悪い男

今日はギドク監督を何本か紹介。

悪い男  &  悪い女・・・は以前観た
感想をUPしております。
最近見たのは受取人不明・・・とサマリアです。


悪い男  (2001  韓国)    監督  キム・ギドク    出   チョ・ジェヒョン(ハンギ)   ソ・ウォン(ソナ)

ヤクザのハンギは街で見かけた女子大生・ソナに一目惚れをする。
そして突然のキス。ソナの自分を見下したような態度に腹を立てたハンギは彼女を娼婦街の女へと
引きづりこもうと企てる。


感想  主人公ハンギは、松ちゃんか、山本太郎か・・・という風貌の男。日本人には馴染みのあるヤクザさんです。
でも日本のヤクザ映画のように、闘争が、メインの映画ではないのです。
ラブストーリーなんですよね・・・それもある意味、純愛と思われる恋愛映画。
ただかなり屈折した愛情表現なので、万人受けするとは思わないし、下手をすれば、嫌悪感をもつ方もいるような・・・
そういう映画だと思います。
でも私・・・・これ好きです。良かったです。ちょっと、ウルウルきました。「オールドボーイ」を観た時のように、
ドカ~~ンと心に響いた作品でしたね。音楽も嵌りそうなくらい・・好みでした。
ハンギは、劇中一言も口を利きません。正確には後半、叫びのような声を吐き出すのですが、それ以外は
全くといって無言。
だけど、子分たちを仕切る兄貴分としての手腕は相当なもの。彼の行動が、目線が、言葉以上に物を言っているのですよね。
いや~、これぞ、ヤクザ。甘ちょろい世界には、まったく無縁。暴力の中で生き抜いてきた男の中の男という感じが
オーラーとして出ていましたからね。
もう冒頭のフランクフルト?ソーセージか?をむしゃくちゃ食べるシーンから、ひきつけられてしまいました。野蛮な感じなの。
そんな彼が、女子大生のソナに、関心を持つのよね。
ソナは、西洋美術史に興味がある、清楚な雰囲気を感じる女性なんだけれど、どうも映画を観ていくとそれだけの女性では
ないように思われるの。  不道徳なこともさりげなくしちゃうような(具体的には本屋での出来事なんだけれど、これは
映画を観て確認してね)したたかな面も持ち合わせているの。
だから、彼女が恋人との関係を結ぶのに拒否感を持ち合わせていることに、ひどく意外性を感じてしまいましたね。
。(注・・同監督の「青い門」でも処女性にこだわる女性と、性にオープンな娼婦というキャラが
でてきます。非常に似ています。お好きなのかな・・・こういうテーマ)
そんな彼女ですが、ハンギの罠に嵌って、娼婦として働くハメになります。
う~ん、それからの展開は女性としてはつらい部分がないといったら、嘘になるかな。やはり、好きな男にと思っていた自分が
ああいう風に男にいいようにされてしまうのを観るのは、いい気分はしません。
また、ハンギはこの彼女の姿を、マジックミラー越しに黙って観続けるんですよ。まともな神経だったら、こいつはストーカーの
変態野郎だと思ってしまいますよね。(でも私・・・まともじゃあないから・・笑、)
ところが・・・ところがですよ。彼・・・・彼女の困っている時には必ず、助けを出すのです。
彼は愛し方を知らないのだと思うのよね。とりあえず、自分の感情の赴くまま行動したら
彼女を娼婦の世界に引づり込むという結果となってしまった・・・このときの感情は、たぶん、復讐心(侮辱されたことへの憤り)
だったと思うのだけれど、一方では愛情表現の裏返しともとれるのではないかと思いますね。
つまり彼は、自分と同じ境遇の中に彼女を置いておきたいという気持ちがあったということ。独占欲、所有欲の表れですよね。
これは、彼にとっての愛情なのですが、まあ・・・やられたほうは、迷惑としかいいようがありませんね・・・・笑
ここで、不思議なのは、彼が彼女に手を出さないこと。男に抱かれる彼女を見て・・最初はいらだっていたみたいだけれど、そのうち
あきらめるようになって、ただただ見つめ続けるでしょ。ここら辺は、理解に苦しむところなんだけれど、愛する女が
他人に抱かれても、平気だという神経・・・これはもう、体なんて関係ないよね・・・という感覚なのかしらね。娼婦街で働く人間に
とっては、体の関係はなんの意味もないこととでも思っているのではないでしょうかね。
精神的な面で繋がっているのもまた、愛するっていうカタチでもあるのかしら。多少、ついていけない感覚ではあります。
映画のラストもね・・・ハッピーエンドととらえましたが、複雑な思いがよぎりましたね。
ああいう関係でしか寄り添うことができないのかと思うと悲しくも感じたし、逆にああだからこそ、2人は生きていけるのかと考えて
みたり・・・悶々としました。   私はね、この中で描かれる娼婦が、特別な存在として感じられなかったの。
映画としても、そう見てほしかったのではないかなって思ったの。だからああいうラストが出てきたのかなって。
男に体を売るっていう行為は、あくまでも仕事の一種。職業みたいなものだと。つまり、社会的に汚れたもの、不謹慎なもの
という捕らえ方をしないで、それもまた人生の選択のひとつとして立派に成立するのではないかと肯定的な意味に捉えているのでは
ないかなと思いました。そうはいっても、女としては簡単に納得できない部分もありますけどね。
映画の中では幻想的な場面もありました。解釈も色々できますが、想像力を膨らませることができて、私としては
とても好きな場面でした。
観た方の感想、是非ききたい映画の一つですね。              
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チョ・ジェヒョン好きデス(^^)

みみこさん、一杯書くところがあって、連発でごめんなさい(^^;)
みみこさんも良い印象受けられたみたいで嬉しいナ(回りで彼好きな人いないから)
受取人不明で犬商人やってる時とは雰囲気違ったよね。
それにしても、みみこさんは、やっぱり文章書くのが上手だわ!読んでいて、とっても楽しいし、映画の色々な部分が浮かんで来るよ。私なんて、もう稚拙な文ばっかりだから、恥ずかしくて、ブログ辞めたくなっちゃう時が多々あるよ・・・

この映画、私も面白かったわー。凄くつまんない文だから、TBはるの辞めよう・・・と思ったけど、せっかくだから、やっぱり貼っておくかな・・・考えておくわ(爆)

上の青い門についても後でコメント・TB書くね!
これから、でかけなくちゃならないから、また後で、来るわ~☆一端、バイバイ(^_^)/

latifaさんへ

まあ・・何をおっしゃいますか。
私なんてただダラダラ長いだけで。
いつもながら何言っているだか
わからないでしょ・・・笑。いつもお付き合いしてくださり感謝ですわ。
latifaさんのように、鋭い文章に憧れるのよ。それに色んな話題が載っているしね
観ていて楽しいブログですもの。いいわ~~チョ・ジェヒョン・・・お好きなのね
やっぱりこの監督の作品に沢山でているのかな。魅力は声と目かな。
TBはこちらからもあとでしますね。

こんばんは~。
「悪い男」は心に残っている映画です!
好きな女の子を娼婦に貶めちゃう、という観ててかなり苦しい話ですけど、
あのラストシーンがとても好きです。
私は意外と素直に受け入れられるラストだったんですよね。
そこに至るまでの過程で慣らされてしまったのかもしれないです。
ギドク監督作品は他に「魚と寝る女」だけしか観てないですが、「サマリア」など他の作品も気になってます!

リカさんへ

こんにちは。レス遅くなってごめんなさいね。悪い男のラスト・・ちょっと色々考えたくなる結末ですよね。私は、それしかないのかな・・・ってちょっと悲しくなりましたけれど・・・。まあ、ともにそれで
関係が持続できるのなら、いいのでは・・。
私は幻想的な海での場面が好きですね。
癖のある内容なので、この監督さんの作品は好き嫌いが分かれますよね。
思うところは色々あっても私は嫌いじゃないですわ。
魚と寝る女・・おお~~ご覧になられたのですね。聞くところによると相当**だとか・・笑 私は未見なの。探しても無くてね。残念。今後も目の離せない監督さんですよね。
サマリアは是非~。リカさんの感想が
聞きたいわ。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク