ポビーとディンガン

ポビーとディンガン (2005 オーストラリア・イギリス)

OPAL DREAM
POBBY AND DINGAN


監督: ピーター・カッタネオ
製作: リジー・ガワー
ニック・モリス
エミール・シャーマン
製作総指揮: フィノラ・ドワイヤー
アンガス・フィニー
ロバート・ジョーンズ
ベン・ライス
デヴィッド・M・トンプソン
原作: ベン・ライス 『ポビーとディンガン』(アーティストハウス)
脚本: フィル・トレイル
撮影: ロバート・ハンフリーズ
プロダクションデザイン: エリザベス・メアリー・ムーア
衣装デザイン: ルース・デ・ラ・ランド
編集: ジム・クラーク
音楽: クリスチャン・ヘンソン
ダリオ・マリアネッリ
 
出演: クリスチャン・バイヤーズ( アシュモル・ウィリアムソン)
サファイア・ボイス ( ケリーアン・ウィリアムソン)
ヴィンス・コロシモ (レックス・ウィリアムソン)
ジャクリーン・マッケンジー ( アニー・ウィリアムソン)
アビゲイル・ガジョン


ベン・ライスの世界的ベストセラーを
映画化。
オパールの採掘地として知られるオーストラリアの田舎町。
この街で両親と一緒に暮らす
アシュモルとケリーアンの兄妹。
ケリーアンにはポビーとディンガンという架空の友だちがいた。
ある日、ケリーアンは2人がいなくなったと騒ぎ
始める。
家族はみんなそんな娘に困り顔。
心配からか・・・体調を崩すケリーアン。
そんな妹を気にかけるアシュモルは、
ポビーとディンガンを探し出すため
張り紙を作り始める。
想像上の友だちと知りながらも・・・。


感想  原作は有名なのですね。
全然知りませんでした。
鑑賞しながら微笑ましいお話だな・・・と
しみじみ。
時間も短めですので
お子さんと一緒に楽しむことができる作品かも
しれませんね。
ポビーとディンガンっていったいどんなお友達なんだろう。
一番の注目はその2人かもしれません。
いなくなった2人の
特徴をきくと・・なんとも不思議な2人なのですよ・・。
探し出すために描かれた絵も出てきますので
それも楽しみの一つかも。
たぶん・・・自分が想像していたものとは
大きくはずれていると思いますよ・・・。
本当・こどもの発想って
豊かでいいな~~~。
できれば・・・動いているところも観たかったくらいです。

たまにはこういった、子どもの目線にたった
映画もいいかもしれませんね。

妹のためにお兄ちゃんが頑張る姿。
妹思いのお兄ちゃんなのですよね。
私は上がいないので、そういう世界に憧れますね・・。
このお兄ちゃん・
ポビーとディンガンの存在を
信じてはいないのですよ・・
だけど探そうとするんですよね。そして信じられないことが
起きるのですよ・・・。


信じていけば願いはかなうかもしれない・・。
架空の友達だって・・・本当はいるのかも。
いると思えば・・それは存在するのかもしれませんね・・。

子どもの頃って、
なんでも自分の世界のものにしてしまうところがありましたよね。
お化けも信じていたし、虫や鳥・動物達とも
お話ができるんじゃないかな・・と思っていたところが
ありましたよ。部屋の壁にあったシミ一つでも、
それが動き出して何かするんじゃないのかな・・とおびえたりも
しましたね。
なんでも知りえてしまった大人の感覚では理解できない
世界を作っていた時期なんですよね。
こういうお話をみると
そんな時代をちょっと懐かしく思いだします。
自分もそんな子どもだったかもしれないな・・・って。

欲をいえば、もうすこし、インパクトのある
エピソードが欲しかった気もします。
わりと大人しい感じで
終ってしまったように感じました。原作も同じ感じなんでしょうね。
こういう風に欲張りになってしまったというのが
大人になってしまった証拠とも思われますけどね・・。
自分の失くしているものが多いってことかもしれないですよね。
となりのトトロみたいに、夢のある
世界をもっともっと沢山、観たかったような気がします。



オパールの採掘という仕事自体
夢のある仕事ですよね。
地味で大変な仕事ですが、
興味深かったです。

いい夢が観れそうな映画でした・・。
pobi-.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ポビーとディンガン」感想

この映画の舞台のオーストラリアの風景が好きでした。特に夕暮れの光の具合とか、自転車で走る所とか、懐かしいような切ない気持ちにさせられる感じで。それと、オパール採掘場って初めて見たのですが、白っぽい土が、アリ

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん~週末、これを家族で見ました^^
私が借りてきて、かけてたのを、子供と旦那が興味あったのか
横から見て・・って感じで。
我が家的には、かなり面白く見れて、4つ★って感じでした。

>私は上がいないので、そういう世界に憧れますね・・。
私も!!
そういえば、みみこさん自身は、兄弟はいるのかな?
てっきり、上にお兄ちゃんがいるイメージだったんだけどな。

latifaさんへ

帰ってきましたので続きです。
ご家族で鑑賞されたのですね。いいですね~~
安心して観ることができますものね。
latifaさんはお姉さん・・って感じですよね。
しっかりしていらっしゃいますし・・(文章の雰囲気から・・)
私も実は長女なのですよ。
下に弟も妹もいます・・。
お兄ちゃんのイメージありますか・・?
お兄ちゃん・・欲しかったですね。
だから男性は絶対年上・・・と若い頃は頑なに
思っておりました(すごい年上でもいいな~~って思っていたかな)今はもう若い方にも目移りしているけど・・笑
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク