フライトプラン

フライトプラン  (2005  アメリカ)


監督 ロベルト・シュヴェンケ
脚本 ピーター・A・ダウリング 、ビリー・レイ
音楽 ジェームズ・ホーナー


出   ジョディ・フォスター 、ピーター・サースガード 、ショーン・ビーン 、マーリーン・ローストン 、エリカ・クリステンセン
 

  事故死した夫の亡骸を乗せた飛行機に、
娘のジュリアとともに乗り込んだカイル(ジョディ・フォスター)。
精神的に疲れていたカイルは、しばし、眠り込んでしまう。
目を覚ますと、隣にいたはずの娘がいない。。
必死で探すカイル。
しかし、誰一人として娘の行方を知るものはいない。
そして乗務員が意外な事実を告げる。
娘さんはすでに死んでいて、初めからいなかったのだと・・。


感想   宣伝がうまいですよね・・この映画。
子供がいなくなった・・・・誰も知らないという・・・
乗務員が意外な事実を・・・・夫とともに娘は死んでいた・・
え・・・なぜ・・どうして・・・。
何度もこういった予告を見てしまうと
どうしても真相が知りたくなります。
娘はいたのか、いないのか・・・
思わず、劇場に走ってしまいますよね~(実際は走っていないが・・笑)

でもこの好奇心そそられる設定というのがくせもので・・
だいたいにおいて、満足する結末を用意しては
くれませんね。
ですからこの手の作品は、期待しないで観るのが一番です。
<衝撃的なサスペンス・アクション>とあるこの映画で、
たぶん、衝撃は味わえないだろうな・・と思っていましたから
真相を聞いてものすごくガッカリしたという気持ちはなかったです。
でもせめて、ドキドキするようなアクションシーンを
もっと用意してもらいたかったな・・。
息詰まる、手に汗握る・アクションっという感じがなかったように
思います。
大きいといっても所詮限られた空間ですからね。
飛行機の中で、あんなことも、こんなこともしちゃって、凄いね・・・っていう思いをあまり感じなかったです。付けくわえて
怖い、恐ろしいという思いも感じなかったですね。


前半は、娘の失踪という謎で多少なりともひっぱていける
要因があったのに比べ、後半真相が見えてからはどこを見所にしていいのか、わからないほど、つまらなくなり、見ているのもつらく感じました。
もういいや・・・って感じ。

カイルが娘のことを思って懸命になっているのは
わかりますが、映画を観る限り、はた迷惑なおばさんにしか
映らないのも、面白さを半減させていますよね。
私は子供をもつ身ですから、本来ならとっても理解できる主人公に
なるはずなのに、そう思えない・・。これは残念です。
子供がいなくなったときって、本当パニックになるんですよね。
経験あり・・・笑。
だいたいにおいて自分の不注意からというのが多いので
物を尋ねる場合、謙虚な姿勢になるはずだと思うのです。
迷惑かけているわけだしね。
確かに誰も自分を信じてくれなくては、混乱するのは
当然だろうけれど、それにしても、行き過ぎと
感じられるところもありますよね。
ヒステリックに叫び、自分の主張ばかりを通しすぎるのが
ややオーバーに描かれていたからかな。


冷静さを保って、話をする機長は立派です。

ビデオでも十分な映画かもしれませんね。

あ・・・真相・・・オチですが、やや強引。
突っ込みどころも多いです。
でもイチイチあげてもつまらないので、やめますね・・・笑

違った面でみるといいでしょうね。
人間って結局、自分よがりで勝手な生き物だって。
自分さえよければいいと思っているんじゃないのって。
傍に子供がいようがどうしようが、
他人にはまったく興味がないということの表れでもあるような
気がします。あと、前の席の子供はうるさかったでしょ。
ああいう風に騒いでいたりすると存在感があって意外と他人は
覚えてくれているのかもしれないですよね。
黙って眠りこけてしまうような子供は印象も薄くなるのかしらね。
アピールしといたほうがいいかもね・・・あ・・でもこういった
発想がひとりよがりになるんですよね。やっぱり機内では
お静かに・・笑

アラブ人に関しては、偏見ですか。見ていたら批判されるんじゃあ
ないでしょうか。
扱いひどかったですよね。
夫も、なんだか非運の死のようで、
浮かばれないです。死に顔ばかりで登場してきてもね・・
可哀想。


C0000568_0.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フライトプラン

フライトプランジョディ・フォスター (2006/05/24)ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントこの商品の詳細を見る[監督] ロベルト・シュヴェンケ[出演] ジョディ・フォスター,ショーン・ビーン,ピーター・サース

フライトプラン

本日は映画の日につき、六本木ヒルズにて「フライトプラン 」、見てきました。この映画、とにかく話題は天才子役として脚光を浴びてから現在まで、一線で活躍する、ジョディ・フォスターが主演ということ。ただ、アカデミー賞主演女優賞2回受賞の名女優も、どうして

フライトプラン

『フライトプラン』 2005年アメリカ(98分)監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ジョディ・フォスター   ピーター・サースガード   ショーン・ビーン   マーリーン・ローストン   エリカ・クリステンセン...

「フライトプラン」

可も無く不可も無くってとこでしょうか。終盤のねたばらしは、驚きも新鮮味もほとんどなく、いきなりちょっとつまらなくどこかで観た既視感や古臭い感じもしないではないが・・・。中盤まで、ジョディ演じる母親が必死の形相で、他の乗客に大・大・迷惑な言動を取るあ....

映画鑑賞感想文『フライトプラン』

さるおです。 『FLIGHTPLAN/フライトプラン』を観たよ。これは良作です。素晴らしいです。おもしろかったぞ! 監督は『TATTOO/タトゥー』でデビューしたドイツの新鋭ロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)。 脚本は、監督デビューも決まっているイギリス人ピーター・A・

フライトプラン

アメリカ監督:ロベルト・シュヴェンケ出演:ジョディ・フォスター    ピーター・サースガード    ショーン・ビーン    マーリーン・ローストン夫を突然の事故で亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイルは夫の遺体を引き取り6歳の娘ジュリ...

▼フライトプラン(1/28公開)

2006年1月29日公開のフライトプラン。ジョディ・フォスターといえば、パニックルームを思い出しますが、今回もハラハラドキドキの展開でしょうか!?待ち遠しい~~~!!!■ムービートレーラーはこちら 追記(2/2)フライトプランかなりおも

フライトプラン

人を信じる事の大切さが伝わるサスペンス映画。

フライトプラン

夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、6歳になる娘のジュリアを連れてベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E-474。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。...

「フライトプラン」

 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」と「

フライトプラン

●『フライトプラン』2006年1月公開。ジョディ・フォスター久しぶりの主演映画。もう、43歳。作品選びに慎重なのかなかなかお目にかかれない。意外だったのは『ロング・エンゲージメント』に出ていた事。しかも、脇役で。そういう時期にきたのかもしれない。...

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します

みみこさん、こんばんは(^^)
コメント&TBありがとうございました!
こちらからもTBさせて頂きます。
>他人にはまったく興味がないということの表れでもあるような
この部分頷きながら読ませて頂きました。
ほんと周囲がいかに他人に無関心かがわかる作品でもありましたね。
と同時にカイルも周囲を気にしない(苦笑)
ともあれアラブ人にはなにか謝罪の一言もあっても良いですよね…。
この一件で乗客の中で誰かがカイルに恨みを抱いて、また娘を人質に彼女を陥れる…なんてストーリーで2が出たらどうしよう…とお馬鹿なこと考えてしまいました(^^;

かのさんへ

こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。
内容で満足したかったですよね。
面白い設定だとは思うのですが。
<同時にカイルも周囲を気にしない>
アラブ人をせめ立てるところなんて
凄かったですよね。
あの冒頭で窓辺にいたのは
彼らではないのですよね。
思わせぶりな感じがいくつかありましたよね。↑ストーリーで2・・納得、納得。
ありえるな・・・笑
舞台は・・今度は豪華客船とか・・。
ダイハード並になりそう・・・笑

みみこさん、こんばんは。悠雅です。
関係ないことでこちらにコメントしてごめんなさい。
もし、よろしかったら、わたしが受け取った『色バトン』
次に受け取ってくださいませんか。
詳しくは、当方にて。
よろしくお願いします。

やっぱり?

みみこさん、ちょっとのお久しぶりです!私は、個人的に、ジョディーフォスターって好きなのですけど、この映画はどうかな・・・?と思っていました(何となく)前に見たパニックルームもそれほどでもなかったから。映画館に行ってまでは見る価値はないって感じかな?「アンナと王様」は結構好きでしたけどね^^


さてさて、今日は、「シンデレラマン」を見てきました。家の近くにね、ちょっと前の映画を、お安くって所があるのを知って、先月の末からはまっています^^前回は、「ラベンダーの咲く庭で」を見て、中々感動。今回も、中々良かったと思います。以前みみこさんが書いていた所を、今もう一度見ていました。そうですね?ほんと、ほんと、あの夫婦愛はすごいかも?お金がなくなると、ボコボコ喧嘩しそうなところだけどね。^^それと、レネーの熱演はすごかったと思いました。私個人的には、ラッセルクローより、彼女の方が映画での見せどころは多かった様な気がしました!


ところで、あのラッセルクローを支えていた人ね。千田光男(知ってます?)にどことなく似てませんか?(爆)


ところで・・・娘さんのインフルエンザ?は治りましたか?家は、娘が沖縄から昨日帰ってきてね。「沖縄に永住したい~~♪)なんて叫んでいましたよ。^^
確かに、沖縄、ハワイ、素敵な所ですものね?私もね、アルバイトやテニスや映画や・・・語学の勉強もちょこっとね。最近結構充実しているな~なんて、思っています。春からは、ちょっとさびしくなるかもですけどね。(またそのことはいつかお話しますね!)じゃまたね~

viva

みみこさんこんにちわ~
私もこれ先日見に行ったのですが、
期待しすぎちゃって失敗しました☆
一応サスペンスなのに、何のひねりも
感じられませんでしたね(^-^;

悠雅さんへ

こんばんは。
アイボリーのみみこです~~笑。
了解しました。
詳細も見てきました。
後ほど回答させていただきますね。

ららさんへ

こんばんは。
ジョディーフォスタ・・演技派ですよね。
パニックルームと似たような感じに
なってしまったみたい。
今回も強い母のイメージです。
実生活でも母ですものね。
説得力がありますよね。
これはビデオでも、テレビ放映を
待っても・・いいかも。アンナと王様
は未見なの。面白いかな・・。

で・・映画はシンデレラマンね。
夫婦愛の映画でしたよね。
ボクシングシーンは迫力物で
思わず身を乗り出してしまいましたよ。
リアルでしたよね。
そうそう・・・レネちゃんの愛情の深さには感動するよね。いい奥さんがいてこその
あの夫・・・ですよね。
近くに劇場があるなんてうらやましいです。割安だとついつい足が向いてしまいますよね。ラベンダー~は未見。
これは是非見たいわ。音楽もいいんでしょ?あ・・クローのセコンドの人ね。
せんだみつお・・・説。
ハハハ~~~。あのうるさいところが
似ていたよね。いい人だったけどね。
子供のインフルエンザは完治です。
お気遣いありがとう。
ららさん充実した毎日みたいですね。
<春からは、ちょっとさびしくなるかもですけどね>
どこかに行かれるのかしら・・
また教えてくださいね。

vivaさんへ

ひねり欲しかったですよね。
結構面白い題材だったと思うのにね。
意外とあっけない・・というか、
な~~~~~んだ・・・というか
普通の感じでしたね。
驚きの結末というのを最近みていない
ですね。

こんばんは!

TBとコメントありがとうございました。

悪く無い作品だとは思いますが、
ジョディが暴れまくり、個人の事しか考えずに行動した点には同情の余地なしです(笑)
やっぱオチに問題あり!でしょうか。

稲葉さんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
あまり期待過ぎないことが大事かも
しれませんね。
ジョディが体当たりの演技でしたね。
そこは見所かな・・・
オチ・・ちょっと犯人しょぼいような・・
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク