やさしくキスをして

やさしくキスをして
(2004年 / イギリス/ベルギー/ドイツ/イタリア/スペイン )

監督: ケン・ローチ
製作: レベッカ・オブライエン
製作総指揮: ウルリッヒ・フェルスベルク
脚本: ポール・ラヴァティ
撮影: バリー・アクロイド バリー・エイクロイド
音楽: ジョージ・フェントン

出演: エヴァ・バーシッスル アッタ・ヤクブ アーマッド・リアス シャムシャド・アクタール シャバナ・バクーシ

スコットランド・グラスゴー。
カトリックの高校で音楽教師をする女性ロシーンは
ある日、パキスタン移民二世の女子生徒タハラの
兄カシムと出会う。
別居中の夫がいるロシーンだったが、カシムの誠実さに好感を抱き、
やがて2人は恋に落ちる。
しかし、彼らはあまりにも違いすぎた。
敬虔なイスラム教徒であるカシム。彼には許婚がすでにいた。
家族はもちろん、2人の関係を反対。
2人の恋はどうなるのか・・。


感想   ケン・ローチ監督の初の恋愛ものといいますが、恋愛が絡んだ作品はいくつかありましたよね。でも完全に恋愛がテーマというと
これが初めてなのかな。
厳しい現実を描き出す作品が
多い中でこれは異質なものか・・と思いましたが
やはりここでも同じ雰囲気。甘い映画では終っていませんでした。ただ、今回は、わずかに希望を感じる結末で
心地よかったです。相当困難さは待ち受けてはいるだろうけれどね。

恋愛における宗教の問題。
日本人だとなかなか理解できないことかもしれませんよね。
好きだったら、迷わず、全てを捨てて、
相手のもとに飛び込んでいったらいい・・・なんて
簡単に考えがちだけれど、
すべての人間が、そんなに楽に生きていけるわけでもありませんよね。
しがらみが多くて大変、困難な人のほうが多いでしょう。
特に宗教問題は、想像以上に
難しいこと・・。

ロシーンになかなか真実を打ち明けることができなかった
カシムでしたよね。
楽しい旅行先スペイン旅行で、告白したわけですが、
あれは、言葉を聞かされたものは相当のショックであろうかと
思います。
私のことは遊びなのか・・・・って、怒って当然よね。

家族を愛しているからこそ、簡単には捨てられない・・・。
でも、愛する人も失いたくない・・・。
天秤にかけるにはつらすぎる選択ですよね。
でも・・・答えを出す、選択しなくてはいけないことって
人生の中ではあるのかもしれません。

後悔しない選択をするべきとしか、
いいようがありませんよね。
人生で迷う時、それが良かったのだ・・・と
思える生き方をしていきたいな・・・って思いました。


甘い題名に反して厳しい内容でしたね。
キスは沢山しているんだけれどね~~~~
こういう現実今もなおあるんじゃないのかな・・。

カシムの妹タハラのエピソードも2人の恋愛と同時進行で
描かれていましたが、タハラの方は、迷いに迷う兄に反して
終始一貫して自分の生き方を貫いていましたね。
これこそが、これからの世、大事なんじゃあないのかな・・・って
思いました。迷うことなく自分の道を突き進む・・・
そんな若いエネルギーが沢山出てきて、古い殻を押し破って
欲しいな・・・って思いましたね。



089ff0d5-s.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「やさしくキスをして」感想

ケン・ローチ監督作品。3つ★半

愛が越えるべきもの~『やさしくキスをして』

 AE FOND KISS... スコットランド・グラスゴーの高校。パキスタン移民二世のタハラは「文化のミックス」である自分に誇りを持って生きている。音楽の臨時教員であるアイルランド系移民のロシーン(エヴァ・

やさしくキスをして

多くのパキスタン系移民が暮らすスコットランドのグラスゴー。そこで カソリック系の学校で音楽の教師をしているアイルランド系の女性ロシーンは パキスタン系2世の女生徒タハラの兄カシムと知り合い、恋に落ちる。

溝を超えるための何か~「やさしくキスをして」

やさしくキスをして私はどうしてもこの映画とサリー・ポッター監督の「愛をつづる詩」を混同してしまうのですが、とりあえず「やさしくキスをして」の方から観ました。ケン・ローチ監督作品はこれが初めて。舞台はスコットランドのグラスゴー。カトリックの学校で音楽教師..

やさしくキスをして

グラスゴーの高校に流れる バーンズのメロディ

コメントの投稿

非公開コメント

今日は、2回目です。

再び・・・^^今ナイロビのコメントを書いた後、こちらにも来ました^^偶然、私もこの映画、昨日見たので。


ま、一言で言うと、可も無く不可も無く?と言った感想でしたが。かなり濃厚なシーンには、ちょっと見入っちゃった?所もありましたけどね(笑)内容的には、結末がハッピーエンドで良かったね。って感じかな?あのお父さん、窓ガラスぶち割って怒ってたけど、私には解らないけれど、宗教の問題って、すごいことなのでしょうね?
私的には、今でも国際結婚したかったな?なんて、お気楽に考えてしまいますけどね。


今夜は、レイフファインズ様が、夢に出てきてくれるでしょうか・・・?^^

ららさんへ

こちらにもありがとう。
意外と濃厚なシーンありましたよね。
でも甘いだけじゃあないのは
この監督さんならではなのかな・・と
思いました。お父さん窓ガラス割っていましたよね。なにもあんなに荒れなくても・・だって仕方がないじゃない・・
子どもの幸せを考えた時
家族のためとか、いってられないと
思うんだけれどね。
宗教にあまりこだわらない国の人にはわからないことなのかな。婚約者に彼のお姉さんでしたっけ・・、忠告しにいくシーン
もありましたよね。弟と別れて・・みたいな。そこまでいう立場でもあるのかな・・と思ったり。ちょっと自由な国では考えられないかなって思いましたわ。
<私的には、今でも国際結婚したかったな>そうなのね・・。うまくいっている人も多いものね。お国柄というより人柄で
判断して欲しいけどね。
夢はどうだったのかな・・・笑

こんにちは。
ちょっとご無沙汰でした。
日本人には簡単にはわかりにくい、家族の絆と、宗教。
だけど、違う国で違う文化で生きていくには、
そろそろ、違う価値観を受け入れる時期だ、と言っている気もしました。
実際の当事者じゃないから、そう思うのかもしれないけれど。

悠雅さんへ

こんばんは。
今は、国際結婚は沢山ありますからね。
古いこといっていては遅れてしまいます。
でも、そうできないところもあるんでしょうね。
難しいよね・・・。
<実際の当事者じゃないから>何か一つでも、自分が経験したことがあれば、
<例えば親の反対の結婚をしたとかね・・・>感想も違ってくるのかな・・。

遅ればせながら、こちらに☆
初めて観たケン・ローチ監督作品だったんですけど、これが監督の初恋愛ものだったんですね。一本だけだととても作風は掴めません(笑)
主人公カップルよりも、姉妹でも選ぶ道が違うんだなぁとカシムの姉妹の方が印象的でした。
賞も獲ったとのことで、他の作品もこれから観ていきたいです。さしあたりは青春ものの「SWEET SIXTEEN」でしょうか。

リカさんへ

ごめんね~
ものすごく遅レスになってしまいました・・
<主人公カップルよりも、姉妹でも選ぶ道が違うんだなぁと>
本当そうよね。あの妹さんて思えば
ずいぶん、行動力あるかたでしたよね。
性格的なものも影響してくるんでしょうね。SWEET SIXTEEN・・・
是非~~。どのような感想をお持ちになるか楽しみです。

みみこさん、こんにちは~
毎日暑いですね・・、まだ梅雨も明けないのにね・・、フ・・。
イスラム教徒のカシムの事情も大変だけど ロシーンがカソリックの神父にお説教されるシーンも凄かったですね~
そこまで言う!?と思うほど強烈な神父の批判にはビックリ&怒り(笑)
宗教を持たない私には どちらの事情もただただ息苦しいなぁ~と思うばかりでした。
カシムも辛いよね~
親や家族を大切にする・・と言う意味では素晴らしいと思うけれど 親のエゴとも取られかねない部分もあるし・・。
このテーマの作品は多いけれど シリアスなケン・ローチ監督らしい作品になっていましたね。

カポさんへ

おはようございます。
本当、暑いですね。
<ロシーンがカソリックの神父にお説教されるシーン>
そうそう、これひどかったですよね。
なにも他人に自分の人生どうのこうの
言って欲しくないわ・・・って
思っちゃった・・。
宗教が生活まで響いてくるのって
大変よね。
幸せを求めるための宗教なのに
いざこざの原因になるなんて皮肉よね。
<シリアスなケン・ローチ監督らしい作品>そうでしたね。
これからもこのような作品
見て見たいですよね。
甘いだけでなく、厳しい現実を
みていきたいですわ。

苦いキス?

みみこさま、こんにちは。
やっと感想がアップできました。思い悩むカシムに対して、タハラは終始一貫して強かったですね。
彼女こそが、これからの時代、人はこうあるべき・・とケン・ローチが思う姿のような気がしました。
でも、迷うカシムも責められませんよね、あのお父さんを見たら・・。
ホント、甘い題名とは違った、苦い物語でした。
TBさせていただきました!ではでは~。

真紅さんへ

こんばんは。コメント&TBありがとうございます。
そうですね。真紅さんのおっしゃるとおり
タハラの強さ・・印象的でしたよね。
私たちもそこから色々学ばなくては
いけませんね。
結婚というと、誰でも超えなくてはいけないハードルは大なり小なりありますよね・・・。
何が自分にとって一番大切なのか
考えなくてはいけない瞬間って
人生にはあるのかもしれませんね・・。
キスは、甘い方がいいけどね・・現実は
厳しいわ。
あとでお邪魔します~~

あぢー!

みみこさん、激暑になってしまったね。
子供さんは、テスト時期かな?

これ、いまさらなんだけれど、見ました。
まあ、、、予想外な展開とかは特になく、想像通りな感じではあったけれど、最後までどうなるんだろう・・・って集中して見れました。
ケン・ローチ監督だものね。

あのカップルは、きっと数年後、別れてしまうんだろうな・・・なんて、思っちゃったよ・・・

PS 見てないと思うけれど、つい最近、BS日テレ??だかで(ちょっと自信ない)、韓国ドラマ版JINが開始になって、1話だけ見たんだ。
凄い久しぶりに韓国ドラマを見たよ。 

No title

latifaさんへ


こんばんは
すっごく遅くなってごめんね。
もう暑いよね~~~
バテバテで
気力なしだよ。

そうそうテスト期間。
もう子どもとの予定は合わなくなるので
さみしい親になりつつあるよ・・・笑

で・・・これ
わ~~~
レンタルしたの?
古めだとなかなか置いてなかったりするよね


でも見ることできて良かったよね。
この監督の作品
つらいものも多いよね~~


<あのカップルは、きっと数年後、別れてしまうんだろうな・・・なんて、思っちゃったよ・・・>

うんうん
なかなか現実難しいよね。

最近のケンローチ作品
全然見ていないよ。
機会があったらみたいな

< 見てないと思うけれど、つい最近、BS日テレ??だかで(ちょっと自信ない)、韓国ドラマ版JINが開始になって、1話だけ見たんだ。
凄い久しぶりに韓国ドラマを見たよ。>

うちはBSはないんだけど
地上波で
↑JINはみたよ
スンホだよね~~
全部制覇しているよ。
でも地上波だからカット多くて
わかりづらいよ・・・・笑

さらに私は
日本のほうをきちんと
見ていないんだよ

巷では
リメイクだから
意見わかれているよね~~

まあ・・・
私も
違いがよくわからないけど、
韓国の歴史に詳しいときっと
楽しめるんだろうね

プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク