秘密のかけら

秘密のかけら  (2005年/カナダ・イギリス・アメリカ)

監督・脚本:アトム・エゴヤン
原作:ルパート・ホルムズ

出  ラニー・モリス:ケヴィン・ベーコン
   ヴィンス・コリンズ:コリン・ファース
   カレン・オコナー:アリソン・ローマン
   モーリーン:レイチェル・ブランチャード
   ルーベン:デヴィッド・ヘイマン
   サリー・サンマルコ:モーリー・チェイキン
   アリス:キルスティン・アダムス
   ボニー・トラウト:ソニヤ・ベネット
   オフラハティ夫人:デボラ・グローヴァー
   

1950年代。ラニーとヴィンスは、
人気絶頂な国民的なアイドルのデュオ。
華やかなショウビズ界の中で、いつでも注目の的だった。
だが、あるスキャンダルによって、彼らの
築き上げた世界は崩壊してしまう。
宿泊予定のホテルの部屋で発見された美女モーリーンの全裸死体。
自殺か他殺かも釈然としないまま・・、
闇の葬られてしまった事件。
ラニーとヴィンスには完璧なアリバイがあり、容疑をかけられることはなかったが、それをきっかけに、
ふたりの中はこじれ、デュオは解散に追い込まれた。
 それから15年後。
1人のジャーナリストが彼らの前に現れる。



監督  アトム・エゴヤン監督作。
彼の作品は「スウィート ヒアアフター」しか鑑賞していません。
やっぱり彼らしいね・・と言い切るまで、作品を観こなしていないのは
残念です。ただ、時間軸が入り組んでいく
構成は同じでしたね。
出演者も結構メジャーで、ジャンルはサスペンス。
一般受けしそうな要素はあるけれど
好みは分かれる作品に仕上がっていました。
私は、嫌いじゃあないですよ。
でもちょっと艶かしいシーンが
多すぎたかなって気がします。
しかしながら、やっぱり見せ所はきちんと抑えていますね。
この手のエロチックサスペンスって、
下手すると、下品な作品に成り下がってしまうと
思うんですよね。
でも、どこか格調高く感じるところも残されているの。
絡み合うキャラたちの
性格付けがしっかりしていたからだろうな・・・・って
思いました。

妖しい香りが漂う作品なので、かなりお腹が
いっぱいになるのは間違いはありませんが。
R-18・・・よくきいておりました・・笑
(濃いベットシーンでもあるのかしら・・という程度の予測でしたが
なんのなんの・・とっても妖しげなシーンが
数多く登場してきました)


作品は50年代と70年代をいったりきたりして
謎が謎を呼ぶ構成になっていますが、
意外と単純なお話。
誰が彼女を殺したか。
真相・・謎解きはやられた~~!!と
思うほどのものはなかったのですが、
人間関係部分は見応えがあって面白く観ることが
できました。

羨望の眼差しで観られていた、2人のスター。
彼らは、手に入らないものがないほどで、何にもかもが
自由にできた・・。
でも栄光のあとに待っているのは
いつでも苦い挫折だけ・・だったり。
スターにありがちな末路。
華やかな世界にいればいるほど、
その後のギャップの大きさには、
自分自身信じられない思いでいっぱいになるはず。

ショービジネスの裏でうごめいたものは
欲望・・。セックスとドラック・・・。
これもつきものなのかな・・・悲しいかな。


成功と富、名誉。それらを持ちえている
スターである2人だけど、知られていない秘密も
沢山もっていたわけ。人間なんて完璧じゃあないし、
偽善者ぶっていても、欲望を打ち消すことなど、できないんだよね。
2面性のある彼らだったけれど、
誰も責めることはできなかったはず。
もちろん、事件隠蔽に関してはいただけないけどね。


秘密が秘密のままであったのなら
2人は何事もなく生涯を終えていたのかも。
少なくともヴィンスは
あんな悲しい最後を
迎えることはなかったはずだよね。

カレンが真相を知りたいっていう気持ちは
彼ら2人を崇拝していたゆえの
行動だと思ってはみても、
結果、彼女の存在が穏やかな2人それぞれの暮らしに波風を
立ててしまったのかなと思えなくもないですよね。

誰でも秘密はあるのだから・・(あれ・・これじゃ、イ・ビョンホン
の映画の題名だ・・・笑)


それにしても、興味をそそられる出演者たち。
エゴヤン監督という以上に出演者に興味があったとも
いえるでしょう。


アリソンちゃん、
今回、えらく大人の雰囲気。
ビックリしました。
特にアリスちゃんとのシーンでは、こんなことしちゃって
いいの・・・って衝撃。
今まで童顔だったゆえ、幼い役が多かったけれど、
今回は年相当ということでしょうか。
でも、ビックフィッシュ・・・・の後だとギャップが・・。

ケビン・・。
裸多いね・・今回も・・笑
さらにさらに、エロチックな役がよくお似合い・・・笑
今回歌と、踊りがありましたので、フットルースも
思い出しました。やんちゃな感じは昔から変わっていないね。
いつの間には、個性派俳優化してしまっていますが
昔はアイドル路線で出てきたんですよね。懐かしいな~~~。


コリン・・・一見、穏やかで紳士にみえるけど、
実は暴力的な部分も持ち合わせていたり。
複雑な人物像を演じておりました。
ちょっと可哀想なシーンもあったよね。
ケビンに、色々言われちゃって・・。
なにもあなた・・・そんなにひどいこと言わなくても・・って
本気で思っちゃいましたよ・・・笑


殺されてしまったモーリーン。
自業自得ということもあったけど、(何もあんなあぶない
要求しなくても・・・)、母親の姿を見ていたら
悲しくなってしまいましたよ。


デュオ2人は
若い頃と年取った後の
2パターンを観ることができるので
ファンにはおいしい所。
私はこういう展開を知らなかったので、
急にふけたコリンが出てきてビックリしてしまいましたよ。

若い頃のコリン&ベーコンともに、サングラスかけて
軽快なステップ&話術で決めているので
カッコイイんだよね。


事件の被害者モーリーンと
アリソンちゃんがどこかに接点が
あって、もっと複雑な話が
展開されるのかな・・と思っていましたが
それは考えすぎでした・・・笑

いけないものを観てしまった・・・
そんな気持ちでいっぱいになる作品では
ありましたかね。


himitsunokakera.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

男を堕とす女~「秘密のかけら」

秘密のかけらアトム・エゴヤン監督の新作「秘密のかけら」をやっと観る。1972年。若きジャーナリストのカレン(アリソン・ローマン)はかつての彼女のアイドルで、15年前、人気絶頂のさなかにスキャンダルが元でコンビを解消したラニー・モリス(ケヴィン・ベーコン)とヴ..

秘密のかけら

『Where the Truth Lies』2005年カナダ・イギリス・アメリカ初見。『アララトの聖母』(未見ですが)の監督作品だそう。好きかと言われると困ってしまいますけど・・・でも面白かったです。官能エロティックミステリーみたいな紹介がされてましたけど、どこがやねん!という

秘密のかけら

秘密の霧の向こう側の、あなたを知りたい

「秘密のかけら」

公式サイトシャンテシネ、公開5週目初回です。ガラガラだと思ったら意外と入ってました。皆さん、他の作品の指定席も取って一日で済ませる方が多いみたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

ドモドモー♪

ワタクシは、アトム・エゴヤン監督は「アララトの聖母」しか観ていないです。
あの作品も時間軸が交互に入れ替わっていたけれど、この映画も70年代と行き来してましたね。
その70年代の描写が霧が掛かったようなもやーっと映像で、なかなか雰囲気が出てましたよね。
二人の男の気持ちが切なかったです・・・・・
何だか平穏に暮らしているところに、アリソン・ローマンが首を突っ込んで来てぶち壊したような、そんな気も致しました。苦笑
コリン・ファース、アリスとの絡みを冷めた目で観て居たのがとても印象的でアリマス。

Puffさんへ

おはようございます。
新作はなかなか・・なんですけど、
やっとこちら↑観ましたよ。
以前Puffさんの感想読んでいたので、
絶対チェックしようと思っていましたわ。
アララトの聖母は未見なのよ。
面白い?難しそうな雰囲気だけど・・。
<二人の男の気持ちが切なかったです>
本当そうだよね。
年取った姿観ると、可哀想になったわ。
過去はあんなに華やかだったのにね。
やっぱりアリソンちゃんがいけないのかしら。
<コリン・ファース、アリスとの絡みを冷めた目で観て居た>
そうでした・・・。落ち着きはらった
姿を保ちながら心の中は、複雑だったんでしょうね。あとでTB返ししますね。

こんばんは。TBありがとうございました♪
ラビリンスに迷い込んだような、ふたりの大人の男の色香に幻惑されるような、
不思議な雰囲気のお話でした。

コリン…
悲しい設定なのに、水に濡れるお約束(?)、ここでもあり?って、
とても辛いシーンでつっこみそうだったけど。
ほっといてやろうよ。。。
若い彼女に何度も耳打ちしたかったわ。

みみこさま、こんばんは♪
TBとコメントをいただきありがとうございました。私もTBさせていただきますね。(ちょっと失敗して2度入れていたら申し訳ありません。)
この映画、複雑ではなかったですけど、言葉にしてはいけない曖昧で秘めておきたい部分をヒロインが最後まで暴いて勝手に決め付けてっ!と終始軽く?ムっとしながら鑑賞してしまいました(笑)
ケヴィンもコリンも、つい若い頃を思い出して懐かしかったですね~~♪

悠雅さんへ

こんばんは。
不思議な雰囲気・・嫌いじゃなかったです。出演者の演技も見所の一つでしたね。
コリン・・そういえば、ここでも
水に濡れていましたね。
過去作品ダブリますよね。
若い彼女・・悪気は無かったのだと思う
けど、結果ああいう風になってしまって・・やるせなかったわ・・。
秘密は秘密のままの方が幸せってことも
あるのにね・・。

武田さんへ

こんばんは。TB大丈夫でした・・。
そうなんですよね・・複雑じゃあ
ないんですけれど、
うまい構成で、最後まで、どうなの・・
どうなるの・・・って結構、引っ張られながら観ておりました。
<ケヴィンもコリンも、つい若い頃を思いして>
昔は2人が共演するとは考えても
いなかったな・・。路線違っていたからね・・。

私はこの手の妖しい映画、大好きです(笑)エロというより、艶なとこが。
アリソン嬢にすっかり同化しながら観ていたのですが、皆さんのおっしゃる通り、よく考えたら彼女が引っ掻き回さなければあんな悲劇的なことは起らなかったわけですもんね。
コリン・ファースの最期は、確かに彼の過去の役柄とダブりますね。
私もエゴヤン監督のはまだ3本しか観てないのですが、「エキゾチカ」で完全にハマリました。
他の作品も観る予定でいるんですが、なかなか見つからなかったりします。

リカさんへ

こんばんは。
お好きですか・・この手の作品。
私も嫌いじゃあないですよ。
アリソンちゃんも悪気があったわけではないしね。あんまり責めちゃあ可哀想だけれど、ついつい男2人の立場になると
言いたくもなってしまうんですよね。
でも一番つらいのは
死んだ彼女の家族なんだろうけどね。
エゴヤン監督3本もですか。
すごい・・!!。ファンの方多いですよね。エキゾチカはパッケージだけ観たことありますよ。これも表紙観た限り
妖しく感じたのですけど、面白い映画なのね・・・チェックしなきゃ。
なかなか彼の作品置いてあるビデオ屋さん少ないものね。
私も色々チェックしてみよう・・。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク