、ファンって程じゃないから
全作品は見てないのです。
花の影も見ましたです~

同じでうれしい・・

おはようございます~
ポコアポコヤさん、こちらにも遊びに
きてくださってすごっく、うれしいです。
今後ともよろしくお願いしますね。
そうそう、テレビ東京のやつですよ。
たしか、3作連続で流れていましたよね。
ブログでのUP楽しみにしていますね。
男たちの挽歌・・懐かしいわ。
男臭かったよね~~~~。

こんにちは^^

みみこさん、TBが出来ないのでする・・・
何かTBの所がクリック出来ない様になって
しまっているのだけれども・・・

来て下さってありがとう~(^O^)
みみこさん最近の映画も一杯色々見に
行かれてますよね!!いいな~
やっぱり映画館で見るのが良いですよね☆

来ていただいたのに・・ごめんね・・

ごめんなさ~い。今直しましたので
OKだと思います。
そうそう、ポコアポコヤさんのお好きな
映画・・、近いうちにUPしますからね。
是非とも・・お話したいですので
待っててくださいねい♪
あ・・今そちらをちらりと拝見してきましたがファーロングの写真だなんて・・
貴重なものお持ちなんですね。凄い!
あと・・勝手にリンクしていますけど、よろしいでしょうか~~。


いえいえ^^

はい!それじゃ今からTBさせて頂きますよん~♪
映画、鏡だったのですね~
うははは(^O^)これからそちらの方に
コメント書いて来ます☆

リンク、ありがとうございます!!
非常に光栄でございますm(_ _)m

TBありがとう

これからもよろしくね~~
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク