fc2ブログ

ジャケット

ジャケット  (2005  アメリカ)

THE JACKET


監督: ジョン・メイバリー
製作: ジョージ・クルーニー
ピーター・グーバー
スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮: ベン・コスグローヴ
マーク・キューバン
ジェニファー・フォックス
アンディ・グロッシュ
オリ・マーマー
ティモシー・J・ニコラス
クリス・ロバーツ
ピーター・E・ストラウス
トッド・ワグナー
原案: トム・ブリーカー
マーク・ロッコ
脚本: マッシー・タジェディン
撮影: ピーター・デミング
プロダクションデザイン: アラン・マクドナルド
衣装デザイン: ダグ・ホール
編集: エマ・E・ヒコックス
音楽: ブライアン・イーノ
 
出演: エイドリアン・ブロディ ( ジャック・スタークス )
キーラ・ナイトレイ (ジャッキー・ブライス )
クリス・クリストファーソン ( ベッカー医師 )
ジェニファー・ジェイソン・リー ( ローレンソン医師 )
ケリー・リンチ ( ジーン・ブライス )
ブラッド・レンフロー ( 見知らぬ若者 )
ダニエル・クレイグ ( ルーディー・マッケンジー)
スティーヴン・マッキントッシュ
ブレンダン・コイル
マッケンジー・フィリップス
ジェイソン・ルイス
ローラ・マラーノ

 1992年、湾岸戦争で重傷を負ったジャック。
後遺症で記憶障害を抱えていた。
ある時、
ヒッチハイクの旅に出た彼は、
途中で車の故障で困っている母子に出会う。
修理をしてあげるジャック。
母親は酒に溺れているようだ。
少女に自分の“認識票”をプレゼントするジャック。
その後母娘と別れた彼は若い男の車に同乗させてもらうのだが
警官殺しの事件に巻き込まれてしまう。
そのときの記憶を失っている彼は
警官殺しの犯人とされ、精神病院へと送られる。
そして彼はベッカー医師による矯正治療を受けることになる。
拘束衣を着せられ狭い引き出し棚に閉じ込められてしまうジャック。
すると、彼は15年後の2007年にタイムスリップするのだった。


感想   タイムスリップものとは聞いていましたが
精神病院が舞台だとは思ってみませんでした。
暗いな~~~と思ったのが第一印象。
その後、彼に起こる出来事。
拘束衣を着せられて、引き出しに閉じこめられてしまうという
行為に唖然としました。
なんて息苦しい映画なんだろう・・・。残酷・・。

死ぬことを知ることによって
生きることの素晴らしさをあらためて感じとることが
できる・・

生きている限り
いつでもやりなおせるということ

そして、彼は
愛する人の人生を変えることを望んだ・・


思いついたまま、この映画のテーマのようなものを
書き連ねてみたのですが・・・
いや・・実にいい話&せつない話ですよね・・

SFものとしてみるよりも
ラブストーリーとして観た方がいい作品かもと
思いました。

時間軸も複雑ではなく、過去・未来と同じ場所を
行ったりきたりなので、
複雑ではありませんね。

ということでポイントとなるのは恋愛部分でしょうが
そこに説得力のあるエピソードがないような気がして
とっても感動したという思いまでには至らなかったのですよ。
そこがちょっと残念だったかも・・。

彼の彼女への想いの深さが私にはよくわからなかったのですよ。
反対に彼女の方に関しても
未来からきた彼をすぐさま愛してしまうという事実に
違和感を感じたのかも。
幼い頃に出会っていた彼が
彼女の中で理想の男性像と化してしていたのだと思ってみたものの
もう少し確かなものが欲しかった気がします。


本当は突っ込んではいけないのかもしれませんが
2人が恋愛に陥る関係を良しと観ても
ジャッキー・ブライス の母親に
手紙を渡し、それを元に母親が立ち直るという
成り行きがどうしてもご都合主義と感じてしまいます。


エイドリアンはもともと、悲しげな印象なのに今回
輪をかけてひどい状態でしたね。
ちょっと可哀想には感じましたけれどね。
対するキーラ・ナイトレイ もまた悲しげでした。

なんていうか・・・
え~~い、2人とも暗いぞ・・・と思う雰囲気。
・・そういう映画だからしょうがないのですけど
気分は滅入りますね。


実はラブストーリよりも
精神病院の人間模様が面白かった私です。
だってあの妻を殺そう企てていた彼・・
過去知りたいじゃあないですか。
病院の治療法も謎めいていて、興味そそられますもの。

つまらないということはないのですけれど、ものすごく
面白かったとまではいかないかな・・といった
ところでしょうか。俳優さんは豪華だったので
普通によかったというところです。

ところで、お話の物語にも色々な収穫がありまして。
ブラッド・レンフロー の変わりよう・・・・★
( 見知らぬ若者役って・・本当にあの役ですか。
別人だよ・・・泣 )

さらには ダニエル・クレイグの妙な髪形でした。
(え~~~なんであんなにおじさんくさいの。
007ではカッコよかったのに・・・ショック!!)

そんな変わったものを・・笑・・観ることができたのは
よかったのではないかと思っております。


タイムスリップするときの映像は
ちょっと目には強烈でした。
ちかちかして観にくかったわ・・


 dz-0310.jpg

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元彼、元カノと寄りを戻す方法とは?

はじめまして、いつも楽しく拝見しています。この度「元彼、元カノと復縁方法」というサイトを作成しましたのでTBさせていただきました。ぜひ一度ご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除ください。今後ともよろしくお願い致します。

ジャケット

『The Jacket』2005年アメリカ・ドイツうわぁ、エイドリアン・ブロディが美人・・・。(びっくり)湾岸戦争で頭部を負傷したジャック。記憶障害に陥った彼は、殺人事件に巻き込まれ精神病院に収監される。そこで治療と称して、拘束布(ジャケット)を着せられ死体安置用の引

コメントの投稿

非公開コメント

みみこさま、こんばんは♪
TBとコメントをいただき、ありがとうございました。

そうそう!ブラッド・レンフロには吃驚でしたよね。
あの美少年の面影は何処へ!?
ぜんぜんわからなかったよ!!と目を剥きました(笑)
それと、ボンド・・。この時は気味の悪いおっさんだと思って・・(ボソ)

エイドリアンは、あれはきっと湾岸戦争でいったん死んで、神の使いみたいな感じで甦って、延々人助けして、最後の時間を彼女と過ごしてまた帰っていく・・という感じなんだろな、なんて思いました。
ボンドのお墓の年号とか、映画館で(おや?)なんて思ったりもしたのですけど、なんだったのかもうすっかり忘れてしまいました。
あの手紙は確かに都合よすぎですね^^;
ただ、バカっ母のせいで子どもが不幸になって終わるお話というのが個人的に耐え難いので、彼女が救われてものすごくホっとしてしまって、観ている時は一人涙していた私でした(いやん)

武田さんへ

おはようございます。
毎度レス遅くてごめんなさい・・。

ブランド・レンフロ・・・若かりし時をしている分、ショックでしたよね。
よくあるパターンでしょうか・・笑
ボンドもね・・最初誰だか気がつきませんでした。
普通のおじさん・・でしたね・・。

もしかしたら、この映画はもっと奥深い映画かもしれませんよね
エイドリアンは儚げでしたよね。
戦争で一度は死んでいるという設定だったから生死にかんしても
人一倍、考えることが多かったのでしょうね。
ボンドのお墓も年号に意味があったのね。
墓は確認したのだけれど、さらりと流してしまったわ。
突っ込まない方がいいのに・・
突っ込んでしまったら
素直に見れないのに・・・と思っていながら
やってしまいましたよ・・・
でもこれで、悲惨な結末になったら、後味悪すぎてしょうがないよね。希望を感じるラストだったからこそ、
気持ちよく見る事ができたのだと思っております。
武田さんが涙する気持ちもわかるわ・・。
私はちょっと今回純粋さを忘れていたのかもしれませんわ。
たまに妙な感想になったりしますが
お付き合いしてくださいね。

またお邪魔します~~~。
プロフィール

みみこ

  • Author:みみこ
  • レイフ・ファインズ好き
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク