セクレタリー・・・マギー・ギレンホール、婚約、妊娠だしね・・・

芸能ネタから・・

<マギー・ギレンホール、婚約、妊娠・・・・>
『モナリザ・スマイル』のマギー・ギレンホールが、恋人のピーター・サースガードと婚約をしたことが発表され、同時に妊娠していることも明らかになった。二人は、2003年にスティーヴン・ソダーバーグ監督の低予算映画『イン・ゴッズ・ハンズ』(原題)で知り合い、交際を始めた。同作品は公開されていないがその後、ギレンホールは『セクレタリー』、『アダプテーション』などに出演。サースガードは『フライトプラン』、『愛についてのキンゼイレポート』などに出演している。マギーは、ジェイク・ギレンホールの姉。

ええ・・・・・・知らなかった・・。N0008198.jpg


いつの間にお姉さま・・・・笑

ということで、お祝いしなくちゃ・・・ね

これもブロークバック~のつながりになるのか・・・・・・笑


セクレタリー     (2002 アメリカ)   
監督   スティーブン・シャインバーグ 
  出  マギー・ギレンホール(リー)
     ジェームズ・スペイダー(グレイ)
     ジェレミー・デイヴィス(ピーター)
リーは、精神的追い詰められると、自分を傷つけてしまう(自傷癖)という女性。
精神病院にしばらく入院していたが、やっと退院。社会復帰のために、秘書の仕事に応募する。
見つかった就職先は、エドワード・グレイという弁護士の事務所。
そこでは、上司グレイの過激とも言える命令が、彼女を待っていた。
しかし、彼女にはそれがいつしか快感に変わってくるのに、気づき始める・・
彼女の隠されていた部分が、次第に明らかになってきて・・・。

感想  かなり癖のある映画だったけど、面白かったです。
ちょっと風変わりな(かなりか~笑)性癖をもった2人だけど、とっても可愛らしかったですよ。
自分の気持ちに正直になっていくところなんて、見ていてある意味、感動すら覚えました。
うるうる~きてしまったよ。
お互いの求めているものが、同じだなんて、これこそ、運命的な出会いといえるんじゃあないでしょうか。
よ~し、はっきりいいましょう、笑。
サド的趣味のあるジェームス・スペイダーが、、自傷癖があるマギーを、自分の世界に引きずり込んでいくんですよ。
まあ・・・細かいことにイチイチうるさい上司なんですけどね(この時点で、私なら、ダメなんですけけどね)
マギーはね、「私は秘書だから、グレイさんの言うとおり
懸命に尽くすわ~」と健気に振舞っていくわけです。
でもでも、次第にエスカレートしていって、途中からは、お尻をペシ~と、叩かれる・・・・・・そういう仲へと
変わっていくわけ。
たぶんね、最初は、あらま~と、びっくりしたように、思っていた彼女だったけど、(たぶん、そうだろうな~)
自分を傷つけるよりも、なんだか、気持ちがすっきりするじゃない?いい感じ・・、もっとしてよ~(たぶん、そういう気持ちだろうな)
と、どんどんその手の世界に(マゾね)嵌っていくわけ。彼によって、開眼していくのよ。女性としてはうれしいことなんじゃあ
ないの。そういう自分が許せないって言うなら別だけど、この彼女は喜んでいるわけでしょ。
感謝、感激じゃあないですか。
普通だったら(私みたいな人の感覚ではね)、こんな上司、気持ち悪い~ってことになるんだけれど、マギーにとってみれば、
自分を開放させてくれる貴重な存在なんですもの、離れたくないですよね。
いいと思いますよ、お互いがそれで幸せを感じられればね・・・・。
こういう内容だと、エロチックぽい、一部マニアック趣向の方向けの映画と、みられがちだけど、
私は、ある意味純粋な恋愛の形だと思って(捻じ曲がっていようとも、純粋さはあると思うよ)、
気持ちよく受け入れられましたけどね。  そんなにエロクなかったし・・・。怪しい場面は
一部分で、むしろ、アハハ~、やってる、やってる・・・って、楽しく鑑賞しましたよ。あ・・・笑い事じゃあないんだよね。
品位落とさないで、一般人にも充分通用する映画(やっぱり、私だけか)になっているのは、凄いと思いました。
     
あとね、この神経質で完璧主義の上司のグレイ役の、ジェームス・スペイダーは、はまり役すぎて、怖いくらいだったわ。
壁の隅で見つめる、あの欲望丸出しの目つき・・・いや~、イヤダ~と思いながら、でも、憎めないよ・・・私、笑。
妙に息荒くする場面では、思わず、笑ってしまいましたよ。マジでそうなのかな・・・て。
そんな怪しい彼だったけどね、結構、悩んだり、いざというときには、臆病になったりするところがあったのが、
とっても印象的。結局、この映画の中では女性の方が押せ押せになっていったわけですから、女性は強いってことを
しみじみ感じましたわ。
マギーは、体当たりの演技でビックリ。ここまで・・・よくやったな・・・とほめて上げたい気分です。
ジェームス・スペイダーの弁護士事務所・・・壁が赤なんですよ。仕事しているのかしら・・・と思えるお部屋でしたけど、
妙に脳裏に焼きつきましたわ。
長い廊下も、お部屋の雰囲気も怪しさプンプンさせていて・笑、良かったです。


↑これ・・DVD持っています。お話以上にビジュアルな面で
気にいっているから・・笑。
お姉さまも弟君も大胆な演技で頑張っていますよね。
今後も楽しみよね。
ジェイク君の今年公開作品もDVDになった折には
是非チェックしなくては・・・ねgag0027_01.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

良い子は観ちゃダメ?~『セクレタリー』

 SECRETARY 自傷癖があり、精神病院を退院したばかりのリー(マギー・ジレンホール)は、弁護士事務所で秘書として働き始める。雇い主のE.グレイ(ジェームズ・スペイダー)による「教育」で、内気だったリ

従順の悦び~「セクレタリー」

セクレタリー平たく言うとSM風味のラブストーリーなんだけれど、なかなか斬新。というか、これも冴えない女の子が自信を身につけて美しく変身するサクセスストーリーだったりもする。自傷癖があり内気なリー(マギー・ギレンホール)はタイピストの資格を取り、弁護士事務..

セクレタリー

SM純愛映画。 セクレタリー スペシャル・エディションマギー・ギレンホール (2004/03/25)ハピネット・ピクチャーズこの商品の詳細を見る私が今まで見た中で一番好きな恋愛映画です。あ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんはー。
この映画はビジュアル、いいですよね。
キャストも二人ともすごく似合ってますし。ジェームズ・スペイダーの他の変わってそうな映画もチェックしたいところです~。
そしていつの間にのマギー!個性的だし、私も最近のハリウッド若手ではいちばん好きかもです。
出産後もまた風変わりな訳をやってもらいたいですね。

リカさんへ

おはようございます~
お返事遅くなってしまってごめんなさいね。キャスト・・お2人とも熱演でしたねスペイダーは別として・・笑・・マギーがこういう役を演じるとは
思っても見ませんでした。
これからもどんどん・・作品に出て欲しいですよね。ちなみに・・・ハッピーエンディング(感想あります・・)では歌も歌っていてさらに魅力的でしたよ。

遂に観ました

みみこさま、こんにちは~。
これ、この間深夜にやっていて、遂に観ました!
J.スペイダーって本当にこういう役が上手ですよね~、怖いくらいのハマリよう(笑)
マギー姉も噂には聞いていたのですが、すごい熱演!ビックリです。
リーがどんどん美しくなっていくのは感動モノでした。
ハッピーエンドでよかったですね♪
夏休みですね~、のんびり行きましょうね。。
ではでは、またです~。

真紅さんへ


こんにちは。
おお~~深夜に放映されていたのですね。
ちょっと怪しい雰囲気が
漂っていますものね。
でも意外と感動できるお話で
私は大好きですわ・・・笑
あとで伺います・・。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク