敬愛なるベートーヴェン  

敬愛なるベートーヴェン  (2006  イギリス・ハンガリー)

COPYING BEETHOVEN


監督: アニエスカ・ホランド
製作: クリストファー・ウィルキンソン
スティーヴン・J・リヴェル
シドニー・キンメル
マイケル・テイラー
製作総指揮: エルンスト・ゴルトシュミット
マリーナ・グラシック
アンドレアス・グロッシュ
ジャン・コルベリン
アンドレアス・シュミット
脚本: スティーヴン・J・リヴェル
クリストファー・ウィルキンソン
撮影: アシュレイ・ロウ
プロダクションデザイン: キャロライン・エイミーズ
衣装デザイン: ジェイニー・ティーマイム
編集: アレックス・マッキー
 
出演: エド・ハリス( ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン )
ダイアン・クルーガー ( アンナ・ホルツ)
マシュー・グード (マルティン・バウアー)
ジョー・アンダーソン (カール・ヴァン・ベートーヴェン)
ビル・スチュワート (ルディー)
ニコラス・ジョーンズ
フィリーダ・ロウ
ラルフ・ライアック

 1824年のウィーン。
“第九”の初演を4日後に控えているベートーヴェン。
だがいまだ完成はしておらず、音楽出版社シュレンマーは
写譜師として音楽学校に優秀な生徒を依頼していた。
やってきたのは作曲家を志すアンナという女性。
初めは信頼していなかったベートーヴェンだが
彼女に才能があるとわかると早速仕事のパートナーとして
協力を願う。彼女の目に映る・・ベートーヴェンの素顔。
そして、ついに迎えた“第九”初演の日。
だが、難聴のため指揮棒を振ることに
不安を感じるベートーヴェン。そんな彼を助けるべく
アンナは傍らでサポートすると申しでる・・。


感想   

ちらしを観た限りでは、エド様とは気づかない
風貌。彼のベートーヴェンってどんな感じなんだろう・・・
それがこの作品を鑑賞に選んだ最大の理由です。もちろん、音楽映画大好きということもありますけれどね。
ベートーヴェン映画といえば、ゲイリーの「不滅の恋・ベートーヴェン」。
ゲイリー、ベートーヴェンも良かったですよ。
愛に飢えていた孤独な青年・・・気難しいベートーヴェンを好演していました。ミステリー仕立ての構成もなかなか面白く
好きな作品です。
今回のエド様、ベートーヴェンは
ゲイリー版より本人に似ているかも・・・と思わせる
お顔です。幼少の頃に音楽室で観たベートーヴェンの肖像を
思いだして・・・判断しているだけですが・・。

髪型といいメイキャップといい、さらには
あの体格(太りましたね・・・・)
ずいぶん努力されたみたいですよね。
楽器もピアノ・バイオリンと滑らかに弾きこなし
偉大な音楽家であるという雰囲気を存分に見せ付けてくれました。
さすがだわ~~~・

この作品は、史実に基づきながらも
フィクションとして作られているようです。
ベートーヴェンには3人のコピスト(写譜師)がいたそうですが
その3人目は謎に包まれているそう。
それを、アンナ・ホルツという女性として
存在させ、第九を完成させた裏に彼女の協力があったという
大胆な発想をメインにして、展開されていくストーリーです。
ベートーヴェンは生涯独身。
若かりし頃には、幾度となく恋をしたようですが
どれも実らなかったようです。そういった過去の女性・・
すべてを理想化した存在として
このアンナというキャラを作り上げていったようですね。

また、当時は女性がキャリアをもつ(作曲家として
独り立ちする・・)ということはあまり快く思われなかった時代。
現にベートーヴェンは、新しい写譜師が女性だと
知ると、才能があるかどうかも見極めずに
、はなから価値を認めないという口調で応対します。

しかし、負けん気の強いアンナは、自分が音楽学校で首席であることを
主張し、さらには、彼の音楽を愛しているゆえ、曲に対する
意見さえ述べるのです。
「あなたならここは長調でなく短調にすると・・」
ベートーヴェンはそこではじめて彼女の才能に気づくのです。

監督が女性であるということから女性に肩入れしているような
つくりになっています。ベートーヴェンを描きながらも
最終的には女性の社会的な自立を示唆しているようにも
感じましたからね。  恋人と自分の夢を天秤にかけたとき
女性に夢・・音楽の選択させるような展開。


音楽は魂の叫びであり、恋をも超越したところにあるのですよ。


この映画の最大の見所は
中盤に用意されている”第九”演奏。
ベートーヴェンとアンナが共同作業で作り上げる
指揮場面。耳の聞こえない彼をリードする彼女。
もはや師弟を超えた関係の2人。
そこにはただ音楽を愛する者がおり、
魂と魂が結びついているような感じを与えます。
音楽の価値が分かり合うもの同士が、一体感を
味わうのです。官能的ですらありますね。
常に神の声として音楽を作り出している彼にとって
彼女は自分の能力を最大限に引き出してくれた
神が与えてくれた天使のような存在。なくてはならない
存在となっていったに違いありませんよね。
母親的な部分も感じたりもしましたよ。
彼女の音楽を指導しながら、自分も彼女によって学ぶべき
ことが多かったのでしょうね。
なにせ、常識のない、自分勝手の
方みたいでしたから、彼女の言葉によって
軌道修正していったところ・・ありましたよね。
甥のカールとの関係なども、そうでしたわ。
で・・・先ほどの、”第九”演奏。
この偉大な楽曲がそうさせるのか・・
ここはもう聞いているだけで鳥肌が立ち
なんだか知らないけれど、涙がこぼれてくるくらい
迫力がある演奏でした。
演奏後は画面での観客たちは拍手の嵐なのですが
観ているこちら側も思わず拍手した
くなるような心境でした。
いいシーンだったわ。


そんな最大の盛り上がりとも思える場面を中盤に持っていくというのは
ちょっと変わった構成。
余韻を引きずりながらも
物語はまだ続くのです。


ややトーンダウンするものの、
その後も、偏屈なベートーヴェンのキャラに
振り回され、ちっぴり笑いを与えられ(おならの曲を弾くシーン
なんてニマニマしちゃったわ・・)思いやりのない言葉を発する
彼に怒り覚えたりと、色んな感情を持ちながら
楽しく鑑賞しましたよ。
大成功をおさめたものの、その後の人生が順風満帆
とはいかないのは皮肉ですよね。


感想を書いてみれば
いろんなエピソードがあったと気づくものの、
やや物足りなさが残るところもあるかな・・・。
カールとの絡みが’第九”のあたりで途切れてしまうのも
あのあとどうなったんだろうとモヤモヤするし、
アンナが最終的に音楽の道を選ぶという結論に
たどり着くまでが弱い気がしなくもないです。
とくにココが大事じゃあないかな。。なんて思ったから
詳しく知りたかったのよね。
だって、あんなに恋人と愛し合っていたのに
橋を壊されて(あれにはビックリ!!)から、ベートーヴェンと
再び交流をもつまでの心の葛藤・・
みたいなものが、少なかったから・・
マシュー・グード だって、アレで終りじゃあなんだか可哀想な
気もしないでもないよ・・・笑
彼・・マッチポイントに続いてお金持ちで優しいだけの男でしたわ・・笑
そうはいいながらの最後のショットは私好み。
彼女の未来を感じさせるいいシーンだったわ。
あれが冒頭のシーンに続くのよね。
観始めた頃はなんの感情もなく冒頭シーンを観ていたけれど
これ最後のショットを観てからすぐさま冒頭をみると
また違った見方ができるんじゃないの?って思いましたよ。
そういった意味でももう一度見て見たいかも・・。

今回、
意外だったのはエド様の上半身裸が多かったところ。
無作法で下品なことを象徴しているのだと思うけれど
結構衝撃的でしたわ。
お尻だしや、ラストの死に際の楽譜清書などは
・「アマデウス」に似ているかなと感じましたけれど、
観た方はどう思いました?
サリエリの名前も出てくるのでアマデウス意識しているのかしらって思いましたけど。
また、エド様の体を洗ってくれ・・みたいなシーンが
あるけれど、あれは彼の愛情表現でもあるのかしら。
妙にインパクトがありました・・・
ムチムチした体だったし・・笑


今年はこれで劇場鑑賞は終りだと思います。
今年1月に観たのは”歓びを歌にのせて”。
音楽映画で始まって音楽映画で終るというカタチ。
そんなカタチに満足しております。
最後がホラー映画じゃなくって良かった★

12bb45cc105f53e271d3bf8e70717239.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「敬愛なるベートーヴェン」

公式サイトシネマイクスピアリ、公開6日目初回です。 シアター9(135席)、10:15分に到着。 一番小さな劇場での上映です。入場者数はちらほらと、少なかったです。

敬愛なるベートーヴェン

神の声を伝える孤独な天才と 美しき写譜師

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさん、こんばんは。
『上海~』をやっと観れた嬉しさに、まっしぐらにそちらへ行って、
わき目も振らずに帰ってしまいました。ごめんなさい。

橋を見た瞬間の、作品に対しての彼女のつまらなそうな表情と、
壊したことを怒ってない雰囲気で、
ああ、恋人に失望してエド様(ベートーヴェンでした)を選ぶだろうな、と思っていたら、
以降、本当にさっぱり彼氏が登場しなかったので、びっくり。
でも、同時に潔いものを感じました。

みみこさん、年内はこれでおしまいですか。
わたしはあと1本だけ、観てこようと思います。
来年もまた、期待の作品がたくさん待っていて、今からとっても楽しみです♪

悠雅さんへ

いえいえ・そんなことお気になさらず・・。
悠雅さんはいつも丁寧にコメントしてくださるので
ありがたく思っております。
今回もお忙しい中コメント&TBありがとうございました。
あの橋が出来上がる前から彼女の心は
違う方向に向かっていたのかもしれませんよね。
さすがに女性は決めたとなると前に進むのが
早いですよね。そう思えば、余計な説明などいらないのかも
しれませんね。

そうなんです・・年内はおしまい。
お家のこと・・・します・・・・。でもビデオは観ますので
またお邪魔させてくださいね。
後一本なにかしら・・・・例のドラゴンかな・・。
来年、どんな作品が公開されるか楽しみですよね。

ドモドモ-♪
冬のテンプレートに変わりましたねー
雪の寒さが伝わってくるようで素敵ですね。

熱いレヴュー、読まさせて貰いましたですよー!
そうなんですー
チラシをぱっと見た限りでは、エドさまとはちょっと思えないですよね。
ホント、身も心もベートーヴェンになり切ってました。
それにしても、エドさまのお尻出しにはビックラでしたねー
ファンとしては、新しいエドさまを見れて嬉しいような、
ちょっと困惑したような、でありましたね。うふふ

ところで、遅くなりましたが、
お誕生日おめでとうございますーーー♪
エドさまに、ジョセフ・ファインズに、これからも
素敵な俳優さんを追いかけて行きませうね☆

Puffさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます。
寒いですよね・・・
この映画のエド様・・・チラシではわかりませんでしたよね。
演技した姿を観ると
声とか表情でなんとなくわかるのですが・・。
本当ビックリです。
お尻だし・・・やりますね・・。
ちょっと恥ずかしくなりましたよ。
そうですね・・・ファンとしては色んな姿を見て見たいのですが
やはり・・素敵な役も・・・と思いますよね。
あ・・お誕生日のコメントもありがとうございます。
年取るのは嫌だけど・・気持ちだけは年々若くなって
おりますわ。
・・素敵な俳優さん・・追っかけたいですよね。
あ・・・ジョセフ・・もいいですよね・
できればお兄さん・・レイフも・・・・♪
また来年よろしくお願いしますね。

ドモドモ-♪

ああー、間違えてしまった!
レイフ・ファインズでした♪
ワタクシ、ほら、二人とも好きなものですから、
うっかり弟の方を書いてしまいました。エヘヘ

今年はあと少し、3-4本観れそうかな。
みみこさんは、この映画が締めの映画ですか?
エドさまで締めるのもいいものですよね。ウフフ
ワタクシは、締めの映画がホラーや変てこ映画にならないように、
何とか素敵な映画にしたいと思いまっす。笑

Puffさんへ

いえいえ・・2人とも魅力的な方ですからね。
ともに応援したいですよね。
そういえば・・Puffさんはジョセフ・ファインズ早くから
目をつけていましたものね。
ここら辺で兄弟共演というのはないのでしょうかね。
そうなんです・・締め・・です。
まだまだご覧になるのですね。
レビュー楽しみにしていますね・・。

やっと

みみこさん~1年以上遅れて見ましたー♪
面白かったわ~~!
でも、みみこさんのレビュー拝見して、もうちょっと・・って部分は私も同じ事を思ったわ。
時間も2時間切っていて、やや短めになっていたよね。でも全部の人生描いてるんじゃなくて、最後の方だけを取り上げたのは、なかなか良かったんじゃないかな・・って思ったわ。
全部だと、描ききれなくなっちゃうしね。それと、これ、そもそもベートーベンではなくて、女性の方が主役な映画だったんだね。

で、エド・ハリスのわざと太らせてブヨった体型の裸は、ちょいと・・・(^^; 

一番ビックリしたのが、橋の模型を・・のシーン。ええっ!!って大声出しちゃった。

こんにちは~
ベートーベンご覧になったのね。
面白かったよね。
私、ゲイリーの「不滅の恋・ベートーヴェン」も好きなんだけれど
これもまずまず・・って感じ。
エド様・・の体型は
そうよね・・・・素敵~♪って感じはしないものね・・・笑
音楽映画って、演奏シ-ンでの
見せ所があったりするから
結構胸に響くことが多いよね。
模型はね・・・せっかくつくったのに・・なんてことを!!って
思うわ
またお邪魔しますね。

おはようございます~♪
「ブライズヘッド」の小説(新訳>笑)を読んでいたら朝になってしまいました。

>ゲイリー、ベートーヴェンも良かったですよ。

いやーん、私もあのゲイリーはけっこうお気に入りです。
といっても詳しい内容は忘れてしまった(ダメじゃないか)のですけど。
橋は作った本人に壊させるべきですよねえ(笑)
こんなじゃダメだ~って自分で壊さないと次にいけないような・・
と、マシュー君だったのでちょっと同情しつつ、

>観始めた頃はなんの感情もなく冒頭シーンを観ていたけれど
これ最後のショットを観てからすぐさま冒頭をみると
また違った見方ができるんじゃないの?って思いましたよ。

まぁ、ちっとも気付きませんでした。
冒頭、なんだかなぁ・・ってほんとなんの感情も持てないまま見て、
耳の問題、どうなってるの?二人でひそひそお話できちゃうの?
と妙な気分になって、そのまま第九では(え~~?)って、
実はあまり乗り切れないままだったんです。
そうだったんですねえ。私バカですわ。
みみこさんの感想を拝見してから映画に臨めばよかったっっと後悔です。。

武田さんへ

こんにちは。
「ブライズヘッド」の小説の感想、拝見しましたよ。
読むの早いですわ。
朝まで・・・って、徹夜ですか・・・。
わ~~すごいです。

ゲイリーの映画、ご存知でしたか。
うれしい。
あれ良かったですよね。私も細かいところは記憶薄いんですけれど、
音楽のシーンだけはなんとなく、覚えているんですよね。

↑の映画の、マシュー君
ちょっと同情しちゃいますよね。
いい青年だったんですけど。

あと、ベートーヴェンのこどもでしたっけ?
カール。あの方も印象的でしたわ。


ちょっと変わった構成でしたよね。
また、12月にでもテレビ放映してくれないかしら。
再見したくなりました・・・


プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク