about love アバウト・ラブ/関於愛

about love アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)
   (2004  日本・中国)

ABOUT LOVE



監督: 下山天 「tokyo」
イー・ツーイェン 「taipei」
チャン・イーパイ 「shanghai」
プロデューサー: 牛山拓二
脚本: 長津晴子 「tokyo」
山村裕二 「tokyo」
イー・ツーイェン 「taipei」
シェン・ウェイ 「shanghai」
撮影: 中山光一 「tokyo」
チェン・シャン 「taipei」
ヤン・タオ 「shanghai」
美術: 柘植万知 「tokyo」
音楽: 土井宏紀 「tokyo」
 
出演: 伊東美咲 「tokyo」
チェン・ボーリン 「tokyo」
市川由衣 「tokyo」
大杉漣 「tokyo」
加瀬亮 「taipei」
メイビス・ファン 「taipei」
塚本高史 「shanghai」
リー・シャオルー 「shanghai」


 東京・台北・上海を
舞台とするオムニバスのラブ・ストーリー。

「ToKyo /ニイハオ」
   漫画家を目指す台北からの留学生ヤオ。
恋人から一方的に別れを告げられ
落ち込む画家の美智子。
東京、渋谷の街で美智子の一目ぼれした
ヤオは、一枚のマンガを彼女の仕事場の窓に
貼ることを思いつく。

「台北編/シェイシェイ」

恋人に振られ眠れぬ夜を過ごす、
アスー。1人本棚を作成しているのだが
作業は困難。
知り合ったばかりの日本人の鉄ちゃんを呼び出す。
アスーのことが気になる鉄ちゃんは
早速部屋に駆けつけるが・・。

「上海編/ツァイツェン」

大学受験勉強中のユン。
彼女の家は雑貨店。
その2階に、下宿する日本人留学生の修平がやってきた。
彼には恋人がいる様子。でも彼の事が気になるユン。
ある日、ユンは修平の恋人からの小包を見つける。
中の葉書を見て
修平は動揺する・・。
その手紙には何が書いてあったの?
気になるユンは、修平が破り捨てた手紙を張り合わせ
なにげなく、言葉の意味を聞き出そうとする・・。


感想   仲良くしていただいている正しい映画の見方を考える
村民の会

REIさんから、地味映画として紹介していただいた
一本です。
ありがとう~~~REIさん♪

言葉も暮らしてきた環境も違う
男女がそれぞれに出会い・・・心の交流をはかる
物語。
気持ちが温かくなるようなそんなお話ばかりでした。

舞台は東京・台北・上海の大都市。
お話はそれぞれ別々ですが
前のお話に出てくる関係者が次のお話に出てくる・・という
連鎖的な構成になっていました。

東京編・・

チェン・ボーリン、久々に観ました。
ぐっと大人っぽくなっていましたね。
伊藤美咲は画家役で、描き出す絵がとても素敵でした。
偶然の出会いから始まる恋。
都会の真ん中って、意外とこういった出来事ってあるかも
しれませんね・・。ただし、お互いが惹かれるかどうかは
別だけど・・笑
チェン・ボーリンの描くパラパラ漫画というのが
素朴でいい感じでした。なぜか、懐かしい気分。
渋谷の町を自転車で疾走する彼の姿は
印象的。頑張れ若者!!笑
美咲ちゃんより、
彼のほうをじっくり観てしまいました・・・・・・
成長を見守る姉・・(母?)のような心境からだと思います。
それにやっぱり男のほうが・・・・目の保養になります・・笑


チェン・ボーリン↓
tokyo_p.jpg



彼の「藍色夏恋」は好きな作品なのでまた紹介しますね。
彼を気に入った方は絶対チェックの作品ですよ。

 台北編・・

主人公は、恋人と別れたアスー(メイビス・ファン)と
鉄ちゃん(加瀬亮)。
このお話・・面白かったです。
監督さんは「藍色夏恋」の方なんですね。
舞台も台北といっても、異国的なものは
あまり感じられませんでしたが、
言葉のやり取りの中で
国の違いをひしひし感じました。
でも言葉じゃあないんだよね・・・コミュニケーションは
心と心の問題だよね。
このお話は会話の面白さ・・。
言葉が通じなくて、いい争いする様もユニークだったし、
突然踊りだすという茶目っ気も
自分は好みでした。
ラストのバイク場面は「天使の涙」の金城さんを思い出して
しまいました。似てたな・・。
加瀬涼さんは、ちょろちょろ色んな作品で見かけますが
存在感あって、やっぱりうまいな・・・。
今後も注目。

加瀬さん(右のバイクの彼・・左は塚本さん)


aboutlove_fc07.jpg



  上海編

このパートのお話は
誰でもが経験したことのある片思いの気持ち。
それが彼女の仕草や言葉の端はしに
見え隠れするのが手に取るように
わかるので、作品中の中でせつなさ度が一番高かったです。
彼女が暮らす雑貨屋さんのお店が雰囲気あって
良かったですね。
手紙や赤い自転車、透き通ったコップなど、
小道具もなかなかお洒落でした。
でも赤い自転車って目立つよね・・・笑
髪型変えた彼女の理由に
気づかないなんて
ちょっとダメダメ・・。男の人って鈍いんだな・・・笑
ユン演じるリー・シャオルー は「シュウシュウの季節」の
彼女。この作品も紹介しちゃおうかな・・・。
でも暗いんですよね(どんより)
お相手の塚本君は
軽すぎ・・って気もしないでもない・・・笑
「結婚できない男」(ドラマ)を見たばかりで
そのイメージが強すぎるせいかなと思います・
しゃべり方が、好みではないかも・。

色んなお話が入り込んでいて
楽しめました。
恋に国境はないのよね・・。
私も恋したいわ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アバウトラブ」3つの短編映画 チェン・ボーリン

まず、最初の「東京編」主役は、伊藤美咲さんと、チェン・ボーリン。美咲さん演じるミチコが、道を泣きながら歩いていた時、偶然ボーリン君とぶつかる。その時の彼女の泣き顔が頭に残っていたところ、偶然その彼女がガ

コメントの投稿

非公開コメント

今見終わったところ^^(いつもコレばっかり)

みみこさん~こんにちは!
私も後でレビュー書くと思うけど、見終わってすぐ誰かと話したい性分なので、さっそく飛んで来ちゃった!

私は3つの中で上海編が一番良かったかな。
東京編もまあまあ面白く見れたよ。台北編は、私とものすごく肌が合わなかったみたい。あの女の子が凄く嫌いだった。まず最初のシーンで、夜中に物音立てて近所迷惑でも平気って処で、何この子?(`ヘ´)って思い初め、その後の展開で、どんどん嫌い度アップ。そんな状態だから、言葉が上手く通じない加瀬君(私も彼、結構好きなの♪)との「あ~だ、こ~だ」のシーンは、中国語が少し解れば楽しめたんだと思うけれど、あ”~もうどうでもいい、早く先進んで終わってくれ、って思っちゃったよ。(見終わった直後のせいか、かなり過激な事言ってスマン)もしかして藍色夏恋の女の子も嫌いだったし、私この監督と女性観?というか、全くズレてるのかも・・・

チェン・ボーリン君は、なかなか可愛かったよ。藍色から、大人になったな~って感じたし、少し何か・・こう、やんちゃな部分と大人っぽい魅力と混ざって来た感じがしました。

上海に出てた女の子、最初登場のシーンは、印象薄いな~って思っていたのだけれど、見続けるうちに、すごいこの子・・・この子ってただもんじゃないわ、って思う様に変わったよ。パーマ頭で彼の前に現れ、彼を見つめる目の演技がスゴイのなんの!!あの髪型も似合ってたね。純粋さと妖艶さを持ってる雰囲気。こういう2面性を表現出来る子って好きだわ。
ところで、教えて欲しいのだけれど、東京編で上海編の主役の男の子が出て来て繋がって行ったのは解るのだけれど、台湾編は、どこと繋がっているの?全くもう、相変わらず、ちゃんと見てるつもりが、見てないみたいで、お恥ずかしいんだけど、教えてー!

で、ルーシャオルーって「シュウシュウの季節」にも出てたのね?名前も変わったのね。これね、2年前に友達から紹介されて前から探しているんだけれど、我が町にはどこにもレンタルおいてない作品なの。内容はもう殆ど解っているんだけれど、こんな悲惨な映画は無いって映画なんだってね。監督のジョアン・チェンって、ラストエンペラーや、ツインピークスの人よね☆

latifaさんへ

こんにちは。
早速、鑑賞されたのですね。
latifaさんは
上海編が一番ね。
あれはせつなかったものね~。
上海に出てた女の子・・
可愛かったよね。
段々綺麗にもなってきたと思いません?
やっぱり恋する乙女は違うのよね。
<パーマ頭で彼の前に現れ、彼を見つめる目の演技がスゴイのなんの>
私も感じたわ。あれは女性だから特に
感じたことなのかな。男性の感想は
見たことないんだけれど、この女の子の
髪型を変えたシーンには
恋愛光線バリバリ出ていたと思うので
当然、相手の男性は気づきそうなものを・・って思ったわ。
すでに恋人がいる青年だったから
恋する人の気持ちぐらいわかってもいいのにって思ったわ。ちょっと鈍感?・・笑

<純粋さと妖艶さを持ってる雰囲気>。
同感!!まさに「シュウシュウの季節」の
彼女と同じ姿だったよ。
この映画は内容は知っているのよね。
たまらなく悲惨だからあえて観なくても
いいかも。
<監督のジョアン・チェンって、ラストエンペラーや、ツインピークスの人よね☆>
さすが、よくご存知。そうなんだよね。
私はお顔を忘れちゃったんだけど・・笑
監督作はシュウシュウのほかにも観ているのだけれどどちらも風景とか綺麗に撮る方で、才能あるみたい。

<台北編は、私とものすごく肌が合わなかった>
これ好みが分かれるよね。
私は、お話の流れが面白いなって
思ったんだけれど、よく考えれば
周りの迷惑考えない子だったよね・・笑

<~もうどうでもいい、早く先進んで終わってくれ、って思っちゃったよ>
これはあの女の子の性格のせいも
あるんじゃない?やっぱり、主演の子に
共感もてないと、乗り切れないよね。
私は、それほど、嫌な感じは
しなかったのよ。失恋しているんだし・・っていう同情感が強かったからかな。
でも、こんな女性が隣に住んでいたら
実際、困惑するだろうけどね。

<私この監督と女性観?というか、全くズレてるのかも・・・>
それはしょうがないよね。
それぞれ違うものだし。
共通点は皆ボイッシュな感じでわが道を行くタイプだよね・・・・・・

<教えて欲しいのだけれど・・・>

これは私もよくはわからないんだけれど、
台湾編の最後で
加瀬君が誰かと電話をするでしょ。
たしか「美智子・・ありがとう」みたいなことを言っていたはず。
ということは、伊藤美咲=美智子のことでしょ。で・・私は。加瀬君ってもしかして
伊藤美咲の恋人だった人か・・とも
思ったんだけれど、東京編では
恋人はスペインに行ったとか言っていなかたっけ?ということで却下。
となると、加瀬君と美智子=伊藤美咲は
恋人ではないけれど、いい友達関係というつながり。
加瀬君は美智子のことを以前好きだったのかも知れないよね。
「台湾編」であの本棚作る女性が
「好きな人を忘れるために他の人の体を借りたことある」というと加瀬君も
「ボクも経験ある」といったでしょ。
あれは、伊藤美咲のことを好きで、忘れるためにそうした・・とも解釈できる・・
加瀬君は以前美智子に失恋したのでは
ないか。
や・・どうかわからないけれど。
結論として「東京編」の伊藤美咲と
加瀬君は日本において友達だった(それ以上深い関係もあったともとれる・・笑)
ということ・・これでどうかな・・。
新しい事実があったら教えてね。
見落としているところあるかもしれないしとんでもない間違いしているかも
しれないので・・
ではでは。

さっすがー!!!ヾ(≧∇≦)〃

みみこさん、こんばんは☆
つい文章が長くなっちゃって、ゴメンね・・・。いつもながら、丁寧なレスありがとう!

繋がりの処だけど、そうだよねー!!ミチコって言ってたよね。ギャー。なんで急に誰に電話してるの?って思って、全然美咲さんの名前と同じだって気がつかなかったわ・・・(T_T) さすがに、みみこさんの推理、すごい、すごいわ!!!!

で、ちょっと私もスペインっていうので、一瞬今ひらめいたんだだけれど、美咲さんの彼がスペインで出会った運命の女性っていうのが、もしや、上海の塚本君の彼女・・・って事はないかナ?上海の塚本君の彼女がいきなり、なぜにスペイン??って思ったんだよ。ちょっと唐突な感じがして。考えすぎか~(^_^;)。
でも、色々そういう風に、繋がりを考えると、面白いね。みみこさんにお話して良かった~。気がついてない部分を教えて頂いて、一粒で2度おいしい気持ちになれました☆(古っ)

latifa さんへ

長い文章読んで下さってありがとう。
いやいや・・色んな意見あると
思いますよ。はっきりしていなかったしね。
<美咲さんの彼がスペインで出会った運命の女性っていうのが、もしや、上海の塚本君の彼女・・・って事はないかナ>
おお~~~~そうかもしれません。
そうなれば、上海編が東京編につながるじゃないですか。それでグルグルと・・
回って・・。
いや~~この映画・・深いですね・・
内容を熱く語れて、私も楽しかったですわ。いつも、ぼ~~~と見ているときが
多いけれど、今回はきちんと観たような
気がします。<一粒で2度おいしい気持ちになれました>こういうのあったら
また教えてね♪

みみこさん、こんにちは。
うちに報告して頂いたのになかなか来れなくてごめんなさい!!

早速見て頂いて嬉しかったです!
しかも、結構楽しんで頂けたようで!
それぞれなかなか良いですよね。
急に踊りだしちゃうのが好みって聞いて嬉しくなっちゃいました!
これ、私も大好きだったんです。
ここで持ってくるか~!って。
みみこさんが一番面白かったのは台北編だったんですよね。
あの最後七面鳥になっちゃうやりとりが最高でした!!

REI さんへ

いえいえ・・コメントありがとう。
いい作品紹介してもらえて
うれしかったわ。
地味な作品て人に教えてもらわないと
わからないものね。
急に踊るところね。
現実にいたら変な人だけどね。
面白い演出でしたよね。
そうそう・台北編が楽しかったわ。
どれも特徴があって、面白く
観れたけどね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク