オスカーとルシンダ 

オスカーとルシンダ (1997  アメリカ・オースト・ラリア)

OSCAR AND LUCINDA


監督: ジリアン・アームストロング
製作: ロビン・ダルトン
ティモシー・ホワイト
原作: ピーター・ケアリー
脚本: ローラ・ジョーンズ
撮影: ジェフリー・シンプソン
音楽: トーマス・ニューマン
 
出演   レイフ・ファインズ(オスカー)
ケイト・ブランシェット (ルシンダ)
シアラン・ハインズ
トム・ウィルキンソン
リチャード・ロクスバーグ
ジョセフィン・バーンズ


ブッカー賞を受賞した、ピーター・ケリーの原作を完全映画化。
ビクトリア朝時代、英国で牧師の息子として生まれた
オスカーは幼い頃母親を亡くす。
やがて父親と異なる宗派に改宗したオスカーは、
オックスフォードに進学、そこで出会った友人から
ギャンブルの面白さを教えられ取り付かれてしまう。
一方オーストラリアで生まれたルシンダは、
母親が死んだことから、その莫大な財産を相続し、
シドニーに大きなガラス工場を作って実業家として成功していた。
彼女もまた仕事の仲間との付き合いでギャンブルを
覚え、その魅力に嵌っていた。
そんな2人は、オスカーが牧師としてオーストラリアに
赴任する船の中で偶然出会う。お互いギャンブルが好きとわかり
意気投合する・・。
お互いに惹かれるものを感じながら、オスカーはルシンダには
別に好きな人がいると思い込み、その心を伝えられないでいた。
やがて、二人は、オーストラリアの奥地にガラスの教会を無事に運ぶという賭けに挑戦するが……。


感想  観ました!!観ました!!
レイフ好き・・といいながら
この作品だけは見逃していた私。
これを観ずして、レイフを語ることができるのか・・・という
感じですよ。
行きつけのビデオ屋にこの作品最近、入ったみたいなのですよ。
今まで聞いてもない!!って言われていたから、とっても
うれしかったですわ。


ほとんど、予備知識なしの鑑賞。
(ギャンブラー同士というキーワードだけは知っていましたけど)
予想に反してのキャラ性格に驚きでした。
だって、ギャンブラーでしょ。
勝気なイメージを想像していたのですが
まったくの逆。レイフ演じるオスカーは実にひ弱で、繊細、
信じ深い、敬虔なクリスチャン・牧師なのですよ。
幼い頃から水恐怖症で、大人になってからも
船に乗ったりすることですら、臆病になってしまう彼。
どちらかというと、変わり者という印象に思われますが
これは女性の立場から言わせてもらえば
ほっておけなくなるタイプ=母性本能くすぐるタイプに
当てはまり・・もうたまらないです。
純粋無垢・・・まるで赤ん坊が、そのまま・・
大人になってしまったような彼。
その笑顔が・・・眩しすぎてクラクラしてしまいます。
今から10年近く前の作品ですから
当然演じている彼も若いので余計、そう感じるのか・・
とにかく、寄り添ってあげたいと思わせる人物。
ギャンブルというと、
正直、いいイメージを持っていなかった私。
現実にまったく賭け事はやらないので、それに嵌るという
感覚がわからないでいたところがあります。
でも、彼らがギャンブルに嵌るのは
単にお金が欲しい・・・という感覚とは違うのですよね。
一瞬の運にすべてをかけるという
行為によって、自分自身の心が解放されるようです。
それは彼らが歩んできた人生そのものに関係があるのかも
しれませんよね。普通の人の感覚とはまた違った
ものをもつ2人。
当然惹かれあうのも時間の問題。
しかし・・2人・・肝心なことを言葉にして
言い出さないところがあるのがまだもどかしい・・・。


オスカーは信仰心の厚い人なので
ギャンブルに嵌り込む自分を最初は堕落していると
感じるのですが、次第に自分の中で信仰と
賭け事のバランスを
うまく処理できるようになってくるのです。
信仰も、神という存在が確かである
ということを前提としたものであるのだから・・
それはある意味賭け的な要素をもっている事柄である・・・。
人生さえも賭けである・・。
ならば、神はカード、馬券などに
金銭をかける・・そんな些細なことに
お怒りなどしないであろう・・。
賭けは神聖な行為でもあるのだ・・・
そう自分の中で納得し、賭け事に嵌り続けるのです。
といっても、罪悪感は完全には振り払えてはいなかったのでしょうね。
それは父親に反しての人生を歩んでいくことへの
罪悪感にもつながっているのだと思います。


人生そのものだって、・・・終始賭けで決まっていく・・という
考え方は、充分理解はできますけれどね・・。

そんな彼らが最後に行き着いたのはガラスの教会を
運ぶこと。

オーストラリアの川を下るガラスの教会。

本当に・・本当の・・・全部がガラスなんですよ。
信じられません。
ガラスの教会を想像してみてください。
それだけで、神々しいものを感じますよね。


映像で観る美しさ・・・。


最後は正直意外でした。


あの声が耳に焼き付いて
眠れなくなりました。
苦しかっただろうな・・・・って。

自分の祖先について
知りたいという思い。
聞いてみれば、こんな不思議な話が隠されていたなんて・・。
物語はオスカーの曾孫の語りで
進んでいくのです。

オスカーとルシンダ・・。
個性的な2人がいたからこそ、
ナレーターである今の自分がいる・・・。
彼らの生き方に思いよせ、自分もその血が流れていることに
どんな思いを感じたのでしょうか・・。

作品中で印象に残ったオスカーとルシンダの「床拭きゲーム」

雇っていた女中が出て行き
自分たちが掃除するしかない状況に追い込まれるのですが
まったくといって悲壮感がないのです。

むしろ、微笑ましい・・。

こんな優しい彼との掃除だったら

わが家もピカピカ・・だ・・・笑


全編にわたって不思議な雰囲気が漂う作品です。
正直ガラスの教会を作ることに
2人が賭けをする行為について
モヤモヤした思いも感じられます。
つまりどうしてそうなるのか・・よくわからない自分が
います。
またラストについても、
モヤモヤが・・・
なぜ、そうならなければならなかったのかと
考えるとつらい気分になるのです。


でも、今まで知らなかったレイフの一面を
知ることができて
とっても得した気分です。

観てよかったわ・・。
oscarandlucinda.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夢と偽りと賭け、そして、愛の物語~『オスカーとルシンダ』

 OSCAR AND LUCINDA 19世紀半ば、英国の田舎町に生まれた敬虔な牧師オスカー(レイフ・ファインズ)と、オーストラリア・ニューサウスウェールズのガラス工場経営者ルシンダ(ケイト・ブランシェット)

オスカーとルシンダ

夢…嘘…賭け…愛…

コメントの投稿

非公開コメント

手はもちろん・・・

足の裏まで綺麗なレイフに酔い痴れました。
(床磨きのシーン、わたしも大好き!)
あんな初々しい姿だけれど、そんなに無茶苦茶昔の作品ではないのですよね。
わかっていても、その役作りに驚きます。

ガラスの教会・・・オスカーを象徴するような、
儚く美しく脆い存在。
それにしても・・・やっぱり悲しいラストでした。

悠雅さんへ

こんばんは。
コメント・TBありがとうございます。
悠雅さんの感想を読んでから
ず~~~と観たいと思っていた
この作品。
何ヶ月待ったことか。
買えばいいのになかなかできなくてね。
そうそう・・足の裏も綺麗でしたね。
素敵な彼を堪能できて
大満足でした。
それにしても最後~~
う~~んなんで~~~と叫びました・・笑

こんばんは♪

みみこさま、こんばんは~♪
再び、やってまいりました。。

この作品、ほんとDVDの紹介文なんとかならんかしらん?というか、あれはあれで、全然違う物語が綴られている意外性にびっくりして、さらに好きになるという効果のためにはいいのか、どうなのか・・(笑)

レイフ、なんて無垢なる魂の持ち主という役が自然なんや~~と感動してしまくってしまいました。
ほんと、手足もすごく綺麗ですよね。
(あらぁ・・)と、見とれてしまいました。
私も一緒に床磨きしたいです。。
ガラスの教会、すごかったですね。あれをまた本当に移動させているし・・
ラストは、飛び込んで助けたくてたまらなかったです(涙)
感想を読ませていただきながら、再見している気分になれました♪ありがとうございます。

武田さんへ

こんばんは。
再度のコメントありがとうございます。
<DVDの紹介文>
そうですよね・・。
なんだか賭けばかりが強調されているので
違った作品を想像していました。
でもかえって違っていたのが
良かったみたい。うれしい驚きがあったんですもの。
そうそう・・彼の演技自然でしたね。
手足が綺麗というのも役柄としては
重要ですものね。
あれで小汚かったら、役のイメージと
合わないし。。。
ガラスの教会の移動なんて思いつかない
アイデアですよね。映像で観た時
思わず声だしそうになってしまいましたよ
凄いわ~~~って。
ラスト・・助けたかったですよね。
もう可哀想で可哀想で・・。
私もこの作品のお話が沢山できて
うれしいです。こちらこそ、ありがとう
です。

あ、「オスカーとルシンダ」だ!
数あるレイフ作品の中でもこれは私のお気に入りです♪
みみこさんが見てらっしゃらなかったのがなんだかとても意外・・・。

この映画のオスカー、私は結構気に入っているキャラクターなんです。
レイフは知的な役もうまいですが、こういうイノセントな役や、「スパイダー」みたいなちょっと病んだ役もいい感じにこなしますよね。
床磨きのシーンは私も大好きです。
ラストの教会が川を下っていくシーンも。あの教会の美しさと壊れやすさは、オスカーを象徴しているみたいにも思えます。

何はともあれ、みみこさんもこの作品を気に入ったみたいで嬉しいです♪

ネネムさんへ

こんばんは。
そうなんですよ・・。今まで観ていなかったのですよ。
しょうがないですよね・・・自分・・笑
やはりネネムさんもお気に入りの一本なのですね。
わかります・・。あの繊細なレイフの演技を観ていると
惹かれますよね・・。
そうそう・・・色んな役をこなせる俳優さんですよね。
私はこの映画を観ながら是非とも、芸術家系・・
例えばピアニストとか小説家とか・・・(あ・・これは
すでにあったかな・・)演じて欲しいと思いましたよ。
床磨きと教会の川下りシーンはともに印象的な
シーンでしたよね。いつまでも記憶に残りそうです。
いい作品を観ることができて本当良かったです。
ネネムさんはレイフの新作ご覧になったのかしら。
感想楽しみにしていますね。

いまごろですが

やっと観ました!本当に良かった~♪
あまりにも繊細で美しいレイフ・ファインズにうっとりしたのは言うまでもありませんが・・・

溜息が出るばかりでした!

Dさんへ

こんにちは。
私も鑑賞までに時間がかかったのですよ。
ビデオ屋に置いてなくってね
その分感激も大きかったですよ。
レイフ素敵でしたね・・・
それゆえ、ラストが涙涙・・です。

みみこさま、こんにちは~。
『上海~』に引き続いてのレイフ作品です。
この作品、物凄くよくないですか? 今までのレイフで一番好きでした(全て観てるわけじゃないんですが)。
ラストはね、神とか信仰に詳しい方に解説していただきたい感じでしたね。
どう解釈すればいいのか・・・。
忘れられない映画になりそうです。
TBさせていただきました!ではでは~。

こんにちは。TB&コメントありがとうございます。
いいですよね・・これ♪。
私・・レイフファンといいながらこの作品だけは
なかなかDVDが見つからず(買えばいいんだけど)
苦労したすえの鑑賞でした。
だから余計思い入れがありますわ・・。
一番好き・・というのも・・よくわかります。
奥深い作品ですものね・・・。
原作も魅力的なのでしょうね。
あとで伺います



プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク