受取人不明

受取人不明 (2001  韓国)    監督  キム・ギドク

出  ヤン・ドングン(チャングク)
   パン・ミンジョン(ウノク)
   キム・ヨンミン  (ジフム)
   チョ・ジェヒョン  (ケヌン 犬商人)
   パン・ウンジン   (チャングクの母)
   ミョン・ゲナム   (チフムの父 キム・ジュンホ)

混血児チャングクは,村はずれにある赤いバスの中で母と2人で
暮らしていた。母は自分を捨てた米軍の男にひたすら手紙を
送っているが受取人不明で返却される毎日。チャングクは英語ばかり
話す母に嫌気が差しており、また差別される自分の立場に
苦しんでもいた。チャングクは母を慕っている犬商人の元で働きもしていた。しかし、犬相手の仕事にはつらさを感じていた
幼い時,兄が誤って撃った玩具の銃に当たって片目を傷つけてしまったウノク。そんなウノクが好きな寡黙な青年ジフム。
若者達に起こった悲劇とは。

感想 ギドク監督第六作目。
DVDには監督のインタビューも入っており、それで
わかったことなのですが、自伝的な要素の強い物語のようです。
それを聞くとますます、もの悲しくなりますね。
舞台は70年代の韓国。
アメリカ軍の基地がある村での話です。
すべてにおいて悲しかったな・・・。
一生懸命生きようとしているだけなのに、思うとおりに生きることの
できないことってやっぱりつらいよね。知らず知らずのうちに
自分達の望んでいる道から遠くなっていってしまっている現実。
受け止めたくなくても、受け止めるしかないんだよね・・。
そうしなければ生きていけないのだから。

混血児チャングク・・自分の出生の経緯を憎んでいる反面、父親恋しいの部分もあったんでしょうね。そういった感情、自分でも整理しきれなくって母親につらく当たってしまっていたんだろうと思いますよ。
未練がましくアメリカ兵を待ち続ける母が哀れでもあり
情けなくも感じていたゆえ、母親に手まで出してしまっていたんだろうな。好きで自分の母親に暴力なんてふるわないよね。彼は彼なりに
ものすごく苦しんでいたんだと思いますよ。それに周りの彼に対する
態度ね。明らかに差別でしたよね。ますます、孤独になっていきますよね。
彼をこき使う犬商人。
いや・・参いりましたよ・・。他の映画館でも犬を食するっていうのを
観たことがあるけれど、この映画で出てくるとは思いもよらなかったのでビックリ・・でした。それがまた、直接的な場面は見せなかったけれど、かなり残忍だったでしょ。首吊りにして叩きのめして、包丁でさばいて・・・(書くなって!!・・・)。牛、馬だって食される動物なんだからと思いはするものの・・可愛いワンコの姿を知っている分、気分は暗くなりました。
あわせてお話自体も全体に暗いから二重苦でしたね。殺し方・・・もっとなんとかならないのって感じましたよ。
この犬商人は(悪い男の主役の方ね。目力が凄いよね)
チャングクの母親に好意をもっているので、母親につらく当たる息子
チャングクを好ましく思っていないみたい・・。一方のチャングクも
横暴な仕事ぶりの彼にしごかれて、いい風に思っていないみたい。
こんな仕事関係ってイヤだわ。
仕事に使うあのかご?・・(犬をいれて置くためにバイクについているかごね)には、大人の男の人も入ることができるのね。
なんだか妙でしたわ。

目を傷めているウノク。自分の目を治したいと常に願っている毎日
です。彼女の傷は兄のせいですが、この兄・・しょうがないヤツですね
嫌いでしたね。彼女は犬を可愛がっていました。心優しいのね・・なんて思っていたらお部屋で犬相手に○○をしているんですね。
ちょっとビックリ・・。性に目覚める年頃ってこんな感じなのかしら。
犬相手で・・・か。それをのぞく・・ジフム。
彼女に気があるんですね。
2人の気持ちが同じであるっていうことは話の流れの中で
次第にわかっていくのですが実に淡々と描いていました。
状況説明のセリフ、設定があまりない映画なので、想像力を働かせる
部分も多いのですが、それは苦痛には感じなかったです。
2人の間に入り込んできたのがジェームズ。
米国兵です。彼はウノクの目を治すための条件として恋人になるように
迫ります。
彼女の選択を批判はできないよね。目を治してくれるっていうことは
とっても大きいことだから。代償はしかたがないと思うしかなかったのだと思いますよ。このジェームズ。麻薬もやっているし、女をそんなことでしかつなぎとめることができないのだから、どうしようもないヤツなんだけれど、憎めないところもあったわ。
彼も異国の地で淋しさを感じていたに違いないのだから。

皆が戦争の結果苦しんでいるんだ・・・そういうことなんじゃないの?

ウノクを好きなジフム。彼は肖像画が得意です。この絵が得意というキャラはよくこの監督の作品に出てきますが、監督自身の姿でも
あるんですね・・。ジフムは普段はおとなしそうだけれど、いざというときにはものすごい行動力があるんですよね。
好きな女性のため、友人のためには、なんでもするようなそんな
強さももっていたな・・・・・・・。私、
刑務所内で(かな?)、今まで自分をいじめていた彼らに反撃をかけたときが、それをしみじみ感じたわ。
普段目立たない人ほど、こう・・と思ったとき、ものすごい力が
でるのね。

結局、この3人の若者には、悲惨な出来事しか起こらなかったように
思います。救いようがない悲惨さでした。
特に、チャングク・・・あんなあっけなく・・・。
それもあんなカタチで・・。これって、某映画を思い浮かべませんか。
足だけの姿ってね・・・。横溝さんのね・・・・映画ですよ。
強烈な最後だったわ。

受取人不明・・これはチャングクの母が出している手紙。
結局、最後まで受取人不明のままでした。
読むことができなかった手紙。
何が書いてあったんでしょうね・・。
そこもまた不明のままです。

最後は畳み掛けるように、衝撃的な場面の連続でした。
暗いな・・重いな・・。
こんな状況下で青春を送らなくてはいけなかったという事実を
しっかり脳裏に焼くつけておくことも必要ですよね。
平和な時代のありがたさ、青春時代の思い出をいまだ
大切にできる自分を幸せに感じたりもしました。
時代が変わっていたら、そうはできなかったのだから。
uketori.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

怒りと痛みの哀歌~『受取人不明』

 ADDRESS UNKNOWN 70年代韓国、米軍キャンプに程近い村を舞台に、三人の男女の残酷な青春の日々を描いた衝撃作。監督はキム・ギドク、私にとっては8番目のキム・ギドク監督作品。主人公の一人は監督自身を投影し

NO.119「受取人不明」(韓国/キム・ギドク監督)

「見たくはない世界」に包囲される若者たち。「自分の創る映画はすべて、キム・ギドクという名の映画を構成する<ひとつのシークエンス>だ」と監督自身が語る。傲慢とも受け取られかねない強烈な自我意識だ。「受取人不明」は2001年の製作。2003年の「春夏秋冬そして春」以

「受取人不明」感想と、手紙文面(映画に無い部分)シナリオより

受取人不明 Address Unknown(2001)キム・ギドク監督を見てみました。上はロシア版写真  他のポスターは下部に(それより下はネタバレ注意!)まずは、主要登場人物2名が、情がう

コメントの投稿

非公開コメント

あの手紙の内容読んで~ヾ(≧∇≦)〃

みみこさん、DVDには特典映像で監督のインタビューも入っていたのね?あ~あ、私もそれ見たかったな。
横溝さんの・・、私も同じこと思った!!
最後の手紙の内容、良かったら、書いてあるから、読んでおくんなまし~~~ヾ(≧∇≦)〃
TBさせてネ♪

latifaさんへ

DVDのインタビューではね。
これは実体験に基づいたお話だとか
あと撮影中大変だったことを
いくつかお話していたわ。
やっぱり、後半のシーンね。
チャングクが埋まってしまった姿を母親が
発見するシーン。
あそこのシーンの撮影が大変だったって。
あと犬にヒモを引っ張らせるシーンが
あったでしょ。あれも撮影が難しかったって、動物相手だからね。
了解~。
手紙の部分読みにいくね。

みみこさま、こんにちは~。
夏休みも最後の週ですね、宿題終わりましたか? ウチはあともう少しです、ふぅ。。
さて、この映画やっとやっと観ることが出来ました。
犬のシーンは、もう痛かったですね。。愛玩物であり、食材でもあるっていう感覚がね。。
基本的には青春ドラマなんですけど、私は母の愛が一番印象的でした。
ギドク作品はこれで8本目、何とか全作品観たいです。
TBさせていただきました!ではでは~。

真紅さんへ


おはようございます~
夏休みいかがお過ごしですか。
宿題・・う~~ん、まだです。
自由研究が・・・
頑張ります・・(って私?が・・笑)
この映画、クスリと思える部分もありましたが
同時に痛いシーン多かったですよね。
犬はね・・・可哀想でしたわ・・。
日本とは感覚が違うからね・・・。
母の愛・・・強かったですね。
特に息子だからかな・・・・。一生懸命守っている
という感じでした。
凄い・・・8作ですね。
制覇頑張ってください・私も追いつきたいです~~
あとでお邪魔します~~

はじめまして
私はチョ・ジェヒョンさんの大ファンです、演技力は最高で魅力的な俳優です。男として愛を感じてしまい、映画を見ているのです。人生に疲れ望みを失ったことを救ってくださいました。ジェヒョンさんに感謝しています愛しています。生きていくことに喜びを見いだしました。

ゆりさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
チョ・ジェヒョンさんのファンなんですね。
この映画でも印象的な役柄でしたよね・・・。
お気に入りの俳優さんが頑張っている姿をみると
こちらもエネルギーいただけますよね。
こらからもどんどん活躍して欲しいですよね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク