タペストリーホワイト 著  大崎善生

タペストリーホワイト 著  大崎善生


明日もあなたは私を愛してくれているのでしょうか?


姉希枝子の部屋に残された手紙。
遠藤というその人は姉にどんな影響を及ぼしたのだろうか。
高校を卒業して東京に行った姉は
やがて内ゲバの犠牲になって死んでしまう。
何故姉は死ななくてはいけなかったのか・・真相を突き止めるため
妹洋子も続いて上京する・・・。



感想  大崎さんの本・・4冊目です。
今回の主人公は女性。女性の心理を男性が・・・というカタチですが
違和感もなくすんなりと入り込める
文章でした。もともと透明感があって優しい文体なので
女性の主人公でも合うのでしょうね。
舞台は70年代学園闘争。

自由と解放を求めることが・結果
人が人を殺めることになってしまうなんて
なんとも悲しすぎる現実です。
学園闘争というものを、あまり実感として感じられないない私でしたので、その点では悔しい思いをしました。(たぶん、その時代の流れを
経験したものにとってはリアルに感じてしまうのでは・・・・)
彼らの主張やそれらを引き起こすべきエネルギーというものを、
どうも理解できない自分がいるのですよね。
(この学園闘争については・・・昔高野悦子さんの「二十歳の原点」を読んで興味を覚えた時期があるのですが、やはり、客観的にしか
みることしかできなかったです。)
むしろ、この物語では
背景は何にしろ、
最愛の人の死を乗り越え、再生していくという主人公の生き方に
共感できるものが多く、読んでよかったと心から
思える作品となりました。
生きるうえで経験すべき出来事・・人の死を受け入れる・・ということを、優しい、温かい言葉で語りかけてくれるので
本当に心地よかったです。
この手のテーマは何度読んでもいいです。
大崎さんの本はやっぱり好きだな・・・。
つむぎだす言葉の数々が
なにか宝石のように輝いて見えるときがあります。
けっして、美しいお話ではなく、
悲惨でグロくて、もし映像でみせつけられたらきっと
目を覆ってしまう場面になってしまうだろうに・・
読んでいる文章からは嫌な印象を受けないことが
不思議でした。


姉だけでなく、恋人までも同じような出来事で
亡くしてしまったら。
その心の傷は、想像するだけでもつらいことです。
そして、その後彼女がとった行動。
さらに胸が詰まる思いでもありました。
痛すぎて・・せつなすぎて・・
抱きしめてあげたいくらい。
そんなに傷つかなくても
自分を犠牲にしなくてもいいじゃない?
あなたこそ・・幸せになってほしいのに・・。
そんな心の声が聞こえるかのように物語が次第に
希望がもてる展開になっていたことにホッとしたのも
事実です。
あのまま・・沈んでいくばかりでは気持ちに行き場がなくなって
しまいますもの。
人生をまっすぐに生きていっている人間には幸せになってもらいたいですものね。

<一枚の大きなタペストリーを織り上げていくこと。
生きるということはそれに近いものなのかもしれない。
一本、一本の糸が縦横に絡まりあい、何らかの模様となっていく。
絵柄に大きな役割を果たす色もあれば、小さなアクセントであるが
なくてはならない糸もある。そして、中にはないほうがいいという
糸も絡まっている。>  本文より・・

ああ・・そうだわ・・・と、こういった文章を読むたびに
心が洗われる思いを感じます。

もうこれ以上生きられないと思っても
生きるチャンスを与えられている限り
人は生き続けなくてはならないと思います。生かされている
幸せを感じるべきだと思います。

洋子が一つ新しい命を産み出すことができたとき、
命の尊さをより実感できたのではないかと思いました。
ここで・・姉が出産を助ける場面がありますが・・
ジワジワジワ~ときてしまいましたよ。
姉は洋子の心の中に存在しているのですよね。
見守ってくれていたのですよね。

キャロル・キングの歌を
それぞれのキーワードにして物語が展開されていました。

 Will you Love me tomorrow

You've got a friend

It's too late

Tapestry

題名からはピンと来なかったのですが、検索して聞いてみたら
あ・・知っている!!曲もありました。
曲を聴きながらまた読んで見たい気がしました。





31792948.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乗り越え、受け継ぐもの~『タペストリーホワイト』

 1970年代の札幌・東京を舞台に、愛するものたちを喪った一人の女性の、魂の彷徨と再生を描く長編小説。札幌で美しい自然と共に育った少女・洋子には、4歳年上の姉・希枝子がいた。真面目一辺倒で優等生な姉の部屋から、ある日聴き

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさま、こんにちは。TBさせていただきました。
(うわ~、『忘れえぬ想い』もアップされている!これも気になる作品なんです)
相変わらずの「大崎節」、美しい文体と静謐な雰囲気は健在でしたよね。
キャロル・キングのCD、買ってしまいました。
女性だけが、命を授かり受け継いでいけるのですよね・・。
辛いことがあっても生き続けるべき、これは本当にそう思います。
「生かされている」のですよね・・。
エッセイもとってもよかったですよ。短い文章で完結していくので、何かの合間に読んでもいいし、どっぷり浸るもよし、という感じでした。それと『二十歳の原点』、私も昔読みました!ますます親近感です~♪
ではでは、またお伺いしますね!

真紅さんへ

こんにちは。TBありがとうございました。
真紅さんの感想読んでからず~~と読みたかった作品でした。
想像していたとおり、美しい文体に
心が清らかになる思いでしたよ。
内容は重かったけれどね・・。
キャロル・キングのCD購入されたのですね。
私も検索で聞いてみて欲しくなりましたよ。
いい曲ですよね。
エッセイ・・良かったですか。早速予約してみますね
読んだ折にはまたお邪魔させてくださいね。
二十歳の原点・おお~~ご存知ですか。
当時話題になりましたよね。いまだ家には古い本がいっぱいある
のですよ。ノルウェイの森も当時買ったし・・・。
で・・・忘れえぬ想い・・。とっても良かったですよ。
是非~~。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク