酉・映画

今年は酉年ですね。
酉・・鳥の映画というと皆さんは何を思い浮かべますか。
昨年の申よりは思いつく映画は多いんじゃあないかな。
申・・猿っていったら、ゴリラまで飛んじゃって
キングコングとかマイティージョーあたりに話題が
いっちゃうでしょ。

ということで、話を元に戻して、鳥映画ですが、
やはり有名どころでは、ヒッチコックの「鳥」でしょかね。
あれは恐かったよね。子ども心に、動物って恐いと
思ったものですよ。
う~~ん、最近では「WATARIDORI」なんていう映画も
ありましたね。これは未見なんだけれど、鳥の映像が
素晴らしいとか。癒されそうですよね。
グースなんていうのはどうでしょう。
可愛い鳥ちゃんでしたよね。
アンナちゃんの演技も良かったし。
チキン・ランは??
これも未見だけれど、にわとりなんですよね。主人公。
今の年にまさにピッタシっていうところかしら。

今日HPに、「ポーリー」というオウムが主人公の
映画感想を載せました。一応、鳥・・笑
ディズニーランドのジャングルクルーズで見かけるように
本物ソックリの動きをした鳥が出てきます。
最近の技術は凄いですよね。

ちなみに、来年は戌年。
戌・・犬の映画の方が話題が広がりやすいですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とりえいが

鳥映画って意外に少ないですよね。特に鳥が主人公のものとなるとかなり少ないような。
「wataridori」は私は大好きな作品ですが、好みはわかれるみたい。あとは「チューブ・テイルズ」の中の一編「手の中の小鳥」とか。
ダイレクトに鳥をどうこうする映画より、自由や翼の隠喩として効果的に使われてるものの方が多そう。

とり・とり

チューブ・テイルズにもそういえば、
出てきましたね。ジュードやユアンの
監督作品が入っている映画ですよね。
wataridoriはやっぱりいいのね。メモメモ
確かに鳥をみていると自由を感じますものね~~
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク