FC2ブログ

ステイ

ステイ  (2005  アメリカ)


STAY

監督: マーク・フォースター
製作: エリック・コペロフ
トム・ラサリー
アーノン・ミルチャン
製作総指揮: ビル・カラッロ
ガイモン・キャサディ
脚本: デヴィッド・ベニオフ
撮影: ロベルト・シェイファー
プロダクションデザイン: ケヴィン・トンプソン
編集: マット・チェシー
音楽: アッシュ&スペンサー
トム・スコット
 
出演: ユアン・マクレガー ( サム)
ナオミ・ワッツ ( ライラ )
ライアン・ゴズリング ( ヘンリー )
ケイト・バートン
ボブ・ホスキンス
ジャニーン・ガロファロー
B・D・ウォン
エリザベス・リーサー


精神科医サムが受け持つことになった患者は、
ヘンリー。彼は、3日後の21歳の誕生日に自殺すると予告する。
サムには、自殺未遂経験を持つ元患者で恋人のライラがいた。
彼女はサムからヘンリーの話をきき
興味をもつ。
やがて、誕生日を前に行方をくらましてしまったヘンリーを
探そうとするサム.
しだいに不思議な世界に入り込んでいく・・・。


感想  公開時からとっても観たかった一本です。
なんだか不思議な体験ができそうな予感がしていたから。
キャッチ・コピーも
 あなたの感覚を試す感動のイリュージョン・スリラー

イリュージョンだなんて・・。引田天功のような世界が広がるのでしょうか・・。

期待感高まりながら本編へ・・・。


微妙にネタバレしていますので未見の人はごめんなさいね。



結論からいいます。
これは好き、嫌いが分かれる作品ですね。
最後のオチを、どう受け止めることができるかで
しょうね。こういったタイプの作品は
いくつかありましたものね。映画もいくつか観ていると
あ・・・これか・・・・と思うようなものに
ぶつかりますもの。
この映画から真っ先に思い浮かんだのは何かしら・・
リンチの例のあれかな・・・・笑
これにも近いわね・・(知りたくない人はクリックしないでね)
こちら→http://mimidorihitorigoto.blog3.fc2.com/index.php?q=%A5%B8%A5%A7%A5%A4%A5%B3%A5%D6%A1%A6
さらにもう一つ・
これは絶対誰も知らないと思うし、ビデオも置いていないところ
多いのでこっそり教えてしまいます・・・こちら→http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9548

どれも私・・大好きな作品なのですよ。
とくに最後の作品なんて観た時は感動で震えましたものね(でも巷の評価は低いのよね・・・・笑)

で・・・話をこの作品に戻しますけれど
結局、何がいいたいかというと・・・笑
この作品も気に入りました!!!。
好きですね・・
正直、観終わった瞬間は大きな感動とまでは
いかなかったのですが
(これには理由がありますが・・・・)
やっぱり、時間がたって、色々な場面をふと思い出したりしていると
じわじわじわ~~~ときてしまいました。
で・・・再見・・・・笑
あ・・・せつない・・。やっぱりせつないじゃない。
再見すればするほど・・・どんどん自分の感情が
高まってくるじゃない?
いいんだよ・・・やっぱり・・・笑

↑の観終わった瞬間にピン!と来なかったというのは
ね・・
途中で行き着く先に目星がついてしまったからなんですよ。
中盤のお話の中で
不自然なシーンがいくつか出てくるのだけれど、
中でもクルマの衝突シーンや事故後を思わせるような会話
などが、はっきりと挿入されることから・・・
主役の彼はきっと・・・○○○いる&もしくは○○かけている
のではないか・・・と思えてしまったのですよ。
同じように思っていた人は決して少なくはないと思うのですがね・・。
だから・・・最後に行き着くところは・・・冒頭の
橋だろうな・・・と想像できちゃうのですよ。
さらに・・・ラストもとっても丁寧に説明してくれるので
今までの出来事が非現実な世界だったということは
疑いがないということが明確にわかりますよね。
そういう意味では難解ではないと思いますよ。
ただ・・だからといって、精神科医サムが経験する出来事
一つ一つの意味を的確に説明しろ・・といわれたら
私には無理かな・・と思います。
ヘンリーの精神世界が描かれているので
当然、理解を超えたもののはず。
それにあえて意味を求めなくても
彼の・・・心の叫び・・みたいなものを
(罪の意識や報われない愛の形とか・・そういったものを)
感じとれば充分だと思っております。
もちろん、ユアンのズボンのすそが何故
短いのか・・、ヘンリーが予想した雹にどんな意味があるのか
その程度の検証はちゃんとしましたけど。

なんといっても
主役のライアン・ゴズリング君の
悲しそうな眼差しが・・(これもある意味、ラストへの伏線ですよね)
とっても良かったです。
これに魅せられてしまいましたよ。
16歳の合衆国・・ではあまり好みの顔じゃあなかったのですが
(同じく罪を抱えた青年役だったけれど、
こちらは殺人犯だったから・・・)
今回はこの暗さがこの映画を魅力的なものにしていると
思いましたよ。
前髪の垂れ具合もいいですよね・・。

ユアンは今回、優しさに溢れる役でした。
こういった役もたまにはいいです・・。


幻想的で
美しい作品でした。
螺旋階段も印象的。
なんといっても、エンドロール
が余韻を感じさせてとってもいいですよね。
ステイの文字が再び
出てきたときは
複雑な思いを感じましたね・・。


img2_1145422692.jpg

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夢現の迷宮~『ステイ』

 精神科医のサム(ユアン・マクレガー)は、同僚医師からヘンリー(ライアン・ゴズリング)という青年の診療を引き継ぐ。美術専攻の学生であるヘンリーは未来を予知し、21歳の誕生日を迎える3日後に自殺すると予告。サムの

STAY

ステイデイビッド・ベニオフ マーク・フォースター ユアン・マクレガー 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-09-02by G-Tools Forgive me.精神科医のサムは謎めいた青年ヘンリーという患者を受け持つこととなる。ヘンリーは自分の21歳の...

コメントの投稿

非公開コメント

よかった~

わたしもこの作品好きなんですよ。
でも評価が低くてアレッて感じだったのですが、みみこさんも好きだと聞いてなんかうれしかったです。

精神世界だからこそきっちりとした説明がなされなくても良いんですよね。
あの美しさとせつなさを評価したいです。

それから、URLに出ていた二番目の作品…サンズ様出演のあの映画、これも同じ部類だったんですね。
あれは深夜テレビで見ていたのですが、つい途中で眠ってしまいそのままになってしまいました。レンタルされてるかなあ…

こんばんは♪

みみこさま、コメントいただきありがとうございました。
そして、ニマニマニマ・・
私も「ジェイコブズ~」はもちろんですけど、もう一方も大好きなのですもの。(やっぱり^^;)このふたつは青春真っ只中に見て、もう大好きで夢中になってしまった思い出深い作品です。(そうか、巷の評価は低かったのですね・・)
TBさせていただこうと思ったのですけど、失敗してしまいました。

リュカさんへ
 
こんばんは。レス遅くなってごめんなさいね。
この作品良かったですよね。
オチばかり気にするとなんですが・・・
それ以外にも見所は沢山あって
なかなか面白かったですよね。
人の思いが沢山詰まった作品でしたものね。
感じるところ・・・多かったわ。
主役の彼の虚ろな眼差しも印象的だったし・・。

サンズの作品・・途中までご覧になっていたのですね。
なんだかネタバレしちゃったみたいで
悪かったわ~。深夜に見ると眠くなっちゃいますよね。
それでなくても、説明つかない世界が
展開されていましたからね・・。また深夜枠でやらないかしらね。
レンタルは・・最近見かけないのよね・・泣。

武田さんへ

こんばんは。
レス遅くなってごめんなさいね。
ジェイコブズ~はメジャーですけれど、
シエスタもご覧になっているのですね。
うれしいですわ・・。面白い作品でしたよね。
80年代・・・私も青春時代でした・・・笑
あの頃の作品はなぜか、どんな作品も印象に
残っているのですよね。多感な時期だったからかな・・
深夜のTBはうまくいかないみたいですよね・・・。
ご迷惑かけています・・。
ところで・・武田さんは、ダニエル祭りをやられているようで・・
またコメントさせていただきますね・・。

みみこさま、こんにちは。TBさせて下さいね。
挙げていらっしゃる作品も、『マルホランド・ドライブ』も未見の私なんですけども、この映画は好きでした。
すご~くセンスがある映像でしたよね。。
私が想像した着地点とは全然違ったのですけれども、何度でも鑑賞に耐える、というか好きなら何度でもみたくなる映画だな、と感じました。
またお邪魔しますね、ではでは。

真紅さんへ


こんにちは。
コメント遅くなってごめんなさいね。
TBありがとうございます。
この映画・・映像が斬新でなかなか面白かったですよね。
主役の彼のせつない表情がなんともいえませんでした。
真紅さんはどのような着地点を想像したのかしら
あとでゆっくり感想拝見させていただきますね。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク